トヨタ パッソセッテ

ユーザー評価: 3.15

トヨタ

パッソセッテ

パッソセッテの買取情報を調べる

クルマレビュー - パッソセッテ

  • マイカー
    • ChArOcHaRo

    • トヨタ / パッソセッテ
      S_FF(AT_1.5) (2008年)
      • レビュー日:2021年3月7日
      • 乗車人数:7人
      • 使用目的:通勤通学

    おすすめ度: 4

    • デザイン5
    • 走行性能3
    • 乗り心地3
    • 積載性5
    • 燃費3
    • 価格5
    満足している点
    とにかくシンプルだから扱いやすいし積載性抜群。
    セカンドシートが50対50で分割可倒できるから長い荷物積んでもちゃんと3人乗れます。助手席のサイドミラーがリバースに入れると下に向くのも便利です。
    MTモードもしっかり機能してくれるから山道もスイスイ走っていけて楽しい。
    不満な点
    Sグレードに限った話なのかもしれませんが雨の日サイドプロテクターでズボン汚れます。
    Aピラーが死角になりがちで丁度カーブの先が隠れるのでんーって思うことが多いです。
    シートポジションもイマイチしっくりこなくて長時間乗るのがちょっと辛い。
    あと思ったより小回り効かないのでここは本当に要注意です。
    ノーマルサスはふわふわすぎてちょっと怖い。ダウンサス入れたら解消したので◎
    あと60キロくらいから風きり音がめっちゃうるさいです。
    総評
    乗れば乗るほどシエンタ、フリードに負けた理由がわかるけど唯一無二の存在だからこそ面白いし結果的に満足できる車であることは確か。
    燃費についてもカタログ燃費を見ればそこら辺のハイブリッドカーより達成率は高いと思う。
    ダイハツ車だからシンプルかつ機能的で目に見えない部分はしっかりしてるから乗ってて安心です。
    ダウンサス入れるとふわふわ感は解消されるので結構オススメです。乗り心地もしっかり感がでますよ。
    デザイン
    5
    Sグレードなのでエアロバンパーやサイドプロテクターが付いててスタイリッシュ。
    タイヤサイズも純正が185/55R15と割と低扁平なので見た目がいいです。アルミホイールがエンケイ製なのも密かな優越感。珍しくはないですけどね。
    走行性能
    3
    確かに重さもあって加速は良くはないけど踏めばちゃんとスピード出るしこれくらいがむしろ扱いやすい気もします。カーブではAピラーが死角になるのでストレス。狭い道は小回り効かないので不便な思いもしたけどサイズが小さいので何とかなりました。
    乗り心地
    3
    純正サスだった頃はふわっふわしててカーブでもしっかり感がなく車酔いしやすい乗り味です。
    ダウンサスを入れたらそれら全部解消したのでオススメです。RS-Rのダウンサスを僕は入れました。
    積載性
    5
    タイヤ4本はサードシートとセカンドシート倒したら楽々積めます。
    友達の車のリアシートに至ってはセカンドシートを半分倒せば載せれたので積載性については文句ないです。
    燃費
    3
    数字だけ見れば悪い方にはなりますが車重とエンジン性能とトランスミッションのことを考えたら許容範囲です。カタログ燃費もいいほうではないのでむしろ達成率は高いと思う。
    価格
    5
    車両本体価格が今めっちゃ安いので下取りも安いですがそれは仕方ないですね。
    故障経験
    特に問題なく乗れてます。
  • マイカー
    トヨタ パッソセッテ
    • mocoao

    • トヨタ / パッソセッテ
      G“Cパッケージ”_FF(AT_1.5) (2008年)
      • レビュー日:2020年12月13日
      • 乗車人数:3人
      • 使用目的:レジャー

