• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

侍にゅるのブログ一覧

2014年03月28日 イイね!

イタリアのタイヤ(リア)



↑↑↑
スカイラインクーペのフロントタイヤはピレリ・チントゥラートP7の225/45ー19に決まりました。


リアにも入れたかったのですが、245/40ー19サイズがないので、

P7よりもややコンフォート寄りと思われるチントゥラートP1にしました。

色んなレビューやインプレを見ましたが、今の自分には丁度良さそうなタイヤでした。

恐らく純正装着タイヤのRE050Aと比べるとドライグリップレベルは同等で、ウェットグリップ、ノイズ、コンフォート性能、転がり抵抗はP1が上、
ハンドリング、ダイレクト感はRE050Aが上、という感じになるんじゃないかと思います。


このインプレが一番マトモそうだったので載せます。by斎藤聡氏

↓↓↓


まず試乗したのは245/45 R18を装着したアウ ディ「S5」でのスラロームステージ。こちらは5 リブパターンで、スポーティなキャクラター。 走らせた印象は全体にマイルドな乗り味だった 。ケース剛性を高めにしてダンピングを強めに したカチッとした乗り味ではなく、全体にしな やかでマイルドな乗り味になっている。ハンド ルを切っても鋭くシャキッと動くのではなくス イーッとしなやかに曲がる感じ。それでもS5の パワーをしっかり受け止めるだけのキャパシテ ィを持っている。 ￿￿￿


乗り心地もソフトというほど柔らかくはない が、しなやかで尖った突き上げを上手く吸収し て角の取れた乗り心地を提供してくれる。

興味深く感じたのは、グリップの出方。一般 的には転がり抵抗を小さくしたタイヤはタイヤ が路面をとらえるグリップ感がどうしても薄く なりやすいのだが、チントゥラートP1はタイヤ のしなやかさを上手に使って路面を捉えている ような感触があり、タイヤが路面を捉えるロー ドホールディングがしっかりと感じられる点も よい。

クルマの性能をそのまま伝えるというよりは 、少しマイルドにするので、アウディS5でいえ ばそのスポーツ性を強調するというより、超ハ イパフォーマンスカーをマイルドテイストにし て乗ることができる、そんなタイヤになってい る。


実はもう1台、中国製ジェッタ(?)にも試乗 した。こちらは195/55 R15サイズを装着してい た。4リブの大人しいデザインで、走らせた印象 も高級なベーシックタイヤといった印象。マイ ルドな乗り味は共通で、ハンドルを切り出した ときの応答や、乗り味は穏やか。

低速では多少コツコツしたトレッド面の硬さ が感じられるが、60km/hを超えるくらいの速域 になると硬さが消え、しなやかな乗り心地が表 に出てくる。

アクセルを全閉 にして惰性で走ら せた時の転がり抵 抗感の小さい感触 は、明らかに低コ ロ(低転がり抵抗 )タイヤのそれで あり、具体的な数 値は判らないが、一般的なこの手のミドルレン ジのタイヤと比べると、燃費への貢献度はかな り期待できそうだ。

乗り味がマイルドな分、横方向への踏ん張り 感も少なめで、スポーティさよりもコンフォー トタイヤのキャラクターが強く出ている印象だ 。タイヤが滑らかに転がる感触やノイズの小さ さなどにより安っぽさがないのがよいところで 、ベーシックタイヤからのグレードアップとし てお勧めできるのではないかと思う。

5リブと4リブで若干キャラクターに差がある ように感じたが、いずれにしてもマイルドさは 共通している。尖ったクルマをマイルドに乗れ る5リブ、コンパクトカーで1グレード上の乗り 心地を提供してくれる4リブというキャラクター と持っているタイヤだろう。
Posted at 2014/03/28 15:02:41 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2014年03月25日 イイね!

イタリアのタイヤ(フロント)

スカイラインクーペの純正タイヤは、RE050A。

Aの意味はわからないのですが、RE050はフェラーリ、ポルシェ、アストンマーチン、メルセデス、BMW、アウディといったハイパフォーマンスカーに高性能が認められ、標準装着を承認されてました。

そのRE050の進化版がポテンザS001。

RE050よりドライ、ウェット性能共に上がってます。


普通ならRE050の次はS001にするのが王道なんでしょうが、

それでは少し面白くないのと、最近嫁さんや子供を乗せてドライブすることが多いので、しばらくはコンフォート性能を充実させようと考えました。(本当は高くてかえないから。)

