• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

どんみみのブログ一覧

2018年10月05日 イイね!

教育勅語の何が悪いと言うのか(苦笑)

教育勅語の何が悪いと言うのか(苦笑)またまた国会議員の教育勅語にかかる発言が問題視されておりますが、何が悪いのか全くもって理解できません。

教育勅語=天皇神格化=戦争賛美=国民に戦争させる為の法

これが左巻きの方々の理論です。
彼らは、一度足りてと原文を読んだことは無いと思います。
仮にあったとしても、目が曇っていますので、たださえ日頃「台風が被害を受けて大変」なんて言う怪しげな日本語能力をベースにすれば、自分の都合の良い解釈で脳内変換するのが関の山です。

それが証拠に左系の方の現代語訳は、真面目を装っているものからクダケタラフなものまで、原文の何処にそんな言葉が存在するの?と思う程、無残な付け加えだらけで悪意の翻訳をしています。

元々、原文が難しい表現を使っていたり、曖昧で抽象的な部分が多いので、解釈が分かれるところが多いのは事実です。
しかし、いくら意訳と言っても原文にないことを付け加えて、別のものに仕立ててはいけません(これは賛成派、反対派問わず)。

また、書き出しの「朕惟フニ我カ皇祖皇宗國ヲ肇ムルコト」を捉えて、「明治天皇が神代の時代に天皇家が作ったこの国を思うに」と言っていると解釈し、天皇神格化と騒ぐのは、少しばかり知性が足りないように感じます。

日清戦争(1894(明治27)年7月25日に勃発)が、はじまる直前(教育勅語は原文文末の通り、1890(明治23)年10月30日)に出されたことから戦争への誘導指導書なんて難癖を付ける方もいますが、それこと時代認識能力の欠如を疑います(朝鮮の帰属を巡る外交問題、武力衝突の経緯を見れば明らか)。

「一旦緩急アレハ義勇公ニ奉シ以テ天壤無窮ノ皇運ヲ扶翼スヘシ」
これが一番問題視されているところだと思いますが、これを「万一戦争が起こったら義勇をふるい身を挺して天皇家を守れ」と訳すのは、あまりにも悪意に満ちていると思います。

これに続く、「是ノ如キハ獨リ朕カ忠良ノ臣民タルノミナラス又以テ爾祖先ノ遺風ヲ顯彰スルニ足ラン」
ここも解釈が分かれるところですが、飛鳥時代に遡り、朝鮮情勢と遷都の歴史を見つつ、元寇、そして、明治維新と言う大きな外圧受けた動乱の傷が残っている時代であれば、国民一丸となって国を守ると言う思想が必ずしも誤っているものだとは思いません。
これは現代においても同じで憲法九条があれば侵略されない呪いなんかでは済まない現実の問題として、尖閣、竹島、樺太、千島の問題が存在しています。

百歩譲って解釈が分かれるところを棚上げしても、比較的簡単な文書の「我カ臣民克ク忠ニ克ク孝ニ億兆心ヲ一ニシテ世世厥ノ美ヲ濟セルハ此レ我カ國體ノ精華ニシテ敎育ノ淵源亦實ニ此ニ存ス
爾臣民父母ニ孝ニ兄弟ニ友ニ夫婦相和シ朋友相信シ恭儉己ヲ持シ博愛衆ニ及ホシ學ヲ修メ業ヲ習ヒ以テ智能ヲ啓發シ德器ヲ成就シ進テ公益ヲ廣メ世務ヲ開キ常ニ國憲ヲ重シ國法ニ遵ヒ」
この部分に異論があることがとても信じられません。

おそらく、ここに異論がある方は、教育基本法の第二条

教育は、その目的を実現するため、学問の自由を尊重しつつ、次に掲げる目標を達成するよう行われるものとする。

1..幅広い知識と教養を身に付け、真理を求める態度を養い、豊かな情操と道徳心を培うとともに、健やかな身体を養うこと。

2.個人の価値を尊重して、その能力を伸ばし、創造性を培い、自主及び自律の精神を養うとともに、職業及び生活との関連を重視し、勤労を重んずる態度を養うこと。

3.正義と責任、男女の平等、自他の敬愛と協力を重んずるとともに、公共の精神に基づき、主体的に社会の形成に参画し、その発展に寄与する態度を養うこと。

4.生命を尊び、自然を大切にし、環境の保全に寄与する態度を養うこと。

5..伝統と文化を尊重し、それらをはぐくんできた我が国と郷土を愛するとともに、他国を尊重し、国際社会の平和と発展に寄与する態度を養うこと。

特に5なんかクソくらえではないでしょうか?(苦笑)

