ボルボ 740 (セダン)

ユーザー評価: 3.46

ボルボ

740 (セダン)

740 (セダン)の買取情報を調べる

クルマレビュー - 740 (セダン)

  • マイカー
    ボルボ 740 (セダン)
    • きんちゃん65

    • ボルボ / 740 (セダン)
      740GL_RHD(AT_2.3) (1990年)
      • レビュー日:2012年1月23日

    おすすめ度: 1

    • エクステリア5
    • インテリア4
    • 装備3
    • 走行性能3
    満足している点
    正確には1987年式でした
    残念ながら事故で廃車となりましたが、この車のお陰で軽傷ですんだって経緯があります。
    まずないカクカクしたデザイン。
    加速ドンくさいしハンドル重いし・・でも何気に小回りきくし高速けっこう飛ばしても安定しているし・・
    で、車重が軽いので重量税安かったですね
    不満な点
    お金がかかります!!
    国内生産のベルトやブレーキパッド類はそうでもないけど、輸入しているであろう部品はかなり高価です。
    要注意なのがミッション。この頃はZF使っているので、壊れた時にはディーラーだともれなく新品交換になり、70~80万円かかります。古いので現存車両もかなり少なくなっていると思われるので中古ミッション探すのも大変かも!マニアにしかオススメしません
    総評
    今となればファーストカーで乗るにはマニアさんでないと難しいかも!
    740事故でつぶして、一時マーク2に乗りましたが、車ってこんなに乗りやすかったんだ~って思いました。
    けど、740の面白さはなく、パワステなのに重いハンドル、明らかに国産とは違う音、今でも財布に余裕があれば乗りたいですね。
  • その他
    ボルボ 740 (セダン)
    • 東郷

    • ボルボ / 740 (セダン)
      GLT(4AT) 5ドア(5ドア_4AT) (1990年)
      • レビュー日:2009年3月13日

    おすすめ度: 4

    • エクステリア5
    • インテリア4
    • 装備4
    • 走行性能5
    満足している点
    1991年に購入してから、18年間が過ぎましたが、いまだに古さを感じない北欧デザインは、日本車にはない良さがあります。
    旋回半径が小さいので、簡単にUターンも切り返しもでき、直進安定性は、とても18年が経過した車とは思えません。
    燃費も、悪いと言われますが、タイヤやオイルが18年前の製品よりも性能が上がったせいか、高速道路で100km前後の巡航速度なら10kmは走ります。
    ターボのお蔭で、小さいエンジンながらも、反応よく走ってくれます。
    エアコンも、まだ一度も壊れていません。
    冬でも週に一度、数分間運転していたからだと思います。
    不満な点
    日本車と同じように乗っていると、早い時期で搭乗することを挫折してしまうかも知れません。
    消耗部品が日本車ほど長く持たないことと、内装のプラスッチックは、定期的に保護剤等を塗布しておかないと割れそうです。
    (実際には、いまだにダッシュボードも割れていません。)
    壊れやすい部品は、調べるとわかるので、事前に整備計画を立てておくと、出先で走れなくなることが少なくなると思います。
    総評
    車は、デザインを気に入るかどうかが大きいと思います。
    動力性能を求めるのなら、このボルボはお勧めできません。
    また、日本車のように「車は壊れない」と思っている方は、乗らないほうがよいと思います。
    塗装は、日本車とは比較にならないくらいシッカリしているので、ワックスなどをかけると、とても18年経過した車には見えません。
    長く乗るには、定期的に安い部品(オイルやフィルターなど)を交換することと、良いメカニックを探し出せば、ディーラーのような高額の整備代もかからなくなるので、長く乗れると思います。
    外車の泣き所のミッションですが、FRボルボは、アイシン製のミッションなので、リビルト品であれば比較的安価に入手できるそうなので、ここもFRボルボの強いところかも知れません。



  • マイカー
    ボルボ 740 (セダン)
    • ボルボ / 740 (セダン)
      GL(AT) (1989年)
      • レビュー日:2007年5月29日

    おすすめ度: 5

    • エクステリア5
    • インテリア2
    • 装備1
    • 走行性能1
    満足している点
    軽い。頑丈なボルボは重いと思われがちだが1300kgしかない。
    寒冷地装備がいい。シートヒーターや曇止めは名古屋製の車とは違う。
    22年も経っているのに、ボディに錆び一つなく結構輝いている。
    普通の交通の流れについていければOK。
    通勤距離は800m(歩けよ!)なので途中で壊れても、特に困らない。
    不満な点
    出足は遅い。天井の布地は落ちてくる。ドア周りの樹脂性パーツが歪んで外れる。オートドアロックがない。ZF製(86年式以降はアイシン製)ミッションの扱いがデリケート。カセットデッキが壊れている。
    (ipodをトランスミッターで聞いているが、通勤で1曲が聴けない。
    2分くらいで会社についてしまうので。)
    総評
    85年製740購入
    85年式740GL走行18,000キロ、記録簿14枚付を購入。
    以前ディーラーの代車で740を乗ったことがあり気に入っていた。
    足回りがしなやかで、乗り心地は良好。いいねえ。
    デザインは240を越えた四角さの極み。
    「おっ、高級車だね!」と、笑顔で言ってもらえる。古すぎて嫌味にならない。
  • その他
    • hide_35