ちなみに最近は古くてヒビだらけのRE050はかなりの騒音です。会話も厳しくなっていました。

そこでたまには欧州タイヤでも入れてみようかなと思い、




これを考えましたが、ミシュランも高い。

しょうがない、韓国産タイヤも良さげなのでネクセンあたりを入れてみようかなとも考えましたが、それもなんか華がないのでまたいろいろ見ていたところ、

見つけました。



ピレリのプレミアムコンフォートタイヤ、
チントゥラートP7 です。

エコタイヤかー、と最初思いましたが詳しく調べていくとなかなか凄いタイヤでした。

ドイツのオートビルドとかいう雑誌のタイヤ50銘柄テストによると、ピレリのチントゥラートP7は、ドライ、ウェット制動ともに、あのポテンザS001を超えてました。

エコタイヤなのにです。

S001は
ドライ制動36.5m、ウェット制動45.4m

これに対して
ピレリチントゥラートP7は
ドライ制動35.7m、ウェット制動45.3m

とどちらもポテンザS001を上回っています。

お値段は、S001はだいたい36000円程度が多く、最安値でも3万円以上。
チントゥラートp7は15960円で買えました。
(225/45ー19)

フロントはチントゥラートに決定しました。




以下はテスト結果について。

4位の英国ダンロップ以外、ブリヂストン、トーヨー、ヨコハマ、ファルケンもチントゥラートP7の後塵を拝しています(ヨコハマ、ファルケンは要注意タイヤにされています)。

激安で有名なATRスポーツはというと、
ドライ制動はまあまあの38.1mですがウェット制動は50.7mと結構伸びてます。

まあ雨の日はゆっくり走ればいいんでしょうが。

他にも危険なタイヤがいっぱいありました。

最下位のタイヤなんかはウェット制動が70mオーバーと話にならんです(笑)(笑)

テスト結果
↓↓↓

タイヤサイズ225/45R17
100km/hからのドライ制動とウエ ット制動

銘柄 →制動距離 (ドライ )→制動距 離(ウ ェット )→評 価
の順番です。

Nokian ZG2 35.2m 44.0m O K

Goodyear Eagle F1 Asymmetri c 2 35.4m 44.1m O K

Hankook Ventus S1 Evo 2 35.4m 44.4m O K

Dunlop Sport Maxx RT 36.3m 43.7m O K

Continental Sport Contact 5 36.8m 43.7m O K

★Pirelli Cinturato P7 35.1m 45.3m O K

Uniroyal Rain Sport 2 36.5m 44.6m O K

★Bridgestone Potenza S001 36.5m 45.4m O K

BF Goodrich g-Force Profiler 36.8m 46.0m O K

Fulda Sport Control 37.2m 45.6m O K

Nexen N8000 37.0m 46.1m O K

Barum Bravuris 2 37.2m 46.1m O K

★Toyo Proxes T1 Sport 36.9m 46.8m O K

Michelin Primacy 3 37.5m 46.3m O K

Kumbo Ecsta LE Sport KU 39 37.9m 46.9m O K

Marangoni Mythos 36.8m 48.9m 要 注 意

GT Radial Champiro HPX 38.1m 47.6m 要 注 意

Meteor HP Sport 37.2m 48.5m 要 注 意

Sava Intensa UHP 38.4m 47.4m 要 注 意

Firestone Firehawk SZ 90μ 37.1m 49.4m 要 注 意

Nankang Noble Sport NS-20 37.2m 49.5m 要 注 意

Semperit Speed-Life 38.4m 48.4m 要 注 意

Kleber Hydraxer 37.8m 49.0m 要 注 意

Matador MP46-Hectorra 2 38.0m 49.4m 要 注 意

★Falken Azenis FK453 38.1m 49.4m 要 注 意

★Yokohama Advan Sport 38.8m 49.4m 要 注 意

Vredestein Ultrac Cemto 37.7m 50.9m 要 注 意

Maxxis MA-Z1 40.2m 48.5m 要 注 意

Achilles ATR Sport 38.1m 50.7m 要 注 意

Roadstone Radial N 3000 38.2m 50.9m 要 注 意

Riken Maystorm 2 B 2 38.0m 51.5m 要 注 意

Cooper Zeon CS6 38.5m 51.8m 要 注 意

Avon ZV 5 39.6m 51.1m 要 注 意

Pneumant Tritec Sport 39.7m 51.1m 要 注 意

Kormoran Gamma B2 38.9m 52.3m 要 注 意

Syron Race1 37.8m 54.2m 要 注 意

Westlake SA05 39.8m 55.5m 危 険

Goodride SA-05 39.9m 55.4m 危 険

Marshal Matrac FX MU11 40.5m 56.0m 危 険

Runway Enduro-916+ 42.0m 56.0m 危 険

Kenda Kaiser KR 20 39.7m 58.6m 危 険

Linglong L688 39.1m 60.5m 危 険

Autogard SA802 40.8m 60.1m 危 険

Zeetex HP 102 New Revolutio n 39.1m 61.8m 危 険

Wanli S-1063 41.3m 61.0m 危 険

Infinity INF-05 39.6m 62.9m 危 険

BCT S800 39.9m 62.6m 危 険

Sunny SN3800 41.3m 63.1m 危 険

Rapid P609 41.0m 66.1m 危 険

Rockstone Radial F105 41.7m 71.7m 危 険
Posted at 2014/03/25 16:50:59 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2014年03月23日 イイね!

