トヨタ クラウンハイブリッド

ユーザー評価: 3.9

トヨタ

クラウンハイブリッド

クラウンハイブリッドの買取情報を調べる

クルマレビュー - クラウンハイブリッド

  • マイカー
    トヨタ クラウンハイブリッド
    • miyamonbaribari

    • トヨタ / クラウンハイブリッド
      ハイブリッド RS アドバンス(CVT_2.5) (2018年)
    • おすすめ度:
      乗車人数:1人
    • レビュー日:2018/10/21
      使用目的:レジャー
    • 走行性能

      走る、曲がる、止るの三拍子が実に高次元で融和された車です。
      国産車では、敵はいないのでは?そう思わせる程、素晴らしい。
      直四+モーター、充分ではないでしょうか。

      乗り心地

      締まった脚ですが、決して不快感はありません。

      燃費

      本日納車でしたから、まだ分かりません。
      早速ガソリンを満タンにしたところ、走行可能距離1000km以上と出ました。今までの200系ロイヤル(V6・2.5L)が夏場の常時エアコン使用で、良くて7Km/L、それと比べれば倍近くは走るのではないでしょうか。
      後のドライブレポートで報告させて戴きたいと思います。

      積載性

      トランクは、ハイブリッドバッテリーが上手く収納され、200系ロイヤルと殆ど変わりません。うまくすれば、ゴルフバック4つは厳しいかな?余裕を持って3つとしましょう。

      故障経験

      まだ未知数。でもまずないでしょう。

      満足している点

      ①ハンドリングとの絶妙なバランスの乗り心地
      ②やはりハイブリッドなので燃費
      ③外装(シートメタルの立て付け、塗装の美しさ。光沢)

      不満な点

      ①グローブボックス、ドアポケット辺りのプラスチック素材の質感
      ②Priceの高さ(メーカーオプションのレザーシートを選ぶと、600万中頃を越す)
      でも、走りと乗り心地が高次元(今までの国産車では恐らく、このクラウンは初では?)のバランスを考えると、妥当な価格なのかも知れない。同等性能の車を内外の車種から選ぶと恐らく無いだろう。

      総評

      当方来年還暦の完全シルバー。長年クラウンは脊椎に複数疾患を抱えていたので、乗り心地を重視して、他の選択肢はなかった。なのでRoyal Saloon Only。少なくとも先代までのクラウンではアスリートの選択肢は無かった。
      6月26日のLaunch Dateに合わせて、普段お世話になっている地元のトヨタ店で試乗。18インチ、45扁平のタイヤ、恐らくはがちがちに固められた足回り。俺には縁のないスポーツバージョンだと思っていた。それが見事に裏切られた。何と云う乗り心地。今までのカーライフを通じて感じた事のないフィーリング。価格も相当に上がったが、それに見合うだけの実力を持った車に仕上がったと思う。形は丸でモデリスタが入った様に、でもノーマルであの四本出しのマフラー。素直に恰好良いと思う。形は惚れるが、乗り心地が気になる、お方。是非試乗してみてください。私は購入を決定する前に、贔屓にしている営業マンに無理を言って、一時間半ほど試乗の後、購入を決定。実は今日が納車日でした。7月1日の注文から納車まで待つ事、三カ月半。心の奥底では、RS、俺には大丈夫だろうかとの不安が、今日完全に払拭されました。良い車ですよ。トヨタの粋を結集した!!

    走行性能乗り心地燃費積載性故障経験満足している点不満な点総評
  • マイカー
    • FCRZERO

    • トヨタ / クラウンハイブリッド
      ハイブリッド RS アドバンス(CVT_2.5) (2018年)
    • おすすめ度:
      乗車人数:2人
    • レビュー日:2018/10/07
      使用目的:通勤通学
    • 走行性能

      山坂道でも安定した走行性能。
      高速でも静かに加速します。

      乗り心地

      初めての、高級車なので
      すごく良いです。

      燃費

      まだ、納車間近なので謎です。
      期待しています。

      積載性

      トランクが非常に広大です。

      満足している点

      見切りがよく、運転しやすい。
      乗り心地が最高です。
      オーディオの音が、思ったより上品で良いです。

      不満な点

      走行モードの切り替えが、パネル操作なので
      使いづらい。
      iPhoneの使い勝手が、相変わらず使えない。

      総評

      非常に車としては、まとまっていて良いです。
      スタイリングも若々しいので、気に入っています。
      長く乗ろうと思います。

    走行性能乗り心地燃費積載性故障経験満足している点不満な点総評
  • レンタカー
    • レバーケーゼ

    • トヨタ / クラウンハイブリッド
      ハイブリッド S(CVT_2.5) (2018年)
    • おすすめ度:
      乗車人数:1人
    • レビュー日:2018/09/26
      使用目的:レジャー
    • 走行性能

      車体剛性の高さは感じられる。ステアリングもほどよく重く剛性があり、直進はもちろんカーブでも気持ちいい。ただ、重いので直進時は細かなゆれが少ないといった利点はあるものの、急カーブなどは得意ではない。高速道路向きの車。

