• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

shiro4のブログ一覧

2015年02月27日 イイね!

真似ッティーノ。

真似ッティーノ。後期991インテリアの画像がスクープ。
完成度の高い991のインテリア、もちろん大変更はありませんが、997以降のユーザーにとって大きな変化が。
スポーツ、スポーツプラスボタンの変更。
フェラーリではおなじみのマネッティーノ方式の採用!
ちなみに表題画像は918。すでに伏線はありました。(使い方知りませんが•••。)


スポーツボタン、スポーツプラスボタンの場所については、実際使っていても遠くに感じていて正直扱いずらい→押さなくなる、という傾向があったので、これは非常に喜ばしい改変だと思います。
ただ恐らくターボ化される後期991、ブースト圧を抑えた「ECO」モードもこのポルシェ版マネッティーノの1モードとして新たに設定されるのでしょうね、残念!
Posted at 2015/02/27 13:32:11 | コメント(4) | トラックバック(0) | ポルシェ | 日記
2015年02月25日 イイね!

これぞ私の理想型。

これぞ私の理想型。内燃機関の終焉近しを感じる今日この頃。オタクの如くニューモデル動向をフォローしていると、各メーカーがユーザーに悟られぬよう、さりげな~く新世代のクルマへ舵をきっているのが解る気がします。だからその流れに反発するかのように発表されたケイマンGT4がスポーツカーオタク?の間で大きな反響を呼ぶのも納得。

(反発していると感じさせる様、我々がAGにマインドコントロールされているだけかもしれないのですが•••。)
今の自分にはその流れに乗るのがなにか面白くないし、ときめかない、そもそも銭もない。もちろん愛車にも不満がない。
「じゃあなんだったらいいの?」って考えたわけです。そうしたらピッタリの動画が。

これぞ私の理想型。
現役ではマイフェイバリット、F1ですっかり少なくなってしまった「走り」で感動を与え、「走り」で存在感を示せるドライバー、キミ ライコネン
最高の内燃機関として記憶されるであろうV12エンジンとその咆哮
そしてサーキット超絶高回転で疾走するその御姿。

これが私の思い描くカーワールド、究極の姿。
結局こういう世界を頂点として位置づけ、あ~だこ~だとネット見ながら一喜一憂したり、語ったり、カタログ眺めたり、試乗したり、クルマ買ったりしてるのです。
果たして自動車業界大変革期を迎え、生きている間にこれを越える理想型は現れるのか?
現れないよな〜って思ってるから価値観も変わらない→現車に満足ってとこなんでしょう。



マークウェバーもこのクルマ振り回してくれないかな(^^)
Posted at 2015/02/25 21:38:33 | コメント(3) | トラックバック(0) | フェラーリ | 日記
2015年02月24日 イイね!

R8 脱皮寸前。

R8 脱皮寸前。第2世代 R8 の発表がいよいよ近づいてきました。
TT、Q7 で新たな Audi designの方向性が見えてきているわけですが、R8もそれに則った形。
「直線多用」「キープコンセプト」「ヘキサゴングリル」がキーワード?
大体こんなブログを書いた直後にofficial photo発表!ってことが多いのですが、細部を見てみることに。

R8の大きな特徴となっているライト下の大口ダクト。フロント、リア共に2枚の縦フィンが追加されて新型LEDライトと連続させてあります。ヘキサゴングリルとライトの位置関係も他車に準じたもの。


マフラー周り、リアディフューザーは前作よりかなり凝ってますが、うるさくはなく非常に上手くまとめてあると思います。ここからの眺めはかなりのキープコンセプト。


そして「穴」好きの私も注目のサイドビュー。これまた「上手い!」って思う処理、サイドブレードとの決別??は少々寂しいですが、MR車にありがちなドア後端からリアホイールまでの退屈さは感じません。

非常に手堅く、丁寧にまとめてきたな、という印象の新型R8。たぶん走りにも隙はなさそうです。ただ初代R8の「突き抜けたデザイン」「新たなカーデザインの創造」「近未来カー」といったインパクトには欠けますかね。新型NSXもそうですが、このデザインのまま10年イケルのか!といったところが成功の鍵となるのではないでしょうか。


このクルマをおよそ10年前に、そしてコンセプトモデルと違わぬ姿で市販した当時のAudi、まさに挑戦者でしたね〜。

Posted at 2015/02/24 15:05:09 | コメント(5) | トラックバック(0) | アウディ | 日記
2015年02月17日 イイね!

