トヨタ ランドクルーザー

ユーザー評価: 4.11

トヨタ

ランドクルーザー

ランドクルーザーの買取情報を調べる

クルマレビュー - ランドクルーザー

  • マイカー
    トヨタ ランドクルーザー
    • フジム

    • トヨタ / ランドクルーザー
      ZX_8人乗り_4WD (ECT_4.6) (2015年)
    • おすすめ度:
      乗車人数:8人
    • レビュー日:2019/05/01
      使用目的:レジャー
    • 満足している点

      80、100と続いてのコレ。

      不満な点

      クラウンか?と思うほどのラグジュアリーは必要?

      総評

      これしか無いので、及第点。

    走行性能乗り心地燃費積載性故障経験満足している点不満な点総評
  • 家族所有
    トヨタ ランドクルーザー
    • マサーシー☆

    • トヨタ / ランドクルーザー
      不明 (2007年)
    • おすすめ度:
      乗車人数:2人
    • レビュー日:2019/04/03
      使用目的:レジャー
    • 走行性能

      4.6リッターでもトレーラー引っ張るのに不足はなさそうだが、やっぱ北米やレクサスは5.7リッターなのかと思うと少し劣等感があるなあ。ガソリンエンジンなのでやっぱ回し気味に走らないといけない感じ。だが一旦回して時速60キロも出てしまえばパワー不足を感じることはない。
      高速道路で100キロで巡航している時のフィーリングが、以前仕事で乗っていた大型観光バス、日野セレガR(排気量17リッターのV8ツインターボ、450馬力の化け物)に非常に近い。そのスピードからであれば全く重さを感じさせないパワーとトルク、そしてどっしりとしたステアリングのフィーリングが。
      バス乗務の経験が無い方には信じられないかもしれないが、セレガRと言うバスは50人乗っていても並の坂道なら6速ホールドで登って行ってしまう程の強力なV8ツインターボエンジンを積んでおり、観光バスに俺様の人生程乗っている師匠が、今まで乗ったバスの中で間違いなく最強のパワーと言うほど。バスを運転してみたいが大型二種なんか取れるかと思っている方が、観光バスとはどういうフィーリングなのか知りたい時に是非。
      これに乗った後にハイラックスに乗ると軽く感じる。

      乗り心地

      振動だの乗り心地だの気にする奴はハリアーでもレクサスRXでも乗ってろ。それよりトレーラー繋いだ時の安定感とオフロードでの動きの方が大事。オフに持ち込もうとしたら頼むからやめてクレメンスと言われたのでまた後日。
      静かさ、確かに外界とシャットアウトされるが以前職場のバイト君が乗ってた30セルシオほど静かではなく、フロントからいい感じにV8サウンドが聞こえる。相当研究と言うか味付けに時間かけたんだろうなあ、知らんけど。

      燃費

      あれだけの走行性能を持っていながら6キロを割らない、紛れも無いエコカー。我が家はエコカーしか無いことになる。

      積載性

      トーイングキャパシティは驚愕の3500kg。みんな憧れエアストリームのトレーラー、ラインナップを見てるとこのクルマで牽けないヤツの方が少ない。間違いなく国産車最強のトーイングキャパシティ。

      故障経験

      まだ納車から1週間なので壊れたらニュースだがや。そもそもこのクルマが下らない壊れ方をしたらトヨタ自動車は世界中の顧客から信用を失うので気合が入ってるんじゃないかなあ。

      満足している点

      百の言葉よりも残酷な、ランドクルーザーと言う説得力。
      最廉価のGXなのにレーダークルーズコントロールがあること
      最廉価の(ry)クロールコントロールがあること
      最廉価(ry)LEDヘッドライトが付いていること
      最廉(ry)大抵の装備がついてること
      むしろ、余計な機能が無いので最上級グレードZXと比べてKONISHIKI一人分軽いこと
      しかしながら事故れば大抵の乗用車を廃車に追い込める比類無き頑丈さのラダーフレームに(4.6リッターだけど十二分に)強力なV8エンジン、オフで多少ヤンチャこいても壊れそうに無いアシ、問答無用で国産車最強のトーイングキャパシティは同じなこと
      トレーラー引っ張りながらアウトバックを走れないクルマなどクルマだと思っていないマジキチオージー共が、Unbeatable off road(オフロードで敵無し)と評するほどの圧倒的な悪路走行性能。車高の高いセルシオと勘違いして20インチ以上のホイールを履いているアホどもは猛省しろ。
      トレーラーの電源を取るのに配線をアレコレする必要がなく、カプラーオンで済むこと。最初からトレーラートーイングを考慮した設計だから当然と言えば当然だが。

