• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

-Kathie-のブログ一覧

2019年05月10日 イイね!

晴れて令和になりサンバーも路上復帰なり


ドタバタと書類不備をやらかして時間はかかれど、クルマにはなんら問題なく、
車検は一発合格にて晴れてサンバー路上復帰しました。

いい天気。久しぶりにサンサンルーフを全開にして走る。
商用車ではあれど、この開放感はこの大型サンルーフがあるからこそ。
ハイルーフのサンルーフは非常に開放感もあり、やはり気持ちがいい。
来年にはおそらくこのペースで行けばメーター一周になるから、
令和2年に平成2年車で距離が0km・・・?

2年式の新車だな!(大錯乱
Posted at 2019/05/11 13:31:14 | コメント(0) | トラックバック(0) | サンバー | クルマ
2019年05月09日 イイね!

令和最初の仕事はサンバーの復活にむけて。

連休中に新元号を向かえ、名実ともに令和時代がスタートしました。
平成で育った身としては、ある意味人生そのものと言っていい平成時代だった。
何も言うまい・・・

さて、世間は連休とはいえ、自営の身としては休みなど無い!・・・というより自由休みのため連休なんて関係ありません・・・むしろ交通網がグチャグチャになっただけというね(

そんななか連休中には赤ん会のプチオフということで越谷レイクタウンにて、
ジャンキ~なモノを食って後日胃痛に襲われたオッサンです。

ジャンクかれっじのまぜそばにんにく辛味マシ!
・・・20代の時にガッツリ食っておきたい味・・・
この年の胃袋には少々荷が重かったのか・・・

とかいいつつこういうフードコート来ちゃうと何でも食べたくなる性分。
クレープなぞ食ってしまったもんだからさぁ大変。
苦しくて帰宅途中死亡してましたわ。



で、連休明けて車検場も動き始め、いよいよ明日サンバーを新規登録へ持ち込む手はずになっている。
それまでに出来ることをこの期間中にやっておいた。

まずは、もう10年くらい放置していたこのリアゲートハンドルのガーニッシュの割れ。
今回は写真に分かりやすいように完全にもぎ取りました。左半分は液ゴムで貼り付けてただけだったのでプラプラだったのよね。


取り外しは内張りを剥がして4点ナットを抜いて、ハンドルのリンクをはずし、
引き抜く。
30年近くの汚れか・・・流石に中はホコリまみれだな。

バブリー時代の初期型と違い、中期以降のモデルはディアスですら、
内装も外装もかなりコストが下げられているのが分かる。
このガーニッシュも無塗装だし、フロントバンパーはエアロタイプではなくなっている。
内装もリアヒータが無くなり、二段階で全開できるリアウィンドウも省略されている・・・等々

当時は、色塗りとか考えられなかったので、この無塗装で白っちゃけているガーニッシュを使いたくなくて、この折れたガーニッシュを貼り付けていただけだったが。


白でもよかったけどワンポイントで赤にしました。

ついでに切れていたナンバー灯も、レンズも掃除して交換。

トライディアスとかのデカールがかなり劣化しているのが外装の悩みだが、
この際、全部剥がしてオールペンしちゃおかな?

ついでに、いつ取り付けられるかは分からないが、部品取りから集中ドアロックのアクチュエータを拝借。
というより、各部キーシリンダーが壊れているため、このクルマだけで3本もキーを持ってるんだよね。今回、メインキーと、この部品取りのリアゲートのキーが同じということで、キーシリンダーを移植したらアクチュエータも漏れなくついてきたというパターンなので、この部品取りをスクラップにする前に集中ドアロックも移植できたらたのしーかなーと。
出来るかどうかわからんけど・・・
Posted at 2019/05/09 07:52:05 | コメント(1) | トラックバック(0) | サンバー | 日記
2019年04月29日 イイね!