教育勅語を何もそのまま現代に復活させろとは誰も言っていないのではないかと思います。
その道徳に関する精神を受け継ぎましょうと言っていることが、なぜ、こんなに問題視されるのか到底理解できません。

反論のある方は、原文をきちんと読めない、歴史知識がない方だと思わざろう得ないです。

124126


Posted at 2018/10/06 01:37:54 | コメント(2) | トラックバック(0) | ニュース | ニュース
2018年09月22日 イイね!

突っ込みどころ満載

突っ込みどころ満載少し古い記事になりますが、9月19日にYahoo!ニュースで配信されたデイリー新調の記事が突っ込みどころ満載で、こんなレベルの記事でも書いて生業にできるんだ…と、ある意味、感心した次第です。

まず、シリーズによって舞台の設定場所が異なりますが、TBSドラマ「金曜日の妻たちへ」のロケ地は、多摩ニュータウンではありません。
あまりのミスに、これはウケ狙いなのか…思ってしまいました。

当時の流行等々にもなり社会現象の1つとして扱われたドラマですので、リアルにドラマを知らない世代であっても少し調べれば、東急・田園都市線沿線の新興住宅地に舞台が設定されていたこと、ロケ地も田園都市線沿線の駅周辺であったことは分かると思います。

斜に見ていましたから、まだ当時は開発途上であった多摩プラザやあざみ野の何処がハイソなの?タヌキが出るじゃん(笑)と思っていました。

次に豊平区の方々、申し訳ないです。
「昔から札幌では、豊平区といえば高級でイメージのいい住宅街でした。…」
おそらく昔から(ここで言う昔とは戦前から)札幌に住んでいる方々は、高級住宅地と言えば中央区の山鼻地区であり、少し外して円山地区を言うのではないかと思います。
両方とも交通の便が今一のところがあるので、札幌中心部への公共の乗物での通勤・通学を考えると別の見方があるのかもしれませんが、豊平川を渡った側は新興住宅地としてのイメージはあっても昔からの高級と言われると笑うしかありません。

少し話がそれますが、家康公の開府を江戸(東京)の始まりと見たとき、かなり割り引いて東京23区の山手線内以外で東京♪江戸の下町♪なんて自慢されると臍が茶を沸かしそうになります(笑)

さて、少し真面目に田園都市線や多摩ニュータウン付近の地形を見てみると、多摩丘陵なので地盤は固く、液状化の心配は少ない、地震の揺れも少ない…これは、一般論として間違いではないと思います。

現実、多摩センター近くには、メガバンクを始めとする金融系企業のデータセンターがあるのは既知の事実です。
メインセンターである他、本店や都心のデータセンターが被災した場合の二次センターである場合も多いです。
余談ですが、多摩ニュータウンと千葉ニュータウンにデータセンターを構えているメガバンクは被災云々の検討からそれぞれの場所にセンターを設けたのではなく、合併前の主要行のそれぞれのセンターを存続させただけと言う日本らしいお話しも有名です。

しかし、細かく見て行くと、丘と丘の間に谷になっている場所があります。
また、そう言った場所やそこに流れていた小川を埋め立てて宅地化している場所もあります。
例えば、あざみ野付近であれば、美しが丘(こう言うキラキラネームの地名が一番性質が悪い、その土地の成り立ち、歴史、特性を示すことの多い昔からの地名を消してしまう)に向かっての県道13号線は、この谷にあたる場所ですし、多摩ニュータウンであれば南大沢から堀之内へ向けても谷にあたる場所です。

固い地盤の丘陵になぜ谷が出来たのでしょうか?
そこは水が流れていますよね?
水が流れる場所は地盤が緩くないですか?