      重さのわりにエンジンが非力なので、またCVTなので、鋭い加速は無理。アクセル限界まで踏み込んでものんびり加速していく(スイスポ比)。3日間、500km走ったが、高速からのフル加速のときにたまにふらつくことがあった。ニュルブルクリンクで鍛えたそうだが、直進だけ比べても10年前のBMW130iにかなわない。

      これまでのクラウンを運転したことないが、想像していたよりも足が硬く、ステアリングも重め、タイヤの音や風きり音は大きい。

      乗り心地

      大きさのわりには狭いけど、それでも十分な広さはあり、まずまず快適。でも、座り心地が良くないのはどうしてだろう。ペダルが右に寄りすぎてるのかな、サイドサポートが少なすぎるのかな。

      センターコンソールのタッチパネルは、いろんなものをあの一台で表示できるという利点はあるけど、目視しないと操作できないというのが不便。物理的なダイヤルが2つついてるので、あれに割り当てる機能を選べるとか、表示内容によって自動的に変わるとかすると操作しやすそう。

      一番気に入ったのはヘッドアップディスプレイ。ボンネット前端の上に浮かんで見える。速度、制限速度、簡単なナビ表示などがあり、インストゥルメントパネルがいらないほど。

      燃費

      さあ?

      積載性

      トランク大きい。大きなスーツケース2つは入る。あと隙間に小さいのがいくつか。

      故障経験

      ちゃんとシートベルトしてたのに、後席のシートベルト警告が鳴り止まないことがあった。エンジン止めて再スタートしたら消えた。

      満足している点

      - 高速直進性よい。
      - ステアリングどっしり、細かな修正は必要なし。
      - 内装の質高い。
      - まあまあ静かで振動も少なく快適。
      - ほどほどに威圧感あり。
      - ヘッドアップディスプレイ便利。
      - 車線保持アシスト強力(スイスポ比)
      - アダプティブクルーズコントロールが0から180km/hまで。
      - パーキングブレーキをいちいち操作しなくていい。

      不満な点

      - 重い、無駄に大きい。
      - 大きいわりに室内狭い。
      - エンジン非力、加速まったり。
      - けっこう外の音が入ってくる。
      - CVTのふにゃふにゃ感。
      - シートのすわりがなぜだか悪い。
      - ほかの日本車同様、テレスコピックがあまり手前まで来ない。
      - 薄暗くなっても点灯しないオートライト。
      - ロー、ハイビーム自動切換えがない。

      総評

      そこそこ走りがよくて、そこそこ快適で、そこそこ高級な車。内装は質が高いけど、レクサスを見た後だとしょぼく見える。思いのほか威圧感があるようで、高速道路では車間を詰めたわけでもないのに前の車がわざわざ道を譲ってくれることがたびたびあった。

      ユーザーの若返りのために走りを磨いたそうだけど、居住性や積載性でミニバンに劣り、取り回しのしやすさでコンパクトカーに劣り、運動性能で86などに劣り、残されたのはそこそこの性能と仕様。そんな車をいまどきの若い世代が買うのだろうか。若い人でなくても、見栄を張りたいならレクサスに行くだろうし、実用性をとるならカローラで十分となると、どういう層が買ってくれるのか他人事ながら心配になる。歳をとるとあの大きさは負担になるから、けっきょくは50代60代が買うんだろうな。私は買わないけど。

      いっそのこと、圧倒的な静粛性、ふわふわな乗り心地、片手でくるくる回せるハンドルといった個性があったほうがとも思うが、それでだめだったから今があるんだよな。

    走行性能乗り心地燃費積載性故障経験満足している点不満な点総評
  • マイカー
    トヨタ クラウンハイブリッド
    • 銀の字

    • トヨタ / クラウンハイブリッド
      ハイブリッド RS アドバンス(CVT_2.5) (2018年)
    • おすすめ度:
      乗車人数:5人
    • レビュー日:2018/08/29
      使用目的:通勤通学
    • 走行性能

      色々なモードがあって楽しそうですがまだノーマルモードでしか走れてません。

      乗り心地

      乗り心地は申し分ないです。

      燃費

      たぶん15km/ℓ・・・くらい走ってほしい

      積載性

      相変わらずゴルフエキスプレスとして最高のトランク

      満足している点

      運転しやすい!大型車なのにコンパクトなので神経質にならなくていい、ポジションが絶妙で視界も良好です。Fウインドウのメーター表示も良い感じです。内装を白革シートにしましたが評判いいですw

      不満な点

      ナビ等のボタン操作が面倒に感じる(慣れるまで時間がかかる)
      2.5HVはパワー不足(はっきり言って遅い)
      4気筒のエンジン音が残念。

      総評

      先進装備満載!なのでしばらく楽しめそうです。

    走行性能乗り心地燃費積載性故障経験満足している点不満な点総評
  • マイカー
    トヨタ クラウンハイブリッド
    • みかん@マッハ

    • トヨタ / クラウンハイブリッド
      ハイブリッド RS アドバンス Four_4WD(CVT_2.5) (2018年)
    • おすすめ度:
      乗車人数:1人
    • レビュー日:2018/08/21
      使用目的:レジャー
    • 走行性能