    おすすめ度: 4

    • デザイン4
    • 走行性能4
    • 乗り心地4
    • 積載性5
    • 燃費3
    • 価格5
    満足している点
    ボディサイズの割に車内空間がとにかく広い。
    これがこのクルマを選んだ最大の理由。
    あと、意外に走って楽しいことと、滅多に見掛けない希少性。
    不満な点
    新車時の車両価格から考えれば致し方ないとは思いますが、全体的に安っぽさは否めません。
    皆さん仰られていますが、高速や路面状態の悪い道を走行するときはちょっとうるさいかも。
    でも、過去騒々しいクルマに何台も乗ってきましたので、個人的にはあまり気になっていないです。
    総評
    所謂「不人気車」という事で、かなり安く買えました。その割に積載性や走行性能など、私の求める要件はほぼ合格点に達していて、とても良いクルマに出会えたと思っています(^^)
    デザイン
    4
    至ってシンプル。街中で振り返られることは皆無(笑)没個性と言えるとも思いますが、あまりデザインし過ぎも好みではないので、個人的には結構気に入っています。
    走行性能
    4
    ボディ剛性が高く感じられるのとホイールベースが長いせいか、安定感があってどの様な走行状況でも特に不安は感じません。
    車重も比較的軽いので軽快に走ります(^^)
    ドライビングの楽しさは切り捨てて選んだつもりでしたが、意外に楽しく、ここは嬉しい誤算♪
    乗り心地
    4
    これも、長いホイールベースの恩恵もあってシットリとした乗り味。後部座席の家族もくつろげる様です。
    積載性
    5
    元々7人乗りな訳ですが、3列目はほとんど使わないので常時フラットにして荷室状態。通常はそれだけで充分な広さがあります。3名乗車でのキャンプの時などは、2列目も片側半分を倒せばかなりの積載量が期待できそうです。2・3列全部フラットにすれば大人2名での車中泊も可能です。
    燃費
    3
    まだ一度しか計測していませんが、街/高速半々で10km/ℓ台でした。燃費はあまり期待できないかも?
    価格
    5
    不人気車ゆえに激安でした(笑)
    故障経験
    まだ所有して1か月。今のところ大きな不具合は認められません。
  • マイカー
    トヨタ パッソセッテ
    • 白ノア☆白犬

    • トヨタ / パッソセッテ
      G_FF(AT_1.5) (2008年)
      • レビュー日:2020年11月2日
      • 乗車人数:1人
      • 使用目的:通勤通学

    おすすめ度: 4

    • デザイン2
    • 走行性能3
    • 乗り心地4
    • 積載性4
    • 燃費3
    • 価格2
    満足している点
    通常の運転では過不足なく扱いやすい 安定し乗り心地もまあ良い 後席を倒すと荷室がフルフラットになり寝られる 4ATでパワーもあり燃費まずまず
    不満な点
    1500なのにホイールベースが長い275cm ハンドル切替した場面あり センターメータが遠い(走行中はよく見えない)
    総評
    乗っていて大きな不満はなく故障もなかった 車長418cmに対してホイルベース275cmと長いので、長距離でも疲れは少ない CVTでなく4ATでパワーも感じる 後席倒すとフルフラットになり車中泊で寝やすかった 74500kmで2020/9/26手放した 自己走-22700km/3年5ヶ月
    デザイン
    2
    ま、平凡かな 愛着あり
    走行性能
    3
    パワーを大きく感じることはないが、不足も感じない
    乗り心地
    4
    ホイールベースが長い(275cm)ので乗り心地はまあ良い
    積載性
    4
    良く積める 後席倒せばなおよい
    車中泊ではフラットな寝床でGOOD
    燃費
    3
    まずまずの燃費 12-14km/l
    価格
    2
    コスパ良い あまり走っていない 人気薄 
    故障経験
    特に故障はなかった
  • マイカー
    トヨタ パッソセッテ
    • MPV VR-4

    • トヨタ / パッソセッテ
      G_FF(AT_1.5) (2008年)
      • レビュー日:2020年7月11日
      • 乗車人数:1人
      • 使用目的:通勤通学

