トヨタ コロナプレミオ

ユーザー評価: 3.8

トヨタ

コロナプレミオ

コロナプレミオの買取情報を調べる

クルマレビュー - コロナプレミオ

  • 過去所有
    トヨタ コロナプレミオ
    • ラクティスアイ

    • トヨタ / コロナプレミオ
      PREMIO_E(AT_1.8) (1996年)
    • おすすめ度:
      乗車人数:1人
    • レビュー日:2018/11/09
      使用目的:通勤通学
    • 走行性能

      ・1500ccなみの馬力。(リーバーンエンジン)
      ・力はないが4ATの変速の仕方は好きだった。
      ・高速は90kmぐらいが快適。
      ・法定速度では破たんしないハンドリング。

      乗り心地

      ・やわらかくて、長距離も快適疲れなかった。

      燃費

      ・阿蘇へ長距離ドライブ(400km)は20km強。
      ・通勤(往復50km)は12.8km

      故障経験

      ・給油ランプがついていたのに、急坂を上って故障。それがなかったら、20・30万キロ走りそうだった。

      満足している点

      ・シンプルで上品なグッドデザイン(プジョー似と噂されたが)
      ・発売から15年ぐらいたってもよく見かけた耐久性(さすがに20年たつと見かけなくなったが)
      ・おしゃれな住宅の車庫に似合うセンスのよさ。
      ・驚異的な燃費
      ・長距離ドライブも疲れない乗り心地。

      不満な点

      ・マイナーチェンジで、コロナプレミオとカリーナのデザインが改悪されたこと。(プジョーからクレームが入ったかと毒づきたくなるほど)
      ・内装が好みではなかった。

      総評

      ・今でも、これ以上の大衆車を知らない。センスのいいデザイン、疲れを知らない快適な走行性能、1800ccでは低燃費、20万キロ以上走れそうな耐久性。
      ・どなたかが、「おもしろみがまったくなかった。そんなことを望む車ではないことはわかっているが」と書いていた。同感。
      ・どなたかが、「クラウンからの乗り換えで心配したが、がっかりするところがなかった」と書かれていた。さすが。
      ・10年、10万キロ以上、故障もせず、車に愛着を持って乗り続ける車がコロナプレミオとカリーナか。
      ・自動運転以外、何を改良すればいいのか?トヨタも大変。
      ・当時、ブルーバードがこんな車ならといつも思っていた。(ブルーバードファンなので)

    走行性能乗り心地燃費積載性故障経験満足している点不満な点総評
  • 過去所有
    トヨタ コロナプレミオ
    • Will-O-Lisp

    • トヨタ / コロナプレミオ
      プレミオE_Lパッケージ(MT_1.8) (2001年)
    • おすすめ度:
      乗車人数:4人
    • レビュー日:2018/10/23
      使用目的:レジャー
    • 走行性能

      過不足ない動力性能、使い勝手のよいギアレシオ(5MT車でした)のバランスが良く、普通に乗るならこれ以上何を望むのかという感覚でしたね。スポーツ走行などはそもそも考えられていない車です。高速安定性だのコーナリングスタビリティだのはスポーツカーでやればいいのです。

      乗り心地

      基本に忠実に操作することで、驚くほど良いの乗り心地を発揮しました。加減速時は一定Gを心がける。カーブ前はしっかり減速して、舵角一定で抜ける。巡航時もスロットル開度をコントロールしてOn/Offアクセルしない。エンジンブレーキをうまく活用する。など。
      操作のミスにも寛容でしたが、きちっと乗ればきちっと応えてくれる車でした。

      燃費

      普通に走って16〜17km。高速で19〜21kmくらいでした。7A-FEエンジンのリーンバーン特性をフルに引き出すMT燃費重視走りをすれば、23〜24km/lくらいまでは伸びていました。

      積載性

      5ナンバーセダンとしては優秀なトランク容量。子供2人含む5日間くらいの家族旅行なら余裕でした。子供がまだ小さかったときは大きめのベビーカーなども積んでいましたが、帰りにお土産その他で荷物が増えても、十分対応でていました。

      故障経験

      さすがのトヨタ。16年間乗りましたが、消耗品の予防交換はしていましたが、機器類の故障経験はありませんでした。丈夫に作ってあるというよりも、基本に忠実に作り込んでいるがゆえの耐久性のように感じます。

      満足している点

      5ナンバーセダンの手軽な大きさと、90年台の直線基調カクカクデザインから2000年台の丸っこいデザインへの過渡期なスタイル。この中庸な感じが2020年も近付こうかという今でも、あまり古臭さを感じさせないのかもしれません。
      オーソドックスなセダンのデザインで、とにかく見切りが素晴らしい。車線変更、バック時などあらゆる方向がきちんと見えます。

      不満な点

      7A-FEエンジンは優秀で燃費も素晴らしかったのですが、高速道路の上り坂などでは、「あとちょっと」のパワーが欲しくなることもありました。

      総評

      とにかく「いい車」。

      野暮ったくはないけれど、人目を引くわけではないデザイン。安っぽくはないけど高級感があるわけでもない内装。速くはないけれど常用域では優秀な動力・駆動系。峠やサーキットは攻められないけれど、町中&高速巡航では素晴らしい足回り。

