• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

kotakunのブログ一覧

2016年05月16日 イイね!

Lパケ純正アルミの不具合

Lパケ純正アルミの不具合純正のアルミに不具合が発生しました。













私のアテンザワゴンAWDは 「L-Package」 なのですが、 「L-Package」 だと ガンメタ色っぽい 「高輝度塗装」が施されていますが、その 「高輝度塗装」に不具合が発生しました。



走行距離が20000kmを超えたので 先週MyDでオイル交換をして貰い、サービスで洗車もして貰えたのですが、その時に不具合が発見されました。


 店長 : 「 お客様のお車の右前のアルミに不具合が有るのを発見しましたので、
         部品が入荷次第交換させて頂きたいのですが・・・」

 私   : 「 不具合とはどんな不具合ですか? 」

 店長 : 「 不具合とは、ガンメタっぽい塗装がされていますが、その塗装がところどころ
         浮いて剥がれてきています。」


2週間ほど前に自分で洗車した際に気付きませんでしたが(^_^;)、知らぬ間にそんな状況になっていた様でした。












『小さなプツプツかな?』 と思って見てみたら、かなり大きな塗装の浮き(剥がれ)でビックリしました。







MyDがちょうど4連休になったこともあり、アルミの入荷が遅れましたが、昨日アルミを交換して貰いました。






 私 : 「 こういった不具合はたまにあるんですか?」

 店長 : 「 過去に一度 同様の症状が見つかって交換をさせて頂いたことがあります。」

とのこと。





同じく 「L-Package」 にお乗りの方は、たまにアルミを点検してみて、もし同様の不具合が発見されたらDに相談されることをお勧めします。(^_^;)

Posted at 2016/05/16 22:23:19 | コメント(5) | トラックバック(1) | 車いじり | 日記
2016年05月09日 イイね!

香港ディズニーリゾート 2016

香港ディズニーリゾート 2016GWの前半に香港ディズニーリゾートへ行ってきました。










2014年のGWにも行ったのですが、規模は小さいながらも意外と楽しめたので、今年も行ってきました。

 2014年訪問時のブログ: 

香港ディズニーランド + α 旅行 (前編)

                  
香港旅行「番外編」(後編)

                  
香港で見たレクサス車



2014年は香港の街に行って世界3大夜景の一つと言われる香港の夜景鑑賞などもしましたが、今回は街には出ずにずっとリゾート内でのんびりしてきました。


香港は時差が1時間、フライト時間も約4時間と、意外と行き易く、航空券も比較的お値打ちなのでお勧めです。









空港からタクシーでリゾートに移動後の行動パターンは前回とほぼ同じで、ランドに併設されたホテルの 「香港ディズニーランドホテル」 に泊まり、






「ランド」 へはシャトルバスに乗って行き、


AMは 「ランド」 内でのんびりと過ごし、




昼にはホテルに戻ってラウンジで軽く食事した後はホテル内のプールで過ごし、








夕方~また 「ランド」 に行って楽しむ・・・というパターンです。






併設されたホテルに泊まると 「ランド」 への入場は無料なのと、シャトルバスで5分弱なので近くて便利です。

今回も訪問前後で私と妻が誕生日を迎えるということで、タオルをデコったケーキを頂きました。


噂では香港のディズニーランドは世界で一番規模が小さい 「ディズニーランド」 らしいですが、待つのが嫌いな私にはちょうど良い規模のランドでした。




前回は殆ど待ちがなく遊具に乗ったり施設に入ったり出来ましたが、今回は日程が週末に絡んでいたからか、かなり入園者も多く、待ちが長くなっていたのもあって、前回ほどは楽しめませんでした。

ただ、以前は無かった夜のパレードが始まったらしく、夜のパレードは未経験なのでとても楽しみでした。

では、あれこれ説明よりも 写真で雰囲気を味わって下さい。




















































ちなみに、大陸の方がお得意の自撮棒は禁止されていて、大陸の方も注意されると素直に従っていました。


帰りの空港で見た、総2階建の飛行機です。




長々と最後まで目を通して頂きまして有難うございました。m(_ _)m
Posted at 2016/05/09 08:54:26 | コメント(1) | トラックバック(0) | 旅行 | 日記
2016年05月04日 イイね!

