• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

柑のブログ一覧

2021年07月30日 イイね!

お坊さんたちがあれこれと言ってるらしい本 4

お坊さんたちがあれこれと言ってるらしい本 4昨日の続きです。

お時間のある方だけおつきあいください。


え~と、なんの話だっけ(^^;)

問題提起されてるお坊さんは、藤田一照老師(老師とお呼びして良いのかわからないのですが;)です。

「ステイホーム」についてです。

「コロナ状況によって、自分には心安らかにステイできる本当の意味でのマイホームがあるのかと問われている人が多いのではないでしょうか」

と仰るのです;

あなたはあなたの「ホーム」を作り出してきましたか?ちゃんと心安らぐ居場所がありますか?との問いかけです。

そう言われますとね、ウチなんか、猫たちがいてくれるから、なんとかなっているような気もします;

本当の話ですが、私がケサオに
「あなたは私がベッドで死んでいても、三日くらい気づかないんじゃない?」とイヤミを言うことがあるくらいでして;

猫には一生懸命だけれど、お互いのことに無関心、みたいな(^^;)

つまらない家にいるのは、ステイホームじゃなくて、ステイハウスですね;

「ハウス!」って言われてもねえ(^^;)

Bvjkkkkkkkkkkkkkkkk←ノンの仕業


つまらないハナシになりましたが;

元にもどりまして、不要不急とは何か?という問いに答えるのは簡単ではありません。
人それぞれに事情や都合があるからです。
でも、案外大切なことなようで、それが無ければ人生はかなりつまらないものになりそうです;

ただ、外出の自粛にしても、ステイホームにしても、主体的に行動しているかどうかが問題なんですね。

入学したけど、授業はオンラインで、大学に行かずに一年経っちゃった学生さんもお気の毒ですが;

不遇の時の身の処し方で、その人の人生が決まるはずです。


まあ結局はね、高名なお坊さん方ですら苦悩してるって言うんだから、私みたいなボンクラが、無いアタマであれこれ考えたって、たいしたアイデアも出ませんね;


最後に、横田管長の「聞いてくださるおかげで」というお話をココに紹介させていただいて終わります。
なるべく読んでくださいますように。


ではでは、私の夏休み読書感想文におつきあいくださり、ありがとうございました。

下書きもせず書きなぐりましたので、ひどい乱文、お詫びします<(_ _)>
Posted at 2021/07/31 00:29:50 | コメント(4) | トラックバック(0) | オイラの本棚 | 日記
2021年07月29日 イイね!

お坊さんたちがあれこれと言ってるらしい本 3

お坊さんたちがあれこれと言ってるらしい本 3昨日の続きです;

お時間のある方だけおつきあいください。


「不要不急」という本を書かれた10人のお坊さんのうちのひとり

北鎌倉、円覚寺の横田管長の

「『不要不急』が無くなってしまっては、人間は疲弊します」

ではどうしたら良いのかというところですけど

横田管長が気づかれたのは

「無分別に触れると心が穏やかになる」ということでした。それは

「無分別こそがお互いのふるさとなのだと思うから」


急に難しくなったように思われるかもしれませんが、無分別を、無心とか、無垢と言い換えるとわかりやすいかもしれません。

私たちは、あーだこうだと言いながら誕生していません。自然のチカラでもって生まれてきています。
その無垢な自然に触れた時、気持ちが穏やかになると仰るのです。

生まれたての赤ん坊、いきなり「おばさん、あんた誰?」と言ったらあまり可愛く無いような;
純真無垢ないのちだから、何か心惹かれるのではないでしょうか。

向こうの山の斜面に一本だけ桜が咲いていたら、それを憎む人はいないでしょう。

夜空を見上げ、きれいな月を見た時、何か安らぐような気がするものです。

しかし、その無分別なものに触れる機会を持つことは、「不要不急」;