    おすすめ度: 4

    • デザイン
    • 走行性能
    • 乗り心地
    • 積載性
    • 燃費
    • 価格
    満足している点
    世間で言われてるほど3列目狭くない
    不満な点
    噂通り60kmを超すと風切り音がする
    総評
    2000年代後半、2008年5月9日、ミニバンブームの中1台の車が市場に送り出された。
    ホンダ、フリードである。手頃なサイズ感とキャッチーなCMにより、発売後1か月には当初目標の5倍に達する2万台を売り上げ、ミニバン販売台数第1位を獲得した。
    これを王者トヨタが黙って見過ごすことはできなかった。
    打倒フリード!それはトヨタの合言葉となった。
    当時、コンパクトミニバンとしてはシエンタがあったが、2003年の開発で設計も古く、後継車が必要だった。
    結果トヨタが企画して、ダイハツと共同で1台の車が開発された。
    悲運のコンパクトミニバン、パッソセッテである。
    トヨタの企画の結果、ダイハツに、課せられた制限は厳しかった。「何がなんでもフリードより安くせよ」「7人乗れること」である。ダイハツの技術者は設計段階から徹底したコストカットを図らざるを得なかった
    ダイハツテクナーの丸尾昌弘氏は最廉価であることに拘らなくてはならなかった。
    ベースのプラットフォーム、エクステリア、インテリアに至るまでブーン
    果ては軽自動車のソニカ等から流用し、パワートレインも一種類に絞られた。
    また、スライドドアの省略によるコスト削減、重量軽減が図られた。
    また、ダイハツは1リッター以上のエンジンに対応出来るCVTを持っていなかったために4速ATを採用。
    そのために燃費は狙っていたほど向上せず、エコカー認定は受けられなかった。2008年12月8日
    パッソセッテ発表。価格は149万円から。
    月間販売台数の目標は3500台。
    豊田章男副社長は「トヨタからのクリスマスプレゼント」「激戦区のコンパクトカー、ミニバンのマーケットのど真ん中に位置する車に仕上がった」とコメントした。しかし、彼の言葉は外れる。
    パッソセッテは最初の3ヶ月こそ目標台数を上回ったもの、その後急降下する。
    そこには、エコカー減税が受けられないこと、スライドドアでないこと、特別仕様車等導入されなかったこと、CMの結果印象が悪化した事、様々な原因があった。また、そこにはシエンタ併売の影響もあった。
    終売予定のシエンタは値引きも拡大され、トヨタ店での販売もそちらに力が入った。
    そして2010年8月シエンタは予定通り終売を迎える。
    しかし、その後も在庫は売れ続けた。例えば2010年の10月のパッソセッテ販売台数は491台対してシエンタは1241台。
    結果、トヨタは2011年月にはシエンタの再販を開始する。

    この瞬間にパッソセッテの命運は尽きた。

    こうして歴史の闇に「小さなミニバン」はひっそりと姿を消して行ったのである
    総生産台数は2万に届かず、販売期間は3年程度。
    幻の車となった。
    https://car.watch.impress.co.jp/docs/news/038433.html
    走行性能
    無評価
    そこそこきびきび走る、1500ccの5ナンバーというのは初めてですが、そんなにかったるさは感じない
    むしろ3ナンバーばかり乗っていたので、この軽さは軽快に感じる。
    出だしはぐっと踏まないと加速しないし、踏み込むと燃費はガタ落ちするが、走り出してからはひょいひょいと走る
    乗り心地
    無評価
    普通…やわらかめかな
    燃費
    無評価
    走って間もないですが、市街地だとリッター9km行かないかも
    故障経験
    10万km超えた車体ですが、フロントのブーツ系は敗れてましたね
  • マイカー
    • 諸星 ダン

    • トヨタ / パッソセッテ
      X_FF(AT_1.5) (2008年)
      • レビュー日:2019年5月21日
      • 乗車人数:7人
      • 使用目的:レジャー

    おすすめ度: 3

    • デザイン
    • 走行性能
    • 乗り心地
    • 積載性
    • 燃費
    • 価格
    満足している点
    サイズの割には車内がとても広い。(基本的には二人と荷物、たまに三人と荷物なので三列目を使うことはないと思います。)スライドドアではないのが良い。CVTでないのが良い。
    不満な点
    最下位グレードなので内装が安っぽい。エンジン音、ロードノイズが入り放題でワゴンRとは比べ物にならないくらいうるさい。センターメーターは慣れないと見にくい。
    総評
    初老の私にはこれで充分かな?
    走行性能
    無評価
    ダラダラとした登り坂では力不足を感じます。
    乗り心地
    無評価
    乗り心地は柔らかめで今の私には丁度いいかな。

前へ12345678910次へ >

<< 前の10ページ次の10ページ >>

レビューを投稿する

マイページでカーライフを便利に楽しく!!

ログインするとお気に入りの保存や燃費記録など様々な管理が出来るようになります

まずは会員登録をしてはじめよう

注目タグ

最新オフ会情報

ニュース