      不満な点

      重い。最も観光バスに近いどっしりとしたフィーリングと国産車最強のトーイングキャパシティはこの重さがあってのことなので一概に悪いとも言えないが。
      でかい。それこそUnbeatable off roadと称賛したマジキチオージー共でさえNightmare in the city(街中じゃ悪夢のような取り回しの悪さ)と評するほど。それでも観光バスよりは遥かに小さいし、ハイラックスよりは短い。観光バスが虎だとすればランドクルーザー200は猫。安全にそして手軽に虎を飼うことが出来る、みたいな感じ。
      エンジンが4.6リッター。LX570なんて下らんもん出してないで日本仕様もURJ200にすべきだった
      VDJ200を日本でも売ってクレメンス。出たら真面目に乗り換える。
      GXなのにプリント倶楽部だかレーダー狂鵜図コントロールだかって余計な機能のせいでARBのバンパーが装着出来ないこと。GXってのはな、車高の高いセルシオと勘違いして買うバカがいない変態専用グレードだからむしろARBバンパーとウォーンM12000とピントルフックが標準装備であるべきなんですよ。タイヤも最初からBFGのATくらい履いててもバチは当たらんレベル。何ならホイールも最初からブラVでもry
      GXなのにダッチドア。GXってのはな、観音開きであるべきなんですよ(元80乗り並感)
      GXなのにカラーリングでソリッドの白(コード058、又の名をフレンチバニラ)が選べない。GXってのはな、白ならソリッドが当然でホワイトパールクリスタルシャインじゃダメなんですよ。
      GXなのにATしかない。GXってのはな、マニュアルトランスミッションも選べるべきなんですよ。
      GXなのにモケットシートなこと。GXってのはな、ビニールレザーシートであるべきなんですよ。
      GXなのに自由にいじれないこと。GXってのはな、自由にいじれてナンボなんですよ。
      GXなのに、で始まる不満点がオーストラリア仕様では全部解消されていること。GXってのはな、オーストラリア仕様VDJ200Rのことを言うんですよ。
      ヒッチメンバーを装着したら同時装着で電源も取っておいてくれればいいのに。
      悪路も走らないトン単位のトレーラーも引っ張らない人には無用の長物なこと。そんな連中がブームだからと買って、この手のクルマにとっては当然なことを、それまで乗っていた乗用車と比較してウダウダと抜かしたせいで軟弱化が激しいこと。そういうバカは声もデカイから始末が悪い。

      総評

      革シートや20インチホイール(笑)や電動格納3rdシート(笑)などの余計などうでもいい装備が無い分安く、だがクルマとしての根幹(ラダーフレーム、V8エンジン、サスペンションの基本構造)は上級グレードと何ら変わることのない、通好みなクルマ。乗ってる奴はド変態(褒め言葉)。

    走行性能乗り心地燃費積載性故障経験満足している点不満な点総評
  • マイカー
    • SuperNaoT

    • トヨタ / ランドクルーザー
      ZX_8人乗り_4WD (ECT_4.6) (2015年)
    • おすすめ度:
      乗車人数:8人
    • レビュー日:2019/02/12
      使用目的:レジャー
    • 走行性能

      パワーはあります(笑)。 ただしやはり乗用車の様に軽快に!とはいきません。

      操作性は、ある程度の理解をして乗る方であれば、期待以上の部分もありそうです。 Sportsモードであれば、一度走り出してしまえば「嗚呼V8だった」と思い出しながら、それなりに機敏に走れます(燃料計をにらめっこ)。 首都高等でもモタモタせずに走れます。

      扱いやすさは、それなりの大きさです(笑)。
      が、舵角が大きく取り回しは比較的楽です。 車両全方位がモニターできますしね。 技術に助けてもらえます。

      乗り心地

      乗り心地・足回り硬さですが、Sportsモードにすれば硬く引き締まり(自分は一人で長く乗って居ると、突き上げに疲れますが)、燃料残量が少い状況も加えるなら、かなり積極的に運転楽しく走れます。 Ecoにすれば、過度なローリング・ピッチングも無く優しく滑らかに、自分は長距離走っても疲れませんでした。

      静粛性、これは別にも書きましたが、100シグナスから乗り換えた自分には、とても安っぽくうるさく感じ、許せませんでした(笑)。 可能な箇所全面にデッドニング加工を施しました。

      振動は、特に気に成らないです。
      自分の場合、夏タイヤは24インチなのでロードノイズは拾います。 冬タイヤはノーマルサイズのスタッドレスですが、正直に言えば、運転の楽しさを無しにすれば・・・乗り心地はこちらの方が良いです。

      燃費

      高速道路では、
      一番良い時で「9.7km/L」でした。 平均で言うと「9km/L」と言った所でしょうか。

      街乗りでは、やはり「6.5km/L」位。

      積載性

      積載量・・・
      沢山積めます!と言う感じではありません。 自分は、スキー・WSFとスポーツで主に利用しますが、車の大きさから想像する程、沢山は積めません。 容量的にも長尺ものも、車のサイズから想像する程は積み込めません。

