• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

abe_のブログ一覧

2016年02月28日 イイね!

しまなみ海道サイクリングロードを行く。

しまなみ海道サイクリングロードを行く。10kmほど離れた北野田のパン屋。
ここを目的地とする!

あとは、国盗りをやりながらぬるく自宅へ戻ってくる計画。距離も20kmくらいで無理のない旅。
これだと車も使わないのでみんカラには載せられないただのポタ。
そこに先日の大和郡山市のパンポタように友人のゆうきさんが乗っかるという話でした。

本来はゆうきさんの予定に合わせ午後からスタートの予定。しかし、急遽、前日になって日曜に丸一日行動できることになったため、なんかもったいないなーという話から始まるのです。


長年の付き合い。
遠出を好まないゆうきさんに対して冗談のジャブです。


牽制球を打たれてサヨナラ負け。


いきなりフルマラソンに参加する印象です。
ズブの素人が乗り込める場所なんでしょうか?


決定事項となり、調べてみると予想しなかった大きな問題が浮上します。
それは、再び尾道に戻る術です。効率のよい方法が無いのです。

バス(しまなみライナー)は自転車積載が数台で運次第なのです。

そうなると、

1. 岡山駅に車を置き、往路は尾道駅まで、復路は今治駅から列車で輪行。
2. 新大阪に車を置いて、列車で輪行。

時間も大幅にかかるしお金も割とかかるのです。列車で今治駅から岡山駅へ行く時間は約4時間かかり、7,170円と安くもない。うーん・・・。

そして、もう1つの案が浮上します。

うまいもの食って引き返す。

三大欲求の1つ「食」を満たして、そこから船かなんかで帰ればいい。前半の島なら直接本州まで戻る船があるのです。

島なら海の幸。調べると4つめの島、大三島(おおみしま)大漁という海鮮の美味い店があるという。海鮮丼が480円らしい。

これだ!!

しまなみ海道完走を前にして撤退するのだ!

大漁道の駅:しまなみの駅・御島近くにある。ここがゴールだ!


問題は朝に行っても数時間待ちがザラらしい。ラストオーダーが14時半。10時スタートで、間に合うかなあ・・・?

グーグルさんは車で45分、43kmと言ってる。
う、うーん。

不安ながら、今回の旅はこれで決めよう!

1. 大漁の海鮮丼の首を討ち取るため、ましっぐらに目指す。
2. 後は生口島まで戻って有名な食い物屋を荒らしまくる。
 (ローストチキン、お好み焼き、ジェラート、コロッケなど)
3. 楽ちん船で本州に戻って電車で尾道まで輪行。(山陽本線で14分)




そんなわけで朝の6時過ぎに河内長野市までアクセラスポーツで乗り付けるも何故かZに2台のチャリを乗せて片道300kmジャスト4時間のドライブです。


尾道の駐車場にもほぼ定刻の10時前には到着。


尾道から船に乗ることは知っていたけどどこから乗るか分からなかったので一番近い船着場に行ったら違ってて。いきなり生口島(3番めの島)に行くところでした。やばかったぜ、ふーっ。

まずは1つめの島である向島へ。


10時40分。向島からスタートです!
大漁目標到着時刻は14時とする!
(残り3時間20分)

下調べせずに来るのは全てが新鮮に見えるという良い副産物もあって。

これが第2の島、因島に向かう自転車専用の橋か!すげー。

全然関係ない橋で記念撮影をしたり。


本当の橋を見てスケールのでかさに驚いたり。


思ったよりわかりやすく整備されていることに感心したり。



2つめの島、因島(通称:No.2)は記憶も記録もなく通り過ぎます。


そういえば橋へ向かう道は苦しいんじゃないかと疑問も沸くのではないでしょうか?しかし、自転車専用の坂道は勾配率がおよそ3%に設定されているみたいで、重いギアでも十分走れるくらいなのです。

事前に少し調べたサイトには、橋を渡るごとに料金がかかると書かれていましたが今は無料でした。(平成28年3月31日まで期間限定のようです)

買い食いは厳禁としたものの写真は撮っていきます。



12時10分。第3の島、生口島へ上陸!
(残り1時間50分)
この島を終えればラスボスです。

今治まであと50km!!(つまり今は20km走行ということ)

なぜか、道路横の整備された道には、こういったプリントがありませんでした。完走を目指す人は車道を走るべきなのかもしれませんね。

割と道の周りは閑散としているので写真に収めるものも少なくて。

人によっては退屈かもしれません。
景色も見慣れれば飽きるのです。

そして、最後の橋への専用道直前の小休憩で


ちょっと調整を。

なんて良からぬ欲を出したひろき様。

先生助けて!なおきちゃんの自転車が息をしていないの!