それなら今こそ、文明の利器を利用して、見たいもの触れたいものを学んでおいて、ゴーサインがでたらすぐ出発できるように、カラダも心も整えて、時を待つのも悪くはないのではないかと思うのです。

まあね、もう私なんか婆の部類ですから、いつまで生きるかわかりませんけども;

行けなかったら、次に生まれた時に行けばいいかな、くらいに考えておこうかと思い始めました。
不要不急なんだから(^^;)))


さて次に、私が気になった問題提起とでもいうようなことを書かれている方があります。

藤田一照というお坊さんが仰っている
「ステイホーム」についてです。

また長くなりますので、以下、次号<(_ _)>
Posted at 2021/07/30 00:22:18 | コメント(3) | トラックバック(0) | オイラの本棚 | 日記
2021年07月28日 イイね!

お坊さんたちがあれこれと言ってるらしい本 2

お坊さんたちがあれこれと言ってるらしい本 2先日「不要不急」という本をご紹介しました。

が、紹介の仕方が中途半端、感想も中途半端でしたので、もう少し学んでいきたいと思います。美貌、じゃない備忘的なものでもありますので、お時間のある方に読んでいただきたいと思います。

まず、どういう本かということを、北鎌倉、円覚寺の横田南嶺管長が書いていらっしゃいますので、ご紹介しておきたいと思います。

ココです。


まずはじめに、緊急事態宣言が発令は、去年(2020年、3月13日)に成立した、新型コロナウィルス対策の特別措置法に基づく措置として

4月7日に、東京、神奈川、埼玉、千葉、大阪、兵庫、福岡に宣言が行われ、16日に全国に拡大されました。

その時から

「不要不急の外出の自粛、三密を避けましょう」との大号令のもと、私たちの生活は、以前のそれとはだいぶ違ったものになりました。

あたりまえのようにチケットを予約して行っていたコンサート、スポーツ観戦、演劇、ツアー旅行などなどが、無観客、あるいは中止、延期となり、歓送迎会、会食、結婚式や披露宴まで自粛せざるを得ない状況;

「ステイホーム」と、聞いたことも無い言葉を合言葉のようにして、用事以外では家から出ないように努めなくてはならなくなったのです。

このことは、去年からのことなのですが、あっという間に今年になってしまったという気がします。

さて、この本を書かれた10人のお坊さん方は、皆さん、何とかの名僧とか言われるエライお坊さんなのですが、この方々にも、コロナの影響は甚大なるものがあったそうなのです。

なにせ、自分がこれまで人生をかけてやってきたことが、「不要不急」とみなされたのです;

お寺での法話、坐禅会、大学での講義、講演などの予定は無くなり、お坊さんでも人間ですから、自分の存在意義について考え込んでしまうこともあったと察します。

しかし例えば、横田管長は、仕方がないから畑を耕して過ごされていたそうですが、ある時、自分にできることはないかと思い立ち、動画配信や、オンラインによって、新たな道を開かれたのです。

その配信ですが、龍雲寺の細川晋輔住職によれば、「そのまま書籍化できるほどの内容」なのです。
私は、コロナがあったからこそこの毎日の配信で学ぶ機会が与えられたと思ってしまいます。

そして、意図はひとつでも、それをなす方法はいくつもあるのだということも、学んだように思います。


そして

「不要不急が無くなってしまっては、人間は疲弊します」と仰っています。

「「不要不急」と言われようが、やはり人間は穏やかな気持ちになる時が必要です」と。

では、どうすればいいのでしょう?



長くなりますので、以下、次号です(^^;)
Posted at 2021/07/29 01:00:43 | コメント(2) | トラックバック(0) | オイラの本棚 | 日記
2021年07月21日 イイね!

