フォルクスワーゲン クロスポロ

ユーザー評価: 3.95

フォルクスワーゲン

クロスポロ

クロスポロの買取情報を調べる

クルマレビュー - クロスポロ

  • 試乗
    フォルクスワーゲン クロスポロ
    • XG

    • フォルクスワーゲン / クロスポロ
      クロスポロ_RHD(DSG_1.2) (2014年)
    • おすすめ度:
      乗車人数:2人
    • レビュー日:2018/07/28
      使用目的:その他
    • 走行性能

       ちょい乗り。 2000rpm辺りで、ぐいぐい走る。
       余力がありそうに見えて実はスロットルバルブは全開になってるんじゃないかという感触。
       1.2Lターボのエンジンは、90psの160Nm/3500rpmで1160kg。
       EUNOS100が1.8NA/135psの 160Nm/4500rpmの1030kg。 MTの3速なら街中縦横無尽であった。
       (EUNOS100 1.8MT = 0-400m:16.0s、0-100km/h加速9.0s)
       そのEUNOS100と近い印象だったので、街中なら快速の部類でしょう。
       90psしかなくて、おまけに空気抵抗の高そうな恰好では、高速道路は我慢の走りかしら。

       街中の交差点でステアリングにも車の動きにも違和感がある訳も無く、ハンドリングは良く判らなかった。

      乗り心地

       ジャーナリストの言うことろ、ポロがBセグとして突出しているとされる乗り心地とはこのことかと納得。
       スイフト的な、日本的小型車の、頼りなく路面に煽られ、入力をいなしと言う感じでは無い。
       車重1.6tのA4の世界に足を突っ込んでいる。(のではないか?A4に乗ったこと無いけど、RS4では比較が難しい)
       しっかり、入力を受け止め減衰して、フラットな姿勢を維持する。
       やや硬めだが、たっぷりした乗り心地は見事。

       EUNOS100より130kg重いだけなのに、乗り心地は別物。
       EUNOS100は足を固めて、ストロークさせずに車が跳ねても仕方ないやというチューニング。
       変に良路の乗り心地を作り上げてないので、単純なすっきりした硬めの足で、軽快に走るので気に入ってた。
       クロスポロは、ばねは硬くないけど、ダンパーで素早く減衰する感じかしら。
       サスペンションとダンパーの容量が車格離れしてるんでしょうなぁ。
       乗り心地はEUNOS100よりRS4寄り!
       およそ2tのエスティマ3.5の方が、重々しいけど車重は軽く感じるくらい、クロスポロは車重が重く感じる。
       う~ん、これって凄くね。

       車内音は煩いとは思わなかった。
       市街地、てれてれ走ってて煩いのでは問題あるけど。

      満足している点

      ・乗り心地が良い。
      ・SUVルック。
       オーバーフェンダー追加、ルーフレール追加、215/40R17というポロGTIと同じサイズをぶち込み、徹底的に手が入っている。
      ・他にも良いとこあるんだろうけど、この試乗モードではなんとも分からん。 良く走りそうなんだが。

      不満な点

      SUVルックの犠牲が甚大。

      ・乗り心地
       大入力は誤魔化しきれない。 段差ショックは、RS4並み。
       RS4は操縦安定性の限界を高めるために、がっちがちにばねを硬くしても納得なんだが、なんでシティーコミューターを、あの乗り心地にしてしまうのか?
       馬鹿の一つ覚えだが、車高を30mm高くした影響もあるはず。
       一番の問題は、2インチ、インチアップして215/40R17(ヨンマルタイヤ!!)を履いたこと。
       標準の185/60R15で充分。

       VWJの商品企画の段階で、台数が出ないと判断してモノグレード。 これは解る。
       見た目に引っ張られるユーザーを対象に、てんこ盛りの高額で販売にすることにしたんだろうけど。
       車高上げて、GTIのタイヤを付けて、良路ではあの乗り心地は良く頑張ったと思います。
       基本は、GTIのサスセッティングなんでしょうねぇ。 だとしたら、ポロのGTI凄過ぎ。

