トヨタ ビスタアルデオ

ユーザー評価: 4.12

トヨタ

ビスタアルデオ

ビスタアルデオの買取情報を調べる

クルマレビュー - ビスタアルデオ

  • マイカー
    トヨタ ビスタアルデオ
    • 9109beach

    • トヨタ / ビスタアルデオ
      200Sセレクション(AT_2.0) (2000年)
      • レビュー日:2020年9月26日
      • 乗車人数:1人
      • 使用目的:通勤通学

    おすすめ度: 5

    • デザイン5
    • 走行性能5
    • 乗り心地5
    • 積載性5
    • 燃費5
    • 価格5
    総評
    5ナンバーながら意外と広い。
    デザイン
    5
    走行性能
    5
    乗り心地
    5
    積載性
    5
    燃費
    5
    価格
    5
  • 家族所有
    トヨタ ビスタアルデオ
    • mikuta0407

    • トヨタ / ビスタアルデオ
      200Sセレクション(AT_2.0) (2000年)
      • レビュー日:2018年3月26日
      • 乗車人数:3人
      • 使用目的:その他

    おすすめ度: 5

    • デザイン
    • 走行性能
    • 乗り心地
    • 積載性
    • 燃費
    • 価格
    満足している点
    18年近く、物心ついた時から後部座席や助手席に乗っていたので、その視点から。

    ・足元が広い
    ・ウエストラインが高くないので前も後ろも外が見やすい。
    ・センターメーターは見やすい。
    ・スピーカーの音がいい
    ・ハッチのガラスにアンテナが埋め込まれているので天井にアンテナが飛び出していない。
    不満な点
    ・助手席側の物入れが下側のダッシュボードとドアポケットくらいしか無い。最近の車見ると上や中央に小物入れがあって便利だなと。
    ・アベンシスが出たせいでビスタそのものが消滅した。アベンシスはコレジャナイ
    ・14年越しにD-4エンジン(3S-FSE)のリコールがかかった。それまで購入一週間後から加速力が足りなかった(そうです)。
    総評
    父親ともよく話していますが、この車に変わる車が無いのがとてもつらいです。何に買い換えるのがいいのか・・・

    それくらいいい車です。燃費もそこまで悪い方ではないですし(街乗りで7~9km/L)、乗り心地も見晴らしもよく、とにかくいい車です。
    ミニカーがないのが悔しい。
    今後ぼくも運転していくつもりです。楽しみ。
    走行性能
    無評価
    今は不満なし。
    乗り心地
    無評価
    とにかく最高。広いし安定してるし。
    積載性
    無評価
    コストコで割と買っても普通に載る。
    燃費
    無評価
    街乗りで7~9km/L
    高速はいると10km/L超えてくる。
    ターンパイク下りだと29.9km/L(カンスト)
    故障経験
    故障ではないが、購入から加速力が落ちた。
    14年越しにD-4エンジン(3S-FSE)のリコール。
    おかげで直った。
    ブロー報告もあるなか、よく持ってくれたと思う。
  • マイカー
    トヨタ ビスタアルデオ
    • aya_2

    • トヨタ / ビスタアルデオ
      アルデオ200_S_セレクション(AT_2.0) (1998年)
      • レビュー日:2017年10月13日
      • 乗車人数:6人
      • 使用目的:通勤通学

    おすすめ度: 5

    • デザイン
    • 走行性能
    • 乗り心地
    • 積載性
    • 燃費
    • 価格
    満足している点
    室内、使い勝手が良い
    不満な点
    D4エンジンがやばい(トヨタ初の直噴エンジンだけあってディーゼルみたいな感じです。)
    総評
    その他の使い勝手やエクステリアはとても気に入っています。
    今現在はこれ以上の車はないような感じがします。
  • マイカー
    • enjun

    • トヨタ / ビスタアルデオ
      200S(AT_2.0) (2000年)
      • レビュー日:2017年3月31日
      • 乗車人数:6人
      • 使用目的:レジャー

