FALKEN ESPIA W-ACE ひと冬履いて見ての感想!

ブログ 神聖 ノンタマのページ

2019年3月21日

FALKEN ESPIA W-ACE ひと冬履いて見ての感想!
皆様、こんにちは。


今日は朝から雨が降っています。
もう雪ではなく雨が降るようになりました。

もう流石に良いだろうと思い、昨日スタッドレスを夏タイヤに交換しました。


今年は異常に雪が少なく、FALKEN ESPIA W-ACEの性能をフルに検証は出来なかった様に思います。

昨年冬が始まる前にFALKEN ESPIA W-ACEモニタープレゼントが当選し、ひと冬履いて見ての感想をしたいと思います。

昨年から色々当選するのだけど、運を使いすぎているのかな(笑)



FALKEN ESPIA W-ACEは特殊なパターンでラッセルパターンと呼ばれて居るようです。
見た感じは、引っかき効果は有るのではないかと感じました。



このFALKEN ESPIA W-ACEの総合的な評価ですが悪くないです。

新雪・積雪
積雪ではラッセルパターンのお陰で、直進性と引っかきのグリップ力は良かったです。

圧雪
圧雪では他の日本メーカーと比べても遜色なくグリップ力がありました。

凍結面
今年はかなり凍結路面が少なく、テカテカ路面は無かったので比較は出来ませんが。
普通の凍結面ではまあまあグリップし、飛ばさなければ問題ないレベルかと。
ただ、少し速度を上げコーナーを曲がる時は少しグリップ力が弱いように感じました。

ドライ路面
全く持って問題ないです。
高速を走ってもよれる事もなく安定していました。
ただ、ロードノイズが大きい様に感じました。

ブレーキ時のグリップ
ブレーキ時のグリップは少し弱いように感じました。
凍結面ではよりハッキリとブレーキ時はグリップが弱いと思いました。

総合的に言っても、雪国でも使用出来ます。
名古屋・関西・関東などあまり雪が降らない地域の方なら、このFALKEN ESPIA W-ACEで十分過ぎる性能が有ると思います。
値段が4本で5万円で買えるので、超お得ではないでしょうか。
都会の方ならピレリとか買うより良いと思います。


そして、昨年ノートe-power nismo s2WDFFを購入した事で、雪山が登れるか挑戦して見たのです。

この大雪の日に、地元では有名な急勾配が続く飛騨高山スキー場に登れるか挑戦しました。

地元ではこの山道は雪に凍結した日は2WDは登れない車が出ると言われるほど急勾配が続く道なのです。
どんなに急かと言うと、この場所から頂上まで15分で800メートル登る、とてつもなく急な道なのです。
出発時の標高が869m




頂上が1616m

標高差800メート近く有るのです。



下ってきて。


このグラフ見て頂ければ恐ろしい程の標高差があることが分るかと思います。

ここはスキー場への道路なので冬季閉鎖にならないのです。
最大斜度は10%もあるのです。

この10%の斜度が幾つも有り、曲がりながら10%の斜度を登るのは2WDは無謀と言われるほどです。

この斜度がどれだけ厳しいか、参考にあの有名なCMの坂道と比べて見ます。

皆さん一度は見たことが有ると思いますが。
ダイハツTANTOのCMで一躍有名になったCMに出てくる坂「ベタ踏み坂」
この坂は鳥取県境港市渡町と島根県松江市八束町江島を結ぶ橋で臨港道路です。
橋の名前は、江島大橋と言います。


この坂も見た目かなり急に見えます。
別の角度から見るとこんなにも急です。



それでこの坂の勾配はどれだけかと言うと。
勾配は、江島側で6.1%(角度にすれば約3.5度)です。

勾配は6%程です。
これだけ急な坂でも6.1%です。

それが、このスキー場に行く道は、幾つも勾配が10%も有るのです。
それで居て雪道に凍結路面が有るのですから、ここを登れればタイヤの性能がもろ分るのです。

そして挑戦しましたが、なんとスリップもしなく登れました。
ただ、かなり速度を上げようとすると少しトラクションコントロールが入りスリップしましが、それでも登れました。

問題は下りです。
この10%の下りですから、超慎重に下らないと事故を起こしてしまいます。
それで、下りですが。
ノートe-power nismo sワンペダルの性能が発揮され、なんと下りて来るまでに、ブレーキを4回しか踏みませんでした。
これは驚きでした。
流石にこれだけの勾配の下りですと、ワンペダルでアクセルを離しても、止まる事は有りませんでした。

その際に、急勾配のカーブで少しスリップしました。
やはりブレーキ時のグリップが少し弱いように感じました。

この大雪の日に無事に下りて来れました。

この雪山を無事に登って下って来れましたので、ノートe-power nismo sの性能とFALKEN ESPIA W-ACE性能は問題ないレベルだと思います。

さて、来年はどうするかな?
買ってしまったコンチバイキングに履き替えるか?
それとももう1年履いて見るか?
悩み所ですね(;´∀`)

でも、この道はやはり雪の日と凍結時は4WDでないと、かなり厳しいと感じました。

貴方は雪山でこの様な方に遭遇したらどうする( ̄ー ̄)ニヤリ

〇裸温めあう?





テーマ クルマ
カテゴリー ノート e-POWER NISMO S
ユーザー 神聖 ノンタマ
Facebookでシェアする Twitterでシェアする LINEでシェアする はてブでシェアする この記事をシェアする

関連タグ

今あなたにおすすめ
ヤフオク!出品商品  

ページの先頭へ ▲

みんカラ 人気のカテゴリ

もっと見る

表示:スマートフォン|PC

ログイン

ヘルプ|利用規約|プライバシー

© 2019 Carview Corporation All rights reserved.