      ・高い
       カタイの次は高い。
       ポロの一番高いグレードから、派生させた。 280万円。
       これにまだ、ディスチャージヘッドランプとナビがオプション。
       数を売るつもりは無いんでしょうけど。
       ポロTSIハイライン+21万円=クロスポロ
       21万円のうち10万円くらいが、17インチ化だと思うと、クロス化は11万円。
       ポロのTSIコンフォートライン227万円をインチアップせずにクロス化すると、238万円。
       これなら、倍くらい売れたのでは? で、乗り心地は極上。
       商売は台数が売れるかどうかじゃなくて、儲かるかが大事なんだが。

      ・ミラーの調整スイッチの場所が変。

       あれは、普通、インパネに垂直についているか、右扉のアームレストの先に真上~30度くらい斜めに傾いててくっつく、ダイヤルで左右を選択して、ダイヤル自身を上下左右に傾ける、VW/AUDI方式。
      そいつが、ドアの前方に、停車している時の左上方の信号機に相対して付いている。
       一見さんお断り。
       よもや、ミラーの調整スイッチがドライバーに相対しない場所に着くとは、想像したこと無かった。
      慣れるのかこれ。 慣れるんだろうなぁ。

      ・坂道発進で一瞬下がる。
       セールスは「仕様なんですよ」って言うけど、慣れるのかこれ。 慣れるんだろうなぁ。
       サイドブレーキは左脇のレバー。
       将来、電動サイドブレーキ化されるまでの辛抱か。
       DCTは変速無敵なんだが、発進はいろいろ苦労している。
       将来はトルコンとの組み合わせになるかも知れんね。
       その時はTCT(トリプル・クラッチ・トランスミッション)になります。

      総評

       車を車検に入庫して、家に送ってもらうまでの3kmを運転させてもらった。
       その時、街中を40km/h以下で走った感想。
       クロスポロは1.2TのL4ガソリンエンジンで、280万円。
       4000×1710×1490mmの1160kg。 215/40R17のタイヤ。
       装備をみると、ポロならTSIハイラインに相当するみたい。
       これは、ベースエンジン(1.2T)の中で一番高い奴にあたり259万円。
       3995×1685×1460mmの1130kg。 215/45R16のタイヤ。
       このポロに21万円かけて、SUVルックにして(ホイールのインチアップを含む)、5mm長くなって、25mm幅が広がり、車高が30mm高くなって、30kg重くなる。
       見た目と見晴らし(たった30mmだが)以外は、良いこと何もない。
       中に乗ってたら、外板見えないし。
       ので、SUVルックに価値を見出せれば良い車。

       クロスポロの車高を下げて、タイヤ15インチに変えてチューニングし直せば、乗り心地は凄く良くなると思う。
       さらに重心が下がり、ハンドリングだってもっと良くなると思う。
       という、車はカタログモデルに存在する。
       ポロTSIコンフォートラインが絶賛発売中だった。(モデルチェンジしましたけど)

       17インチタイヤの見た目と引き換えに失った極上の乗り心地は勿体ないなぁ。
       元の車が良さそうなのに。
       15インチと17インチの2グレードあって選べれば良いのだが、数が出ないのでは仕方ない。
       福野氏曰く、欧州小型車はベースモデルに限るとはこのことか?

    走行性能乗り心地燃費積載性故障経験満足している点不満な点総評
  • マイカー
    • まるがりさん

    • フォルクスワーゲン / クロスポロ
      クロスポロ_RHD(AT_1.6) (2006年)
    • おすすめ度:
      乗車人数:1人
    • レビュー日:2018/02/10
      使用目的:レジャー
    • 走行性能

      出だしはモッサリだが
      回せば回したぶん前に進んでくれる。
      過度な期待は禁物だが
      それなりにコーナーをこなしてくれる足回り。

      乗り心地

      十分許容範囲内。
      ロードノイズはやや大きめ?

