ヤマハ YZF-R3

ユーザー評価: 4.8

ヤマハ

YZF-R3

YZF-R3の買取情報を調べる

クルマレビュー - YZF-R3

  • マイカー
    ヤマハ YZF-R3
    • 一番虎!

    • ヤマハ / YZF-R3
      不明 (2015年)
    • おすすめ度:
      乗車人数:1人
    • レビュー日:2018/06/16
      使用目的:レジャー
    • 満足している点

      コンパクトで扱い易い。

      不満な点

      4発と比べれば回転が滑らかでない。

      総評

      これから確認します。

    走行性能乗り心地燃費積載性故障経験満足している点不満な点総評
  • マイカー
    • M7.4

    • ヤマハ / YZF-R3
      不明 (2015年)
    • おすすめ度:
      乗車人数:2人
    • レビュー日:2018/04/28
      使用目的:スポーツ走行
    • 走行性能

      取り回しがしやすく、ワインディングでも山岳でも乗りこなせるパワーがあります。
      リッターバイクにはかないませんが、大型バイクにもついて行ける実力はあります。

      乗り心地

      SSバイクなので、乗り心地は固いです。
      ハンドリングは良いです。

      燃費

      26km/Lくらいですね。

      積載性

      サイドバッグを付ければ、ソロツーキャンプに必要な荷物は積載できます。

      故障経験

      冷却水もれ。ラジエターとエンジンの間のホースの締め付け金具の緩みで漏れていたので、自力修理しました。

      満足している点

      160kgの軽い車体に320ccのエンジンがとても扱いやすいです。SSバイクにしてはハンドルも高目で、乗車姿勢も楽です。リターンライダーにも優しいSSバイクです。

      不満な点

      小物入れが無いので、シートバッグかタンクバッグが必須です。でも、タンクの外装がプラスチックなので、マグネット式が使えない。

      総評

      スタイルは如何にもSSバイクのフルカウルで、ベリーグッドです。
      まだまだ数が少ないですが、長く乗りたい1台です。

    走行性能乗り心地燃費積載性故障経験満足している点不満な点総評
  • マイカー
    ヤマハ YZF-R3
    • 佐井亮

    • ヤマハ / YZF-R3
      不明 (発売年月不明)
    • おすすめ度:
      乗車人数:2人
    • レビュー日:2017/09/28
      使用目的:レジャー
    • 満足している点

      取り回し、トルク感、高回転フィール、そしてルックス。全て平均以上のスペックを持つマシンです。所有感を十分満たしてくれるので、買って損をすることはまずないでしょう。何より、+70ccの優越感は良いものですよ?(笑)

      不満な点

      値段を考えると仕方ありませんが、細かいところが安っぽいです。パッと見はそれほど気になりませんが。リアシートの収納は小さいため、ほぼETCと車載工具のみになってしまいます。僕はサイドケースを装着していますが、他の方々にはシングルシートバッグの装着をお勧めしたいですね。
      それとこれは不満というよりR3を買う時に覚悟しておいてほしいことですが、車検は弄るのにも維持費にも重く圧し掛かってきます。よく考えて購入した方が後悔はないかと思います。

      総評

      良いマシンですよ。
      この価格でこれだけのスペックのマシンを出してくれたヤマハには感謝しかないです。他社の同クラスマシンも良いですが、250ccクラスの車体に320ccエンジンをぶち込んだようなモデルはこのR3だけですから、大型にも付いていけるライトウェイトマシンをお探しの方にはお勧めです。

    走行性能乗り心地燃費積載性故障経験満足している点不満な点総評
  • マイカー
    • BLUE_ccv71870

    • ヤマハ / YZF-R3
      不明 (2015年)
    • おすすめ度:
      乗車人数:2人
    • レビュー日:2017/08/19
      使用目的:スポーツ走行
    • 満足している点

      【車格とパワーの絶妙なバランス】

      320cc、42PSで169kgという車体。

      それ以上パワーを求めていくと大排気量・多気筒になりエンジンの熱と重量増が問題になってきます。

      クラッチもかなり軽く、ハンドルも高く広く、街乗りには快適です。

      気軽に全開にできるパワー、しかし充分速いです。
      トルクも太くてどんな回転域でも扱いやすい。
      そして7000rpm以降が本当に楽しい!

      そのへん、絶妙なバランスでうまく纏め上げられた
      まさに「毎日乗れるスーパーバイク」です。


      【音】

      意外かもしれませんが音です。

      MotoGPのYZR-M1や市販車YZF-R1のエンジンはクロスプレーンクランクシャフト採用
      4スト4気筒なのに甲高いフォーンという音がしません。
      荒々しいカッコよさを持っています。

      逆にその音はこのR3のようなツインの音が近い雰囲気を持っている気がします。

      官能的なフォンフォン音も大好きですが、M1っぽさは2気筒エンジンのほうに軍配が上がると思います。
      フルエキを入れるととても雰囲気が出ます。

      不満な点

      【ポジション】

      街乗りは充分乗りやすいのですが、いくら純正とはいえかなりステップが前よりです。
      意識せず足をおろすとスネに当たりますし、どうもハンドルとステップの位置関係なのか足が窮屈に感じました。
      街乗りメインの方でもステップのセットバックプレートを入れればかなり乗りやすくなると思います。


      【各部パーツのチープさ】

      コスト削減の影響だと思いますが、とくに乗車時よく目にするハンドル回りのパーツが安っぽいです。
      素材は仕方ないにせよ、せめてデザインだけでももうちょっとカッコよくしてほしかったかな。

      総評

      車体の設計自体はとても良くできていると思います。

      街乗りメインで考えるならば、疲れ知らずの軽い車体、楽なライポジ、扱いやすいエンジン特性、充分なパワー、と言うことなしです。

      初心者にも扱いやすく、また80~90年代のレプリカ世代が乗っても充分に楽しめる仕上がりだと思います。

      チープに感じる部分は逆にカスタムのし甲斐があります。

      走りに振った方向を求めていくと、それなりに費用はかさんでしまいますが、いじればきちんと応えてくれます。

      「でも乗りにくくなっちゃうんでしょ?」

      そうでもないです。

      私は社外のセパハンに換装し、さらにトップブリッジ下へマウントしてますが、
      アッパーが高いためハンドルが干渉してしまうため、例えば88NSRなどのような前のめりポジションにはなりません。

      バックステップも数あるメーカーの中から最も過激なポジションへ持って行けるであろう
      ストライカー製を装着し、最大値までバック(高さは最大の1個下にしてます)の状態ですが
      それだけやっても往年のレーサーレプリカ純正ポジション程度です。

      それでも街乗りが辛くなることもなく、やっと「ちょうどいいポジションになる」そんな印象です。

      鉄製の部品が多く使われているので、アルミパーツへの交換や不要部品の撤去などで軽量化を求めていくのも楽しいです。
      とくにフルエキへの交換は相当な軽量化がはかれます。

      カスタムパーツも非常に豊富ですので、スポーツ走行向けだけでなく、なんでもこなせる万能選手です。

    走行性能乗り心地燃費積載性故障経験満足している点不満な点総評

 

 

みんカラを始めよう!

PVランキング

注目タグ

最新オフ会情報

ニュース

閉じる