触らぬ神に祟りなし。
いい言葉だなあ。そう思いながら、波の音を聞き、風を肌で感じ、愛車をバック(バックだけにな!)に次の橋を撮影して回復を待っていました。


なんとか持ち直したらしく、本物のレモン畑には見向きもせず。
オブジェとともに。橋へと登る専用道で。


次は最後の刺客、大三島です。(残り40分)


時間も無いのに橋からの下りで記念撮影したり。(残り30分)


聖地とかいうオブジェに立ち寄って記念撮影したり。(残り23分)


今治へのルートから外れ、1つの山を超え、そして下ったところにそれはあります。
お食事処 大漁(10分オーバー。ラストオーダーまで20分)

走行距離は48.8km。
この時間なのに列。前には2組。まあ、間に合った。しかし、引き戸を開けた店のおばちゃんが顔を出し放つ圧倒的な一言。

最初の1組さんがいけるかどうかくらい。次は17時からね。

超ホワイト企業!待ったなし!
その言葉を聞いて目の前のカップルは退散。我々は2番手につけた。
もしかして、イベント発生とか、余計な聖地に立ち寄ったりとかしたのが致命的だったんじゃないの!?

そして、奇跡は起きた。
おばちゃんは我々をこう讃えた。

「よく頑張った!」

でも、中に入るなり、

「早く注文して!時間が無いから!」

徹底した時間管理。
ここに来たら480円の海鮮丼を頼むべきだし、そのために並ぶ店だよ、と先客からアドバイスもいただきました。しかし・・・

全部のせ丼+にぎり5貫+味噌汁

店員さんに、何度も何度も何度も

「本当に大丈夫?」

と念を押されたけど、その半分の意味は量だけの問題ではなく閉店までの30分以内で食えよ!できなければ死刑!

という意味だったり。やはり徹底した時間管理。

全部のせ丼は、見た目以上のボリューム。
食ってみないと分からない。
でも、脂が乗っていて今までに食った中で最高に美味かった。
閉店までの制限時間にも十分間に合った。

しかし、腹はパンパン。


大きな目的を終えて、あとは生口島で玉木商店のローストチキンドルチェのジェラート岡哲商店のコロッケなど買い食いしまくり、まったりポタリングさ!

玉木商店到着!(16時14分)

けど、まだお腹はパンパンのままで、こりゃあ無理だなと諦め。

有名らしいドルチェのジェラート
瀬戸田のデコみかん(でこポン)+伯方の塩のダブルコーン。

伯方の塩はずんだシェイクみたいな味だった。

さて、帰りはどうするか。
現在の走行距離69km。残り30kmくらい。

もう、そのまま自走で帰るか!ということになった。

2つめの島、因島に渡ってきた。(17時12分)

橋の絵もそろそろ飽きてきた。

だから。


18時51分に走り終えました。

一度見た景色は飽きていたので割と淡々としてました。
オマケに最後は真っ暗だったし。

体に関してはそれなりの疲労感と若干のケツの痛み、ちょっと左膝を痛めたくらいでした。(車のクラッチ操作などには全く影響なし)

走行距離は97kmほどで時間は5時間5分(停止時間含まず)。


最初はズブの素人がいきなりやってきて走れるのか不安でしたけど、そこは安心設計で坂道は割と限定されていたし、疲れにくい道でした。(走った大三島までの所感)

尾道-今治の距離は70kmらしいので、時間制限を設けなければ完走は難しいことではないみたいです。大三島から先の島にはグルメが少ないようなのでそこが最大の難点ではありますが。

予想と違ったのは日曜というのに自転車を予想より見かけなかったことです。有名だからいっぱい人がいて、早い人が後ろからガンガン来て邪魔になったらどうしようとか思ってたんですけど、全然でした。開通から時間も経過しているし、しまなみ海道のサイクリングブームは終わってるのかもしれないですね。



走り終えての1杯。


尾道ラーメン。

スープはゴクゴク飲め、全部いただきました。

なお、今回の旅では朝食、昼食、夕食、デザート、アイス、夜食用のパンなど飲食諸々は、遠慮せずガンガン欲しいものを注文しご馳走していただきました。

本当にごちそうさまでした。

帰りは、河内長野市までの300kmをまったり。
途中休憩を入れアイスとコーヒーをいただきながらも4時間ほどの午前0時ぴったりに到着。

これまた充実した1日でした!
Posted at 2016/02/29 19:59:50 | コメント(1) | トラックバック(0) | フェアレディZ(Z32) | 日記
2016年02月25日 イイね!

