ヤマハ VMAX

ユーザー評価: 4.75

ヤマハ

VMAX

VMAXの買取情報を調べる

クルマレビュー - VMAX

  • マイカー
    • danbo0403

    • ヤマハ / VMAX
      不明 (2009年)
      • レビュー日:2021年4月17日
      • 乗車人数:1人
      • 使用目的:スポーツ走行

    おすすめ度: 5

    • デザイン5
    • 走行性能5
    • 乗り心地5
    • 積載性1
    • 燃費1
    • 価格3
    総評
    7月で車検が切れます。
    しばらく冬眠させます😽
    デザイン
    5
    走行性能
    5
    乗り心地
    5
    積載性
    1
    燃費
    1
    価格
    3
  • マイカー
    ヤマハ VMAX
    • star of road

    • ヤマハ / VMAX
      VMAX 60th Anniversary (2016年)
      • レビュー日:2021年2月7日
      • 乗車人数:2人
      • 使用目的:レジャー

    おすすめ度: 5

    • デザイン5
    • 走行性能5
    • 乗り心地4
    • 積載性1
    • 燃費3
    • 価格5
    満足している点
    ヤマハの至宝Vmax:もともと高価で生産台数も限られていると思いますが、その中でもレアで受注生産であった60th anniversaryモデルです。
    不満な点
    特に不満な点はありませんが、あえていうと
    乗って楽しみたいし、でも走行距離は伸ばしたくないしという矛盾した悩みがあるところです。
    総評
    私にはVmaxの選択肢しかありません。
    Vmax12の時代から通算して4台目になります。

    MT9やXSR900などもデザイン的には乗ってみたいなあと思いますが、これ以上スペースがないのでバイクはVmaxで打ち止めかな
    デザイン
    5
    スポーツ、アメリカン、ツアラーのどれにも分類されない、いわばVmaxという一つのカテゴリーを作り、他社が真似をするも追随を許さないジャンルを確立しています。

    Vmax12の時から通算すると30年以上の長きにわたりモデルを継続して、これからも継続してほしいと願っていたのですが、排ガス規制により国内ではモデルが途絶えてしまったのが残念です。
    走行性能
    5
    バイクに乗ったことのない人にはわからないと思いますが、スロットルをひねるとマリオカートでキノコを使った時のような加速がどのような速度域からでも味わえます。

    60th anniversaryと2016年式、2009年式の3台とも同じバイクのはずですが、乗り味が異なります。
    60th anniversaryは特に軽く感じ、コーナでもクリクリ曲がっていきます。ステムベアリングの締め付けを少し緩めてあるのかもしれません。
    2016年式を調整して、60th anniversaryの乗り味に近づけてみたいと思います。
    乗り心地
    4
    積載性
    1
    積載性はありません。リアにパニアケースをつけるとそれなりに詰めるようになりますが、デザインを崩すためつけるのを躊躇します。
    燃費
    3
    1.7Lのバイクで15km/L程度走ります。
    ガソリンタンクの容量が少ないので、田舎のロングツーリングには要注意。100km走るとガス欠の不安になるのが残念なところ。
    価格
    5
    価格は決して安くありませんが、動力性能・唯一無二のスタイリング、各パーツも手の込んだ作りになっており、納得の価格です。
  • マイカー
    • Drider

    • ヤマハ / VMAX
      不明 (2009年)
      • レビュー日:2021年1月12日
      • 乗車人数:1人
      • 使用目的:通勤通学

    おすすめ度: 5

    • デザイン4
    • 走行性能5
    • 乗り心地4
    • 積載性3
    • 燃費4
    • 価格4
    満足している点
    なんと言ってもカテゴライズされない独自の世界観。ライバル不在なので、VMAXの代わりはVMAXでしかなり得ない。
    不満な点
    強いて言えば航続距離
    総評
    見た目とは裏腹に、重量以外は普通のバイクです。私は通勤にも使っていますが、全く苦になりません。乗りやすさ、所有感、パフォーマンス面の全方位にわたり満足度が高いバイクです。
    デザイン
    4
    デザインだけは初代を越えられない。これは仕方ない。しかし、VMAXであることは間違いなく達成している。
    走行性能
    5
    スポーツネイキッドのスポーツ性とクルーザーの快適性、そして圧倒的なトルクが同居した理想形。
    乗り心地
    4
    剛性の高さから、タウンスピードではやや硬いが、フロントフォークの出来は秀逸。1200に装着していたOHLINSと遜色ない。その反面、リヤは少し安っぽい動きをする。
    積載性
    3
    タンデムシート面積も少なく、大きめのシートバックは載せられないが、社外のキャリアキットを使えばキャンプツーリングをこなせる。
    燃費
    4
    最低8.2km/L、最高19.2km/Lと条件で大きく変わるが、パフォーマンスからすれば良いと思える。
    価格
    4
    電子制御など一切ないにもかかわらず、各社スーパースポーツよりも高いが、各部の仕上げや専用部品のクオリティを考えれば安い。
  • 過去所有
    ヤマハ VMAX
    • よしおじさんだよ

    • ヤマハ / VMAX
      逆輸入モデル (2008年)
      • レビュー日:2020年7月10日
      • 乗車人数:1人
      • 使用目的:レジャー

    おすすめ度: 4

    • デザイン
    • 走行性能
    • 乗り心地
    • 積載性
    • 燃費
    • 価格
    満足している点
    パワーに満足
    不満な点
    乗り方でステップがずるので乗り悪いときあり
    総評
    ツーリングにはよろし
    パワーコントロールは大変
レビューを投稿する

マイページでカーライフを便利に楽しく!!

ログインするとお気に入りの保存や燃費記録など様々な管理が出来るようになります

まずは会員登録をしてはじめよう

PVランキング

注目タグ

最新オフ会情報

ニュース