ボルボ アマゾン

ユーザー評価: 5

ボルボ

アマゾン

アマゾンの買取情報を調べる

クルマレビュー - アマゾン

  • マイカー
    • いがちゃん2

    • ボルボ / アマゾン
      不明 (1960年)
      • レビュー日:2021年3月1日
      • 乗車人数:5人
      • 使用目的:仕事

    おすすめ度: 5

    • デザイン5
    • 走行性能5
    • 乗り心地5
    • 積載性5
    • 燃費4
    • 価格5
    満足している点
    良い時代のボルボ。頑丈で壊れない。部品が大抵手に入るのは感動。見た目は小さな50年代のアメ車。アクセル踏めばすごい加速。
    不満な点
    整備情報はネットで手に入るし、部品は安いし、自分でほとんどなんとか治せるし、不満はどこにもない。あえて言えば、面白すぎる。
    総評
    雨の日も風の日も、近くに買い物にゆくときも、高速道路使って1000キロ先にゆくときも、いつも一緒にいる愛娘。
    デザイン
    5
    1950年代のアメリカのクルマ文化に殴り込みをかけた、ヤン ウィルスガードのデザイン。
    走行性能
    5
    足回りはビルシュタインとスポーツコイルに変えてます。高速道路や山道でもそれほど傾きません。Over Driveもついているので高速道路のクルージングも楽ちん。
    乗り心地
    5
    ビルシュタインは、細かい凸凹はさくさく乗り越える。徐々に踏ん張るような特性。
    積載性
    5
    意外と大きなリヤトランクを持っています。テントやターブ、焚き火用の薪などを満載してキャンプに行ってます。
    燃費
    4
    高速だと13k/l くらいですかね。
    価格
    5
    塗装が綺麗になっていれば、今は400万円くらいですかね。
    故障経験
    元々が不動車として入手したので、新車の話とは違いますね。電気系もゴム系も変えてないものは普通に経年変化で壊れるものは壊れますがさっさと交換。もちろん安全に直接関わるところは交換してます。
  • マイカー
    • いがちゃん2

    • ボルボ / アマゾン
      122S (1960年)
      • レビュー日:2015年12月22日
      • 乗車人数:5人
      • 使用目的:レジャー

    おすすめ度: 5

    • デザイン
    • 走行性能
    • 乗り心地
    • 積載性
    • 燃費
    • 価格
    満足している点
    簡単な構造なので壊れるところが少ない。
    ボルトとネジですべてができているので直しやすい。
    素人だが自分で修理できる箇所が多い。
    部品はネットで注文すれば4日で自宅に届く。
    費用は国産車よりずっと安いと感じる。
    不満な点
    塗装が変。Bピラーまで白に塗られている。
    総評
    格好いいし、乗りやすい。維持費が非常に安い。部品はネットで海外調達。部品類の価格は格安。自分でいじる人にはお勧め。ショップで買う際にはエンジン・足回り・車体のサビに注意。骨董品でなく実用品として普通にメンテできる工場が減ってきて残念。
    走行性能
    無評価
    年代物になっているが2リッターB20Bエンジンは力強く、町乗りではトルクもあり、高速走行にも問題は無い。操作は単純でストレスが無く、今の車にはない扱いやすさがある。
    乗り心地
    無評価
    いたって普通。静粛性は今の車とは比較できないが当時としては静かな方であったと思われる。
    積載性
    無評価
    キャンプ道具一式が見た目よりずっと大きなトランクに入る。リヤシートを外せば大きな荷物も載せることができる。
    燃費
    無評価
    希薄燃焼で走行した場合には高速と一般道路の混在で14キロ/Lなので良いと思っている。下道の渋滞で10.5km/Lくらいだがまだまだ改善できそうだ。
    故障経験
    キャブ調整不良によるエンスト(工場の無知)マフラー折損(工場の技術不足)オルタネータ不良によるバッテリー上がり(劣化)、燃料ポンプレバー折損(工場の無知)
レビューを投稿する

マイページでカーライフを便利に楽しく!!

ログインするとお気に入りの保存や燃費記録など様々な管理が出来るようになります

まずは会員登録をしてはじめよう

注目タグ

最新オフ会情報

ニュース