スタッドレスタイヤの履き潰しが増えてませんか

ブログ イシヲのページ

2018年6月12日

スタッドレスタイヤの履き潰しが増えてませんか
近年どんどんスタッドレスタイヤを夏タイヤとして履き潰している人が増えている気がするのは気のせいでしょうか。

駐車場に駐めたら夏なのに隣の車がスタッドレスだった、なんてことがよくあります。

また、私の地元の某タクシー会社は意図的に夏でもスタッドレスで履き潰しています。

JAFは「スタッドレスタイヤを夏に使うのはデメリットしかないのでやめたほうがいい」と呼びかけていますが、高速道路を走らず、なおかつ飛ばさずにゆっくり走る分にはとりあえず問題ありません。

しかし急に子供が飛び出してきた場合などでパニックブレーキを踏んだとき、スタッドレスタイヤだと著しく制動距離が伸び非常に危険なことが実験で実証されています。

また、ウエット性能にも大きな差があり、雨天でスリップしやすくなり事故を誘発する危険性もあります。

これを見てください。

今日とある駐車場で隣に駐めてあった車のタイヤです。



最初見たときスポーツ系タイヤのすり減ったなれの果てかと思いました。

しかし…



スタッドレスじゃん!

スタッドレスのサイプ(細かい溝)が完全に消えるまで履き潰している車ははじめて見ました。

ここまで減ると逆にドライグリップが向上したりするんでしょうか。

ただ個人的にはここまで履き潰す人がいることに驚きを感じると同時にこれをまったく気にせず乗っている人がいることに一種の怖さを感じました。

私が思うにこれからスタッドレスの履き潰しはさらに増えると思います。

というのも日本は貧困層が激増しているという背景もありますが、最近のスタッドレスは雪上性能や氷上性能に限界が見えてきて省燃費性能とドライグリップのよさを追及する製品が主流になっています。



そう遠くないうちにスタッドレスで夏に走ってもちょっと柔らかい夏タイヤくらいでほとんど違和感なく走れる時代が来るはずです。

しかもすでに私自身冬はブリヂストンのスタッドレスを使っていますが、恐るべきことに燃費は夏タイヤを上回るほどの省燃費性能を実現しています。

となるとスタッドレスを履き潰す人が増えるのは自明の理であり確実と思われます。

ただグリップ性能やウエット性能は夏タイヤと比べると大幅に劣るため、これが原因の事故が増えないかという懸念があります。

もちろん夏場にスタッドレスを履き潰して乗るかどうかは個人の判断ですが、安全を考えるとこういう車が増えるのはちょっと怖いなと思いました。
テーマ 日記
ユーザー イシヲ

この記事を見た人におすすめ

Facebookでシェアする Twitterでシェアする LINEでシェアする はてブでシェアする この記事をシェアする
今あなたにおすすめ
ヤフオク!出品商品  

ページの先頭へ ▲

みんカラ 人気のカテゴリ

もっと見る

表示:スマートフォン|PC

ログイン

ヘルプ|利用規約|プライバシー

© 2019 Carview Corporation All rights reserved.