「メーターフード」の巻き替え

「メーターフード」の巻き替えメーターフードの合皮を別の生地で巻き替えてみました。









<巻き替えの動機>

純正のメーターフードは革調の黒の合皮が巻かれていますが、少し違った雰囲気にしてみたいと思い、前からずっと巻き替えを検討していました。

(↓純正のメーターフード)


どの生地にするかずっと迷っていましたが、たまたまメーターフードのパーツが手に入ったので、現状で気に入った生地での巻き替えを実行しました。(^^)

(通常、メーターフード単体での部品購入は出来ないので、その周辺のパーツ一式での購入か、DOPのアルカンターラのメーターフードを購入することになります)






<生地選び>

当初は本革での巻き替えを検討していましたが、本革の様に生地が厚いとコーナー部や巻き返し部の処理が難しそうだったので、伸びが良くて加工性も良い合皮にするべく、生地の選定を続けていました。

(生地が厚いと、巻き替えた後で装着する際に周囲のパーツとのクリアランスも影響しそうな心配もありました)

当初は純正DOPと同じ 「アルカンターラ」 生地にしようかとも思いましたが、以前自作したシフトブーツでの経験から、アルカンターラはホコリが付着し易くてその掃除も面倒だと感じていたので今回は別の生地を選んでみたかったのと、やはり純正DOPとの違いを出したかったので、今回は別の生地を探すことにしました。
(今後、アルカンターラでの巻き替えに挑戦する可能性もありますが・・・(^^;;)

(↓自作のシフトブーツ と 自作のシフトノブ


超高級車などの様にメーターフードに赤やオレンジの明るい色の生地でアクセントを入れるのも華やかで良さそうでは有りましたが、色によってはフロントガラスの内側に反射して昼間の運転がし難くなる可能性が高いと思ったので、今回は明るい色は見送りました。
(でもいつかは挑戦したいと思っています。(^_-))

今回 選んだ生地は、パンチング仕様の黒の合皮です。





シンコールの椅子張りの見本帳を入手し、サンプルを取り寄せながら色々悩んだ結果これにしたのですが、この生地は難燃性が求められる自動車内装にも使える「JABIA」の基準を満たしている生地なので安心です。
(車の内装には、本来はこういった認定を受けた生地でないと使ってはダメらしいです)



この生地は車の内装はもちろん、バイクのシートなどにも使われている様です。

個人的に表面の見た目が良かったのと、パンチング状の生地が自作したシフトブーツやシフトノブとのバランスも良いと考えてこれを選びました。



裏面には弾力性を持たせる為か、パイル状?の繊維質が厚めに
貼られていて、 「生地が厚いかな?」 とも思いましたが、試しに縫製をしてみると意外と上手く生地が潰れてくれることが解ったので、こちらにしました。





<巻き替え作業>

①純正合皮の剥がし

 基本的には、接着剤と溶着で貼り付けてありますが、写真の赤丸部分は丁寧に剥がさないと破れてしまうので注意が必要です。

 この部分を最後に剥がせる様に、その周辺から順に剥がしていくのが良いと思います。







 (↓)特に、フロント側の鋭角の角部の純正の巻き返し部分は良~~く見て観察しておいて下さい。





②型取り

縫製されたままで型取りしようかとも思いましたが、立体縫製がされていて型取りがし難かったので、縫製をバラしてラミネート用のフィルムを使って型取りしました。





左右対称なので片側だけの型取りで片面ずつ輪郭を写しました。



黒い合皮への輪郭線を引くのにはレザークラフトで使用する 「銀ペン」 を使いましたが、書き易くて後から消すことも出来るので、非常に便利でした。




③縫製

先ずは、上下の生地を縫い合わせるべく重ねますが、そのままだと縫製中に生地がズレ易いので、 (我流ですが) 、見えなくなる場所にホチキスで生地を留めて固定すると縫製がし易くなります。(勿論 縫製後にホチキスを外します)





