トヨタ グランエース

ユーザー評価: 5

トヨタ

グランエース

グランエースの買取情報を調べる

クルマレビュー - グランエース

  • マイカー
    • セシルオ

    • トヨタ / グランエース
      プレミアム_6人乗り(AT_2.8) (2019年)
      • レビュー日:2021年3月1日
      • 乗車人数:5人
      • 使用目的:レジャー

    おすすめ度: 5

    • デザイン4
    • 走行性能4
    • 乗り心地4
    • 積載性4
    • 燃費3
    • 価格5
    満足している点
    でかいところ
    不満な点
    でかすぎるところ
    総評
    同じエンジンのプラドより確実に速いです。
    低速も高速域での加速も。
    取り回しも全く問題なし。
    ほぼ同じ車幅のランクル200より全然運転しやすいです!
    とてもよいクルマですね!
    デザイン
    4
    好き嫌い分かれますよね笑
    特にリア。
    レガンスが作ったみたいな海外仕様のリアのが断然かっこいいのに!リアガーニッシュ要りません!
    走行性能
    4
    200psに満たないディーゼルですが、全く不満は感じません
    乗り心地
    4
    評論家さんのインプレッションでは評価が高いものが多いですが、やはりアルヴェルのセダンライクな乗り心地までは追いつかなかったかな…という印象
    とは言え同じくらいのサイズのグラキャンなんかに比べたら雲泥の差だし、運転している分には全く不満なし!
    積載性
    4
    3列目までしっかりオットマン出して快適な位置にしても
    ベビーカー畳まずに積めます!
    燃費
    3
    同じエンジンのプラドと同等です
    プラス400kgなのに!
    価格
    5
    アルヴェルのエグゼより100万円安くてこの注目度はお買い得!?
    故障経験
    まだ無し
  • マイカー
    トヨタ グランエース
    • senata

    • トヨタ / グランエース
      プレミアム_6人乗り(AT_2.8) (2019年)
      • レビュー日:2020年3月28日
      • 乗車人数:6人
      • 使用目的:レジャー

    おすすめ度: 5

    • デザイン
    • 走行性能
    • 乗り心地
    • 積載性
    • 燃費
    • 価格
    満足している点
    広いところ
    不満な点
    駐車スペースを確保するのに苦労する
    総評
    3点
  • 試乗
    • FJ CRAFT

    • トヨタ / グランエース
      プレミアム_6人乗り(AT_2.8) (2019年)
      • レビュー日:2020年3月9日
      • 乗車人数:1人
      • 使用目的:その他

    おすすめ度: 5

    • デザイン
    • 走行性能
    • 乗り心地
    • 積載性
    • 燃費
    • 価格
    満足している点
    走行性能や乗り心地のところでも記載しましたが、やはり車体の大きさ、重さを感じさせない走りですね!(^^)!
    ストレスを感じることがなく、コーナーを曲がる時にも安定しているので、全長が5m以上もあるクルマだということを忘れてしまいそうです!( *´艸`)
    alt
    ルームミラーには「デジタルインナーミラー」を採用。
    車内が乗員や荷物で満たされた状態でも良好な後方視界を得る事ができます。
    大きいドアミラーとデジタルルームミラーのおかげで、周囲の状況もつかみやすかったです!(*^^*)

    また、静粛性もよく、車内にいればディーゼルっぽさもそれほど感じませんでした。
    運転席に乗っていて・・・ですから、後席ならさらにディーゼル感は感じないでしょうね!
    alt

    不満な点
    FRレイアウトであるため仕方がないですが、フロアが若干高く、ステップを利用しての乗降となります。
    1段目のステップの高さが結構高いので、幼いお子さんやお年寄りは乗りづらいかもしれませんね。。

    総評
    『おもてなし』として送迎をするという、今までになかったジャンルにトヨタはグランエースを投入しました!
    VIPをはじめとするショーファー用として、また高級リゾートなどの送迎用として、少数のお客様を大切に運ぶための車!

    調べてみると、こうした送迎には今までメルセデス・ベンツのVクラスなどが用いられていたようですが、この車両をグランエースにスイッチしてもらうことが導入の目的・・・という記事もありました!
    実際、現在の受注状況は法人が7割を占めているとか。
    alt

    と言いつつも、もちろん個人で購入する方もいらっしゃるでしょう!(*^^*)
    運転を楽しむ!というよりは、後ろの席でゆったりとくつろぐ!というのが本来この車のあるべき姿でしょうね!(#^.^#)

    ご家族想いのお父さんはグランエース買って家族旅行!なんてのもイイかもですね!( *´艸`)(笑)
    alt

    国内でも人気の高いミニバンのラインナップに、ちょっと違うジャンルとして新たに加わったグランエース!
    誰かこれで毎日会社まで送迎してくれないかなぁ・・・あっ!心の声が・・・( ̄▽ ̄)(笑)

