ユーザー評価: 4

トライアンフ

タイガー800XRX

タイガー800XRXの買取情報を調べる

クルマレビュー - タイガー800XRX

  • マイカー
    トライアンフ タイガー800XRX
    • かりんぱ

    • トライアンフ / タイガー800XRX
      不明 (2015年)
    • おすすめ度:
      乗車人数:1人
    • レビュー日:2018/09/18
      使用目的:レジャー
    • 走行性能

      オンロードよりですが、モード切替でオフでもそこそこ走れそうです。3気筒はやややかましいものの、低速トルクもそこそこあり、中~高速の加速もよいです。

      乗り心地

      まだ舗装路だけですが、300Km程度ではおしりもまったく痛くなかったです。ポジションはアップハンドルで、フロントの風よけもよく効くので長距離でもつかれません。

      燃費

      6000回転縛りで中央道自由に走って20Km/L程度。

      積載性

      パニア装備ですが、基本的に後部座席から後ろがフラットなので荷物は積めます。純正トップケースをつける予定です。

      満足している点

      印象としては、アフリカ象に比べて圧倒的に軽い。

      ノーマルシートで両足べたつき。

      新型メーター機能多すぎてウインカーの下なので操作ミスだらけ(^◇^;)
      (今回はオプションのフル機能つけたので走行中にタイヤ空気圧もチェックできます)

      クルコンは楽チン(とはいは車のような自動追従はないので結構調整入りますが)

      燃費はハイオク指定で20km/lくらい、
      タンクは19Lなので360Kmくらいは確実に走ります。回さなければ400Kmはいくでしょう。

      慣らし終わるまでは6000回転縛りですが、6速130km/h出るので十分。

      フードも走行しながら高さ変えられたりシートヒーターまでついてたりと英国製ながら至れり尽くせりのバイクでした。

      不満な点

      フルオプションのXRTなのでたぶん1200GSなみに高いです。

      エンジンが熱い。3気筒は音はちょっと高めです1速から上までよく回りそうですが、走ってないとかなり熱くなるので、渋滞のトンネルが熱すぎでした。

      クラッチ重たい(;´д`) DCTオートマな象さんに慣れてると左手がしんどかったです。多分これまでの国産よりも重ためかも。レバー交換で対応考えねば。

      パニアは前のGIVIと全く同型なのですが、何気に固定用の爪が細かく違っていて純正しか使えないという罠が。トップケースも最終的に諦めて全部純正するとことにしました。幸いパニアはサマーセールでサービスだったのでよかった。アフリカ像より10cmくらいは細身になりました。

      総評

      英国生まれで快適装備ではこのバイクにかなうものはなかなかなさそうです。

      2年おきにアドベンチャー3台乗り継ぎましたが、日本の道では大きさ、重さ、性能的にはこのくらいがベストな気がしました。
      (Vスト650XT->アフリカツインDCT->タイガー800)

    走行性能乗り心地燃費積載性故障経験満足している点不満な点総評

 

 

みんカラを始めよう!

注目タグ

最新オフ会情報

ニュース