    おすすめ度: 5

    • デザイン
    • 走行性能
    • 乗り心地
    • 積載性
    • 燃費
    • 価格
    満足している点
    ✳️ムーンルーフ
    メーカーオプションのムーンルーフと呼ばれるガラス製サンルーフが前席と後席の2箇所に装備されています。前席のサンルーフは手動でチルトアップ、後席のサンルーフは電動でチルトアップとスライディングが可能です。2つのサンルーフによる車体の剛性低下を防ぐために補強部材がルーフ内部に設置されていてルーフに加わる重量が増加し、重心が高くなることでコーナーリング性能にはマイナスの影響が生じます。とは言え、2つのサンルーフを全開にすると信じられないほどの開放感が味わえるので、マイナス面を十分に打ち消すだけの魅力があります。
    不満な点
    ✳️エンジンルーム内のプラスチック部品
    アルデオに限ったことではありませんが、この時代の車はコストダウンのためにプラスチック製の部品を使っています。例えば、ラジエータ本体は金属製ですが、上下についているタンクはプラスチック製です。エンジンルーム内の温度は局所的にはかなり高くなることもあり、プラスチック製の部品にはとても厳しい環境です。設計上の耐用年数は何年に設定されているかはわかりませんが、私のように17年間も乗っているとプラスチック製部品の劣化が危惧され、破損する前に予防整備することが大切になります。
    総評
    ✳️実用車としての完成度の高さ
    トヨタ初の直噴エンジン、前席ベンチシート、コラムシフト、6人乗り、デジタル式のセンターメーターといった当時としては大変珍しいタイプの車でしたが、今考えても実用車としての完成度はとても高い車でした。しかしながら販売台数は少なく、1998年に登場し、2002年に生産を終了した、1代限りの悲運な?車です。少し登場時期が早過ぎたため、アルデオの素晴らしさが十分認められなかったということかもしれません。
    縁あってアルデオに出会い、そして23万キロ以上を走行し、今では生産が終了したモデルでもう新車では購入できない、さらに爆発的に売れた車でもないが故に中古車市場でも流通量が少なく、今では程度の良いアルデオの中古車はめったに見ることが出来ません。このアルデオを今後も出来る限り、オリジナリティを保って日常の足として使用していきたいと考えています。
    走行性能
    無評価
    ✳️トヨタ初の直噴エンジン
    トヨタ初の直噴エンジンで第1世代直噴エンジンD4を搭載しています。シリンダー内のスパークプラグ近傍のノズルから燃料を噴射し燃焼させることと、空気と燃料の比率(空燃比)を上げて希薄燃焼(リーンバーン)させることが大きな特徴です。燃料消費率を低減することを優先したエンジンなので決してパワフルとは言えませんが、パワーは通常の使用には十分なレベルです。このエンジンは排ガスをクリーンにするために排ガス再循環によりオイルを含んだ排気が吸気系を流れるため、吸気ラインが汚れてしまうマイナス面もあり、特別な洗浄が必要になってきます。日頃からこの直噴エンジンの特徴を考慮したメンテナンスを行っていれば決して扱いにくいエンジンではありません。
    乗り心地
    無評価
    ✳️適度な硬さの足回り
    アルデオの足回りは柔らかだといわれますが、私にとっては特に柔らか過ぎず、ちょうど良い乗り心地です。
    静粛性は現代の車のレベルには及びませんが、十分な静粛性は確保されていると思います。私のアルデオの場合は、ブリジストンのレグノも静粛性に大きく寄与しています。
    積載性
    無評価
    ✳️6人乗れて、後席はスライド&リクライニングも可能
    6人乗れる車で、後席は左右別々にスライドとリクライニングが可能なので驚くほど足元に広いスペースを確保することができます。また、後席を前に倒すと大きな荷室が生まれます。家族全員で出かける時にはファミリーカーとして活躍し、引越しなどの時にはたくさんの荷物を運ぶことができるステーションワゴンとしても活躍してくれるとても頼りになる車です。
    燃費
    無評価
    ✳️高速燃費は17km/l、生涯燃費は9.0km/l
    は走行パターンと運転モードの選択(パワーモードまたはエコノミーモード)によって大きく変わります。私のアルデオの場合はエコノミーモードで高速道路を走ると17km/lまで伸びます。参考までに、今まで23万キロ走行した生涯燃費は9,0km/lです。現代の車に比べると決して燃費が良い車とは言えませんが、設計された年代や23万キロという走行距離を考慮すると満足できるレベルです。
    故障経験
    ✳️冷却水漏れでレッカー車のお世話に・・・
    路上で故障しないように普段から予防整備をしていますが、一度、バッテリー上がりで動けなくなったことがあります。たまたま近くにディーラーがあったのでバッテリー交換をしてもらい帰還できました。バッテリー上がりは突然やってくるので日頃から電圧を測定するとともに定期的にバッテリーを交換することが重要です。
    また、2回目の路上故障は、ラジエータインレットホースとエンジンを接続するプラスチック製のインレット部(エンジンのクーラント出口)が走行中に破損してクーラントがすべてなくなってしまいました。当然、冷却水温度高の警告灯が点灯したのですぐにエンジンを停止し、レッカー車でいつもお世話になっている整備工場に運んでもらいました。自動車保険で整備代を除くすべての費用がカバーできたのでとても助かりました。ラジエータ、インレットホースおよびアウトレットホースは定期的に交換していましたが、インレット部は今まで交換したことがありませんでした。インレット部はプラスチック製で耐久性が低いことが盲点になっていました。ちなみにアウトレット部(エンジンのクーラント入口)は圧力が高いので金属製なのですが、圧力の低いインレット部はプラスチック製になっています。21万キロエンジンルームの高温環境下で使用し続けたプラスチック制品はかなり劣化しているので予防整備が必要です。
  • 過去所有
    トヨタ ビスタアルデオ
    • Blueliner-S

