ユーザー評価: 4.67

ヤマハ

DT200WR

DT200WRの買取情報を調べる

クルマレビュー - DT200WR

  • マイカー
    • ごんなか

    • ヤマハ / DT200WR
      不明 (発売年月不明)
    • おすすめ度:
      乗車人数:1人
    • レビュー日:2018/10/10
      使用目的:スポーツ走行
    • 走行性能

      低速トルクは細いが回すと気持ちよく吹け上がるエンジンは牙を抜かれた現代のトレール車より勝っている(そんな気になるだけ)
      オフロードでは周りがレーサーばかりで全く敵わない。
      トレールとしてもWRよりは下でCRFよりはちょい上(と思いたい)くらいの走行性能。

      乗り心地

      特に可もなく不可もなし

      燃費

      街乗り15km/L
      オフロードコース10km/L
      ツーリング郊外15~20km/L
      僅か200ccしかないのに最近の低燃費自動車に負けそうな燃費

      積載性

      シートバッグなどを付ければキャンプツーリングも可能。通常時は積載性は皆無

      故障経験

      購入時の状態が既に壊れているような状態だったのでエンジン、サスペンションなどオーバーホールをしそれ以来故障知らず。

      エンデューロレースでキックペダルがいつの間にか取れて無くなった。

      電装関係はレギュレータが弱点だがまだ故障したことがない。

      満足している点

      2ストのエンジンフィーリング
      トレール車としてはまだまだ現役
      流麗なフォルム

      不満な点

      とことこ走るのは苦手

      総評

      トレール車としてはもう国産では発売されることはないだろう貴重な2ストローク車。
      私は気に入っているが古いバイクなのである程度思い入れがないと維持できない。

    走行性能乗り心地燃費積載性故障経験満足している点不満な点総評
  • マイカー
    ヤマハ DT200WR
    • kaoringo777

    • ヤマハ / DT200WR
      不明 (1992年)
    • おすすめ度:
      乗車人数:1人
    • レビュー日:2017/06/21
      使用目的:通勤通学
    • 走行性能

      パワー ☆☆☆☆
      レスポンス ☆☆☆☆☆
      ハンドリング ☆☆☆☆☆
      ブレーキ ☆☆☆
      街乗り適正 ☆☆

      乗り心地

      普通のトレール車です
      軽くて良く走るので楽しいですよ。

      燃費

      20km/Lくらいだったかなぁ

      積載性

      無し。
      キャリア付けていろいろ括り付けたり工夫すれば載りますが僕はそういう使い方は最初から期待してませんでした。
      二人乗りも最悪と言っていいです。

      故障経験

      オイルポンプのシールが壊れたくらいかなぁ

      満足している点

      おそらく2stトレール車では日本車のトップ3には絶対入ってると思います。
      スペックはほぼYZ125で、エンジンが絶品でした。200ccクラスでは一番スムースで良く回るのに十分な低中速トルクもあり、4メーカーのトレール200~250cc全て所有して乗りましたがこれが一番良かったです。

      ちなみにエンジンはフルSUGOキットでした。

      不満な点

      特に無かったですが、オフロード車をメインの1台としてマルチユースするならば4st車のほうがトータルでは良いかもしれませんね。
      やはり2stはメンテナンスや使用方法に気を使います。
      六速全開で高速道路を長距離走らせたりするのはたとえフルノーマルであっても絶対止めた方がいいですし。
      そういう乗り物ということを理解してない人にはおすすめしません。

      総評

      個人的には満点です。

    走行性能乗り心地燃費積載性故障経験満足している点不満な点総評
  • マイカー
    • たかパパ♪

    • ヤマハ / DT200WR
      不明 (1991年)
    • おすすめ度:
      乗車人数:2人
    • レビュー日:2017/04/19
      使用目的:スポーツ走行
    • 走行性能

      街乗りでのインプレはなし。ほとんど乗ってないからです。
      多分ポジションも楽だし、舗装路だったらトルクも十分だろうから乗りやすいんじゃないかな~。
      根拠は、このDTは職場の後輩に売ったけど、そいつが免許とってすぐのツーリングで驚くほどスムーズな走りをしてたからです。

      満足している点

      この前に乗ってたDT200Rとの比較

      エンジン・・・200Rと比較すると上でのパンチ力が増。
      足回り・・・・・詳しくは分からないが、倒立サスがいいみたい。
      無理が利く。

      車体・・・・・・・下半身の移動がしやすい

      不満な点

      悪いというより不満なのが、低回転でのトルクが200Rと変わらないこと。
      排気量が変わらないので仕方ないか。

      総評

      乗ってたのは1992年~93年。

      モトクロス(エンデューロ)を始めて1年が過ぎ、そこそこ走れるようになったころ、DT200WRに乗せてもらったらパワーだけでなくすべてが違う。
      フロントが倒立サス、リアのスイングアームの形状も丸っこくなって見ただけでも走りそう。

      そんなころ、CRM250に乗ってる人が増えてきて、パワーが違うのを痛感していたので、CRMとちょっと迷ったが、諸先輩方の意見で乗りやすく無理が効くというDT200WRを購入!



      完全にモトクロスコースでのみの使用だった。
      買った日のバイク屋から家までの道のりだけ行動走行した。
      すぐに保安部品等を外し、100Kgをきるように軽量化だけを考えていた。


      特筆すべきは、やっぱり足回りでしょう。
      もしかしたら、車体の影響が大なのかもしれないけど、倒立サスがグッド。

      コーナーはもちろんだけど、ジャンプのときフロントから着地する時の恐怖感がまったくない。

      先々代のDT200Rからジャンプ時のバランスが評判がよかったが、それでもフロントから着地する時は恐かったですね。
      腕をあげるよりバイクを新型にしたほうが絶対に速くなれることを実感しました。
      これは、腕がたいしたことない人間にしか分からないことかも(笑)。

      これを最後にオフロードは乗ってません。
      怪我して動けなくて、体重増える。怪我治って乗ると、気持ちは前のままだけど勘も体重もついてこなくて怪我する。
      この悪循環で怪我が絶えなかった。
      嫁さんから「オンロードは乗っていいからオフロードだけやめて欲しい」とお願いされた。
      街中のほうが危険だと思うんだけど、それを言うとバイクすべてをやめることになりそうだったので、 「お願い」を聞き入れてWRとRM250そして装備一式まで売り払った。

    走行性能乗り心地燃費積載性故障経験満足している点不満な点総評

 

 

みんカラを始めよう!

注目タグ

最新オフ会情報

ニュース