      ただこれは、乗車目的なグレードにしているので、致し方がないと理解しています。 車自体の豪華さと荷物の積載量共に求めるのは、すこし酷かなと、理解しています。

      故障経験

      自分の車利用頻度は、スポーツのシーズン中を除き、二か月に千キロ位の利用状況です。

      200ZX、納車後2年程乗って、つい先日(真冬)バッテリーが上がりました(笑)。 日常使いでない自分にとってバッテリーは鬼門です。 セキュリティ(純正のみ)にて駐車中も電気を使ってしまいますから・・・

      80では、12年間バッテリー上がりは無し。
      100では、ほぼ毎年バッテリーが上がり。
      200では、2年目で初めてあがりました・・・
      もっと、乗ってあげないといけません。

      満足している点

      TOYOTA Landcruiser を 80 100と乗り継いで、今は 200 ZX を乗っています。

      80 はオフローダーの旗艦として・・・
      100 は更にバブリーな豪華さを加え・・・
      200 は、安全性能・足回り他、今の時代の革新技術が素晴らしく。

      信号もない田舎の地方道、田んぼを抜けて集落と集落の間を繋ぐ、右に左に程よくカーブしている道を走り抜けるときのロールの無さ。 100にはなかった運転する楽しさが有ります。

      最新技術の賜物でしょうか、10年でこれ程進化するもの?と言う驚きに近い満足感が有りました。

      不満な点

      新車納入時の印象は、とにかく「安っぽい!」。
      カタログでは読み切れなかった、車内にて聞こえるミィーミィー1,600㏄?と感じる様なエンジン音、営業車と紛うかの様なドアの開閉音他、100シグナスと比べると、何と安っぽい車と感じた事か。

      総評

      走る・曲がる・止まる、車の基本については、SUVが欲しくてそこに夢を馳せるの方に向けてであれば、最高の車だと思います。
      ただ時代の流れか、コスト低減・燃費改善他、簡素化(メーカー努力)する事は理解できますが、カタログでは読めない点、乗車した印象が「安っぽい!」と感じました。 この点は、歴代乗り継いだ人間には我慢が出来ませんでした。
      今は、あちこち手直しして、お気に入りの一台です。

    走行性能乗り心地燃費積載性故障経験満足している点不満な点総評
  • マイカー
    • koh56

    • トヨタ / ランドクルーザー
      ZX_8人乗り_4WD (AT_4.6) (2013年)
    • おすすめ度:
      乗車人数:4人
    • レビュー日:2019/02/04
      使用目的:通勤通学
    • 燃費

      5km/l程度

      積載性

      車体から想像するより、車内は狭いと思いますが、ルーフキャリアやヒッチキャリアを取りつける事で積載性は確保できるかと思います。

      満足している点

      絶滅危惧なV8エンジン
      使いこなせないだろう走行支援システム
      何といってもシートベンチレーション&ハンドルヒーター

      不満な点

      買う前から分かっていたので書くほどでもないですが、前車(エルグランドE52)と比べて車内が狭い。オットマンが無い・シートアレンジが少ない・リアエンタが近すぎる

      総評

      いつかはランクル

      憧れ続けていた車ですから、所有する事が出来て満足しています。
      これから少しずつ自分好みの車にして、長く乗りたいと思います。

    走行性能乗り心地燃費積載性故障経験満足している点不満な点総評
  • マイカー
    トヨタ ランドクルーザー
    • ジョンそら

    • トヨタ / ランドクルーザー
      ZX_8人乗り_4WD (ECT_4.6) (2017年)
    • おすすめ度:
      乗車人数:2人
    • レビュー日:2018/11/06
      使用目的:レジャー
    • 走行性能

      タイヤからの余分な情報がなく走行していて疲れが少なく感じます。

      乗り心地

      余分な振動が少なく直進安定性が思いのほか良くストレスを感じませんでした。

      燃費

      一般道では6km/l
      高速では9〜10km/l程度
      この車にしては充分な気がします。

      積載性

      三列目シートの収納性が良いという事ないですね。

      満足している点

      2018年6月納車
      視界が良く、運転席、助手席のエアコン非常に良いです。

      不満な点

      もう少しトルクがあると良いかなと思います。

      総評

      車体寸法の割には取り回しが楽です。
      今回、高速を1200km程走りましたが全体的に非常に良く出来た車です。ノンストップでアップダウンやカーブを含めた高速を800km程走行しても余り疲れを感じませんでした。

    走行性能乗り心地燃費積載性故障経験満足している点不満な点総評

前へ12345678910次へ >

<< 前の10ページ次の10ページ >>

 

 

みんカラを始めよう!

注目タグ

最新オフ会情報

  • 神奈川県

    秘密の企画会議2020第一弾 ...

    車種:トヨタ 全モデル , トヨタ コペン , ダイハツ 全モデル , ダイハツ コペン , ダイハツ コペンクーペ

ニュース