エーモンホーンハーネスキット取り付け

整備手帳 トヨタ ラクティス [P120系]

  • 難易度

    かんたんふつうむずかしい

  • 作業時間

    3時間以内

2016年12月27日

  1. 1/5

    次の作業
    エーモンホーンハーネスキット取り付け

    久しぶりのラクティスいじりです。
    写真のように今まで純正ホーンの配線を分岐してミツバのスリムスパイラルを取り付けていたのですが、最近片効きになる時がありました。
    仕事が汚いですね(^^;;
    ミツバのホーンハーネスキットを取り付けます。
    出来るだけハーネスキットの配線は隠す。
    配線は適切な長さに切って自分で結線した方がキレイにまとまると思います。
    DIYするなら電工ペンチ、端子類くらいはひと通り持っておいたほうが良いですね☆
    まずはバンパー外し。

  2. 2/5

    前の作業次の作業
    エーモンホーンハーネスキット取り付け

    ハーネスキットのリレーとヒューズはホームセンターで売っているステーを使用、バッテリー固定ナットに共締めして取り付けてます。
    バッテリーマイナス端子が繋がってますが、ショート防止のために後で外してます。

  3. 3/5

    前の作業次の作業
    エーモンホーンハーネスキット取り付け

    左ヘッドライト下に配線を這わせてハーネスキットの青線を結線。
    ラクティスはエンジンルームがスカスカなので作業がラクです笑
    純正ホーン配線を切り詰めてハーネス青線と結線。ギボシ端子を使用しました。
    もう一本の青線はクワガタ端子でアースをとります。
    これでハーネス青線は終了。

  4. 4/5

    前の作業次の作業
    エーモンホーンハーネスキット取り付け

    黄線も左ヘッドライト下から通しコルゲートチューブで束ねフレームの空洞部分に通してホーン本体まで持っていきます。
    キットのコルゲートチューブは足りないので追加してます。
    純正のホーン位置だとバンパーに干渉するのでバンパー中央に移動し、配線は適度な長さにカットして取り付け。
    これで配線はほとんど見えず、スッキリとした取り回しになりました(^^)
    ホーンハーネスキットは端子カシメ済みで簡単に取り付けできるようにしてありますが、配線の長さを調節する人にとっては切り取るので端子のムダ、カシメずに付属しておいてほしいです。
    端子の処理くらい自分でやるでしょ(^^;;
    ホーンハーネスキットを取り付けたら音量も上がってホーンボタンを押した反応も良くなった!
    通勤途中に出没するシカやタヌキにホーンをくらわしてやります(^^)

  5. 5/5

    前の作業
    エーモンホーンハーネスキット取り付け

    バンパーを取り付けて終了。
    ホーンとバンパーの干渉なし
    グリルからホーンが見えなくなって満足(^^)

作業データ

車種 トヨタ ラクティス
作業カテゴリ
  1. 電装系
  2. その他
  3. その他
目的 修理・故障・メンテナンス
作業 DIY
ユーザー 地獄極楽丸

おすすめアイテム

    この記事を見た人におすすめ

    この整備が難しいと思ったら、プロに相談!

    パーツ取り付け相談
    Facebookでシェアする Twitterでシェアする LINEでシェアする はてブでシェアする この記事をシェアする

    注目のオークション

      ヤフオク!出品商品  

      ページの先頭へ ▲

      みんカラ 人気のカテゴリ

      もっと見る

      表示:スマートフォン|PC

      ログイン

      ヘルプ|利用規約|プライバシー

      © 2019 Carview Corporation All rights reserved.