DIY~ブレーキフルード交換(エアー抜き)~

1
今回はブレーキフルード交換です。
作業風景はエア抜きのみなのですがついでなので交換方法も記載します。

まず、注射器やスポイトなどで古いブレーキフルードを抜きます。
全て抜き終わったら新しいブレーキフルードを満杯に入れます。
2
ジャッキアップしてホイールを外します。

ブリーダーキャップを外します。

車種によりブリーダーが2つの場合があります。

GDBのブレンボは全て2つずつついてます。
3
このゴムキャップが意外と外れてこないので切らさないようにゴムキャップを外します。

あとはこの部分に'11'のメガネレンチをかませます。

今回は1人でできるアストロプロダクツ製品のワンウェイバルブに適当なホースをつけて空ペットボトルに廃フルードを受けます。
4
あとはブリーダーを緩めて・・・
運転席に行きブレーキを数十回踏みまくります。
すると古いフルードが排出されて・・・
新しいフルードになるまで続けます。

※注意※
毎回タンクが空にならないように注ぎながらやりましょう。空になるとエアーが噛み最初からやり直しです。
5
ちなみに交換の順番があります。
スバルの整備解説書によれば・・・
右前→左後→右後→左前の順番に交換します。
素人はここで遠い順番からだと左後から始める方がいますが車両ごとに合った交換手順でやりましょう。

4箇所計8個交換作業が終われば完了です。

Posted at 2008/03/30  by 501

クリップする
クリップとは?
⇒気に入った記事をマイページに保存して、いつでも見られるようになります。

関連情報

Facebookでシェアする Twitterでシェアする LINEでシェアする はてブでシェアする この記事をシェアする
関連リンク
注目のオークション 
おすすめアイテム 
ヤフオク!出品商品  

ページの先頭へ ▲

みんカラ 人気のカテゴリ

もっと見る

表示:スマートフォン|PC

ログイン

ヘルプ|利用規約|プライバシー

© 2018 Carview Corporation All rights reserved.