スバリスト必見

スバリスト必見
スバルXVが手際よくどんどん港に並べられていました。

これから海外に輸出されていくんでしょう。


川崎マリエンの展望台からの景色です。
入場料無料、駐車料金も1時間以内無料です。
1時間過ぎても安いです。

スバリスト必見のスポットですわ。

展望台の下(9F)にはリーズナブルなレストラン&喫茶もあります。

市営だから安いんでしょう。

海外に旅立って行くスバル車を眺めながら食事やお茶をするのも良いかもしれません。

沖に見えるのはアクアラインですわ。

Posted at 2014/03/23 21:32:18 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2014年03月19日 イイね!

テストコース

大田区某所はサスセッティングのテストに最適です。

交通量が少なく、様々なコーナーがあるので法定速度+α程度でコーナリングのテストができます。

路面は意外とフラットではなく、波打っていたり、コーナリング途中に継ぎ目で跳ねたりとけっこう過酷な道です。

ここは特に過酷なコーナーです。
このあたりから左にいってスルスルと加速していきます。




登りながら左に曲がっていきます。

たぶん50Rくらいかなと思います。



ずっと登りです。この先で大きめな継ぎ目があるので、コーナリング途中で軽くジャンプするので横っ飛びしながら着地します。




ガチガチのサスのクルマでオーバースピードだとかなり不安定になります。
フロントに荷重のかかりづらいポルシェとかはどうなるんでしょうか?
こんど911で試したいです。

柔らかすぎるサスのクルマで(代車のボロいカルディナ)も試しましたが、着地したあと、バウンドが収まらなく気持ち悪かったです。

ボディー補強前の32だとこのコーナーはあまり気持ちよくなかったです。
ボディー補強後は、シュタッ!!という感じで着地できました、ボディー補強でだいぶ変わるもんです。

スカイラインクーペに関しては元々高いボディー剛性とドイツ車的なサスのお陰でとても安定しています。


Posted at 2014/03/19 15:49:06 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2014年03月18日 イイね!

聖地巡礼 nismo400R

聖地巡礼  nismo400R当時筑波で3秒くらいだった記憶があります。
ストロークアップしたエンジンは2.8リットル、カーボンペラシャフトも付いていました。

ブレーキだけはノーマルと同じブレンボでした。

たしか1200万円でした。

ニスモHPより
↓↓↓
400R。それはR33 GT-Rをベースに開発されたコンプ

リートカーである。数あるチューニングカーと明確に一

線を画す点は、ただ速ければよい、ことを目的にした車

ではないこと。 R33 GT-Rが誇る「意のままに操る楽し

さ」。このコンセプトをあくまで明確に継承しているの

である。 開発とセットアップには徹底した煮詰めの作業

が行われ公道において十分満足できる安全性耐久性、信

頼性を獲得している。雨天時、悪条件での走行も含めあ

くまでこの1台はドライバーにとって友好的なのであ

る。 ただし、それはテクニックを有すればこその話だ。

ともあれ、限定99台。この400Rを手にすることはそれ

が多分に手に余るということも含めとても幸せなことで

ある。 400R。それはスカイラインGT-Rをベースにモー

タースポーツ専門会社であるNISMOがレース経験・ス

ポーツオプション開発経験をフルに注ぎ込んでGT-Rファ

ンに捧げる回答である。 GT-Rの前には常にレースが

あった。 レースに勝つために企画され、多くのレースで

勝利を成し遂げ、更に進化して街にもどってきた数少な

い名車である。 そのサラブレッドの血統にNISMOによ

る多くの調教をへて、今、世に問う時がきた。この調教

には、2,800ccの心臓、NISMOらしさをセットアップし

たサスペンション、ツインプレートクラッチ、カーボン

プロペラシャフトで固めたパワートレイン、強力なブ

レーキ、18インチ10Jのがっちりした蹄とも言えるホ

イール、暗闇を突き通す強烈なH.I.Dライティングシステ

ム等、数多くのアイテムとノウハウを投入。 「意のまま

に操る楽しさ」のコンセプトを充分体感できる、自信あ

る出来映えとした。加えて400Rには所有する誇り、駆る

喜びを感じられる数多くの味付けを施した。じっくりと

堪能して欲しい。 いたずらにハイパワーを誇るだけで

は、本来の車づくりではない。 道は直線路だけではない

からだ。ホテルの玄関ドアー前で、街路樹茂る街のなか

で、新緑こぼれるワインディングロードで、そして極限

の走りが試されるサーキットで。 そのすべての場所で、

あなたをフルに表現できる車、それがNISMO 400Rだ。


<ベース車両スペック>

ベース車名 スカイラインGT-R(BCNR33)

