千葉のエクステリアショールームへ

ブログ 118i M Sports わんこ号3代目

2012年3月4日

千葉のエクステリアショールームへ
実際のスタイルコートを見学するために、千葉のLIXILエクステリアショールームへ相談に行ってきました。

もちろん、かみさんのわんこのトレーニングのついでなんですが・・・

やっぱり、実際に見てみると柿渋の外見とシャイングレーは抜群にかっこいいです。大よそ、デフォルトのものと価格差が16万円程度。なので、理想は柿渋ですが妥協して柿渋を諦めれば、かなりの金額を下げることが可能です。

ここに展示してあったサイズは、2.8mの間口のタイプのもの。奥行きが取れれば、このサイズでも気にならない大きさだな~と感じました。ただ、我が家だと奥行きがこの半分になるんで4畳半ぐらいの大きさだと手狭な感じだな~と思いました。

電動シャッターも超静かに開閉します。サイドの折り戸パネルも、これのお陰で普通の納戸などと比較にならない明るさでした。ただし、結構隙間があるため、冬場は寒そうかな~と。隙間風が入ってきそうです。

屋根はピッチリと隙間無く施設されているようだったので、上から冷たい風が降りそそぐことは無さそうでした。

ちょっとだけ、弄り倒した後、ショールームへ入り、具体的な仕様決めの相談をしました。
検討されている方は、ぜひ!一度は相談に行ったほうが良いと思います。

で、あれこれこちらの要件を伝えつつ、実際の施工時の問題点が我が家に合致している箇所を再確認し、どの程度まで壁際に寄せれるかなど、より具体的な御話しをしました。

出来上がったのが、下の画像のような仕様です。とりあえず、この大きさで間口を3.8mと3.4mで見積もりを御願いしました。見積もりが出来上がるまでで2週間ぐらいとのこと。
先日、業者のほうでの見積もり依頼もありますが、その時はスタイルコート自体の細かい仕様の話しはしなかったので、具体的な話しに進んだときに、この出来上がった仕様書を渡せば話しが早いわけです。


スタイルコートは受注生産品なため、結構、細かいところまで仕様変更が行えるのが特徴です。仕様変更にあたっては、特注品とはいえ小さくすれば価格を下げることが可能だし、折り戸のパネル数を減らしたりすることも可能とのこと。間口のピッチを変更するのは結構難しいのですが、長さを短くするのは簡単のようです。

施工にあたり、外ネジと化粧パネルのはめ込みのための作業スペースだけが、結構曲者だったりします。
テーマ 日記
カテゴリー 【車】ガレージ
ユーザー み~@B38B-F20
Facebookでシェアする Twitterでシェアする LINEでシェアする はてブでシェアする この記事をシェアする
今あなたにおすすめ
ヤフオク!出品商品  

ページの先頭へ ▲

みんカラ 人気のカテゴリ

もっと見る

無料会員登録をしてはじめよう

ログインするとお気に入りの保存や燃費記録など様々な管理が出来るようになります

表示:スマートフォン|PC

ログイン

ヘルプ|利用規約|プライバシー|ガイドライン

© 2022 Yahoo Japan Corporation All rights reserved.