      ・エコモード
      アクセル開度の低回転ゾーンの段階を大きくしたもの。初心者でも維持運転がやりやすい領域の為に、吹け上がりもしづらく、燃費向上が期待出来る。サスはノーマルスポーツでコンフォートモードにはならない。エアコンもエコモードとなる。

      ・ノーマルモード
      標準設定。6割以上アクセルを踏めば、280馬力ガソリン車のようなフィーリングを味わえる。
      エアコンも急冷・急暖が可能になっている。サスはノーマルスポーツ。
      コンフォートモードにすると、ロイサルのようなまろやかさに。

      ・スポーツモード
      二段階設定可能。モーターを全力で加速に向ける為に、加速フィーリングが凄まじい。
      サスも+モードであれば完全にニュル仕様になるので、某都市高速の某C2○北ジャンクションのカーブを130km/hで曲がっても特にふらつきません。タイヤと要相談。ある意味これがクランなのか?と一番驚愕するモード。

      ・燃費
      エコorノーマルモードであれば都内レベルの街乗りで15km以上。
      新4号深夜の巡航速度で17km程度。
      地方国道の60km/h定速運転であれば22km以上。
      現状最高燃費は25km。
      フル給油での航続距離は街乗りでも1200kmに達する。

      ・EV
      過去のハイブリッドとは雲泥の差。
      上手に使うと90km/h以上の領域でもEVで走行出来る。50km/hで強制的に切られた時代が懐かしい。

      可変サス・アクセル・エアコンのエコやノーマルやコンフォート等はカスタムモードで自由に変えることが出来るのだが、エンジンのオン・オフでノーマルに自動で戻されるので、そこは注意。

      車線変更補助や巻き込み防止要素にミラーLEDがあるので、咄嗟の死角も生まれにくい。

      乗り心地

      コンフォート時の足回りは流石のクラウン。ふわふわっと吸収していく。
      スポーツ+時の足回りはかなり丁寧に路面を拾う。

      通常走行時の静粛性の高さは歴代最高。
      嫌な計器振動もまったくない。

      本皮オプションをつけているが、座席のほどよいホールド感も非常に良好。全幅1800mmを感じさせない空間使いも見事。

      燃費

      上記に書いてしまったが、15~25km程。
      まだ全然伸びそうではあるがそういう運転は基本しない。
      レギュラーガソリンなので、ランニングコストも比較的低め。

      積載性

      トランクがびっくりするほど大きい。
      ゴルフバッグ4つ分の積載を確保したようだが、この大きさは非常に便利。
      蓋の下にパンクセット等が収納されている。

      満足している点

      操縦系の操作に対しての気配りは流石の日本限定販売という印象。
      目線を外さずに補助計器等の全ての操作が可能となっており、ディスプレイもフロントガラスに反射するタイプをサブで採用しており、コネクティング情報もここに出てくる。

      エアコンの充実は歴代クラウンのブランドを落とさない仕上がり。アドバンスじゃないとナノイーがついてこない事には注意。

      シートヒーターとシートクーラーの応答性の高さも非常に良い。以前のようなもっさり起動ではなく、ささっと温まり、ささっと冷える。

      スポーツ+モード時の可変サスペンションの硬さも申し分ない。ワインディングロードを気持ちよく走行出来る。
      2.5エンジンとハイブリッドの熟成度は特に言うまでも無いが、鋭く伸びていくパフォーマンスを披露してくれる。

      不満な点

      人によっては、2画面化したことで縮小した表示専用モニターのインチ数への不満、センターディスプレイ一括制御になった各種設定画面への抵抗はあると思われる。
      また、RS系のリアエアコンは、オートモードになっており、個別操作は不可。Gアドの場合は更に個別操作が可能となっており、可変AVSを廃した代わりにリアシートのリクライニングも可能としている。

      また、アルファード30系後期型のような、ハンドルの角度によって左右の前照灯に補助等が追加される機能はセダンだから?なのか?設置されていない。

      デフォルト設定で白線トレースモードがオンになっているが、これにハンドル修正補正機能がついているのだが、これがなかなか癖者で路駐避けの際にも普通に作動するので、まずはこれを切ることをおすすめする。

      まだ雪道を走っていないので、詳細はまた。

      総評

      完成度はかなり高い。
      購入年齢層を低く、との意気込みでのモデルとのことだが、この価格にしてベンツや自社のレクサスに対抗しうる指標や水準を普通に持っている。

      非常に乗りやすく、走っていて楽しい車。
      弄りたい人向けにドノーマルクラスも設定されているのも頷ける。

    走行性能乗り心地燃費積載性故障経験満足している点不満な点総評

前へ12345678910次へ >

<< 前の10ページ次の10ページ >>

 

 

みんカラを始めよう!

PVランキング

注目タグ

最新オフ会情報

ニュース