そう考えると、谷が出来た場所には、断層があり、地盤も緩く液状化し易いと言う答えが出て来るのではないでしょうか?


以下、記事全文です。

東京郊外の内陸部に、札幌で起きた液状化の危険性を孕む一帯が存在するという。TBSドラマ「金曜日の妻たちへ」のロケ地として光が当たった、多摩ニュータウンである。

北海道大地震によって札幌市清田区で引き起こされた液状化現象による被害は、惨憺たるものだった。
.
液状化をシンプルに言うと、地震の揺れで地盤の砂粒が水分と混じり、全体が液体状になる現象。水を含みやすい砂や火山灰などの地盤で起きる――。

清田区内の自宅周辺が陥没してしまった30代男性が、溜め息まじりに話す。

「家の前の通りは、毎年のようにコンクリートが歪む。もとは田んぼや沼だったところを埋め立てたから、地盤が緩いらしいんだよ。トラックが通ると地面が大きく揺れるし、冬場に除雪車が通れば、次の春には地面が凸凹になってる。市の土木課に直してもらっても、表面を塗り足すだけ。要は、化粧ばっかりでずっと誤魔化してきたんだよ」

この男性とは少し離れた地区で被害に遭った60代男性の話が、妙に気にかかる。

「昔から札幌では、豊平区といえば高級でイメージのいい住宅街でした。その豊平区から1997年に分区した清田区も、閑静で綺麗な街です。一帯は30年から40年ほど前に宅地開発されたのですが、当時は“里塚ニュータウン”なんて呼ばれていたんですよ」

ニュータウン!? あのニュータウンは大丈夫なのか。
.
“びゃく”

日本地質汚染審査機構理事長で、茨城大学名誉教授の楡井久氏に聞いた。

「実は、東京の郊外にある多摩ニュータウンでも、清田区のようなことが起こりうるのです。液状化というと、一般的には湾岸エリアが危険視されていますが、条件次第では、内陸部であっても、液状化と、次の段階の流動化だって起こりえます」

遡ること35年、流行語にもなった“金妻”のロケ地が泥に没するとは……。

「多摩ニュータウンは、丘陵地帯を切り崩し、埋め直して造成されました。地層は礫岩(れきがん)を多く含み、液状化に強いとされたのは事実。ですが、埋め戻しに使われたのは多摩ロームや立川ロームといった火山灰を含む土なのです。なので、上層に液状化に弱い人工地層を抱えている点は清田区と同じ。そこに今回のような地震と大雨が重なれば、同様の被害も考えられる。むしろ、その可能性は高いのではないかと思います」

この説に、「突拍子もない話ではない」と、東京都の関係者が囁く。

「明確な地点は不明ながら、関東大震災では、多摩ニュータウンに近い“多摩市内の大栗川沿い”や“多摩市落合”が液状化したとの記録があります。また、明治以前の話ですが、界隈の方言で、山崩れを“びゃく”、洪水を“びゃくが飛んだ”と言っていました。“びゃく”が含まれた地名を示す記録も残されています」

遠い昔の話ではあるが、捨て置けない。金曜日の妻たちが知らない史実である。

「週刊新潮」2018年9月20日号 掲載






124087
Posted at 2018/09/22 23:01:29 | コメント(1) | トラックバック(0) | ニュース | ニュース
2018年09月11日 イイね!

なぜブロックコントロールの設備を導入していなかったのか?

なぜブロックコントロールの設備を導入していなかったのか?平成30年北海道胆振東部地震で犠牲になられた御霊のご冥福と被害に遭われた方々に心からお見舞いを申し上げます。

今回の地震での直接の被害もさることながら、道内最大の火力発電所(苫東厚真火力発電所)が被災したことで、全道ブラックアウトが発生し、復電に時間を要した影響も大きかったと思います。
また、未だ給電能力は万全で無く、朝晩の冷え込みも増す中、電力需要の増加に十分対応できないことが懸念されています。

