VGJ「ながらスマホ」を強いるような仕様変更

ブログ aireonのページ

2018年1月19日

VGJ「ながらスマホ」を強いるような仕様変更


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

フォルクスワーゲンのクルマ創り、安全に対する考え方が好きです。

かつて「ながらスマホ」撲滅にこんなムービーを公開しました。

https://youtu.be/4nBjgRbMl4M
(下記の関連情報URLからはいれます)

たいへん不本意ですが、

そんなセーフティをどこよりも重視するはずのVWらしくない話題です。

世間では「ながらスマホ」問題が毎日のように報道されています。

このままでは、まるで「ながらスマホ」となんら大差ない操作を強いる

不可解なMY2018仕様変更の話です。

あの日本でもシェアを垂直降下ごとく落とした事件以来、

マスコミも世間もVWの動向に注目しています。

ようやく回復の兆しの矢先、いいクルマがそろい、さらなるデビューが期待されるときに、

ほんとうにこれでいいのでしょうか?

これを起因とするわき見運転事故が起きてからでは遅いと思います。

わたしたちフォルクワーゲンオーナーは不祥事で評判を落とすような事故や事件は懲り懲りです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

MY2018に発症する珍現象。

エンジンを再始動するとこうなってしまいます。

画像を拡大してみてください。間違いさがしです。

きっと齟齬がみつかるはずです。

MY2017以前はエンジン再始動してもエンジン停止前のモードがメモリーされていました。

たとえばMY2016とMY2017の試乗車はエコモードで乗っていて

次に乗るときエンジンをかけると同じエコモードでのスタートになります。

ところがなぜかMY2018のVW車では再始動後の表示に齟齬がでます。

画像のようにエンジン始動直後「エコ」の文字とノーマルを示す「D」が混在してしまいます。

そして、ずっと表示がズレたまま走ることになります。

たまたま私のクルマだけの不具合かと思っていたら、

試乗中にArteonもそうであることに気がつきました。

日本へ輸入されるPassatシリーズだけでなく

さらにTiguanなどMY2018全車がこのような症状(仕様?)なのだそうです。


メーカーはおそらくエンジン始動するたびに標準モードとして

「ナビ表示 : ノーマル」

「タコメーター下部表示 : D」

とさせたかったと思われます。

しかし実際はそうはなっていません。

この症状は納車してすぐ発見、きっとシステムのバグだろうと思って、

私のクルマだけの不具合なら正確に作動するようシステムアップデートを、

システム本来のバグなら次期システムの改善に繋がればと、まずディーラーに報告しました。

購入店もこれはおかしいと調査がはじまりまりVGJ(フォルクスワーゲン グループ ジャパン)

からの回答待ちだったところです。

もちろん、フォルクスワーゲン ドイツ本国が「危険なクルマ」を創るはずはないと思いますが、

結果として「事故を誘発」させてしまうバグのあるフォルクスワーゲン日本仕様車では困ります。

ところが、その後VGJからは「この仕様で正常」と意外な公式回答を貰いました。

「その都度、各自で表示の訂正操作しながら出発してください。

この齟齬をご理解いただいて事故のないよう運転する。

それがドライバー責任です。」

このような趣旨でした。

他ユーザーからも複数、同じ指摘があったとのことですが、

早急に改善する意思がないことが伝わってくる回答に憤りを感じました。

そんな担当者からの報告内容には不便をかけている謝意も皆無でした。

もちろん安全な走行のための責任は運転者にあります。

しかし安全対策を十分に配慮した日本仕様のクルマを創り、

もし不具合があれば早急に改善に取り組む企業姿勢と、

正しい情報をすべてのユーザーに伝えていることが前提です。

取説には表示齟齬が潜在してることは一切記載がありません。

公式にこの齟齬について補足書類すら届いていません。

もう少し具体的に症状を補足しますと、

////////////////////

a ナビ表示のドライブモードは前モード表示
たとえば エコ→エコのまま (おそらくノーマルと表示されるべき)