DAHONを積載して、今日は奈良県大和郡山市のパン屋へ

DAHONを積載して、今日は奈良県大和郡山市のパン屋へ今日は布団で鳥達とぬくぬくしていた最中。
12時前に友人からポタのお誘い。

集合場所は奈良県香芝にある寺。
Zはこの寺に放置させていただくことにした。
(もちろん、駐車の許可はいただいた)

でも、左ミラーで入り口の壁を削ってやったことは秘密だぜ!そんなわけで14時前と遅めだけど出発。

今日は、奈良県の大和郡山市新町にある「窯だしパン工房La・麦」を目指す。
奈良県でクロワッサンの検索に引っかかったのと距離もいい感じだったからというのが理由。
ハイドラと国盗りも同時進行でぬるく進めることにした。

ちなみに、香芝ICからの距離で調べた結果で片道15kmほどだったということを忘れていた上、寄り道していたから大幅に距離が伸びることになろうとはこの時気づいていなかった。

王寺駅付近までまったり進んだ後は近鉄の駅を巡ることにした。
今まで獲得していなかった3駅を今日はハイドラでゲットした。

湾曲していて割とタイムロスにはなるんだけど、ポタはこういうのがないとね。


勢野北口駅に電車が来たので1枚。
なんだ、そのポーズ。


これのリスペクトだろうか?




そこからは東の法隆寺方面へ。

初めて見た五重塔・・・らしきもの。


その後はなんとなく北東方面へ走ると・・・。

そこにはパン屋があった。

窯だしパン工房 La・麦(奈良県大和郡山市新町783)

岡山と関係があるのか塩は備前のものを使っていたり、牛乳はジャージー牛だったり。

クロワッサンはミニクロワッサンしか扱ってなかったのは残念。
しかし・・・。
他のパンの種類も多く、凄く美味しそう。
こりゃヤベえとばかりに購入。
予想外の伏兵にコテンパン。(パンだけにな!)

イートインスペースは無かったので近くの公園で食べることにした。

まずは「豚ぱん」。

専用パッケージにハズレ無しという自論に思わず購入。
外観はカレーパン。しかし、中身は豚まんの具+ゆで卵。
ウマし!
評価:★★★★★

そして、同じく専用パッケージの「ジャージー牛乳パン」。

シュークリームのようなふわふわの生地にカスタードクリーム。
なんじゃこりゃあ!ウマし!
評価:★★★★★

見た目で思わずチョイスした「苺のダノワーズ」。

普通に美味しい!けど、普通なのだ。
評価:★★★☆☆

自宅に持って帰った本命「ミニクロワッサン」

普通に美味しい。でも普通だ。
評価:★★★☆☆

近くにあればぜひ立ち寄りたいそんなお店の1つ。
種類も豊富な上に過剰すぎない独創性が大きく突き刺さった。

帰り道にサイクリングロードを発見!


ここで痛恨。Cyclemeterが落ちた。しかし、気付かなかった。

写真撮影後はCyclemeterが止まってないかチェックする。
ちぃ覚えた!

そのまま走ると明日香まで走っちゃうので途中まで走った。

急激な坂道も無く汗もかかずにいい運動になった。

今日のポタは終了!

Zのトランクスペースにも Curve D7 はきっちり載ります。
横置きはなんとなく嫌なきしみ音が鳴るのでどうかとも思いますけどね。

移動距離は36.8km。
おおよそ4時間走ったことになるけど出ている数値は2時間48分だった。

日も落ちてきて帰り道がやや駆け足だったのが反省ポイントだろう。




さて、今のところのクロワッサンうまいランク最上位は
「パン工房 サンク」(大阪府貝塚市畠中1-9-14)です。


そんなわけで、まだまだ美味しいクロワッサンを探す旅は続くのだった。
Posted at 2016/02/25 20:53:30 | コメント(0) | トラックバック(0) | フェアレディZ(Z32) | 日記
2016年02月24日 イイね!