    東京オリンピックではVIPの送迎等に頻繁に使用されるんでしょうね!(*゚∀゚)(゚∀゚*)


    弊社のふぅちんが試乗、内装の紹介をしている動画もありますので、良かったらそちらもご覧くださいね!(*^^*)
      ↓  ↓  ↓  ↓



    ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
    専用設計されたトヨタ グランエース用のカーマットをご購入の際は、是非ともFJ CRAFTの商品をご検討ください!(*´▽`*)


    【楽天市場】→ トヨタ グランエース 商品一覧
       
    【ヤフーショッピング】→ トヨタ グランエース 商品一覧


    ★マット選びに悩んだら → 失敗しないカーマット選び

    ★マットの生地でお悩みの方は → 無料生地サンプル請求

    ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
    走行性能
    無評価
    こんにちは(^^♪

    まさです!(・ω・)ノ

    試乗ブログ9回目の投稿となりました!
    今回もよろしくお願いします!(^^♪

    ※記載内容(感想等)についてはあくまでも個人的主観とご理解いただきますようお願いいたします!(*・ω・)*_ _)ペコリ


    さて、今回試乗したのはトヨタの巨大ミニバン
    『グランエース』です!(^^♪

    ★試乗車情報★
    ・グレード:Premium
    ・エンジン:直列4気筒 2.8リッター ディーゼルターボ
    ・トランスミッション:6段AT
    ・駆動:2WD(FR)
    ・最高出力〈ネット〉:177PS(130kW)/3400rpm
    ・最大トルク〈ネット〉:450N・m(46.1kgf・m)/1600-2400rpm



    それでは、早速試乗しま~す!
    エンジンスタート!GO!!GO!!ヾ(>∇<*)o
    alt
    アルファードやヴェルファイアよりもさらに大きなワンボックス車としてデビューしたグランエース
    メインターゲットは「送迎」というプロユースが主体のクルマであるため、なかなか試乗する機会のない車に乗る事ができました!(*^^*)

    この車を目の当たりにして第一声・・・
    デカっ!!としか言葉が出なかったのが本音です・・・( ̄▽ ̄;;
    ちなみにボディサイズはこちら・・・
    全長:5,300mm × 全幅:1,970mm × 全高:1,990mm
    alt
    アル・ヴェルよりも、全長で+350mm、全幅で+120mm、全高で+40mmも大きいんです。。
    車両重量も2.7t越えと、約500kgも重い。。
    このボディサイズや車重から勝手に走りを想像していたんですが・・・いい意味で見事に裏切られました!(笑)
    乗ってみて・・・あらっ!?( ゚Д゚ )って思うくらいパワフルで、2.7tを超える車重を感じさせる事なくスムーズに走ってくれます!!
    alt

    また、これだけデカいサイズの割に小回りがきくのにも感心しました!
    調べてみると、それは前輪最大舵角にあるようで、トヨタのFF系ミニバンの場合38、39度くらいらしいのですが、FRのグランエースはなんと45度まできれちゃうんです!!
    そのおかげで最小回転半径は5.6mと、アル・ヴェルの5.8mよりも下回り、ノア・ヴォクの5.5mに匹敵する取り回しとなります!(・0・。) ほほーっ!

    いつものワインディングも走ってみました!=3=3=3
    全てにおいてこれだけデカい・・・重い・・・ので、あまり期待はしていなかったのですが、ここでもある意味期待を裏切られ・・・( ̄▽ ̄)
    前輪で操舵、後輪で駆動と仕事を分担できるため、バランスのよいFRらしい走りに加えて、高いボディ剛性と接地性に優れた足まわりは、フラットな乗り心地だけでなく、巨大ミニバンとは思えないシャープなコーナリングも見せてくれました。
    背が高いのでロールや揺れはあるものの、左右に大きく揺れるようなこともなくうまく抑えられておりスムーズに走る事ができたと思います!╭( ・ㅂ・)و ̑̑ グッ !


    シンプルで見やすいメーターパネルは、中央に4.2インチのTFTカラー液晶ディスプレイを採用しており、いろいろと表示変更が可能に!
    alt
    ※ステアリングのスイッチで表示切替。
    ※画像は液晶部分を並べてみました。

    乗り心地
    無評価
    グランエースの場合、本来であれば運転席より後部座席の乗り心地の方が気になっちゃいますが・・・ここは運転席を主として書かせていただきます!( ̄▽ ̄)(笑)

    アル・ヴェルとの大きな違いは駆動方式がFRであるという点。
    スタート時は若干重たさを感じますが、動き始めればその後のスムーズな加速や直進走行での安定感も高く、巨大ミニバンとは思えない走りを体感できました。