b タコメーター下部は前モードが何であれDモード
たとえば E → D

////////////////////

つまり、(a)表示が、(b)アクチュアルモードに追いついていけない中途半端な表示です。


果たして、これが正常とした場合この齟齬表示はどんなメリットがあるのでしょうか。

乗るたびにドライバーが交代することを想定して、

この仕様変更をMY2018で実施したともVGJは説明しています。

ちゃんと思惑どおり設定されて作動すれば一理ある変更でしょう。

しかし、乗るたびにわき見をともなうシステム補正操作を強いるようでは本末転倒。

どうしてもバグの無責任な言い訳に聞こえてしまいます。

このわき見を誘発させるようなこの公式回答に違和感を感じます。

ユーザーを惑わしたり危険を誘発する現状はセーフティを最重視するVWらしくありません。

この仕様変更はセーフティを重視して操作の整合性がとれてからリリースすべき内容です。

表示にズレがあれば誰しもアレ!?と思う瞬間があるはずです。

世間にはさまざまなタイプのドライバーがいます。

たまたま「アレ!?と思った一瞬」人身事故をおこしてしまったではすまされません。

みなさんご経験あるように運転開始すぐは歩行者や障害物など危険要素が多いフェイズです。

運転直後にこの齟齬解消操作をすることはヘッドダウンつまり、

目線を下げることを伴い、ただでさえストレスの大きい状況でストレスを増幅させます。

いわゆる、わき見運転を誘発する危険な状況下に陥ります。

世間では「ながらスマホ」問題が毎日のように報道されています。

このままでは、まるで「ながらスマホ」となんら大差ないようなわき見操作を乗るたびに

フォルクスワーゲンに強いられている気分です。

やはり、この仕様変更は操作の整合性がとれてからリリースすべきだったと思いませんか。

あまりにもお粗末な仕様変更です。

ようやく回復の兆しの矢先、いいクルマがそろい、さらなるデビューが期待されるとき、

そして念願のフォルクスワーゲン、日本初導入となるディーゼルもこの2月にデビュー、

そんな大切なときにVGJの企業姿勢はほんとうにこれでいいのでしょうか?

幾度も繰り返しますが、これを起因とするわき見運転事故が起きてからでは遅いです。

いくらドライバー責任とはいえ世間にはさまざまなタイプのドライバーがいます。

マスコミに揚げ足とりの絶好のネタになりかねません。

ゆくゆく大きな問題に発展しなければいいのですが。。。

VWが「わき見を奨励」するはずはないと思いますが、

結果として「わき見」させてしまう仕様では困ります。

フォルクスワーゲンは魅力があって安全なクルマ創りをしてるのに、

日本支社であるVGJは頼りない印象を感じました。

!!!!!!! safety above all !!!!!!

関連情報URLのyoutubeと相反するVGJの企業姿勢が気になります。

いいマーケティングやこれまでの活動など好感もありますので

VGJは素晴らしい会社だと思っていました。

それどころかフォルクスワーゲンもVGJもすごく魅力的なクルマ創りの宝庫だと思います。

「正しいことを正しくできる」ように

セーフティーより効率をとる安全軽視のお粗末な判断しかできない部署と担当者ならば、

厳しい言葉になりますが、

MDなど上級幹部が現状を知って適材適所なVGJ再構築が必要なのかもしれません。

安全上、整合性がとれるまではMY2017仕様のままのほうが便利で安全だと思うのですが。。。

それほどまでして中途半端な仕様変更に妙にこだわる理由は誰のためなのでしょう。

せっかく傑作といってもいいほど最高なクルマだけに惜しいです。
テーマ 日記
関連情報URL https://youtu.be/4nBjgRbMl4M
ユーザー aireon

この記事を見た人におすすめ

Facebookでシェアする Twitterでシェアする LINEでシェアする はてブでシェアする この記事をシェアする
今あなたにおすすめ
ヤフオク!出品商品  

ページの先頭へ ▲

みんカラ 人気のカテゴリ

もっと見る

表示:スマートフォン|PC

ログイン

ヘルプ|利用規約|プライバシー

© 2019 Carview Corporation All rights reserved.