      燃費

      14.2前後(一般道7割高速3割全500km走行)

      満足している点

      貴重な5ナンバーサイズ。
      質実剛健タイプ
      スバルR1以上に街ですれ違わない。

      不満な点

      ドリンクホルダーの位置と数。
      メーターの色は綺麗だが、やや暗い。
      全般的に収納(形状・大きさ)が雑。
      若干ブレーキの初期制動が鈍い。

      総評

      初めてのクルマだとしても、
      何台も乗り継いだ後のクルマとしても
      全般的に扱いやすい。
      日本人がこだわらないような所にこだわり
      日本人がこだわる所にあまりこだわらない(笑)
      でも基本性能はちゃんと押さえてある…
      そんな感じの車。

    走行性能乗り心地燃費積載性故障経験満足している点不満な点総評
  • マイカー
    フォルクスワーゲン クロスポロ
    • POLO mint

    • フォルクスワーゲン / クロスポロ
      クロスポロ_RHD(DSG_1.2) (2015年)
    • おすすめ度:
      乗車人数:2人
    • レビュー日:2017/10/30
      使用目的:レジャー
    • 走行性能

      パワーはそれなりです。

      乗り心地

      安定してます

      燃費

      夏場以外は15を切ることは無さそうです。

      積載性

      小型車の限界です

      満足している点

      ACCは極めて快適です。アクセル踏まないだけでこんなに楽になるとは驚きです。

      不満な点

      ナビの精度はいまいちですかね。ルート選択が独創的で驚くことがあります。

      総評

      小型車のわりに安定感もあり、良いと思います。国産車には無いカテゴリーかもしれません。

    走行性能乗り心地燃費積載性故障経験満足している点不満な点総評
  • マイカー
    • ゲダツ

    • フォルクスワーゲン / クロスポロ
      クロスポロ_RHD(AT_1.6) (2006年)
    • おすすめ度:
      乗車人数:1人
    • レビュー日:2017/10/28
      使用目的:レジャー
    • 走行性能

      最高。
      エンジン快調。
      恐らく新車時のままのプラグを新しく交換したら、更に快調になった。
      イグニッションコイルが固着していたので、外すのに苦労した。
      初めてのモーターライズスロットルなので、ダイレクト感が無いのに戸惑った。

      乗り心地

      硬い。
      40から50に履き替えた。
      シートは硬めで疲れない。
      高速2時間走行は快適だった。

      燃費

      よし。
      PPT3を作動させての燃費は駄目。
      しかし素の状態では鈍臭い。
      現在最低設定で使っている。

      積載性

      小さい車なので積載量も少ない。

      故障経験

      フロントガラスウォッシャーのチューブが破断。
      運転席、後部左ドアロック不具合。
      ヘッドライト左右に水侵入。
      ドライブシャフトブーツ破断。

      満足している点

      パワー必要充分。
      燃費は良い。
      エンジンはモーターの様に回転する。
      室内は静か。

      不満な点

      異音バリバリ。
      冬はショックアブソーバーから異音あり。
      メーター暗い。
      昼間でもメーター照明が欲しい。
      まだこの時代の車は昼間照明無しか。

      総評

      大排気量、3ナンバーからの乗り換えなので、燃費や取り回しに感激した。
      やはり小さい車は良い。
      歳を重ねると視界が狭くなるので、小さな車にして行った方が事故を起こさなくて済む。

    走行性能乗り心地燃費積載性故障経験満足している点不満な点総評
  • 過去所有
    フォルクスワーゲン クロスポロ
    • にゃろん☆

    • フォルクスワーゲン / クロスポロ
      クロスポロ_RHD(AT_1.6) (2006年)
    • おすすめ度:
      乗車人数:2人
    • レビュー日:2017/05/01
      使用目的:レジャー
    • 走行性能