今回のブラックアウトで、泊原発が稼働していれば云々の議論は、給電能力から考えると稼働できる状態であった方が良いに決まっています。
また、泊原発は危険と妄信し原発反対云々を掲げる方々は、泊が安全評価に合格しなかったことを持ち出します。
しかし、これは設備の物理的な構造、状態、システムの構成がNGとされた訳ではなく、多くは書類不備や北電の組織の問題が指摘された為です。
勿論、安全に原発を運用する為には、運用する人が正しく機能する組織でなければならないので、このNGは重要な改善事項だと思います。

さて、泊云々は別にして、まず、不思議に思ったのは、ブロックコントロールの仕組みが取り入れられていなかったことです。

当日アップしている通り、地震発生時、起きていて、SignalNow Professional のホップアップで、ビックリし、情報収集の初動に入りました。

発生後、20分くらいで札幌が停電したとの情報が入り、続いて、帯広、函館と停電情報が入り、なんで函館まで?と思いました。
続いて、釧路や旭川、根室と情報が入り、全道なの?と信じられない感じでした。

通常、広い地域に給電している電力会社は、その地域を幾つかのブロックに区切って給電コントロールをし、1つのブロックで問題が発生しても、そのブロックを切り離す(ブロック内も細かく区切って切り離しているケースもある)ことで、他への影響を極小化するようにコントロールしています。

東日本大震災の時の首都圏では、このコントロールにより、隣の地区は給電されているのに、こちらは停電なんて言う状態が、発生直後、あったと思います。

当然、北海道と言う広い地域に給電しているので、そう言ったコントロールシステムが導入されていると思っていました。

電力の専門家の方々と会話する機会があったのですが、前述の泊の件、そして、このコントロールシステムの無さ、あと基幹系のケーブルの細さを指摘する声も聞きました。

インフラの感覚がどうも二世代くらい遅れているように感じてなりませんでした。

あと、いろいろな方と会話していて、北海道って広いんですよ!と改めて強調したいです。

1つの目安ですが、東京-岡山が約730kmくらいあります。
木古内と稚内、根室もそれぞれ約730kmくらいあります。
つまり、それだけの距離感がある場所なんです。
北海道って1つに括ってはいけないと思うんですよね(苦笑)

124053





Posted at 2018/09/11 21:00:36 | コメント(3) | トラックバック(0) | ニュース | ニュース
2018年09月06日 イイね!

平成30年北海道胆振東部地震

平成30年北海道胆振東部地震北海道胆振地方中東部を震源とする地震による被害を受けられた皆様に心からお見舞い申し上げます。

当方は、15:00の段階で、全ての関係先の無事を確認しています。

9月6日未明に発生した北海道胆振地方中東部を震源とする地震は、平成30年北海道胆振東部地震と命名されました。

気象庁が随時発表している最新の関連情報では、地震の規模(M6.7)、震源の深さ(約37km)は、暫定値のままですが、地震発生時、震度データが入電していなかった地点のデータが入電し、最大震度が7に修正されています(厚真町で観測)。

また、速報値として、東北東-西南西方向に圧力軸を持つ逆断層型の発震機構であったこと、関連が疑われていた石狩低地東縁断層帯とは別の断層の可能性が高いことが発表されています。

石狩低地東縁断層帯は、石狩平野の東の縁を苫小牧・鵡川を結ぶ海岸線付近から室蘭本線に沿う形で石狩平野を北上し、岩見沢方面へ抜ける全長120kmと推定される大断層帯です。

航空写真や衛星写真で見ると、平野部や河川と山や丘陵との境が直線的な白い筋のようになって見えていますが、これをリニアメントと呼び、侵食、堆積、断層の活動による痕跡として判別することが出来ます。

石狩平野付近にもこのリニアメントを確認することができ、その一部は、石狩低地東縁断層帯と呼ばれる断層帯と一致しています。

石狩低地東縁断層帯とは別の断層帯が石狩川と夕張川が合流する江別付近から石狩湾へ向かって、野幌丘陵断層帯、月寒断層、西札幌断層帯と列をなして続いています。

写真で見る石狩平野は、こうした断層帯による活動と河川の浸食によって出来た地形を読み取ることが出来ます。

当初、私も石狩低地東縁断層帯の活動をまずは思い浮かべましたが、発表されている震源の情報、活動域の情報をみると、どうも別の断層のように思えました。

また震源が少し深めな為、明確なリニアメントを活動域に認めることができず、断層の全容が見え難い感じがします。

ただ、この地震の活動状態、発震機構を考えると、石狩低地東縁断層帯を始め、南北に延びる断層帯が列をなしている、この地域の断層の幾つかが影響を受けている可能性は十分考えられ、暫くは余震活動とともに十分な警戒が必要と考えます。

