MAZDA3!撮ってきた

ブログ 白のある日常

2019年5月25日

MAZDA3!撮ってきた
いつものディーラーの前を通ったらマツダ3が展示されていたので、
ちょっと仕事前だったのですが、寄って行きました。

店長さんとバッタリだったので、話しながらのローアングル撮影です。
開口一番「お買い上げありがとうございます!」
だもんよ。
気心知れてるので遠慮せず撮影していきます。
「撮るところが普通じゃない」と苦笑いされながらでしたが、めげませんw




ファストバック純正ホイールの反り具合です。
生で見るときっと印象が違うだろう!って思ってたけど、
生でも同じ程度の印象だったかな…
ざっくり言うと、NCロードスター純正ホイール辺りの雰囲気。
新世代の純正ホイール!って感じではないかな。
既存のデザインをアレンジするケースがどうも、多い気がする…




今度はホイール正面から。
やっぱ奥行き感がどうしても…浅いのが気になってしまった。
ボディがぬめぬめすっごいのに、ホイールがちょっと負けちゃう気がするというか。
オプションのBBSホイールは実際見ると良いのでしょうか。
カタログを見てても気にはなります。


噂のリア足。


トーションビームってやっぱり言葉からして印象が悪いみたいで。
個人的には軽くなって且つ実際に良いならアリだと思います。
言葉の響きとか形なんてどうでもいい、走りが気持ちいいのってのが大事でしょ。


マフラー。


超フラット。今までよりも更に平滑感ある。
で、何か、サイレンサーの脇に板あるでしょう。


(ピントずれてしまった)

ディフューザーみたいになってるんです。
こんなのアリかよーw




スポットの間隔も狭い方なのでは…




腹下。
超フラット。拘りが垣間見える。


他にもやはりお客さんがいたので、今回はこんなところですが…
凄いぞって印象はありました。
フロアマットも厚みがあるけど、弾力もあって、軽い。
フロアカーペットも手で叩くと、ぼふぼふしてて中で消音効かせてる感じある。
勿論、抜くところも抜いてるけれど、それは価格帯の問題だよね。
これで200万円台からの車って、この御時世ないのでは。


マツダ3で印象的だったのは、車そのものというよりもお客さんでした。

いつもマツダの新型が出るとこうして出向いて、
写真撮ったり、できる場合は試乗させてもらってますが、
今回は若い人からの注目度も普段より高い気がする。

中高生くらいの方も居てね、嬉しそうに見て回りながら写真撮ってて。
カッコいい、乗りたい、って感じなのかなーって。
自分のむかーしの姿とちょっと重ねてしまって、思い出してしまった。


乗りたい車がある。憧れるものがある。
そういうの、いいよなぁ。

うーん。
仕事頑張ろうw
テーマ クルマ
カテゴリー 試乗
ユーザー こーづき
Facebookでシェアする Twitterでシェアする LINEでシェアする はてブでシェアする この記事をシェアする
今あなたにおすすめ
ヤフオク!出品商品  

ページの先頭へ ▲

みんカラ 人気のカテゴリ

もっと見る

表示:スマートフォン|PC

ログイン

ヘルプ|利用規約|プライバシー

© 2019 Carview Corporation All rights reserved.