    • ボルボ / 740 (セダン)
      740GL_RHD(AT_2.3) (1990年)
      • レビュー日:2007年2月25日

    おすすめ度: 3

    • エクステリア5
    • インテリア4
    • 装備3
    • 走行性能3
    満足している点
    程度、デザイン、乗り味、安全性・・・&価格から考えて、この車を選びました。ハンドリングは前の960同様小回りが効きます。ショックはしっとりしてやれていません。特にリア回りデザインはすごい。
    通勤用ですが走行時間1分。かどを3つ曲がればそこが会社。休日用は別にXC70があります。
    不満な点
    22年で走行1万8000キロなので、もう少し慣らし運転(!)が必要。
    20万キロ走れるクルマなので、少なくともあと18年(!)は消耗品交換で乗れる。と、思うよ。
    走行距離は記録簿13枚で確認し間違いなくワンオーナー22年物でした。
    総評
    10年15年で古い、やれると皆様が申されるなか、22年を経過した85年式740を2007年に買ってしまいました。もちろん他の方にはお勧めしません。XC70を長距離&かみさんメインに対して、740は短距離・通勤&遊びメイン。いつ壊れてもOK。2台目は遊び心満載で買いました。
    非常に数少なくなっているクルマなので、前オーナーに感謝しながら大切に乗りたいですね。
  • その他
    ボルボ 740・760
    • 三宝院雅

    • ボルボ / 740 (セダン)
      740GL_RHD(AT_2.3) (1990年)
      • レビュー日:2005年2月7日

    おすすめ度: 5

    • エクステリア5
    • インテリア4
    • 装備4
    • 走行性能4
    満足している点
    大きさの割りM-Benz並に小回りが聴くので細い路地も困らない。新車から乗っているが故障らしい故障は全く経験していないし、ボディーも錆が一切発生していない。東京から高知まで連続12時間走ったが疲れを感じなかった。一番満足しているのが17年乗り続けているが飽きが来ない、乗るほど何故か愛着が沸いて来て手放せない車です。戦車みたいに頑丈なボディーも高速走行で疲れない要因かも、物理学の法則だと重い方が軽い方を潰すそうなのでこの車よりも軽い車と衝突したら相手が大変なので運転は慎重にならざる得ない。
    不満な点
    スポーツカーと比べるればパワー不足は当然!オイル等を変えたりして効率を良くしても最高速度もノーマルではメーター読みで150Kmが限度みたい、250馬力位にパワーアップしてくれたらと思います。前輪の両サイドのタイヤの減りが早い、内装の天井剥がれで張り直しで20万かかり、エアコンの吐き出し口から劣化したスポンジが出て来るのもNGだがピンセット等で取り除ける。
    総評
    長く乗るほど味が出る車!一生乗れるかもね!23歳でポンコツのボルボアマゾン123GTと出逢ったのがボルボとの付き合いの始まり、当時自分の年よりも車の方が年上でした。結構豪華で目立つ車なのでホテルへ行くと玄関先に止めてくれる事と頑丈さ、古い車でも部品の供給される事に父が気に入り、私が長く乗れるから結果的に安上がりだと言った事からこの車を新車で購入し、その後私のものになりました。私も外車ばかり何台も乗りましたが、故障を気にせず長く乗れて飽きが来ないこの車は、多分車好きな私が死ぬまで手放さない様な気がします。今後空力とか燃費とかが重視される傾向なので、この様な角ばってでかいデザインで、ここまで耐久性があり頑丈な車は生産されにくいと思われますので、20世紀後半のバブル時代の名車として将来価値が出ると予想します。維持で大切なのは日ごろの手入れ私の車のエンジンルームは新車みたいにいまだに綺麗です。古い車を大事にする人にお勧めします。

前へ123次へ >

レビューを投稿する

マイページでカーライフを便利に楽しく!!

ログインするとお気に入りの保存や燃費記録など様々な管理が出来るようになります

まずは会員登録をしてはじめよう

PVランキング

注目タグ

最新オフ会情報

ニュース