ところで、全くの余談ですが、「平成30年北海道胆振東部地震」の名称、なんとなく定着しないように感じます。
胆振(いぶり)を読めない方も多いでしょうし(震源に近い、厚真町や鵡川町も読み難い)、マスゴミが北海道地震と使っているので…(苦笑)
北海道地震と一括りにされるのはどうかな…と思いますけどね








124035
Posted at 2018/09/07 00:58:47 | コメント(1) | トラックバック(0) | ニュース | 日記
2018年09月06日 イイね!

北海道で最大震度6強の地震が発生

北海道で最大震度6強の地震が発生03:08頃、胆振地方中東部(北緯42.7度、東経142.0度)、震源の深さ約40kmを震源とするM6.7の地震が発生しました(気象庁は、あとで補正情報を出す模様)。

この地震で、安平町で震度6強、新千歳空港で震度6弱、札幌市北区で震度5強ほか、広い範囲で震度5から4の揺れを観測しています。

深夜の為、情報が集まり難いですが、いまのところ札幌市中心部(中央区)では被害の情報は入っていませんが、広い範囲で停電が発生している模様です。
通信網は今のところ正常に機能しています。

丁度、午後からの打合せ用の資料の作成が終わり、メールで展開しようとしていたところに、SignalNow Professional のホップアップが警告音と共に立ち上がりました。
M7.0と表示されたので大慌てで、NHKをつけ、回線確認等の手配をしました。

夜が明けるにつれ、状況が明らかになると思いますが、大きな被害がないことを祈るばかりです。




124034
Posted at 2018/09/06 03:55:03 | コメント(1) | トラックバック(0) | ニュース | 日記

プロフィール

「ゆめ姉ちゃん大好き♪ http://cvw.jp/b/106065/42078417/
何シテル?   10/19 03:22
【コメントなしのトラックバックは、ご遠慮願います】 【宗教団体、日教組、左翼系政党、旧民進党支持、親中国政府派...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/10 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

ブログカテゴリー

リンク・クリップ

Volvo 
カテゴリ:メーカー/ディーラー
2015/06/22 00:26:36
 
日産プリンス神奈川 
カテゴリ:メーカー/ディーラー
2008/05/04 12:54:58
 
NINJA TOOLS 
カテゴリ:ツール
2007/09/16 01:05:36
 

お友達

美味しい物、素晴らしい景色、四季折々の話題…
色んな感動を通じてお付き合い願えれば幸いです。
娘達(ルル・ゆき・ゆめ、あや)と息子達(ロッピー・アッピー・ハッピー)もヨロシク♪

※一定期間やり取りの無い方は、解除させて頂くこともあります。
115 人のお友達がいます
naka(=^・^=)naka(=^・^=) * avot-kunavot-kun *
コハク主人コハク主人 * おじさんの車庫おじさんの車庫 *
滝雅也滝雅也 * 元峠師元峠師 *

ファン

86 人のファンがいます

愛車一覧

ボルボ S60 ナッピー (ボルボ S60)
12年間、兎にも角にも気に入っていたルノーラグナからの代替です。 いろいろ迷った末、一番 ...
ルノー ラグナ ラグちゃん (ルノー ラグナ)
買換えを検討中、性に合う車が見つからず時間だけが流れていたある日、冷かし半分で、フランス ...
三菱 ディアマンテ でぃあちゃん (三菱 ディアマンテ)
先代のディアマンテを3年で、約80,000km乗ったので、1993年9月に代替え 2台目 ...
三菱 ディアマンテ ディアマンテ (三菱 ディアマンテ)
初めて新車で購入したのがディアマンテでした。 4WS、アクティブECS等、当時のハイテク ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.