平成の終わりに、平成の始まりのクルマに息吹を与える。

ちょっと紆余曲折があって、手に入ったばかりのTVサンバーが手を離れることにほぼ決まってしまったので、ちょうどいい機会。

希望番号予約してきた・・・え?

はい、ずっとお目覚めかなわなかった我がKV4サンバーディアス君。

とうとう復活へのカウントダウンが始まった。


ゆっくり作業していたものの、予約番号をとったので、カネ無駄にしたくなきゃ車検復活しましょうねー理論。

分類番号までお手伝いしてくださった。4x4の38(サンバー)


点灯しなくて困っていたフロントのサイドウィンカーとポジションは、
カプラー内の腐食で通電していなかったので、カプラーを新設して対処。
あとはアッパーホースの付け根から軽く水が漏れているが、おそらくホースバンドの劣化か。交換して対処しよう。

これでほとんど車検場へ持っていって問題ないはずだ。
番号交付が5/10からなので、休み中にテストし、連休明けに仮ナンバー申請し、
簡易的な路上テストを行って車検場へ持ち込んで復活の算段。

軽自動車が660ccなど大規模改正があった平成も初頭の1990年式のKV4初期モデルの我がサンバー。
それを平成最後の2019年4月末に息吹を与え、そして新年号、新時代となる令和元年に晴れて飛び出す。これもまた時代の流れよ。

1年ちょっとのブランクを経て、ようやくサンバー乗りとして復活することができそうだ。

言ったでしょう?サンバー君。

君に安息の日が来ることは無いということを!

復活したら送迎に出荷に。

文字通り死ぬまで働いてもらうからねぇ~!HAHAHAHA!!
Posted at 2019/04/29 08:44:54 | コメント(0) | トラックバック(0) | サンバー | クルマ
2019年04月27日 イイね!

運転で色々思うこと。

精神的に干からびてて色々放置な半廃人です廃。

ニュースより

ブレーキに異常なし

そりゃそうだ。そう簡単にブレーキ壊れてたまるかよと。

高齢者を一緒くたにはしたくないけど、
やはり認知機能や反射神経など、どうしても低下してしまうのが老いだ。
慌ててブレーキを思いっきり踏んだ=実はアクセルだった。
これのなんと多いことか。
しかも大体この場合は当人は認めたくないのかなんなのか

ブレーキを踏んだら加速した。
ブレーキ踏んだのに止まらなかった。効かなかった。
クルマが勝手に急加速した。
ブレーキが壊れた。

と繰り返す。

アクセルとブレーキを間違えたと正直に供述する人の割合なんてたかが知れてるよ。

なぜかYoutubeのオススメにたまに出てくる事故動画でも、ぶつかった後エンジンがレブりまくってるのをよく見かける。パニックになってアクセルベタ踏みのままなんだろうと推測してしまう。

今回は上級階級だから何だとか追及されないとか色々憶測や議論が飛んでいるけど、
それ抜きにしても、こういうとホント語弊があるし、言いたくないけど、
これからの希望がある若い親子が死に、あと何年で消えてしまうだろう老い人が保護されながら生きる。
なんと神様の気まぐれで惨いことか。
被害者だけではない、
上級階級なら、その家族だってそれなりに知られているではあろう。
その本人によって、その自分の家族が末代まで怨恨の対象になってしまうかもしれない。

そして色々注意をうけていたのに、無視した結果がこれだ。

下手にプライドが高い老人を止めることのなんと難しいことか。
私も、実の父親の不始末で本当に分かった。
言って聞く人ならそもそも事故なんて起こさない。
ふざけんな!ダメだ!からの「ハイそうですか」なんてその手の人は絶対に言わん。
「うるせぇ!オレは大丈夫なんだよ!ガキが口出しするんじゃねぇ!」
となるのがオチだ。

ただもう起こってしまったこと。
もう何を言ってもどうすることも出来ない。取り返しがつかない。
このジイサンも、残り少ない人生だろうが、
相手への自分が出来る精一杯のことで贖罪をするしかないだろう。

