ボルボ C30

ユーザー評価: 3.53

ボルボ

C30

C30の買取情報を調べる

クルマレビュー - C30

  • マイカー
    ボルボ C30
    • Lincolnman

    • ボルボ / C30
      T5 (2012年)
    • おすすめ度:
    • レビュー日:2013/09/10
    • 満足している点

      Please pardon my English. My Top 5 C30 Likes:

      1. Styling. The car is beautifully designed by the great Volvo stylist Peter Horbury. Recent Volvos were not known for their beauty - more for their utility - but the C30 is very handsome.

      2. Safety. Besides the host of safety features, the car is very robustly constructed with strong steel beams and supports.

      3. Performance. I have the T5 turbocharged 2.5 liter 5 cylinder engine - a superb power plant, though somewhat thirsty. Volvo recently said that it will replace this engine with its new 4 cylinder engine family - I will be very sad when it is retired - its a very uniquely Volvo engine.

      4. Seats. As anyone who has a Volvo knows, the seats are superb.

      5. Build quality. I am always impressed with the build quality of Japanese vehicles; Lexus, Toyota, Honda - the C30 is very well constructed - it is built at a Volvo factory in Ghent Belgium, and is solidly put together.

      不満な点

      Top 5 Dislikes (mostly minor):

      1. Small rear seat - I knew the back seat was small but with the front seat positioned comfortably for me, their is almost no leg room in the rear.

      2. Poor adjustable steering wheel. The tilt and telescoping feature of the steering wheel is somewhat difficult compared to other vehicles.

      3. Small rear view mirror. Somewhat surprising given Volvo's emphasis on safety, but the rear view mirror seems smaller than in other cars.

      4. Notchy manual shifter. I don't find the 6 speed manual gearbox notchy or lacking smoothness - but I could understand someone coming from an Acura or Mazda thinking so.

      5. Lack of Polestar engine upgrade as standard equipment. The Polestar engine software upgrade is an option that costs $1200 extra - this really ought to be standard. The upgrade comes standard in the S60 T5.

      総評

      A classic that is a true successor to the great Volvo P1800. I would recommend it to anyone desiring a sporty car but with an elegant design and comfortable ride. And it is very safe....

    満足している点不満な点総評
  • マイカー
    ボルボ C30
    • ボルボ / C30
      2.0e アクティブ(AT) (2010年)
    • おすすめ度:
    • レビュー日:2013/02/14
    • 満足している点

      1. デザイン
      ヘッドライト周辺からリアへ貫く立派なウエストラインは、なかなかのインパクトがあります。
      リアのデザインは良くも悪くも奇抜。もちろん私は好きで購入しましたが(笑)
      内装も良好。曲げ板のようなインパネの裏にはイルミネーションがあるなど、案外手が込んでいます。
      私の車はアルミ仕上げのパネルがついていますが、本物のアルミが使われていて感心しました。
      IKEAかどっかで置いてありそうな、ウッドパネルのインテリアも非常に魅力的ですね。
      2. ボディ剛性
      初代アクセラと同じプラットフォームですが、乗り味は全く違います。
      きつい段差を越えた時にガタピシ言わず、ボディへブルッと微振動がくることもまずありません。
      大衆車という枠組みで考えれば、この剛性で不満があるという方はいないでしょう。
      太くなりがちなAピラーも気にならないレベルです。
      3. 走り
      マツダのMZR系(ポート噴射の方)と同設計のエンジンは、スペックも回り方も至って平凡。
      ただ、6速DCTとの組み合わせで十分な加速が得られます。VWのDSGと比較すると変速がマイルドなので、
      市街地を流す際は非常にスムーズですが、キックダウンすればババッ!と切れよく変速します(笑)
      ちょっと重めのハンドルは、80km/hを超えたあたりから直進安定性が増してきますし、
      踏み始めの反応が緩やかなブレーキは、多少ラフに踏んでも揺さぶられません。
      4 装備
      ラグジュアリーパッケージ装着車は、本革シートやキセノン、8スピーカーオーディオなど装備が目白押し。
      中古で探すときも、とりあえずこのパッケージ車を選べば一通りの装備がついてくるのでおススメです。
      中でもオーディオが非常に良い音を出してくれたのが驚きでしたね。USBメモリを直接させるのが便利。

