みんカラ PR企画 掲載期間:2021年12月22日~2022年1月21日|sponsored by プロスタッフ

コーティングを”味変”!?
1年以上も性能が持続するグラシアス ゴールドに、深い艶と撥水性能をプラスする”ブースター”が新登場!
その効果は?

コーティングを”味変”!? 1年以上も性能が持続するグラシアス ゴールドに、深い艶と撥水性能をプラスする”ブースター”が新登場! その効果は?

コーティング効果を高める”ブースター”が新登場

長引くコロナ禍で、気軽に楽しめることとして注目されているのが、じつは洗車。自分でコーティングも行うなど、手をかければかけるほど満足感が高まり、キレイになった愛車を眺めて気分も爽快! 屋外で行うため感染リスクも少なく、ちょっとした運動不足解消にもなって一石二鳥と、あらためて洗車がクルマ好きから注目を浴びているのである。

そんな流れを受けて、もともと三度のメシより洗車が好きというマニア層はもちろん、「久しぶりに自分で洗車した」というリバイバル層にとっても、時代とともに驚くほど進化を遂げているカーケア用品が関心の的となっている。そんな中、プロスタッフが新たに発売して注目を浴びているのが「グラシアス ゴールド コーティングブースター」だ。

ブースターという表現は、最近ワクチンのブースター接種という言葉もよく耳にするが、意味合いとしてはほぼ同じ。施工したコーティングの効果をさらに高めることがグラシアス ゴールド コーティングブースターの目的である。

では、もともと施工したコーティングとは何かといえば、それはプロスタッフが誇る定番商品のひとつ「グラシアス ゴールド」。高純度のガラス系被膜でボディの塗装を守り、透明感のある艶を与えるハイグレードコーティング剤だ。その性能はコチラの記事でも詳しくレポートしているので、あわせて参考にしていただきたい。

今回はそんなグラシアス ゴールドとグラシアス ゴールド コーティングブースターを、ソウルレッドクリスタルメタリックのマツダ「CX-30」に施工。その効果と相性の良さを検証してみた!

コーティング効果を高める”ブースター”が新登場

1年以上効果が持続するグラシアス ゴールドでも十分だが…

まず順番として「グラシアス ゴールド」から先に施工していくことになるが、当然その前に洗車を済ませて、あらかじめボディの汚れを落としておく。グラシアス ゴールドは有効成分が濃いため、ムラを防ぐために付属のクロスにスプレーしてから塗布。2回重ね塗りすることで、さらなる艶出し効果も期待できる。

ここでポイントとなるのが、グラシアス ゴールドのコーティング被膜が発揮する水弾き性能だ。雨が降った時などにコーティング層の上に乗った水がコロコロとした水玉となるのが”撥水”、水玉同士が瞬時にくっつきあって束のように流れ落ちていく状態が“流水”や”疎水(そすい)”と表現されている。

グラシアス ゴールドは後者の”流水”を特徴としたコーティング剤で、ケイ素系高分子化合物が塗装面と結合して平滑な被膜を作り、キズ消し効果を発揮するとともに、強固な高純度ガラスエレメント被膜が鏡のような美しい映り込みと深い艶を実現するという特長を持つ。

青空駐車であまり頻繁に洗車をしないユーザーは、高耐久な”流水”のグラシアス ゴールドだけでも十分だが、正直なところ、施工する側としては目に見えて水弾きがわかる”撥水”の方が効果を実感しやすい。そんな”撥水”好きのユーザーにとって、今回紹介するグラシアス ゴールド コーティングブースターはピッタリなのだ。なぜならこの商品、水弾きを”流水”から”撥水”に変化させるのである。

1年以上効果が持続するグラシアス ゴールドでも十分だが…

流水から撥水へと”味変”

プロスタッフも、メーカーとして「グラシアス ゴールド」の耐久性にもちろん自信を持っているのだが、ユーザーアンケートを取ってみると、意外と短期間で繰り返し施工している人や、わかりやすい撥水を求めている人が多いと判明。であればグラシアス ゴールドの耐久性を生かし、さらに撥水性を兼ね備えたコーティング剤を開発しよう! と社内で気運が高まった結果、「グラシアス ゴールド コーティングブースター」が誕生した。

グラシアス ゴールド コーティングブースターの効果は耐久性・防汚性の向上と、目に見えてコーティングの満足度を高めてくれる撥水への変化の2つ。ブースターを施工すると、ボディに定着したグラシアス ゴールドの上へブースター成分が重なることで耐久性と防汚性を高めてくれる。さらに表面の特性が水玉が流れ落ちる撥水へと変化しその効果が約2〜3ヶ月持続するそうで、いつでも愛車の撥水性を保っていたい人に最適といえる。

また、コーティングブースターを使用すると艶と手触りにも変化があらわれ、流水から撥水へと一種の”味変”のような効果も楽しめる。手触りは施工して実感することができた。

スプレータイプのグラシアス ゴールド コーティングブースターは、施工面に直接スプレーしてOK。約50cm四方の施工面を目安に2プッシュして付属のクロスで拭き上げていく。するとグラシアス ゴールドを事前に施工してあった塗装面の艶は、つるんとした透明感から、より深みを増した濃い艶へと変化。指で触れてみた手触りはツルツルからサラサラへと変わった印象だ。ボンネットのビフォーアフターの写真でどこまで伝わるかわからないが、コーティングブースターを施工した右側半分が、ドスンと一段深い艶を発揮していることは一目瞭然だった。樹脂パーツやヘッドライト、ホイールなどにも使用可能なのも嬉しい点である。

流水から撥水へと”味変”

手間を掛けたいマニアも、そうでないユーザーも

ある意味で「グラシアス ゴールド コーティングブースター」は、わざわざ手間をかけなくていいことに喜んで手間をかけるための商品といえるだろう。なにせ「グラシアス ゴールド」を施工すれば、それだけで1年以上に渡って流水の水弾きと高い防汚効果、美しい透明感が持続するのだから。

それでもやっぱり三度のメシより洗車が好きな人、コロナで暇を持て余して愛車との時間を充実させたい人にとって、”ブースター”という言葉は魔法のように甘美な響きを伴うに違いない。真摯に愛車と向き合い、目を配り手を動かし汗をかいた後にやってくるあの恍惚感……。あぁもう1年なんて待ってらんない! と全国3千万(?)の洗車好きの叫びが聞こえてくるようである。そんな人はグラシアス ゴールド コーティングブースターで、コーティングを塗り重ねる充実感と艶肌に弾く撥水の喜びを心ゆくまで堪能してもらいたい。

「いやー、自分そこまで洗車で妄想しないっすけど、ブースターってたしかに便利そうっすね」というライト層に向けてもいちおう書いておくと、グラシアス ゴールド コーティングブースターの容量は300ml。1本で普通車約7台分の施工が可能だ。もちろん、グラシアス ゴールドだけでなくグラシアス(青ボトル)の上に使用してもその効果を発揮する。

現在は通販専用となっており、楽天の公式ショップかAmazonで購入できる。楽天での価格は税込みで3498円、グラシアス ゴールドが普通車約3〜4台分の容量(220ml)で税込み4378円なので、繰り返し使えるグラシアス ゴールド コーティングブースターが経済性の面でも魅力的であることがわかるはずだ。

レポート:小林秀雄 / 写真:市健治 / Sponsored by プロスタッフ

手間を掛けたいマニアも、そうでないユーザーも
  • イイね!