    • トヨタ / ビスタアルデオ
      200(AT_2.0) (2000年)
      • レビュー日:2017年2月23日
      • 乗車人数:5人
      • 使用目的:レジャー

    おすすめ度: 5

    • デザイン
    • 走行性能
    • 乗り心地
    • 積載性
    • 燃費
    • 価格
    満足している点
    ・何と言っても流通価格が安い!(笑)
    ・車内も広くて、リヤシートもリクライニングする憎い奴でした。
    不満な点
    ・下級グレードはタコメーターがない
    ・社外オーディオ類を付ける為のブラケットがなかなか無い
    ・3S-FSEは3S-FEよりスペックが優ってるはずなのに、何故かトルクが細い?
    ・ビスタの前期の共通事項で、コラムレバーの形状がよくない…エアコンパネルと被るんですな。
    後期は、改善されましたが。
    総評
    ナンダカンダ言って、エンジンに良い評判を聞かないものの、走れば燃費で14km/lを叩き出せたので、コストは良いかと。
    パッケージングが良いので、僕の中では隠れた名車かなー。
    OBDⅱが装備されてるから、最悪はレーダーをタコメーター変わりにすると言う暴挙も出来ますd(^_^o)
    走行性能
    無評価
    ワゴンだし、腰高なんでね…無茶は禁物です。
    でも、ラルグスが出してる車高調を入れて試したかったとは今でも思ってます。
    乗り心地
    無評価
    足回りは年式相応に劣化してたとはいえ、しっかりしてたかなーと。
    意外と、静粛性も高いので静かに乗っていられる…
    積載性
    無評価
    上げ底の形状だったのでそれなりに詰めました。
    燃費
    無評価
    14を叩き出した時はびっくりしました。持ってた当時15年落ちの割に。
    故障経験
    定期交換以外は特になかったかと。さすが、トヨタのディーラーチャンネルを背負ってただけはありました

前へ12345678910次へ >

<< 前の10ページ次の10ページ >>

レビューを投稿する

マイページでカーライフを便利に楽しく!!

ログインするとお気に入りの保存や燃費記録など様々な管理が出来るようになります

まずは会員登録をしてはじめよう

PVランキング

注目タグ

最新オフ会情報

  • 茨城県

    s-style主催 4H10 ...

    車種:トヨタ 全モデル , ホンダ 全モデル , スバル 全モデル , スズキ 全モデル , ダイハツ 全モデル

ニュース