ヤマハ TRACER900

ユーザー評価: 4.75

ヤマハ

TRACER900

TRACER900の買取情報を調べる

クルマレビュー - TRACER900

  • マイカー
    • ASIMORB1

    • ヤマハ / TRACER900
      GT ABS (2019年)
      • レビュー日:2021年8月27日
      • 乗車人数:2人
      • 使用目的:レジャー

    おすすめ度: 5

    • デザイン4
    • 走行性能4
    • 乗り心地4
    • 積載性2
    • 燃費3
    • 価格3
    満足している点
    クルーズコントロール/トラクションコントロール/クイックシフター他
    バイクにしてはフル装備
    乗りやすいツアラー系アドベンチャー
    不満な点
    身長175㎝の自分でも足付きが辛いです。
    総評
    足付きは悪いですが走り出すと乗りやすいバイクです。
    デザイン
    4
    走行性能
    4
    乗り心地
    4
    積載性
    2
    燃費
    3
    価格
    3
  • マイカー
    • tomo☆yuu

    • ヤマハ / TRACER900
      GT ABS (2020年)
      • レビュー日:2021年8月22日
      • 乗車人数:1人
      • 使用目的:レジャー

    おすすめ度: 5

    • デザイン5
    • 走行性能5
    • 乗り心地3
    • 積載性
    • 燃費3
    • 価格5
    満足している点
    高速での確かな防風性能、どこまでも行けそうな乗車姿勢と大きめのシートで長距離が楽にも関わらず、ワインディングでも楽しく走れるシャーシー。
    不満な点
    ツアラーの中では軽量な部類ではありますが、取り回し時は211Kgで重さを実感。高回転まで回すとハンドルに振動が来るのは残念。低速時フロントブレーキの制動力にムラを感じます。
    総評
    長距離走行に必要な快適性、ワインディングでのスポーティーな走りに応えるエンジンとシャーシー性能の高さとあいまって、今の自分の使い方にこれほどマッチするバイクはありません。
    デザイン
    5
    優しさとシャープさが同居しながらも、ツアラーとして重くなりすぎていないデザインが〇。
    走行性能
    5
    必要の遥か上にある加速力、よく効くブレーキ、コーナーでの優れた安定感を発揮するシャーシー性能で走行性能は十分以上。
    乗り心地
    3
    GTを選んだ自分の車体は、柔らか過ぎずやや硬めのサスでスポーティーな足回り。ミッション等の駆動系からの音はもう少し抑えたい。
    積載性
    無評価
    パッセンジャーシートも大きめで荷物も積みやすい、パニアケース類を装着できる設計等、積載性は高い。
    燃費
    3
    ツーリングで25Km/L程度。良くもなく、悪くもない燃費。
    価格
    5
    コスパ最高!
    故障経験
    なし。
  • マイカー
    ヤマハ TRACER900
    • SK81

    • ヤマハ / TRACER900
      不明 (発売年月不明)
      • レビュー日:2021年2月7日
      • 乗車人数:1人
      • 使用目的:レジャー

    おすすめ度: 5

    • デザイン4
    • 走行性能4
    • 乗り心地4
    • 積載性5
    • 燃費4
    • 価格4
    満足している点
    コストパフォーマンス、3気筒エンジンの音、思ったよりコーナリング性能も良い!
    不満な点
    ヘッドライトのローが片目で暗い。
    燃料メーターがいきなり半分くらい減らないと動かない。
    ハンドルから手を離すと大きくブレる。(パフォーマンスダンパーを付けたら多少良くなった)
    低速トルクがもう少し有ったほうが良い。
    総評
    装備も良く運動性も良く総合的に気に入ってます。
    デザイン
    4
    走行性能
    4
    乗り心地
    4
    積載性
    5
    燃費
    4
    価格
    4
  • マイカー
    ヤマハ TRACER900
    • Shun@Recluse

    • ヤマハ / TRACER900
      GT (2018年)
      • レビュー日:2020年9月7日
      • 乗車人数:1人
      • 使用目的:レジャー

    おすすめ度: 4

    • デザイン4
    • 走行性能4
    • 乗り心地4
    • 積載性5
    • 燃費4
    • 価格5
    満足している点
    ・乗車姿勢が過去最高に楽(非常に快適)
    → 足をそこまで曲げなくて良いのでリラックスして乗れる。
    中途半端なツアラーなどでは絶対にこうはなりません。シート高がある恩恵ですね。買いたいとは・・・・・・思いません・・・が、テネレ700はもっと楽でした(吐血)長距離ツーリングでの旅を目的とするならば本当に最強クラスのバイクですね。

    ・便利機能が豊富でコスパ最強
    クルーズコントロールやグリップヒーター、大きいスクリーン(位置調整可能)、シート高調整2段階、豊富な積載性・・・乗り出し110万クラスで購入可能なバイクとは思えません。
    不満な点
    ・"スポーツ"と呼べる走行性能に期待してはいけない
    1年間乗りましたが吊るしのサスペンションでは、ワインディングでのスポーツ走行性能ははっきり言えば微妙です。SSや走りに振ったネイキッドと比べて劣るレベルの足回りです。

    まさに可もなく不可もなく。全てにおいて80点のバイクと言えるでしょう。この点数を高いと感じるか、低いと感じるかは個人の尺度でしょう。僕にとってはバイクはアメリカンクルーザー系などワインディングを気合入れて走るような車種ではないもので70点ぐらいかなと思います。(逆にクルーザー系は高速などで100点に近いですが、乗り方と好みの問題です)

