BDZ-AT700の内部

ブログ 整備時々農業生活

2011年8月1日

BDZ-AT700の内部
この日は,GTOのラジエーターを交換するべくラジエーターの取り外し作業。
そして… 取付けようとしたものの… (/_;)


と言うわけで,SONY BDZ-AT700の内部を公開したいと思いますw

BDZ-AT700のマザーボード
まずは,マザーボードにあたる基盤です。
内部はSATA配線で,チューナはSONYの日本製。
メインのCPUにもSONYの印字がしてあります。
これだけでもいかにもSONYらしくてGOOD。

SONYはカバーを開けてもSONYと分かるのが昔からの特徴ですからね(^^)
PS3も内部の電源カバーにまでPlayStation3と刻印してあるようですし…
オーディオ機器の部品配置は左右対称デザインで非常に綺麗でした。
オーディオ機器に比べると,やはり家電なんですよね…


次にBDドライブ。
BDドライブ ピックアップ部
BDドライブは一応自社製?。
レンズが2個あるタイプで,新型PS3とほぼ同じです。(全く同じではないようです)

BDドライブ基盤部。
BDドライブ 基盤部
チップはNEC製。 SATAコネクタが横出しなので,専用品。


HDDの画像を撮り忘れてましたが,又後ほど。



この日の画像は,GTOのラジエーターです。
一部に薬品がかかった痕跡があり,フィンがグサグサになってました。
銅を溶かす薬品って…?
テーマ 日記
カテゴリー 電気
ユーザー kt6sambar4WD
Facebookでシェアする Twitterでシェアする LINEでシェアする はてブでシェアする この記事をシェアする
今あなたにおすすめ
ヤフオク!出品商品  

ページの先頭へ ▲

みんカラ 人気のカテゴリ

もっと見る

表示:スマートフォン|PC

ログイン

ヘルプ|利用規約|プライバシー

© 2019 Carview Corporation All rights reserved.