• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2018年09月23日

好きな車(≧∇≦)

車は久しぶりになりました。

さて、今回はこちらもお久しぶりなおフラ~ンスのお車にて。
私としては珍しく、絶版車ですがわりと最近の車であります。

【RENAULT WIND】
「ルノー ウインド」です。

ルノー ウインド、この名前だけでどんな車か思い浮かびますか?。


これがルノー ウインドです。
日本でも販売されましたが、あまり見たことが無いのでは?。実は私も現物はまだ見たことがありません、販売されていた頃にはかなり気になっていました、乗り換えようかな・・・と思ったぐらいに。

ここらでスペック
水冷直列4気筒DOHC、排気量1598cc、最高出力134馬力、1600ccのNAとしてはまずまずのスペックですね。32スイスポと同じぐらいかと。
それもそのはずで、このウインドは
 
こちら、二代目のルノー トゥインゴがベースになっています。エンジンはR.Sの(ロードセーリングでもレン シュポルトでも無く「ルノー スポール」の略ですよ)物が搭載されています。スポーツグレードのエンジンですね。
デビューは2010年、コンセプトカーとしては2004年にウインド コンセプトとして発表されていますから、市販までに6年の月日がかかっています。
分類としては、スポーツと呼ぶにはちょっともの足りない・・・かといって日常使用なイギリス風に言えばブレッド(パン)&バターカーと言える程には便利ではない(2シータークーペですからね)、ん~、ゆるキャラ系なファンカーというかスペシャルティーカーといった所ですかね。
ルーフ(屋根)については、電動でトランスフォームじゃねぇよ開く事が可能で、開くとタルガトップ的なスタイルになります。
さて、そのルーフの開き方なんですが。

まず、トランク部分が垂直に開いて、ルーフが後方へ回転し始めます。


そのままルーフは後ろへ、簡単に言えばルーフがバックドロップする感じ、180度回転するイメージです。わりとシンプルなシステムですが、そのおかげで開閉に要する時間は12秒と電動開閉ルーフとしてはかなり早い部類ですね。
日常の使い勝手は御世辞にも良いとは・・・しかし、ルーフを格納した状態でもそのルーフの下に容量270リットルのトランクルームが確保されていますよ。
走りの方は・・・通常の二代目トゥインゴR.Sよりかは70kgほど重くなっており(乾燥で1100kgほど、ルーフの開閉機構の装着やオープン化による強度確保のためだね)、キビキビと・・・とは、行きませんが、あ、この車ATの設定がありません、右ハンドルの設定も無し、5MT、左ハンドルのみの設定です。設定はなかなかスパルタンな車なんですよ。


内装もセミバケ風のレーシーなシートですが、そこはおフランス車、見た目とは裏腹にモッチリとしたシート素材で座り心地は大痔主にも優しいとのこと。まあ、目を三角にして振り回すような車ではありません、それをやりたければ二代目トゥインゴR.Sをどうぞ。



見た目はミドシップに見えなくもないですが、駆動方式は二代目トゥインゴと同じくFF(前輪駆動)、エンジンも当然前にあります。そのFFのパッケージを逆手にとって、ルーフの開閉機構をつけたわけですね。
日本では2011年から販売(255万円)され、販売と同時に本皮シート、スピードライン製の17インチアルミホイール(通常タイプは16インチ)などを装備した(本皮シートの装備はこの限定車だけ、通常タイプはファブリック)、30台だけの限定車「コレクション」(268万円)が販売、これ、運転席にシリアルナンバープレートがあるかなりの珍車ですよ。速攻で売り切れたそうですが。


後に更に装備を充実させた「ゴルディーニ」も追加、ゴルディーニですから二本のラインが目印。 


よく見ると、二本のラインにはゴルディーニの「G」エンブレムが沢山、近づかないとわかりませんが。
内装にもあちらこちらにゴルディーニのマークがあります。
2013年には販売終了、かなり短命な車でした、まあ、需要は少かったそうですから。

さて、中古市場ですが、二代目トゥインゴは現在底値でお買得ですが、ウインドは流石にタマが少ないのと一応スペシャルティーカーなのでそれなりのお値段。
120万円(走行5万キロあたり)~190万円(走行5000キロのなんと「コレクション」がありました)あたりですね。
あら、案外お買得なスペシャルティーかも?。