ステッチにも拘ってみました。

純正は黒の細めのステッチでしたが、太くて綺麗な 「赤」 の糸を使用しました。
(ビニモ #1 №14赤)

シルバーにするか、他の色にしようかとも迷いましたが、試し縫いしたこの「赤」 が非常に綺麗だったのでこれを選びました。





このステッチ入れ作業は、3mmかそれ以上の厚みでの縫製となるし、#1の糸でステッチを入れるのは 一般的な家庭用のミシンでは厳しいのですが、シフトブーツを自作した際に購入した 厚物用に改造したアンティークミシンが大活躍してくれました。





 
④巻き替え

純正の合皮を型取りしてあるので、巻き替え自体は比較的楽でした。




ただ、やはりフロント側の鋭角部は巻き替えが難しいので、純正の合皮を剥がす際に、良~~く観察しておいた方が良いと思います。


接着剤は、大きな面は「Scoth77スプレー」を、周囲や巻き込み部は「コニシGクリアー」を使いました。



今回の合皮は裏面にパイル状?の物が貼り付けられていて、貼った後にそのパイルが伸びるので少し苦労しましたが、また時間があったら周囲は裏面のパイル状のものを削ってから作業しようかと思います。その方が綺麗にしっかりと貼れる気がします。



⑤メーターフードの脱着

この脱着は意外と簡単で、TV/ナビキットなどの装着の際にはメーターフードを軽く外したりしていましたが、その延長でフードを完全に外して、ネジを外してバラスだけでした。
(概略の説明です)

 1)メーターフードの上部を両手で掴んで手前(後席側)に引くと、メーターパネルが少し外れます


 2)メーターパネルの下部を強めに引っぱると下側も外れます




 3)メーターの下側の合皮がステアリングカバーの上部に刺さっていますので、それも手で上に引っぱると、メーターフード一式が完全に外れます。




 4)メーターフードの裏側にネジが7本有りますので、それを外すとメーターフードが3つのパーツに分かれます。




 5)バラしたフードと巻き替えたフードを入れ替えて、外した逆の手順で装着します。



<完成写真>





純正が悪いわけでは有りませんが やはり純正は地味目なので、生地を替えて 目立つステッチを入れたことによって質感もかなり変わったと思います。


実際に装着したのが以下の写真です。













正直、運転中はそれほど目に入る場所ではありませんが、チラっと見える赤いステッチとパンチング生地は、やはり「いいんじゃない!」と思いました! まあ完全な自己満足ですね。(^_^;)


また他に良い生地が見つかったら気ままに巻き替えを行いたいと思います!



Posted at 2016/05/04 23:00:07 | コメント(7) | トラックバック(0) | 車いじり | 日記

プロフィール

「[パーツ] #アテンザワゴン 本革シートクリーナー「LC-7」 http://minkara.carview.co.jp/userid/1010070/car/1861019/8313589/parts.aspx
何シテル?   03/11 14:33
2015年1月4日に アテンザワゴン・AWD・Lパケ(白内装)・ソウルレッド を契約し、3/1に納車されました。 皆様と情報交換させて頂きながら、充実したカーラ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2016/5 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

リンク・クリップ

シフトノブ&シフトカバー変更 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2019/06/15 08:50:13
オリジナル マツダ純正シフトノブ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2019/06/15 08:47:06
シーケンシャルLED ウインカードアミラーを付けてみた 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2019/06/06 07:29:19

愛車一覧

マツダ アテンザワゴン マツダ アテンザワゴン
2015年1月4日に アテンザワゴン・AWD・Lパケ(白内装)・ソウルレッド を契約し、 ...
レクサス CT レクサス CT
2011年2月19日の契約で4月20日納車予定でしたが、震災の影響で遅れに遅れて、6月2 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.