若き親子の冥福をお祈りします・・・お母さん・・・私よりも若いのにな・・・

そしてもう一つ!
ネットでも自動車雑誌の一評論家も言ってるけど、

左足ブレーキ推奨とか何アホなこといってんだよ!?って思う。
もっと現実的な議論できないのかね?ホント。
クルマに携わってる人、特にカートレースとか経験してる人なら、
左足をブレーキとして使うことに何の疑問も持たない人なら簡単にいえるけど、
一般的な、日常的に普通にクルマを運転してる人、普通に教習所で習って免許を取ったレベルの人にいきなり

左足でブレーキ踏みましょうね

やらせてみい!!

そこらじゅうで事故起こすわ!!

そもそもMT車どないすんねん!
クルマが止まると同時にエンジンも止めろってことかね?クラッチ踏めねーしエンストやん。

まあ百歩・・・いや千歩譲って、これからのご時世MT車そのものが消滅する時代なら、左足=クラッチというのは古代遺産になるかもしれないというのを前提なら、教習所で最初からブレーキは左足で。そしてクルマの設計もクラッチペダルだった所がブレーキペダルで。みたいなモノになるのであれば、過渡期として今の時代を免許・ブレーキの混乱期だとして過ごしていこうという考えであれば・・・理解が





いやごめんやっぱ無理。理解不能です。

そもそも、一番現実的でないのが、
認知機能・身体機能の低下で踏み間違いが起こるといわれてるレベルの老人に、
免許とって何十年もアクセルとブレーキは右足で。と染み付いた身体に、
いきなり左足でブレーキ踏め言ったところで出来るわけないだろ。
むしろアタマとカラダがパニック起こして大事故起こすわ。
出来るわけないってのを何で分からんのかね。
やっぱりお偉いさん方や評論家の方ってすごいよ。
私のようなバカでは到底理解が出来ない高レベルの議論が出来るってのはね。
そういった高レベルの方々は、さぞや運転レベルも高いでしょうから、
そういった高等技術に何の疑問も抱かないし、それが出来ない低レベルな連中のことは考えてないってことなんでしょうから。

全く違う話だが、私も股関節をぶっ壊しているし、ついでに腰椎ヘルニアも持っているので、たまに足の感覚が低下したり、運転中にしびれや痛みがいきなり来ることもある。
そこで編み出したのがやはり左足ブレーキだった。
MT車ではもうどうしようもないけど、
アクティやハイゼットなど、セミキャブタイプで足元が左寄りになってる車ならベター。
左足でアクセルもブレーキも普通に踏めるようになった。
でもこれは、自分の身体と相談して時間をかけて習得したんだよね。
練習というか、身体に慣らすのにはものすっごい時間かかったし、
今でこそ両方使えるけど、とっさに切り替えたりなんて器用な真似は出来ん。
自分で言うのも何だけど、まだ若い?私がすごく苦労して時間をかけて習得した左足ブレーキ。
これを老人にやらせて

はい左足でブレーキ踏んで止まってくださいねー

出来ないだろうよ。

ただ踏むだけならよし。
一度もやったこと無い人は試しに皆さんやって御覧なさいな。
左足でブレーキを適切な踏力で踏んで止まることの難しさが分かると思う。
おっかなびっくりで止まれないか、超カックンブレーキになるかどっちかだと思うぞ。
いきなり右足と同等の踏力で踏めたらたいしたもんだ。

後はプリウスやハイブリッド車が叩かれてるようだが、
こういう人は何乗ってもやらかすだろうし、車種限定で叩くのはよろしくない。
だが、最近車検とかでプリウスとか乗る機会が増えたが、
確かにあの操作系統は独特すぎて、昔ながらに慣れてる人は勘違いしてしまうかもしれない。
ジョイスティックタイプのチェンジレバー。
アイドリングストップによって全く聞こえない車内。
後はジョイスティックなのでインジケータ見なけりゃ駆動ONになってるか分からない怖さ。
カムリとかアクアだと普通のチェンジだったんだけどね。
これからのトレンドなのかもしれないけど、
旧来からの人にはいささか混乱の元になっているというのはあながち否定できないのかなとも思った。
後は絶対的に売れてる台数だから余計に割合的に目立ってしまうというのもあるんだろうけどね。