    なんでもこなせるバイク故に、80点というレベルの走行性能が、僕にとっては白い服に付いた染みのように感じるという話です。


    ・総重量(装備重量込み)
    豊富な積載性などから連泊での長距離移動での取り回しに気を遣います。もっとも、他のバイクでも一緒なんですけれど・・・このバイクの場合はつい積み過ぎてしまうので自重しないといけません。
    総評
    万人受けするバイクだと思う。車に例えるなら最近流行りのコンパクトSUVやクロスオーバーかな。乗り味も快適性も(暫定的に)走行性能も申し分ないと思います。

    お値段は結構高いですが、純正のサイドパニアもトップケースもあってフル装備にしても外観を酷く害する事がないのもアドベンチャーツアラー的なバイクの良い所でしょう。

    僕個人としては、"旅用のバイク"として割り切りました。正直に申し上げますと積み過ぎてしまうTRACER900GTよりも、積載性を落としてクルコンとグリップヒーターを付けたテネレ700が一番最高のベストチョイスじゃないかと思えてなりません。テネレ700って、ワインディング走行も楽しいんですよ。ただ、テネレ700では疲労面という意味で、TRACER900GTみたいに高速道路込みの長距離走行には向かないのも事実なので足として使いたいならテネレ700 / 長距離走って旅がしたいならTRACER900 GTかなと思います。

    優等生というのは、突出したものが無いという事でもあります。車両の特性としての3気筒ならではのクセがありますので、それを"個性"とも評する事は出来ますが・・・"没個性的で、つまらない"と感じる人もいるかもしれません。長くなったけど、自分が本当に何をしたいのか考えて購入しましょう。

    クルマでもバイクでも、全ての車種に言える事ですが・・・(発売後に新車がすぐに欲しい方は、お金に余裕があればそれも良いと思いますが)試乗ではなく、お金が多少高くてもレンタルで半日は乗ってから購入を決めましょう。
    デザイン
    4
    全体的にパーツ1つ1つの質感が高いです。
    ★4の理由としては、マット塗装は維持が面倒だからです。ヤマハは他メーカーにはない個性的なデザインが多くなってきたと思います。
    走行性能
    4
    2018年式以降からは、Aモードで際立っていた危なっかしさが取れて、非常に乗りやすい乗り味になりました。操作性も高くハンドル位置や幅の恩恵でバランスが取りやすいので、フルロックターンでのUターンがしやすいバイクに分類出来ると思います。

    不満な点で挙げましたが、足回りのセッティングが個人的には合いませんでした。全体的にヤマハっぽいとは思いますが、ワインディングでは汎用性を意識し過ぎているのか?今まで乗ってきたヤマハ車と比べてヤマハが作った足回りと思えないハンドリングです。街乗り~高速道路では必要十分と言える出来でしょう。
    乗り心地
    4
    走行性能と被る部分ですが、全体的に柔らかめ。
    3気筒エンジン特有のパルス感があります。2発や1発と比べれば段違いに快適ですが、4気筒ほどの滑らかさはありません。良くも悪くもそれ故の3気筒エンジンです。

    全体的には高評価気味と言えると思います。
    積載性
    5
    積み過ぎ注意です。

    積み過ぎてバランスが取り難くなるレベルです。

    純正のサイドパニア、トップケース、エンジンガード&エンジンガードバッグ、タンクバッグ、シートバッグetcetc...

    大は小を兼ねる。
    ・・・だが積め過ぎると面倒という事を知った。
    燃費
    4
    平均して 22.5 - 23 km/L

    大型として考えれば良い方だと思います。750 ccクラスのボアアップ版として考えると、こんなもんかな?と思います。タンク容量が18Lなので、400 km近い移動が無給油で可能なのは旅をする上で非常に便利です。
    価格
    5
    総じてコスパが非常に高い!

    ここまで豪華装備が付いて110万付近で購入可能なバイクはTRACER900GT以外に無いんじゃないでしょうか。BMWのR1250GSなどが出てくると太刀打ち出来ませんが、お値段 "半額" です!(しかも外車と比べて圧倒的に壊れ難い)
    故障経験
    特になし。
  • マイカー
    ヤマハ TRACER900

    おすすめ度: 5

    • デザイン5
    • 走行性能4
    • 乗り心地
    • 積載性4
    • 燃費3
    • 価格3
    満足している点
    ツーリングから峠まで、まんべんなく対応できる点
    不満な点
    ある意味器用貧乏な感じ。完全特化ではなくMT-09にツーリング特性を付加したら軽さ等がスポイルされましたって感じです。
    総評
    エンジンモードはMT-09系全般で

    https://www.youtube.com/watch?v=RBMcP8izUcI

    こんな感じです。ECUの解析から導き出しました。
    デザイン
    5
    癖のないデザインですので、飽きが来づらい
    走行性能
    4
    扱いやすいエンジンと、素直な車体で、走りやすいと思います。
    MT-09に比較してスイングアームが60mm長いぶん安定志向ですし、重量が20キロ程度重いのも安定性につながっているかと。
    乗り心地
    無評価
    わるくはないですが、操作感がプアな点はあります。
    足回りのアップグレードで激変します。
    積載性
    4
    サイドパニア、トップケース等で十分な拡張性を持っています。
    燃費
    3
    ハイオクでリッター20弱。
    いたって普通かと。
    価格
    3
    ベースモデルとしてはコスパが高い。
    いじっていくとBMWくらいの金額まで届きます。

前へ12次へ >

レビューを投稿する

マイページでカーライフを便利に楽しく!!

ログインするとお気に入りの保存や燃費記録など様々な管理が出来るようになります

まずは会員登録をしてはじめよう

PVランキング

注目タグ

最新オフ会情報

ニュース