ベース車年式 -

ベースグレード -

ベース車型式 E-BCNR33

ボディカラー -

<エンジン・トランスミッション>

型式 RB-X GT2

排気量 2,771cc

最高出力 400/6800ps/rpm

最大トルク 47.8/4400kg-m/rpm

トランスミッション 6MT

<ベース車両専用装備>

エンジン ヘッドGSKT NISMOメタルタイプ、φ87、グラファイト1.2mm

ターボチャー ジャー N1仕様メタルタービン+強化アクチュエーター

ECCS系 400R専用コンピューター

触媒ー 低排圧・高性能品、出入口φ80

エキゾーストマフ ラー 400R専用チタン製、φ60デュアル

オイルクーラー/td> 空冷オイルクーラー

インタークーラー NISMO高性能オプション

ラジエーターー N1ラジエーター

オイルフィラー キャップ アルミ削り出し

ラジエーター キャップ NISMO

駆動系 クラッチ NISMO8.5インチプルタイプツインプレート

フライホイール 軽量クロモリフライホイール

プロペラシャフト 400R専用カーボン製

ブレーキ マスターシリン ダーストッパー NISMOオリジナル

ブレーキパッド NISMOオリジナル(タイプ2)

足回り ショックアブソー バー NISMOショックアブ固定式、BILSTEIN(ENP製)

スプリング NISMOオリジナル“Type D”、フロントK=7kg・f/mm、リ アK=8kg・f/mm、車高30mmダウン

エンジンマウント 強化マウント組込み)

ブッシュ、イン シュレーター 強化ブッシュ組込み

ホイール 18 X 10JJ、鍛造アルミホイール「NISMO LM/GT1」

タイヤ 275/35-18、ブリヂストンRE710kai

エクステリア エアロ NISMOオリジナルエアロ

FRバンパー

フロントグリル、Frリップ、サイドステップ

RRバンパー、RRスポイラー

ボンネット 400R専用GTカータイプ

オーバーフェン ダー 400R専用、片側25mm

タワーバー チタン製

ロッカーカバー 400R専用

オーナメント 400R専用

カラーリング 400Rストライプ

インテリア ヘッドライトシス テム HIDライティングシステム(※オプション)

メーターパネル 400R専用、320km/h・11000rpm表示

ステアリング スポーツステアリング(本革巻)φ365、エアバッグレス、 400Rロゴ入りホーンボタン

シフトノブ ソリッドシフト+チタンシフトノブ

シート NISMOネーム刺繍付

RRシート 400R専用、RRシート張り替え

内張り シート生地にあわせた内装色

Copyright 2014 © NISSAN MOTORSPORTS INTERNATIONAL CO.,LTD. All Rights Reserved.￿ ￿ ￿￿ ￿ ￿￿￿ ￿￿ ￿ ￿
Posted at 2014/03/18 16:17:58 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「@かずかずかず3 松田コーヒーはうまいですかあー?」
何シテル?   08/13 16:44
1996年からBNR32GT-Rに乗っています。 エンジンはAGYさんでお世話になっています。 たまに富士を走ります。 普段はV36スカイライン370...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2014/3 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

リンク・クリップ

RAYS TE37 SAGA 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/08/05 12:54:11
ランドクルーザープラド ガナドール VERTEX マフラー取付 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/07/25 09:04:37
BOSCH Aerotwin Multi (エアロツインマルチ) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/07/20 16:18:00

お友達

車好きの方、R乗りの方、お気軽にどうぞ。
35 人のお友達がいます
ktskts *みんカラ公認 TAKUMIモーターオイルTAKUMIモーターオイル *みんカラ公認
SUNOCOSUNOCO *みんカラ公認 美~豚美~豚 *
akadaneakadane HKS OFFICIALHKS OFFICIALみんカラ公認

ファン

35 人のファンがいます

愛車一覧

日産 スカイラインGT‐R 戦闘機 (日産 スカイラインGT‐R)
黒い鼻と純正形状カーボン羽根が目印です。 (新仕様エンジン)2013年6月〜 AGY ...
日産 スカイラインクーペ 怪鳥 (日産 スカイラインクーペ)
トータルバランスの高いいい車です。 Z34の4人乗りラグジュアリー版と言えます。 スカ ...
トヨタ ラクティス 実験車両 (トヨタ ラクティス)
実験車両および保育園送迎専用車。 妻がメインに使っています。 安全なGOAボディにサイド ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.