トヨタ ソアラ

ユーザー評価: 4

トヨタ

ソアラ

ソアラの買取情報を調べる

よくできた製品。すばらしい工業製品文句なしだが・・。 - ソアラ

マイカー

よくできた製品。すばらしい工業製品文句なしだが・・。

イイね!
トヨタ ソアラ
走行性能
VVVFじゃないVVTi非搭載の2JZーGE搭載。5500回転からの盛り上がりはターボのそれには遠くおよばないがカムに乗る感じがある。
あっという間に吹き上がってしまう。
4速OD含むのATなのでシフトアップしたあとはしばらくとろい。
ハンドリングは、マイルドとの評価に尽きる。クラウンですか?セルシオですか?という感じ。全体としてはGSやアリスとの方が骨太でよりトヨタ的にもスポーツ(トヨタ的スポーツとはハンドルレシオが早くハンドルが太く、足が硬く、エンジンがでかくタイヤが太いと言うだけのもの)かーである。GSやアリストと比べるとそれでもガラスが多く死角が少ない。
バランスはフロントヘビーだと思うのだがなぜかオーバーステア傾向である。
会社内の専用コースで全開走行した場合や、雪道、富士スピードウエー旧コース(あれ?新コースになってからだったかな?タイヤがボロボロになった)や筑波サーキットを走ると本当にオーバー傾向なのでびっくり。
なので扱いやすいかと言われると限界走行では注意を要するという変な性能。
文句を言いながら走るアンダー車より楽しいのはマジで意外。
ただ日産車・マツダ車とことなり路面の状況タイヤの現状がハンドルを通してつかみにくい。
乗り心地
音 静粛性
サイズダウンして195のレグノの最新モデルを常に履かせている。GRシリーズ。
おかげで一番嫌いなロードノイズは車の遮音性能とあいまって見事に押さえきっている。
吸い出し音や風切り音も22年前の車なのにほぼしない。見事なトヨタの品質重視の部品調達とほめられる。おかげで音楽もエンジン音もノーマルでも楽しめる。
最近はショックアブソーバーの音が楽しめる爆。

座りごごち
ロールも重心が低いせいで大きくなく文句ない。
乗り降りに体が硬いとでかいドアと相まって苦労する。
10万キロで運転席はだいぶへたった。
後席は人が乗るところじゃないな。
燃費
もうずっと6キロ 5.5~6.7 の間である。
ハイオクでね。
高速ばっかりでは13とか出したこともあるけど
瞬間一発給油だと言うことで参考にならない。

最近では出番が少ないためか
4キロである。
こまったもんだ
積載性
何も乗りませんよ~まじで。それでいい。
トランクには燃料タンクが鎮座されております。なのでリアトレイ下は空間がありません。

キャリアーはでかいとは言え所詮2ドア後ろ側のキャリアーをつけるのに苦労します。
まぁこの車でスキー場に行く人はいないと思いますけどね。私はスタッドレス+キャリアーにスノボ積んで行きましたが、風切り音で超不愉快です。
故障経験
オルタネーター 1回
現在ATどうかな?ってかんじ。
マルチavは何回か壊れた。
左ウインカーが手で戻すのが重い。
本当に故障は少ない。
あ、ラジエーターキャップは念のため交換。
現在11万キロ弱
満足している点
壊れない。品質高い。個々の部品の信頼性が高く全体としても申し分ない信頼性を確保されている。その分野で世界一。
音がしない。ハンドルにインフォメーション来ない。振動も無し。「高級車」としては申し分ない。
不満な点
壊れなく面白くない。手がかからない分持つ喜びもへる? 間違ってもスポーツカーではない。言われているように80点主義で、それを超える部分はメーカーがユーザーを見切っているというか馬鹿にしている。
間違ってもとがった車ではない
デザインがおかしい。
総評
まぁ上に書いたとおり。ある程度壊れて存在感示さないと面白い車ライフは送れない。道具としては大変優れている。わがままな要求に応えるトヨタのスタンスはすばらしいものがあるが、趣味人には物足りないはず。
バブル期の設計のため、何でもいいから修理工場もってこい!の考えが現れている。フォグランプ取り替えるのもアンダーカバー外すなど面倒。
高級車方向と考えると価格の割に大変よくできている。
関連情報URL:https://minkara.carview.co.jp/userid/2822437/blog/40404091/

レビュー一覧へ

レビューを投稿する

 

 

みんカラを始めよう!

注目タグ

最新オフ会情報

ニュース