ボルボ XC60 プラグインハイブリッド

ユーザー評価: 5

ボルボ

XC60 プラグインハイブリッド

XC60 プラグインハイブリッドの買取情報を調べる

ダイナミック・スウェディッシュ 大人のSUV - XC60 プラグインハイブリッド

仕事用

ダイナミック・スウェディッシュ 大人のSUV

ボルボ XC60 プラグインハイブリッド

おすすめ度: 5

満足している点
PHEVという現時点では希少ジャンル車を使う楽しさ。夜自宅充電して、毎日60キロ程度の通勤に使う。というパターンでは理想的(楽しい)と考える。
走り出しは電動自動車そのものなので、無音状態。
その後のエンジン協調感、調和も洗練されている。
走りをマッタリ楽しむタイプの方には最高ランクの車。
運転席および助手席には、電動調節機構やシートヒーター、ベンチレーションのほか、マッサージ機能が装備され、シトロエン DS系のそれよりもより細かなマッサージが提供されており、北欧の応接室。
標準装備の巨大ムーンルーフも爽やかな感じ
不満な点
車幅が1900あるので、コインパーキングなどの出し入れには気を使う。
安全思想のボルボらしく、車間距離や遅いブレーキには頻繁にお知らせされます。(うっかり事故リスクは激減しますが、鬱陶しさを感じるかも)
総評
インテリア、エクステリアともに都市型の洗練された優しいフォルムで武骨さや泥臭さはあまり感じられない。
ヘッドライトのトールハンマーもいい感じ。オレフォス社製クリスタルを採用したシフトノブなど、デザイン性の高さからボルボはオシャレ系ブランドかもしれない。
レx xスRXと購入検討をしたが、押出し、主張は少ないが、よりエレガントに、+PHEV、ツインエンジンの走りを楽しみたい方にはお勧めしたい。
PHEV自宅充電のメリットを生かしたプリエアコン機能を利活用出来る点も、今後の寒い朝には嬉しい。
走行性能
無評価
過給機付きのエンジンに加えて2つのモーターを搭載するプラグインハイブリッドモデル。
アクセル多めに踏むとパワー半端なく凄いです。
エンジンは2リットル+インタークーラー付きターボ+スーパーチャージャーの“全部付き”の仕様で、318ps/40.8kgm
これにモーターが加わり、ツインエンジンと呼ぶらしい。
ポールスターチューニングにより、レスポンスは気持ち良く反応する
乗り心地
無評価
基本はゆったり走るコンフォート志向。
乗り心地調整機能として、
エコロジーな「ピュア」、
スポーティーな「パワー」など、
タッチ式ディスプレイを使って好みの走行モードが選択可能。これにエアサスペンションが適切な動きで上下や減衰を調整する仕組み。「ポールスター」など。まさしく電子制御の世界。
パワーモード選択では車高が下がり、硬めになるが、ガッチリ走りを楽しみたい方には、物足りないかもしれない。
積載性
無評価
ロードバイク2台を中に重ね積載実績有り
おそらくフロントホイール外しで縦置きも2台可能かと。積む時、エアサスボタンがリアハッチ右にありボタン押して、車体を直ぐ下げられる。これはとても便利な機能。
リアラゲージからワンタッチで座面リリース出来るのも、ワゴンといえばボルボらしい配慮。
燃費
無評価
高速道路中心で12−16キロ(充電無し)
今週から自宅の200V充電設備にて夜間充電予定。
200V設備工事を相見積もり。結構な格差ありました。別途、充電コンセントのパーツレビューで連携します。
故障経験
無し

レビュー一覧へ

レビューを投稿する

みんカラを始めよう!

PVランキング

注目タグ

最新オフ会情報

ニュース