久しぶりにブログ書いたせいかムダに長いしまとまらん。
4月・・・ひどい月だったなぁ・・・まもなく平成の終焉。
嫌なことはこの31年間に過去として放り投げて、新しい時代を生きねば・・・
Posted at 2019/04/27 08:43:01 | コメント(0) | トラックバック(0) | ニュース | ニュース
2019年03月30日 イイね!

34・・・

とうとう四捨五入して30代というのも最後になってしまったか。
来年はもう四十路が見え始めてくるというのか。
毎年、誕生日を迎えるたびに少しずつ憂鬱になっていっている。
この一年間は本当に辛かった。
そして一つ年をとって、また一つ・・・

やはり、同年代、同世代からして、完全に取り残されている。
全てにおいてひどく低水準な自分を見て焦っているんだと思う。
だから年を取るのが怖い。
今までだったら茶化すことが出来ていたけど、
いざ40歳というある程度の節目が見えてきたことで、
その恐怖というのがものすごく大きくなっているんだと思う。

もう若くないんだから。

若いから許されていたことも、もう許されなくなってきている。

私は一体何をやっているのか。

普通だったら、もう一国の主として、道を歩み始めていかなくてはならない世代。
苦労しながら、前に進んで行かなきゃいけない。

全てから逃げながら。気がつけばこんな年になっている。

あれだけつるんでいたやつらも。もういない。
みんなそれぞれの世界というものを作り上げて、大変ながらも頑張っているというのに。
私は一体・・・

出来損ないといわれながら育ち、そうじゃないと頑張ってきたつもりでも。
やっぱり何だかんだ出来損ないという言葉が今でも心に深く刺さっている。
そうじゃないなんていえる何かを持っていればよかったんだがね。
いい年して何も手にすることが出来ていない。

明後日からは新年度。いよいよ始まっていく。
いきなり舵取りを任せられ。ハッキリ言ってどうしていいかわからない。
不安しかない。

今になっていきなり怖くなってきてしまった。

さっきまで友人とバカ話できていたのにな。

一人になった瞬間ものすごく怖くなった。

Posted at 2019/03/31 00:31:58 | コメント(2) | トラックバック(0) | 日々徒然 | 日記

プロフィール

「[整備] #サンバー スライドドアアウターハンドル交換 TV系流用 https://minkara.carview.co.jp/userid/1059398/car/830606/5317816/note.aspx
何シテル?   05/16 19:44
安月給でお金も無いので整備を自分でやるようになったら気がついたら車いじりが趣味になってしまいました。 知識も何もないド初心者ですがよろしくです。 愛車のスー...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2019/5 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

リンク・クリップ

愛車一覧

トヨタ スープラ ナナお嬢 (トヨタ スープラ)
赤の2.5ツインターボリミテッドエアロトップで茨城東部を走ってます。サンバーと違って手を ...
スバル ヴィヴィオ 快速!ミニマム・4シーターオープン (スバル ヴィヴィオ)
ねんがんのT-Topをてにいれたぞ! 茨城で珍車の出物があったので、速攻見に行って、 速 ...
スバル サンバー -テンロク-スポーツワゴン・サンバー (スバル サンバー)
コンセプトは見た目どノーマル。中身暴走マシン。 オカンが知り合いから譲り受けたおんぼろサ ...
トヨタ ヴォクシー タウンエースなヴォクシー(貨物仕様 (トヨタ ヴォクシー)
部品取り兼物置として友人から譲り受けていたが、今回路上復帰させることになってせっせこ仕上 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.