      不満な点

      1. 価格
      ラグジュアリーパッケージを装着し、他に細々とアクセサリをつけるだけで国産上級セダンが買えます。
      そもそもボルボは世界的に見れば高級車ではないので、この価格設定では買う人も限られます。
      となると狙い目は中古。デモカー上がりなら程度は期待できますし、何か不具合があっても、
      認定中古としての恩恵を得る事ができると思います。
      2. 乗り心地
      オプションの17インチを履いているためか、乗り心地がかなり硬めです。
      足回りが締まっているというよりも、単にタイヤのたわみ量が少ないだけといった感じです。
      空気圧の調整で幾分マイルドになりますが、指定圧より下げる訳にもいかず・・・。
      純正装着タイヤがスポーツ寄りなので、国産のコンフォートタイヤを履けば解決できそうな気もします。
      3. バックでギクシャク
      DCTの短所として低速のギクシャク感がよく挙げられますが、例に漏れず気になります。
      特にこのDCTはバック時のクリープ再現が大雑把で、緩やかな登り坂へバック駐車すると、
      ズルズルと前へ出てしまい、咄嗟にアクセルを煽ると急激にクラッチミートしてバックします。
      要するに、MTでバックする感覚とほとんど同じなんです。
      よって、誰かに車を貸すときは前もってこのことを伝えておくか、実際に試してもらうべきです。
      4. ほか
      リアウインドウ、スピーカー周辺のトリムが非常にチープ。梨地なのになぜかテカテカです。
      また、フロント席のシートベルトをサッと外すと、勢いでバックルがBピラーに当たり、
      表面がえぐれたようにボロボロになります。輸入車は一般にプラ系が非常に弱いですが、
      知らぬうちに大量の傷をつけてしまうと、気づいた時のショックが大きくなります(私がまさにこれでした)

      総評

      他の欧州勢とは一味違う雰囲気が味わえます
      2.0eアクティブ パワーシフト 色:ブラックサファイヤメタリック 
      ディーラーのデモカー上がり(走行8000km)を購入し、一か月が経過したのでレポートします。
      輸入Cセグメントを中心に色々と物色した結果、街中でほとんど見かける事のないコイツを選びました。
      当初はデザイン以外パッとしない車だな~と思っていましたが、この車は乗って初めて良さが分かります。
      少々大柄な3ドアハッチという事で、日常の使い勝手にはさほど期待できませんが、
      MCによって顔立ちがはっきりして、最新のボルボファミリーらしさが存分に漂っていますし、
      マツダ系エンジンとDCTの組み合わせにより、そこそこキビキビと走ってくれます。
      何よりドアの厚みと開閉音が車格に見合わないほど立派なので、乗り降りの度に満足感が湧いてきます。
      フォード以前のボルボと違い、おそらく衝突時の安全性は他の欧州車と大差ないと思われますが、
      「車に守られている」という一種の安心感は、他車ではなかなか味わえない感覚です。

    満足している点不満な点総評
  • その他
    ボルボ C30
    • ボルボ / C30
      2.0e アクティブ(AT) (2010年)
    • おすすめ度:
    • レビュー日:2012/01/18
    • 満足している点

