ヤマハ FZR400

ユーザー評価: 5

ヤマハ

FZR400

FZR400の買取情報を調べる

クルマレビュー - FZR400

  • 過去所有
    • たかパパ♪

    • ヤマハ / FZR400
      不明 (1988年)
      • レビュー日:2017年5月23日
      • 乗車人数:2人
      • 使用目的:スポーツ走行

    おすすめ度: 5

    • デザイン
    • 走行性能
    • 乗り心地
    • 積載性
    • 燃費
    • 価格
    満足している点
    ※当時書いてたブログの転記です

    ~~~~~~~~
    とにかくパワフル。
    パワーのピークはもちろんあるのだが、それ以上回してもとにかくパワフルに加速しつづける。
    レブリミッター(15,500rpm位?)まで一気でした。

    スポーツバイクとして見ると当時としては欠点は見当たらなかったといえるほど自分にあったバイクでした。

    ちょっと前方に多めに加重かけて、アクセルは開け気味で走ると、コーナーリングはもう快感・・・
    12才の今も、後輩4人を渡り歩いて、現役で頑張ってるFZR。
    XJR400-Rから乗り換えた現オーナーは、「これほんとは600ccでしょ」というくらいのパワーを維持しています。

    ネイキッド(400)しか乗ったことのない人!!ぜひ一度レプリカに乗ってみてください。
    純粋に早く走ることだけで作られたパワーは400でも結構すごいですよ。
    ・・・町中はきついけど。
    不満な点
    タンクがダミーカバーだったので、当時はやってたマグネットのタンクバックを付けられなかった。

    400にしては前後に長いタンク(実はダミータンク)のせいでちょっと腕が伸び気味のポジションになるので長距離はちと苦手。
    鋭すぎるレスポンスで、慣れないと、特に低速でぎくしゃくする。
    ただし、これ(低速の扱いにくさ)は写真撮った時は外してたけど、「サンセイ」の迷惑マフラー(^^;)を付けていたのも原因だったかもしれません。

    ハンドルが遠くて低くて大変たと当時は思ってたけど、今乗ったらたぶん全く問題ないんじゃないかと思います。

    あと、水温計も一気に吹け上がる(笑)ので、夏は峠以外ではいつでもファンが回ってたような気がする。
    総評


    若かったことと、時代がレプリカ戦国時代だったことから、とにかく力強く速いバイクを探していた。
    当時の雑誌のインプレでCBR,VFR,GSXRと比較しても一回りトルク感が違うなどと書いてあったし、市販車初の前後ラジアル、TZRよりふた回り位太そうなデルタボックスフレーム等々「最強」との呼び声が高かったFZR。
    これしか頭になかった。

    初めてのバイクだったので、とっても楽しく、雨の日も雪の日も乗りました。
    乗るのがとにかく楽しくてしょうがない状態だったので、たぶん、今までの人生で10台以上乗ったバイクの中で、一番ワクワクしながら乗ったバイクだったと思います。

    むっちゃパワフルだったし、まだまだ下手くそだったのに、リアをズリズリしながらそれでもアクセルを開けて走ってたのは完全にバイクの性能だったと思います。

    あ~、また乗りたいなぁ。
レビューを投稿する

マイページでカーライフを便利に楽しく!!

ログインするとお気に入りの保存や燃費記録など様々な管理が出来るようになります

まずは会員登録をしてはじめよう

注目タグ

最新オフ会情報

ニュース