• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2018年02月25日

実は、私はちょっとした野良の整備員ですがそれ以上ではありません。

免許無しですが整備の教育を受けて、実際に自分のクルマやチームで整備してました。
腕が有るほどではないです。せいぜい、トルクを手元で感じる位でしょうか。
力余ってネジを壊すことがない程度、と言い換えても良いです。

モノのカタチには意味があり、そこには設計者の考えが入ってるというのは持論ですが。

ね?一応、私がプロマネもどきをしてた時には「顧客からの要望」と「技術屋の能力」を巧くバランスしてたんです。
どれだけ顧客が要望してこようとも、コストのバランスや技術的に不可能であることをきちんと説明して理解させてきた訳です。

金をださせていたのも事実。

理解させるには、実績があればいい。具体的な成果を見せればいい。
「できる」と理解させればいい。
「金を出せばいい」事も、「いくら」なのかをきちんと市場価格をもとに説明すればいいのです。

私の性格が極めてこの仕事にはまりましてね。
たった4年ない時間でしたがホントに楽しかったです。詳しい内容は話せませんが。

そんななので私は製品に対して「どこまでコストをかけるか」という観点でモノをみることができますし、できあがった製品が「どういうコンセプトなのか」、リバースエンジニアリングできます(笑)

知識があればもう少し突っ込んで、設計者の顔が見えてきます。
見えないモノは「設計者(リーダー)」よりも周辺の声が大きいものです。
コストカットや、別の要望や、ねじ曲げられたコンセプトなどがあげられます。

コストがかかっていないものも、見れば判りますね。

ある製品に関してどこまで知っているのか?
それは使い倒してみないと判りませんし、見えてくるモノではありません。
ホンダが好きだったのはやはりその向こうに居る宗一郎氏の笑顔が見えていたからかも知れません。
凄い癖があるんですよ。乗って、触ってみれば理解できます。
逆に言えばそれって安心感でもあるんですね。「あ、ホンダだ」という。

そう言うのが、もう少し突っ込んで理解できると思ってください。
または具体的なんですね。たとえば平成一桁までのホンダ車の知識ですが、

・ブレーキが一回り小さい
・ミッションオイルがない(アレはエンジンオイルである、バイク屋なので)
・足が堅い
・音を遮るつもりがない

等々。まあ一例なのではしょってますが。
それを選択するための理由、根幹、考えに一貫したモノがあるモノが、そう言う何だろう、共通認識というか理解というか。
独が合理的で理解しやすい、頑固で顧客を見ない設計陣というのも似た観点でしょうか。

だので、「理由がある」という一点が、安心だと言うのです。
それが具体的で、実績であればなお間違いではないのです。
理解できなくても良い、理解するしかない現実を見れば、それが技術的な限界だったならば納得せざるを得ない。
覚える必要もなければ考える必要もない。そこに厳然たる現実がある。
そう言う性格なんです、私は。

最近純正部品に対して色々考えるようになって、純正部品の良さやバランスは良く理解できるようになったんですけど、それでもチューニング部品や純正改の良さというのも判るんです。
純正って、コストカットがどうしてもあるんで。ただホンダの純正部品の精度は極めて高い上、内製だったんですよ。
なので+アルファの加工がないものもあって、純正改が可能なものは純正改が良いこともあるんですね。

今は知りません。あくまで平成一桁までです。
ブログ一覧 | いつもの日記 | クルマ
Posted at 2018/02/25 12:01:15

イイね!0件



タグ

今、あなたにおすすめ

関連記事

大切に考えていること
Ryo_K-Sport fanaticさん

これは何でしょう??
su-giさん

難しいなぁ~…
クマおやじさん

あら意外
金田一耕助さん

コレが答えだ
金田一耕助さん

この記事へのコメント

コメントはありません。
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「「正義」なんてものはこの世に存在しない。あるのは、個々人の中。それを押しつけるのは残念ながら個人のわがままでしかない。」
何シテル?   06/23 20:42
憧れのCR-Xを手放し、そして今、初めて憧れたビートを手にすることが出来ました。 今でも最高はZCエンジンだと信じて疑いません。残念ながら乗っていたのはB16...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/6 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

リンク・クリップ

燃費記録 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/03/28 22:17:46
 
やっぱりDOHCだね! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/02/19 12:46:36
秋。 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/11/26 22:40:49

お友達

E07Aは反則です。マイクロスポーツ好きは皆友達です(*^_^*)
NAのステンの咆哮、ドロドロと言う鼓動、空気を切り裂く甲高い音、プロップ機のような空気を弾く羽音……クルマが生き物のように感じられるソレらエンジンを主体とするモノが好きなら同志です。
47 人のお友達がいます
Char=Wataru@VTECARChar=Wataru@VTECAR * 根崎根崎 *
まあちゃ55まあちゃ55 * シュピーゲルシュピーゲル *みんカラ公認
AlfistAlfist みんカラスタッフチームみんカラスタッフチームみんカラ公認

ファン

35 人のファンがいます

愛車一覧

ホンダ ビート REBEL (ホンダ ビート)
初の白、初のオープン、初の2シーター、そして初の憧れの車。初めて見て以来、ずーっと憧れて ...
アメリカその他 その他 アメリカその他 その他
助手席に括りつける予定。まずは輪行に慣れないとそれも意味はない。 とりあえず走り慣れして ...
ホンダ CR-X 黒猫 (ホンダ CR-X)
E-EG4(AT)からE-EG6(MT)を乗り継いでH20年5月、現在のE-EF8サイバ ...
ホンダ フィット RS (ホンダ フィット)
―ようこそ!失速のない世界へ― Rord Sailers 黒いクルマを乗り継いできて、 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.
閉じる