      インテリアとエクステリア
       C30の室内で特徴的なのは、V50/S40でも採用されているフリーフローティング・センタースタックと呼ばれるセンターコンソール。T-5にはダイナオーディオ社製プレミアム・スピーカーシステムとドルビープロロジックIIシステムのカーオーディオを採用するなど、高級感あふれる内容となっている。 居住空間部分は、特許取得済みのフロントボディ構造をはじめ、リアセーフティ構造、側面衝撃吸収構造によって、安全面でも優れた性能を発揮する。
       また、インテリジェント・ドライバー・インフォメーション・システムを装備したほか、斜め後方死角の警報システムとしてブラインドスポット・インフォメーションシステムも用意するなど、多角的な安全装備を搭載している。 後席は中央にひじかけが用意されており、大人2人がしっかりと座れる空間が確保されている。コンパクトモデルでありながら、合計4名が座れるクルマに仕上げられており、実用性も高いのがC30の魅力だが、なぜ2Lのペットボトルを収納するのか、疑問だ
      走らせて見て
       ベーシックなアクティブというグレード。最高出力170馬力の直列5気筒エンジンは、いかにもボルボに乗っているという感じをドライバーに与えながら加速していく。 足回りは前輪がストラット、後輪がマルチリンクとなっており、コンパクト化によって軽快感を増しながらもしっかりとした走りを見せる。 組み合わされる変速機は5速ギアトロニックATで、機敏な変速を実現している。 クルマとしては、V50/S40をベースとしており、プラットフォームを共有しているフォードのフォーカスなどとも相通じるものを持っているのがこのC30の特徴。
       全長は短いが幅はワイドなので、走っていると非常に安定感のあるドライブフィールを受ける。 ハンドリングはニュートラルで、直列5気筒エンジンを搭載したFFモデルだが非常に運転しやすい。 大きなクルマはいらないが、そこそこ高級感があるクルマが欲しいという人で、ゴルフやミニではない欧州車を求めているなら、このボルボC30はぴったりかもしれないが。。。。

      総評

      直列5気筒エンジンの加速はボルボ
      ボルボはガラスハッチバックを持った2ドアのコンパクトモデル。 グレード構成は、2.4iアクティブ、2.4i SE、T-5の3タイプとなっている。 コンパクトなクルマだが、大人4人がしっかり乗れるパッケージングとしており、安全性の面でもボルボらしい卓越した設計が盛り込まれているのが特徴。 搭載エンジンは2400ccの直列5気筒で、最高出力170馬力を発揮する。 ベースとなっているのはV50/S40で、S40より全長が220mm短いコンパクトなクルマにまとめながらもプレミアム感のあるスタイリングは、古代のアマゾンを思いださせる。
       特徴的なガラス製リヤハッチはドライバーの後部視認性にも優れており、デザインだけでなく実用性も確保されている。 空力特性もcd値0.31を実現するなど、実際の性能面でも高いポテンシャルを持っているとうことが分かる。 今回試乗したのは、ベーシックなアクティブに相当するモデルで、価格も消費税込み285万円となっており、かなり買いやすいが爆発的に売れていない。

    満足している点不満な点総評
  • マイカー
    • xc_kuni

    • ボルボ / C30
      C30 2.4i SE_RHD(AT_2.4) (2007年)
    • おすすめ度:
    • レビュー日:2010/12/17
    • 満足している点

      デザインです。一目惚れでした。
      MC後はもっとよくなりましたね。

      レザーシートを選択していましたが、ボルボのシートは疲れませんね。
      いつも思います。見た目のデザインもいいでしょ。

      不満な点

      定員4名なのでリアシートは2人乗車です。座ってしまえば、
      十分なスペースがありますが、乗降は大変しづらいです(買い替えの
      理由となりました)。

      ハンドルが重いです。

      サスが硬い設定になっています。
      T5でもないのだから、もう少し乗心地重視にすべきです。
      首都高を走るとグリップ限界が低いと感じます。装着タイヤの
      問題もあるかもしれません。
      ちなみにオプションで17インチを選択していましたが、後悔
      しています。
      ミシュランっだったらどうだっただろうと、次回交換時は
      試してもみようと思っていました。