スポーツというにはちょっと半端、実用性?あるわけがない、そんな車ですが、日常の中の非日常を求めるなら良い車、それがルノー ウインドかと。
ホンダS660を新車で買うと考えたら、頭の片隅に入れておいても良いかもしれません。私なら片隅どころかグルグルと駆け巡りそうですが、私の今回の車の買い換えの時は、現行のルノー トゥインゴGTも有力候補でしたし。現行トゥインゴはR.Sは出さないのかな?。
ウインドは一時期良いな欲しいなになった車でして、とりあえず脚はトゥインゴR.Sほどハードでは無いいわゆる猫の脚だそうですから、車高は変えずに純正のリフレッシュがオススメ、やるならホイールのインチアップとデビル(仏車の定番!)のマフラーぐらいかな。あるのかは解りませんが。
ゆる~く、時々ルーフを開いて海へ行きたいな。

あ、でも、細かい故障は通常の二代目トゥインゴより多目だそうです、買うならその辺はお覚悟を、買う前に主治医探しからしておいた方が。
ルーフを閉めた状態でドアを開く時に、少し窓が下がる機能が(ウェザーストリップ(窓ゴム)を傷つけないための機能)あるそうですが、それが機能しなくなる事が多々あるそうです(^_^;)、だいたい原因は振動から来るリレーの機能不全だとか。
ブログ一覧 | 好きな車 | クルマ
Posted at 2018/09/23 08:52:00

イイね!0件



今、あなたにおすすめ

関連記事

ルーフが開かなくなりました
trendlineさん

Renault Twingo La ...
Disco-4@東京さん

6月のモーニングクルーズで見た車  ...
パパンダさん

タルガトップのルノー
パパンダさん

祝!! 愛車退院!! 治療後の治 ...
アライグマのアライさん

ルノー NEWトゥインゴ試乗
シグマブルーさん

この記事へのコメント

コメントはありません。
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「スズキの隼が遂に20年の歴史に幕を下ろすそうです、今年いっぱいまでの販売なので急ぎましょう。アメリカ仕様は在庫販売で来年までだそうです。スズ菌、隼ファイナルエディションとして限定で画像のカラーで販売しようよw、一式戦(隼)カラーと名付けて。加藤建夫機カラーでも可、♪エンジンの音~」
何シテル?   12/14 17:37
マヨイガです。出身(実家)は福岡ですが、現在、北の國富良野方面に在住しております。 怖がる事はない、恥ずかしがる事はない、オヂサンと一緒にアブナい世界に行こうね...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/12 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

リンク・クリップ

好きな車(≧∇≦) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/09/23 11:47:49
好きな車(* ̄∇ ̄)ノ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/02/11 23:44:24
MARANGONI(マランゴーニ) ZETA linea(ゼータリネア) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/09/27 23:58:24

お友達

お気軽にお声掛けの程を!!(^ω^)ノシ
16 人のお友達がいます
creative311creative311 * 4 1 64 1 6
ゆーはるパパゆーはるパパ マシャ雪マシャ雪
もぐ夫もぐ夫 hayabusa0824hayabusa0824

ファン

17 人のファンがいます

愛車一覧

スズキ スイフトスポーツ アオタMk-Ⅱ (スズキ スイフトスポーツ)
夏ホイール:ENKEI NT-03RR(17インチ7J) 夏タイヤ:KENDA KAIS ...
スズキ スイフトスポーツ アオタマ (スズキ スイフトスポーツ)
その車は、まるで狂おしく… (私自身がもっと馬力を出せ~!!と運転席で) 身を捩るように ...
ホンダ GB250 CLUBMAN (クラブマン) ホンダ GB250 CLUBMAN (クラブマン)
GB250クラブマン(多分2型)、 通称「蟹男」さん。 中古車の購入で最初からWMのシン ...
フォルクスワーゲン ニュービートル (ハッチバック) フォルクスワーゲン ニュービートル (ハッチバック)
以前乗っていたVWニュービートル。10年近く乗り走行距離は17万になりました。エンジン自 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.