お坊さんたちがあれこれと言ってるらしい本

お坊さんたちがあれこれと言ってるらしい本新潮新書 

『不要不急 苦境と向き合う仏教の智慧』
  それでも大切なものは何か。
  10人の僧侶が教える、混迷の時代を生き抜くヒント。

という本がでたので、取り寄せました。

まだ、円覚寺の横田管長のところしか読んでないんですけれど(^^ゞ

明日以降、読んでいきますよ(^^)


さて、不要不急って、ホントに不要不急なんですかね?

お坊さんたちの言葉から、何が出てくるか、楽しみです(^^♪
Posted at 2021/07/22 00:00:49 | コメント(4) | トラックバック(0) | オイラの本棚 | 日記
2021年06月17日 イイね!

ほんまもんでいきなはれ

ほんまもんでいきなはれ昔、逢坂山月心寺というお寺に、村瀬明道尼という尼さんがいました。

その方は、9歳の時に親元を離れて仏門に入りました。

厳しい師匠のもとで修行し大人になり
30代で25歳年上の老師様と恋に落ちました。

禁断の恋の苦しみを胸に抱えながらも、新たな道に進もうとしていた時、交通事故で、右上下肢の骨が砕ける大けがをしてしまいました。

愛しい老師様は、5年もの間会えぬまま、亡くなりました。

大けがの後、必死のリハビリでお寺に復帰。
右半身は不自由でしたが、心のこもった精進料理は有名になり、多くの人が村瀬明道尼の料理を「精進料理天下一」と評しました。

とくに、朝1時に起きて支度をはじめられるという、「ごま豆腐」は絶品と語り継がれています。

2013年、7月19日に逝去されました。

(修行時代、副住職、住職として勤められたお寺の名前は省略させていただいております)



この本を急に読みたくなりまして、取り寄せました。

村瀬明道尼ご本人がお書きになった本です。


長くなりますので、簡単にしますが


先日円覚寺の横田管長のブログを読んでいて、大昔のインタビュー(今は見ることはできません)で、「生きる」ということについて、村瀬明道尼が仰っていたことと同じようなところがあったので

エライお坊さんは(村瀬明道尼は尼さんですが)同じような事を仰るんだなあと、胸に刺さるようなものがあったのです。


そして、これはケサオにも言っていないことですが

私はまだ10代の頃、岐阜で村瀬明道尼と偶然お会いしたことがあるように思うのです。

足の悪い年配の尼僧さんが、お供の方2,3名とともにいらしたように記憶しています。
わりと大きな声でもって、よく笑っていらしたような。

40年も前のことですからね(^^;)、何とも言えませんけど;



アップしておいてナンですが、この本は、今元気で意欲に満ち溢れ、幸福感でいっぱいの方にはお薦めしません。

かといって、人生に悩む方にもお薦めしません。

じゃあ誰にって?

それは考え中(^^;)
Posted at 2021/06/18 00:38:44 | コメント(4) | トラックバック(0) | オイラの本棚 | 日記

プロフィール

「今日のお昼はお弁当。牛プルコギビビンパ丼です。」
何シテル?   09/28 12:57
猫のみーたん(本名ミー太 女のコ)、むーたん(本名ムー太 女のコ)、メイ(女のコ)、ノン(女のコ)、チャト(男のコ)ミドリガメのカメ太郎(性別不明)と、夫のケサ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2021/9 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

リンク・クリップ

クレオパトラが愛した猫 #猫 #アビシニアン #あや #坂上どうぶつ王国 #クレオパトラ #クレオパトラライン 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2021/03/20 11:07:06
七沢森林公園の桜 (2020.03.22) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2020/04/02 00:48:19
花が咲いている 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2020/03/22 12:04:26

愛車一覧

日産 マーチ 日産 マーチ
4台目のマーチです。 ニスモS 黒です。 ずっとMTに乗り続けています。 こうなったらい ...
日産 マーチ カメ太 (日産 マーチ)
どういうわけかマーチばかり(全てMT)乗りまして、三代目のマーチです。 12SRは、私の ...
その他 その他 その他 その他
画像の保存箱
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2021 Carview Corporation All Rights Reserved.