      オプションでインチアップ希望の方は17インチタイヤで
      一度試乗することをお勧めします。空気圧にも敏感で、エコ圧にするとお腹が揺れるほどです。4名乗車なら、よくダンピングが効いていて
      フラットな乗心地ですが。
      いつものボルボをイメージしたら予想外です。

      総評

      サスが硬いのでキビキビ感があり、ハンドリングの正確さは
      認めます。ただ、グリップ限界は高くないので、狙いがわかりません。

      マイナーチェンジ後のサス設定がどうかわかりませんので、
      前期型の参考にしてください。

    満足している点不満な点総評
  • マイカー
    ボルボ C30
    • 古川哲也

    • ボルボ / C30
      C30 T5 Rデザイン_RHD(AT_2.5) (2010年)
    • おすすめ度:
    • レビュー日:2010/12/10
    • 満足している点

      何と言ってもエクステリア。今年のマイナーチェンジでフロントマスクが精悍になったこともあって、リアの個性とのマッチングが改善したと思います。こういう個性をもったクーペ車は、超高級車を除けば、プジョーRCZ、アウディTT、VWシロッコ、アルファ・ブレラくらいじゃないでしょうか。
      走りという観点では、きびきび感はないものの、3,000回転くらいからの加速感はかなりのものです。(スペック上は1,500回転で最大トルクに到達するのですが、ギアとの関係もあるのでしょうが、やはり加速感を体感するには3,000回転くらいは必要です。)
      安全装備も充実しており、BLISもそれなりに役に立ちます。剛性感もあって、乗っていて安心できる車です。
      キーレスエントリーのおまけで、自分のキーで最後に運転した時の座席ポジションが記憶されていて、その後に別の人間が(別のキーで)座席ポジションを変更して運転したとしても、ドアを開けると、運転席の位置が自動的に元通りに調整され、結構便利です。どうせなら、ミラー位置も記憶してくれるといいのですが。
      後部座席は、思ったよりも広く、大人の男性が座っても十分なスペースがあります。
      最後に、ひょっとしてこの点が自分としては一番気に入っているところかも知れませんが、何と言っても希少性。街でほとんど見かけません。

      不満な点

      インパネがショボイと思います。特にメーター回り。国産の大衆車でも、もう少しマシじゃないでしょうか。
      フリーフローティング・センタースタックが採用されていますが、正直、この意味がわかりません。このデザインのせいで、カーナビモニターをオンダッシュに設置せざるを得ず、ナビ本体もグローブボックスに収納される為、ただでさえ広いとはいえない車内収納スペースが益々なくなってしまいます。
      性能面では、パワーの割りにブレーキのセッティングが少し甘いように感じます。高速でスピードを出した時は少し不安に感じる人がいるかも知れません。
      大きな荷物を出し入れする際に、トランクの上蓋(ハードカバー)が邪魔になります。テールゲートを開けた時に、一緒に上蓋も持ち上がってくれるといいのですが。
      普段は近場の足代わりにしか使わないこともあって、燃費は5km/lくらいです。これは仕方ないのでしょうね。乗り心地は堅めです。ドライバーにとっては好き好きの範囲内だと思いますが、同乗者にとっては、特に長距離の場合はきついかも知れません。(高速のような整備された道路なら特に気にはなりませんが。)
      その他、ライトのスイッチが少し遠くて小さいとか、サイドブレーキの位置が悪いとか、アームレストの位置が悪いとか、言い出すときりがありませんが、この辺は慣れの問題でしょう。

      総評

      ボルボといえばワゴンの代名詞のようですが、C30はなかなかチャーミングな車だと思います。5速ATという、一世代前のミッションではありますが、特に不満はなく、コストパフォーマンスという観点からは、このクラスの車(特に輸入車)の中ではNO.1ではないでしょうか。2010年モデルの残り少ない在庫だったこともあって、かなり値引きして貰えたこともありますが。

    満足している点不満な点総評

前へ1234567次へ >

 

 

みんカラを始めよう!

PVランキング

注目タグ

最新オフ会情報

ニュース