「穴」フェチ。

「穴」フェチ。911ターボに魅せられた人々、少なからず「穴フェチ」的側面を有しているのではないでしょうか(^^)

911のsimpleな造形に加えられてきた重要なスパイス「穴」と「羽根」、私は「穴」派です。
動力性能よりむしろこの「穴」からターボへの憧れが始まったと言っても過言ではありません。



997ではフィンが付き、991では樹脂パーツが目立つのが気になるもののボディとの一体感が進行。

時は流れF40以来のターボ化を進める近代フェラーリ。458後継の「穴」がどうなるか固唾をのんで見守っていたわけですが、まあ豪快にやってきましたね。

997ターボに通じるフィン採用にはニンマリ。
911と比較しデザイン的自由度が圧倒的に高いフェラーリならではの処理、ドアパネルまで巻き込んだ「穴」処理はもちろんインパクトあり。一方で458が持っていたエレガントさはなくなっちゃったかな。

こうみると「穴なし」でサイドビューを全く不安にさせていなかった458のデザインはいまもって秀逸。さあ488GTB、どう歴史に名を残していくのでしょうか。

そんな「穴」フェチの私の一押し「穴」はこれ。

大きければいいってものじゃない、継ぎ接ぎのないボディとの完全な一体化、萌えます(^^)
Posted at 2015/02/17 12:29:25 | コメント(8) | トラックバック(0) | クルマ一般 | 日記
2015年02月04日 イイね!

対照的な同日発表!

対照的な同日発表!488 GTB と Cayman GT4 奇しくも同日発表となりましたが、なにかと対照的で興味深いです。
かたや「時代の先端へのチャレンジ」モデル。かたや「時代の流れに抗う」モデル。
FとPの全く逆といっていいアプローチ、こういう芯のある主張が潜在したモデルには魅かれます!その意味でAMG GTにはその主張が感じられない→魅かれない?

また私にとってはっていう話になりますが、価格レンジについても。恐らくcayman GT4 ×2 = 488GTBという値付け? なんだかGT4、イケるんちゃうか??って思わせるところも対照的。当然パッと見、こんなことを考える輩はたくさんいるでしょうから恐らくSNSでの盛り上がりもGT4の圧勝でしょう。(ねっ、getnoirさん(^^))

まあPの強みはGT3(そして911そのもの)に時代の最先端を任せておけばいいところ。
こういうモデルがあるからこそGT4はプリミティブな魅力を温存することに特化したモデルになり得るわけです。Fはモデルレンジの少なさからこれがなかなかしづらい•••。
NA+MT というハリボテではない中味の詰まったレトロ主義でGT4を出してきたポルシェAGには拍手、もちろん488 GTBだってサイコ〜〜なんですが財力と全うな判断力があればこの進化は「当たり前」(^^)


R34GTR以来、久しぶりにMT運転したくなりました!
あっ、この色もBNR34イメージカラー、懐かしのベイサイドブルー??
Posted at 2015/02/04 16:36:44 | コメント(3) | トラックバック(0) | ポルシェ | 日記

プロフィール

「@ごろん♪ さん 遮音ガラス!そんなOPもあるんですね!快適装備に疎いものでして💦」
何シテル?   01/15 14:06
shiro4です。愛車トラブルからブログスタート、水冷4駆系911にどっぷりはまり、2台の911を堪能。順風満帆に思えるも訳あってポルシェ浪人生活突入。2年のイ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2015/2 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728

リンク・クリップ

サーキット用ホイールにTPMSコピー 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2020/12/13 07:55:59
初の菅生サーキット ボクスターMT【車載動画有】 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2020/06/15 17:25:09
SUGOコース攻略の検証 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2020/06/14 21:01:04

愛車一覧

ポルシェ 718 ケイマン ポルシェ 718 ケイマン
2020モデル。718CaymanGT4初期ロット。ポルシェ歴16年にして初GT、初RH ...
メルセデス・ベンツ Eクラス ステーションワゴン メルセデス・ベンツ Eクラス ステーションワゴン
2017モデル。ポルシェに舞い戻り、お次はベンツ。V8ビターボの圧倒的パワー、車重をもの ...
ポルシェ ケイマン ポルシェ ケイマン
2013モデル。色々な状況が絡みあい突如舞い戻ったポルシェワールド。自分の中では前車で完 ...
ポルシェ 911 (クーペ) ポルシェ 911 (クーペ)
2011モデル。偶然が重なり獲得に成功。991カレラ4デビューフェアの最中にあえて997 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2021 Carview Corporation All Rights Reserved.