DAHONを積載し、パン工房ハシゴ

DAHONを積載し、パン工房ハシゴ近場で国盗6000国の取れていない地域のカバーとハイドラのコラボ、そして美味しいクロワッサンを求めて走ることにしました。

割と近くなのに水間鉄道というローカル線が存在することを知りませんでした。ハイドラは主にこの駅巡りです。


道の駅が近くにあるけど、そこに置いていくのはマナー違反のような気がして予め調べておいた駐車場に放置することにしました。

タイムズ三ツ松団地前で丸一日置いても200円とリーズナブルです。


混んでいないのもメリットです。

手早く組み立てて11時30分過ぎにスタートです。

国盗り6000国版は5ヶ所を制覇します。

ただ、一番右下のところ(父鬼)は車で先に取ってきてしまいました。

そんなわけで水間観音駅からスタート。


駅は9つほどあるのですが、距離が思った以上に短くて何度か通り過ぎました。

自転車だと1駅あたり2分くらいの距離です。

走り始めておよそ6km。
貝塚市役所前に第一目的の「パン工房 Cinq(サンク)」があります。


このショップのオススメは「クロワッサンレント」。丸いクロワッサン。

購入したのはクロワッサン、クロワッサンショコラ、そしてクロワッサンレント。
クロワッサンはトングで挟むだけで崩れてしまうくらいパリッパリ。
味も完璧。
今のところ、ここのお店が一番美味しい!★★★★★。
クロワッサンショコラも見た目はベタベタしているのに、やはりパリッパリ。
味も完璧。★★★★★。
逆にクロワッサンレントは見た目以外の意外性が無かったかな。★★★☆☆。

その後は蜻蛉池公園へ国盗りに行くつもりだったのですが、通ることもないであろうハイドラの阪神高速ICを3つ取りに行きました。
これが結構遠かった。パン工房 Cinqから岸和田駅まで要した距離は12km。

ハイドラはここで終了。

蜻蛉池公園(開始からおよそ26km)を経由して、170号線を南下。
折りたたみのミニベロで無謀な山登りです。

そして、1つめの山に登った段階の33km地点。
この記念スナップの瞬間iPhoneの電源が落ちます。


ここです。




バッテリは52%だったのに、無情にも電源と繋げとアイコンが出るだけです。

モバイルバッテリーは必ず持参する!

ちぃ覚えた!


あとどれくらいかも分からず走ります。
このくらいあったんだけど、延々と登りで死ぬかと思った。

ゴールが見えないと心が折れる。




信号のある交差点を左折すると、あと1.5kmと看板が。
ちなみに車の場合、ここからがかなり狭くなりますので対向車が来ると大変なことになる可能性もあります。
ここから更に山道。森の中に「そぶら山荘 愛(まな)のパン」があります。
時間は15時半頃でしたが、それでも訪れている人はいました。


Webページから拝借です。

入り口の前にはなぜか大量のうさぎがいました。
一羽1,000円で分けてくれるそうです。

ここのパンはクロワッサンとは関係ない米粉パンですが、注目してきたのは「まるごとチーズパン」。大量のカマンベールチーズと3種類のチーズがミックスされています。

今回はスモークチーズパンも購入しました。両方共価格はビックマックより高額ですが、ボリュームは見た目以上。大量のチーズがたまりません。パンがもっちり系でやや好みが合いませんでしたが、それでも★★★★☆。
イートインスペースもかなり広くなっているので時間が許せば気を使わずにここでゆっくりできます。ドリンクバーもあるし、パン以外の食べ物も美味しそうです。
雰囲気はかなり良くてもう一度リベンジしたいと思わせるショップでした。

問題はとにかく国道から離れていることでしょう。
交差点から山に入りおよそ6kmあります。内1.5kmは前述のとおりかなり狭い道。

帰りは下りばっかりなので楽ちんなんだけど。
この日に限って冬日。山の中は風もあって寒い!手袋もないし。

殆ど休みなく5時間走り回りました。
そんなわけで走行距離は47.2km。
自宅に帰ったら17時でした。出発したのは午前10時半だったのに。



ノーマルのcurve D7で気持よく走れるのは30kmくらいじゃないかと思う。
スピードを求めなければ山道までも何とかなる。
ただし、長時間は体力よりケツの痛みが苦しい。
うまく付き合える距離に留めて走るのが私には良い付き合い方だろう。


さて、今のところのクロワッサンうまいランク最上位は「パン工房 Cinq(サンク)」です。

そんなわけで、より美味しいクロワッサンを探す旅は続くのだった。
Posted at 2016/02/24 19:14:39 | コメント(0) | トラックバック(0) | フェアレディZ(Z32) | 日記
2016年02月18日 イイね!