    ブレーキを踏んだ際に、重さと高さがあるクルマ特有の前が沈み込む動きもうまく抑えられており、速度があるカーブでもブレーキングでしっかり減速し、駆動と操舵が別であるFRらしい動きでスムーズに曲がっていく感じが、ついクルマの大きさを忘れてしまいます!(*^^*)

    タイヤは前後ともに、235/60R17を採用。
    alt
    足回りですが、フロントはストラット式、リアはトレーリングリンク車軸式を採用。

    ここで、リアのトレーリングリンク車軸式についてちょっと調べてみました・・・
    海外向けの新型ハイエース(H300型)は、一部の上級グレードを除き板バネ式車軸懸架を使うが、乗り心地を重視してコイルばねを使うトレーリングリンク式車軸懸架にしたとの事。
    同サスペンションでは「各リンクを真っすぐにして、バウンド時のこじれを低減した」。
    また「ラテラル・ロール・ロッドをできるだけ長くして、スカッフ変化(サスペンションがストロークしたときにタイヤの接地点が左右に振れる現象)を極力ゼロに抑えた」という。
    さらに、車軸懸架ではサスペンションの左右が同相または逆相で動くことから、ショックアブソーバーをコイルばねから見て車両の外側に配置し、減衰効率の「逆相/同相」比を向上、後席における優れた乗り心地と優れた操縦安定性を両立させたと。
    後部サスペンションに独立懸架ではなく車軸式を採用したのは、車両が約2.8t(空車時)と重いため。
    信頼性の面から車軸式を選定したとする。

    なるほど・・・φ( ̄ー ̄ )メモメモ

    パッと見は気付きませんが、仕事感というか、プロ仕様な雰囲気を醸し出しているあるモノが・・・( *´艸`)
    運転席横に見えてますが、ミニバンでは久々に見た・・・ハンドブレーキ。。
    そのくせ運転席には8ウェイ、助手席には4ウェイのパワーシートが搭載されており、なんとなくギャップを感じました・・・( ̄▽ ̄)(笑)
    alt

    グランエースは何といっても運転席より後がメイン!!(´艸`*)
    室内サイズは・・・
    室内長:3,365mm、室内幅:1,735mm、室内高:1,290mmを確保しています。
    今回試乗した『プレミアムグレード』では、なんと!!
    2列目と3列目に同じエグゼクティブパワーシートが搭載されています!
    alt

    いろいろな記事を見てると3列目の乗り心地についてこんな記述がありました!
    リアタイヤ上付近にある3列目のシートは、なんとなくバスの後方の席の揺れを想像するかもしれません。
    ところが、グランエースの3列目は快適そのもの。
    上下左右の揺れが2列目とほとんど変わりなく、車体後方だから跳ねてしまうことも、騒音が気になるということもありません。
    むしろ、2列目よりも前方の席があることやフロントガラスからも遠く、またFR車両のため床面が高くなっていることで、低床なミニバンより室内高が短いことなども相まり、なんとなく落ち着ける“個室感”の雰囲気があり、ワゴンというよりセダンの後席に乗っているような錯覚を覚えます。

    alt
    さらにうれしいのは、サイドガラスがルーフギリギリまで大きくとってあることと、ヒップポイントが高めの位置にあることで、サイドガラスの下端が肩よりも下にあります。
    そのため外の見晴らしがよく、海外のVIPが来日した際、日本の景観を十分に楽しんでもらえたり、開放感があることで窮屈さを感じさせることはありません。

    (。・д´・。) ほほぅ!

    一人で試乗しているため、後ろに乗る事ができなかったのは残念です・・・(>_<)
    alt

    エクゼクティブパワーシートは、パワーリクライニング、パワーオットマン、シートヒーターなどを装備しており、もう快適そのものですね!(*´▽`*)
    alt

    積載性
    無評価
    ラゲッジスペースを活用する場合、3列目のリクライニングについては多少制限が出るかもしれませんが、全席で快適なスペースを維持した状態でも、約90L(縦:750mm × 横:510mm × 幅:310mm)のスーツケースを4つ立てたまま収めることが出来るそうです。
    alt

    燃費
    無評価
    alt
    ●WLTCモード燃費:10.0km/L
      市街地モード:8.1km/L
      郊外モード:9.9km/L
      高速道路モード:11.2km/L

    故障経験
    試乗のため無し
レビューを投稿する

マイページでカーライフを便利に楽しく!!

ログインするとお気に入りの保存や燃費記録など様々な管理が出来るようになります

まずは会員登録をしてはじめよう

注目タグ

最新オフ会情報

  • 茨城県

    s-style主催 4H10 ...

    車種:トヨタ 全モデル , ホンダ 全モデル , スバル 全モデル , スズキ 全モデル , ダイハツ 全モデル

ニュース