      東名御殿場あたりの300Rくらいのコーナーをこなしていくのが気持ち良いハンドリングでした。
      爆発的なパワーはないものの1.6Lエンジンと6ATのコンビネーションはまずまずで市街地から高速道路まで不満なく走ってくれました。
      エンジンオイルはモービルの100%化学合成のものだと伸びが良かった覚えがあります。

      乗り心地

      40扁平のタイヤのおかげでカドが立った振動とロードノイズを伝えてくる乗り心地でした。
      インパネなどがガタガタと共振するのも安っぽさを感じさせていましたが、シートの出来はよく長距離でも疲れは少なかったです。
      途中でタイヤを静粛性が高く柔らかいものに交換しましたが、サスペンションとのマッチングが悪化しこの車のキビキビ走る個性がなくなりました。40扁平タイヤは高いですがスポーツタイヤ以外を履くべきではないですね。

      燃費

      12-17km/Lあたりを走っていました。
      ハイオクとレギュラーを半分にしオクタン価95あたりにすると一番調子が良かった気がします。
      真似する方は自己責任でどうぞ。。

      積載性

      トランクは週末の買い出しくらいでは全く不足はありませんでした。
      リアシートを倒せば車輪を外したMTBなども積載でき便利でした。
      ルーフレールは使いませんでしたが、ルーフボックスなどもよく似合うと思います。

      故障経験

      40扁平タイヤはなぜかよく釘や金属片を拾いパンクしやすかったです。修理キットのみでスペアタイヤがないのも少し不安でしたが、なぜかいつも運良く最寄りのガソリンスタンドやディーラーまではたどり着けていたので良しとしましょう。
      初期型のフロントサスペンションのスタビリンクは3万キロあたりから怪しくなってきてハンドリングがダルくなってきます。当時対策品が出ていて一部ディーラーでは手に入りませんでしたが、YANASEでは安価な対策品が本国から入手できました。VW車をメンテに出すなら故障データベースが充実しているYANASEが良さそうです。

      満足している点

      何と言ってもスタイリングが最高でした。
      また、POLOをベースにしているので5ナンバーサイズで5ドア、1.6Lエンジンも十分なパワーで、6ATミッションも使いやすかったです。
      標準で付いていたダンロップのSP SPORT MAXXはこの車をキビキビ走らせるのにとても適していました。

      不満な点

      できれば本国にあったマニュアルが欲しかったです。
      また、リアサスペンションがヘタって、
      お尻が下がってくるのが気になっていました。
      マフラーの排気口が下を向いているのが若干のこもり音になりあまり良くないため、後ろ向きに変えるマフラーカッターを付けていました。

      総評

      VWは元々Golf Countryといった乗用車ベースのクロカン車というか今でいうSUVのようなモノを作っていて、子供の頃にとてもカッコ良いと思っていました。
      それが時代を超えてPOLOをベースにSUVライクに仕立てて、しかも駆動形式は2WDで割り切ってしまい40扁平の17インチホイールを履かせて出してしまうあたりの外しっぷりが非常に新鮮で面白い車でした。
      車重も軽く車高も少し上がっていたので、スタッドレスタイヤを履けば10〜15cmくらいの積雪なら走れていたので案外カッコだけSUVと言い切れない実力もありました。

    走行性能乗り心地燃費積載性故障経験満足している点不満な点総評

前へ12345678910次へ >

<< 前の10ページ次の10ページ >>

 

 

みんカラを始めよう!

PVランキング

注目タグ

最新オフ会情報

  • 石川県

    第二回 VW GOLF 千里 ...

    車種:フォルクスワーゲン 全モデル , フォルクスワーゲン ゴルフ ヴァリアント , フォルクスワーゲン ゴルフ R , フォルクスワーゲン ゴルフ (ハッチバック)

ニュース