• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

侍にゅるのブログ一覧

2014年05月16日 イイね!

自動車税

自動車税昨日払いました。
GT-Rが56,100円、スカイラインクーペが66,500円。
合計12万円超
しばらくキンケツです(+_+)


Posted at 2014/05/16 10:44:27 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2014年05月14日 イイね!

ル・ボラン 完結編

5月11日、赤レンガ倉庫にて。

TVKの「クルマでいこう」のフジトモがいました。



ピストンもいました。



アストン。




ジャガー。






アヴェンタドール大人気でした。




ルノールーテシアも実物はすごくいいです。




ベントレー


黒いアウディ



GT-Rニスモも大人気でした。



KAZこと清水和夫氏もいました。赤レンガ倉庫の中の通路で目が合いましたが凄い眼光でした。



Posted at 2014/05/14 12:13:35 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2014年05月13日 イイね!

ル・ボラン カーズミート

マクラーレンP1

いやいや凄すぎるクルマです。











デザイン フランク・ステファンソン
乗車定員 2
エンジン マクラーレン M838TQ 3.8L V8 ツインターボ
モーター 電気モーター
最高出力 916PS(737PS+179PS)
最大トルク 900Nm(720Nm+260Nm)
変速機 7速デュアルクラッチ (SSG)
駆動方式 MR
全長 4,588mm 全幅 1,946mm 全高 1,188mm
ホイールベース 2,670mm
車両重量 1,395kg

マクラーレン・P1(ピーワン、 McLaren P1 ) は、マクラーレン・オートモーティブが製造販売を 予定している自動車である。 車名のP1は、 Position1の略でつまり1位を意味する。

2012年のパリサロンに出品後、2013年のジュネーヴ ショーで正式に詳細なスペックとともに発表され た。生産予定台数は375台、日本での販売価格は 9,661万5,000円(税込み)を予定 。

P1はMP4-12C同様ディヘドラルドア、カーボンコン ポジット製モノコックを採用。ボディデザインは野 生動物からインスピレーションを得たとしてい る [2] 。ブレーキはF1マシンでも提携している日本 の曙ブレーキ工業製で、ブレーキディスクは新開発 のカーボンセラミック製 [3] 。タイヤはピレリとの共 同開発。

サスペンションはRCC(レースアクティブ・シャ シー・コントロール)により、公道モードからレー スモードまで4段階に調節可能 [4] 。リアウイングも 公道モードの120mmから、レースモードでは 300mmまで上昇する [5] 。グラウンドエフェクトや ウィング効果により、最大600kgのダウンフォー スを発生し、コーナリング中の横Gは最大2Gに達す る [5] 。

エンジンもMP4-12Cと同じ3.8リッターV8ツイン ターボを搭載するが、最高出力は737PS/7,500rpm に高められた。さらにF1のKERSに似た IPAS(Instant Power Assist System、アイパス)と よばれるハイブリッドシステムが搭載され、179PS の電気モーターのアシストにより最高出力916PS、 最大トルク900Nmを発揮させる。モーターのみでも 10km以上(欧州複合モード)のEV走行が可能。 バッテリーの充電へはアクセルオフ時のエンジンか らか外部充電(2時間)によるものとし、回生ブ レーキは使用していない [2] 。

他にもリアウィングの抵抗を減らすドラッグリダク ションシステム (DRS) や、リア内輪にブレーキをか けて旋回能力を向上させる「ブレーキステア」と いったF1関連の技術を用いている [1] 。IPASとDRSは ステアリング上のボタンで操作する。

0-100km/h加速は3秒未満、0-200km/h加速は7秒未 満、0-300km/h加速は17秒未満、最高速は350km/h と発表されている [2] 。

MclarenはP1がニュルブルクリンク北コースでP1が 7分を切るタイムを出したと発表している。しかし 正確なタイムは2014年1月22日現在未発表である。
Posted at 2014/05/13 00:29:11 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2014年05月11日 イイね!

登坂力

CMでよくやってるやつの実物を見ちゃいましたわ。






近くで見ると凄さがよくわかりましたわ。
Posted at 2014/05/11 23:32:20 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2014年05月09日 イイね!

水野和敏、鈴木利男、入間市で講演

4月27日、埼玉の入間市で、去年日産を退職されたミスターGT-Rこと水野和敏氏、元レーシングドライバーでチーム水野のGT-R開発ドライバーだった鈴木利男氏の講演に行ってきました。



参加費はたった千円でした。

水野氏の話はクルマだけに留まらず、日本の伝統、匠の世界、文化論、企業の組織論にまでおよび、一般の人やビジネスマンなどが聞いてもためになる講演内容だと思いました。


鈴木利男氏からは、ニュルで290キロでパンクしたけどしばらく気付かなかった話などニュルならではの苦労話等、興味深い話をたくさん聞けました。



聞きに来ている人たちも35オーナーが多いようで、水野氏や鈴木氏への質問も大人で紳士的というか、優等生的で知的な感じを受けました。

32~34乗りのような、あの、クルマに対する狂ったような熱さ(笑)、はないように感じました。

最後に水野氏と鈴木氏で今後何かをやるようなことを宣言していました。
今後は何をやらかすんでしょう?

レクサスくらいの環境なら云々…と言っていたのでトヨタにでも行くのかな??




※撮影、録音禁止だったので画像は他からもってきたものです。
Posted at 2014/05/09 14:30:15 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「@picoo32 これは素晴らしい!」
何シテル?   01/04 21:57
1996年からBNR32GT-Rに乗っています。 エンジンはAGYさんでお世話になっています。 たまに富士を走ります。 普段はV36スカイライン370...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2014/5 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

リンク・クリップ

TPMS取説 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/12/09 12:57:38
カーボンオーバーフェンダー。 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/11/29 17:36:54
運転席の体験って参加者も観戦者も楽しめるでしょ! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/10/28 23:28:05

愛車一覧

日産 スカイラインGT‐R 戦闘機 (日産 スカイラインGT‐R)
黒い鼻とカーボン羽根が目印です。 (新仕様エンジン)2013年6月〜 AGYさんのダ ...
日産 スカイラインクーペ 怪鳥 (日産 スカイラインクーペ)
トータルバランスの高いいい車です。 Z34の4人乗りラグジュアリー版と言えます。 スカ ...
トヨタ ラクティス 実験車両 (トヨタ ラクティス)
実験車両および保育園送迎専用車。 妻がメインに使っています。 安全なGOAボディにサイド ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.