鈴鹿へ1泊2日のドライブ

鈴鹿へ1泊2日のドライブ鈴鹿のライセンス更新もあったのでスケジュールを確認すると18日(木)が2本あったので14時45分からを申し込みました。クラスもCC-Cなのでまったり走れる(ハズ)ので久々のリハビリにはピッタリです。

そして、天気で金曜が雨にならないのを確認したのでホテルも確保しました。
鈴鹿サーキットホテルは残念ながら2日前でアウトになりました。でも、周辺ホテルは割と前日でも余裕がありました。今回はホテルグリーンパーク鈴鹿です。駐車場は無料で税込4,500円ですから安いですね。

自宅から120kmと日帰りの距離ですが翌日は自転車でポタを狙ってです。

今回初めて自転車を折りたたんで車に積み込みました。

計算通り DAHON Curve D7 はZ32のトランクに収まりました。

10時過ぎに出発して下道でのんびり向かっておよそ3時間で到着です。
13時には到着してちょっと早すぎた。




そんなわけで、準備。



ええ、ぼっちですとも。

鈴鹿はいつもぼっちです。
誰もいっしょに来てくれないのさ・・・。


14時組は新型プリウスとかリーフなども走ってました。
ああ、緩いなー。
でも、ブリーフィング中、1台のインテRがS字で横転赤旗。

全員で目撃して嫌な空気が。
油断はできませんね。


しかし、久々に走ると高低差と左右の揺さぶりで吐きそうになりますね。

スプーンカーブの手前にある下りなんか最悪。オエー。

ブレーキは思った以上にガッツリ効いてくれました。
チキンなので流石に詰めれませんでしたけどね。

コーナーはどこまで横Gにタイヤが耐えてくれるか心配でした。体を支えるのも疲れる。

台数も多く、ずっと混走状態でしたが、走行会より緩くていいですね。
混走が故に自分のダメなとことマシなとこが分かり面白かったです。
次回の課題にしたいです。

ああ、疲れた。


そして、GoProを見るとビデオモードではなくカメラモードになっていたのだった。

電源ONとOFFのときの2枚の写真が・・・。
すーん。

前にビデオ持って行った時は最初の1周目で電池切れだったし。

詰めが甘いよ・・・。



さて、ホテルまでは数キロと割と近くでした。

16時にはチェックイン。贅沢です。夕食はガストだったけど。

夜中はラーメン食べに行くぞ!
しかし!
20時くらいに食べた酒のツマミで胸焼けを起こしてリタイヤ。

みなさんもピリ辛スナックにはお気を付け頂きたい。(麻生太郎モノマネ風 by 大泉洋)



明けて翌日は8時起床。
鈴鹿サーキット遊園地の駐車場に無料でZを置いてポタ開始。


ハイドラで巡っていない周辺駅に寄ってみようと思います。



みんカラの趣旨であるカーライフとは違う話だけなのでささっと。

ほとんどは無人駅でした。

初めて無人駅に立つ。

どこもかしこも無人駅でした。

そして、昨晩泊まった白子駅近くのドミニクドゥーセの店に寄る。


ここは一度来てみたかったんですよね。
結構休みが不定期でタイミングが合わなかったんですよね。18日も休みだったし。

バイキングも有名らしくて人がひっきりなしに訪れてました。


パンといえば大好きなクロワッサン。
他にクリームチーズクロワッサンと生チョコカヌレを購入。


電車も撮影したり。


地元の駅そっくりの名前のとこがあったり。


鈴鹿サーキットからは下りが多くて登りを覚悟していたけど、ほとんどなくて。
あっさり終了。


気づけば3時間で30kmほど走ってました。


13時前には出発して、15時過ぎには家に着きました。
満足満足!
Posted at 2016/02/19 19:36:43 | コメント(1) | トラックバック(0) | フェアレディZ(Z32) | 日記
2016年02月14日 イイね!