      「かっこいい」とか「すごい」という言葉は当てはまらないけれど、「いい」という言葉がぴったりな車でした。

    走行性能乗り心地燃費積載性故障経験満足している点不満な点総評
  • 過去所有
    トヨタ コロナプレミオ
    • agwwbnr

    • トヨタ / コロナプレミオ
      PREMIO_G(AT_2.0) (1996年)
    • おすすめ度:
      乗車人数:5人
    • レビュー日:2017/11/12
      使用目的:仕事
    • 走行性能

      走行安定性が良いわけでも、サーキットや山道が得意なわけでもない普通の実用車。
      しかし安定したペースで安定した走りができる。
      運転に余裕が出来る。

      乗り心地

      評論家が酷評するトヨタな足なのだろうが、一日500kmだ600kmだと走っても嫌にならない乗り心地。

      燃費

      平均で10キロ。
      最高で19キロ。
      最低は8キロ。

      積載性

      トランクは広く、トランクスルー機能で長尺物も積載可能。

      故障経験

      無し。

      満足している点

      実用車として自分の中で至高の一台。
      マスメディアに刷り込まれた情報がいかにウソばかりか覚ることができた。
      凄まじい耐久性能、運転しやすく、ホッとできるシートに室内空間、高燃費、広いトランクルーム、意外と走るD4エンジン。
      高級車ではないが、長距離走っても疲れない。
      疲れた時でも乗り込むとホッとできる車。
      尖ったところがないのでいつも同じペースで走ることが出来るし、ミスに対して寛容。
      D4エンジンはこれまた酷評されているがうちのプレミオはノントラブル。
      定期メンテナンスだけだったが、エンジン以外もノントラブル。
      バターアンドブレッドな車。

      不満な点

      シルバーだったが、ツートンが羨ましかった。

      総評

      ある自動車評論家が酷評していた記憶がある。
      確かにサーキットも高速道路も山道も走らせて楽しいとは言えないのだろう。
      でも仕事で毎日6時間も8時間も運転する自分には最高のパートナーだった。
      この車で仕事をしてよく理解できたのが、自動車評論家の判断基準はほんの一部分の評価でしかないということ。
      車は工業製品であり道具である、だから使う人の数だけ評価基準がある。
      自分の評価基準の方が当然大事なのだが、そんな簡単な事が今までわかっていなかった。

    走行性能乗り心地燃費積載性故障経験満足している点不満な点総評
  • マイカー
    トヨタ コロナプレミオ
    • Barbados

    • トヨタ / コロナプレミオ
      PREMIO_E(AT_1.8) (1996年)
    • おすすめ度:
    • レビュー日:2014/06/22
    • 満足している点

      燃費がよかったです。一般道をおとなしく走れば15Km/L。高速道路を80Km/hで走れば18Km/Lになりました。
      居住性も良かったです。後席足元の広さは日産のブルーバードより余程広かったです。
      トランクも大きかったです。

      不満な点

      不思議な感覚のブレーキでした。当時のトヨタ車は踏み込み量(ストローク)でコントロールするブレーキだったと思いますが、このプレミオは踏力でコントロールするブレーキでした。しかし踏力を増しても、ブレーキの効きの立ち上がりが鈍い。慣れないと「ブレーキが効かない!」と思わせるものでした。

      重心が高くコーナーで不安定。スピードを出してコーナーを曲がるクルマではありません、コーナーでシャーシからボディが外れて転がってしまう感じです。(ほとんど漫画のような感覚ですが)

      リーンバーンエンジンは2300rpmくらいまではまったく無反応領域があり、アクセルを踏んでも、モワ〜ッとした反応しかありません。その領域を外れるとグワーッと力が出てきます。「燃費が良いんだからしょうがないか」と思って我慢してました。

      パールシルバー(正確な色名は忘れました)の色あせが激しかったこと。購入して1年位で灰色になってしまいました。

      テカテカした光沢のある安っぽいダッシュボード。
      同時期に日産のブルーバードにも乗っていましたが、ダッシュボードのデザイン、樹脂の質感はブルーバードの方が断然良かったです。

      総評

      ファミリーユースのクルマとして良かったと思います。
      コロナ、ブルーバードクラスは街乗りにも大きすぎず、高速道路でも安定している大きさです。
      セダンで一台を選べと言われればこのクラスが一番だと思います。
      ただ、このコロナプレミオはリーンバーンエンジンの感覚、ブレーキの感覚に違和感があったのが残念でした。

    満足している点不満な点総評
  • マイカー
    トヨタ コロナプレミオ
    • にまく@ころな

    • トヨタ / コロナプレミオ
      プレミオG_D-4_Sパッケージ(AT_2.0) (2001年)
    • おすすめ度:
    • レビュー日:2014/04/04
    • 満足している点

      ストラットとは思えないほどしなやかなサスペンション
      段差も不快な突き上げ感なく通過できる トランクは広いのでいろいろ積める

      不満な点

      運転席助手席の座面が高く慎重が高い人だと頭部にゆとりがない 3S-FSE(直噴)の不調 街乗りではありがたい柔らかなサスペンションだがスポーティーに走るとローリングがひどいがそれはそれで楽しい エンジンは低速トルクがなく突如ガクガクしたりするので慣れが必要

      総評

      かなり特徴的な車なので慣れが必要かも

    満足している点不満な点総評

前へ12345678910次へ >

<< 前の10ページ次の10ページ >>

 

 

みんカラを始めよう!

注目タグ

最新オフ会情報

  • 兵庫県

    Sporco Vecchio ...

    車種:トヨタ 全モデル , トヨタ エスティマ

ニュース