トヨタ ハリアー

ユーザー評価: 4.15

トヨタ

ハリアー

ハリアーの買取情報を調べる

都会的な雰囲気が魅力 - ハリアー

試乗

都会的な雰囲気が魅力

イイね!
  • FJ CRAFT

  • トヨタ / ハリアー
    プログレス“メタルアンドレザーパッケージ”(ECT_2.0ターボ) (2017年)
  • おすすめ度:
    乗車人数:2人
  • レビュー日:2017/11/15
    使用目的:レジャー
走行性能
今回試乗したマイナーチェンジ後のハリアー、今回の試乗はPROGRESS “Metal and Leather Package” マイナーチェンジ前のハリアーのガソリン車には、自然吸気の2リッターエンジンが搭載されていましたが、これに2リッター直列4気筒直噴TURBOエンジン搭載モデルが追加されSUVでは十分な走り
スペックは最高出力 170[231]/5,200~5,600 最大トルク 350[35.7]/1,650~4,000
2,800回転以下ではおとなしく、この領域を超えると回転の上昇に伴って加速に鋭さが増していき、ターボらしくパワフルになる SUVでは十分な走りが体感できる。
また「エコ」「ノーマル」「スポーツ」
シーンに応じた走りのテイストもチェンジできる
乗り心地
程よい硬さを残しつつ心地よい、また静粛性高く個人的には良い感じ、もっとフワフワしてるかと思ってましたがちょうどいい感じで滑らかとまではいかないものの上下動の収まりが軽くなったような感じで、静粛性の高さも相まって上品な乗り心地、硬いと言われてますが自分は気ならず丁度良いです。
内装は、新型をひとことで言ってしまえば大幅にアップグレードされて上質感を徹底追及した感じ、たとえばシート表皮は繊細な肌触りで、プレミアムブランドに使われるようなプレミアムナッパ本革が選べるようになり、シフトパネルにはアルミヘアライン加飾を一部仕様に採用、全体的にアップグレードされている。
燃費
JC08モード 2WD 13km/L 4WD 12.8km/L
積載性
ハリアーの荷室の容量は456リットルです、左右6:4分割で倒れるので、状況にあった荷室スペースを作る事が可能 またリアシートを畳むと、992Lまで拡大します。
故障経験
試乗なので、不明

満足している点
乗り心地も良く静粛性の高さで長距離も疲れにくいと思います、2リッター直列4気筒直噴TURBOエンジン搭載モデルなら必要十分な加速も確保できるので、ストレスなく走行できる。
不満な点
特になし
総評
ラグジュアリーSUVとしては高く評価できる車です、ゆったりドライブに最適
同じクラスの国産SUVには数台ありますが、ラグジュアリーSUVとしては唯一無二の存在ではないでしょうか、インテリアの質感は言うまでもなく開放的で気持ちが安らげる室内空間、快適な乗り心地、大きなラッゲージルームが特に優れていました、SUVとしては運転しやすい車ですので、街乗りから高速道路、峠道まで快適に運転できるのも良ポイント。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

専用設計された新型トヨタハリアー専用のカーマットをご購入の際はぜひ、FJCRAFTの商品をご検討ください!(^^)!

【楽天市場】:
新型トヨタ ハリアー商品一覧


【ヤフーショッピング】:
新型トヨタ ハリアー商品一覧




マット選びに困ったら、実際に手にとって見て下さい。クリック


無料生地サンプルはこちらをクリック

※無料でお送りいたします
弊社Facebook内のSHOPページ「車のフロアマット専門店 FJ CRAFT」に 
『いいね!』『フォロー』してもらえると嬉しいデス♪

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
関連情報URL:https://minkara.carview.co.jp/userid/2596361/blog/40717301/

レビュー一覧へ

レビューを投稿する

 

 

みんカラを始めよう!

PVランキング

注目タグ

最新オフ会情報

ニュース