Z32 オイル量の変化でレスポンスは変わるのか。

Z32 オイル量の変化でレスポンスは変わるのか。エンジンがなんかずっとたるいなあ。

そう思って、先日重い腰を上げてオイル量を見た。
Hを遥かに越えていて、これが原因かなあと。

4,000円前後で手動式オイルチェンジャーを買って抜くのもありかな。
そういえば・・・以前にオイル入れたのいつかなと調べたら昨年の6月。距離はおよそ4500km。

もうスーパーオートバックスでいいかなと思って交換に行きました。

スポーツ向けのオイルはやっぱりあんまり無くて。
オイルはWACO’S 4CR(15W-50)を選択。
NAエンジンに硬すぎるという人も多いですけど安全を考えればこれでもいいのですよ。

某オーナーズサイトで「メーカー指定の3Lが適正」という話が一部であります。
しかし「それは少なすぎる」と論争です。

自分で試したことは無かったので、3L指定にして1Lは持って帰るということにしました。
交換直後でLくらいあれば御の字。
あとは継ぎ足せばいいのです。

あっという間の10分くらいで交換が終わり、「LとHの7割ですね」と確認&作業報告。

ん?

んーーーーーーーー。

そうか。
そういうこともあるか。

そこそこ抜いてくれるとは限らないか。
そこまで考えが及ばなかった。
多分だけど、結構なオイル量残ってたんじゃなかろうか。
(下手すりゃ500ml~1L)
量販店だと回転重視だしね。やっぱり時間かけて抜いてくれるところがいいなあ。



走りは懐かしのレスポンスに戻りました。
最近までなんかバスみたいなサウンドと酷いレスポンスだったし。

街乗りでは2,500~3500rpmくらいが心地よいトルクです。
(ファイナルギアが4.3なので通常のとはやや感覚が異なると思いますが)

NAエンジンへ入れるにはとにかく硬いオイルですが、ぶっちゃけ私にレスポンス悪化はわかりません。でも一般論で言われているエンジン音が静かになるというのはわかりました。

とにかくZ32は指定オイル量が他車種と比べても少ないです。
同じ3000ccエンジンのNSXでもメーカー指定は4.3Lです(フィルター交換時は5L)。
それどころか、EK9のシビックより少ない。

少ない量だと油温は上がりやすくなるでしょう。
なので、スポーツするぶんには気を使っても問題はないと思います。


自宅に帰って約10分放置。


回っていたオイルもちょっとはオイルパンに落ちただろうと調べたら。Hギリギリでした。あららら。



某オーナーズサイトなら「多すぎます!」と袋叩きです。
でも、Lギリギリのレスポンスを知りたいのも事実。
なので、機会ができたらちょっと抜いてやろうかと思います。
Posted at 2016/02/14 16:33:02 | コメント(0) | トラックバック(0) | フェアレディZ(Z32) | 日記

プロフィール

立体駐車場を建ててZ32とNSXを保管しています。 出し入れが面倒なので数ヶ月おきに入れ替えています。 長距離のドライブを行うのが好きです。 高速を使...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2016/2 >>

 123456
789 1011 12 13
14151617 181920
212223 24 252627
2829     

リンク・クリップ

【ハイドラ!】 チェックポイント「公共建築100選」他 追加  
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/09/28 21:08:59
【ハイドラ!】 チェックポイント「日本三景」他 追加  
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/09/27 00:46:56
【ハイドラ!】チェックポイント「日本の道100選」追加 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/09/25 11:10:50

愛車一覧

日産 フェアレディZ 日産 フェアレディZ
Z32が好きで乗り継いでます。 一般の人にはあまり知られていないZ32最終モデルです。 ...
ホンダ NSX ホンダ NSX
最近の若い人に言ってもバイクと間違われたり知らないと言われる車。スーパーオートバックスで ...
トヨタ スープラ トヨタ スープラ
Zの次に選んだのがスープラ。Z32とは世界が何もかも違った。車内は静かだし、ボディ剛性と ...
日産 フェアレディZ 日産 フェアレディZ
社会人になって懸命に貯金して初のマイカーを新車で購入。 グレードはVersionR。 納 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2021 Carview Corporation All Rights Reserved.