• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

shiro4のブログ一覧

2016年06月24日 イイね!

shiro4(北海道)(2年振り2回目)

shiro4(北海道)(2年振り2回目)今年は余暇でターボSを駆り出す機会が減ってしまっていて、ターボ天国にいた時代が懐かしい今日この頃。
刺激を求めてうずうず、十勝スピードウェイ毎年恒例のポルシェサーキットデイズに行くことにしました〜〜〜パチパチ。
2年前の前回は相当気合が入ってたのか、当時のブログを見返すと自分の書いた文章にもかかわらず準備の参考になります。書いておくもんです(^^)
今年はあまり準備に頭が回らないので、これから他所様のコース走行動画をユーチューブで見るくらいかな。
というわけで久しぶりにサーキットを走ることを考えると

前回オイル交換から3000キロ、交換してから走るべきか、走ってから交換するか。
走行前、走行後に各々交換するのがベストなのはわかっているのですが・・・まあ・・ね。

前回はオールATモード。今回は少しはMTモードで走ってみたいな。PDKはアクセル踏みっぱなしでのシフトチェンジをストレスなく受け止めてくれるのですが、それでミッションに負担がかかるということはないのかな?

思い出作りに車載カメラをつけてみたい。マウントをどうするか?スポーツシートの背面がプラスチックなのでそこを土台にできるか?そもそも通販だと間に合わないか(汗

走行モードを普段はまず押さないスポーツプラス一本でイっテみようかなと。確かluceさんは押すもんじゃないと言ってましたが、非日常を堪能したいなと。

ミシュランニュータイヤのフィーリングは楽しみ!

PCCB、どうか減らないで〜〜。


やはり考えるだけでアドレナリンでますね!!
Posted at 2016/06/24 23:17:27 | コメント(8) | トラックバック(0) | 997ターボS | 日記
2016年06月19日 イイね!

ありえない・・・・・絶句。

ありえない・・・・・絶句。ネタバレ注意。







日本人であること、ポルシェオーナーであること。それらが絡まってこんなに複雑な気分になったのは、長いことレースを見ていて初めてかも。

完璧なレース運びでレースのほとんどを支配したのは間違いなくトヨタ。
レース終了20分前に観念したかのようにラストピットストップを行ったポルシェを尻目に、日本チーム「トヨタ」と最終ドライバー「中嶋一貴」は悠々と走行。これだけ盛り上がっているWEC ルマンの主役がマシン、ドライバー共に「日本」とはアンチトヨタの私としてもなんだか誇らしい(現金なやつ(汗)
「今回は参りました。」と思って見ていた残り5分。トヨタはストレートで4速スタック??時速300キロオーバーのところが200キロに満たない・・・・・。
「嘘だろ。」と思っていたらホントにトラブル。トヨタはノロノロ運転となり、トラブルは一気に拡大、1分強あったポルシェとの差は一瞬のうちに消滅、あっという間に抜き去ったポルシェがファイナルラップに入ってそのまま優勝!! 「アリエネ〜〜〜。」
24時間、384周のうち最後の2周、ここで全てが失われるとはレースとは残酷であります。


ホントに止まっちゃったよ〜〜、24時間まであと3分足らず。


この表情、忘れられません・・・。


日本人らしい感情表現・・・。素晴らしいレースコーディネートだったのですが。


久しぶりに見たNAKAJIMAヘルメット。ホントにいい仕事をしていたのですが・・・。

ただ巨人トヨタは「偉大なる敗者」として記憶されることでしょう。
歴史に残る大どんでん返し、生中継で体験できたのはラッキー。
ルマンは再び伝説へ・・・。 こりゃはまるわ。
Posted at 2016/06/19 22:58:36 | コメント(5) | トラックバック(0) | モータースポーツ | 日記
2016年06月12日 イイね!

試乗インプ、見るとこ変わればここまで違う。

試乗インプ、見るとこ変わればここまで違う。マカン冥想(迷走??)ここに極まり、というここ最近ですが、2回目のGTS試乗をさせてもらいました。
前回はベースグレードとの違いに「スゲ〜〜、なんでも付いててそりゃいいよな〜」的な試乗でしたが、今回は走りに集中。とはいってもアイドリングストップ時に、ハンドルが一瞬動かなくなるのにはなかなか慣れそうにありません。
 
エンジンの力強さ、ブレーキの安定性、コーナーリング、これら文句なし。直前までターボに乗っていてもさして違和感は感じません。この体でここまで走ってくれれば十分。シートもとてもイイですしね。
(ただGTSにもれなく付いてくるスポエギは、ボタンを押してもそんなに変わらない??)

とここまでは流石GTSというものなのですが、しっかり対峙すると見えてきちゃうことも。
一言でいうと走りに「深み」が足りない。走りに集中ということで、どうしても911と比較してしまうのはある意味反則なのですがGとかスピードには十分満足できても、なにか「軽くて人工的」クルマに「ポルシェバーチャルワールドへようこそ!」と囁かれているような気がするのです。極めて感覚的なのですが、これこそが911のイメージリーダーたる所以、その高額さを裏付ける事実なのか、と思わされるわけです。同じような視点で言うと、911と違って合皮部分、ルーフライニングがモロ乗用車的。(もちろんのあたりはOPでどうにかなるが普通ここまでやらんでしょ。)
そのような車種だし、そのように開発されているんだろうから文句を言うつもりはありませんが、金銭的な制約があるのであればGTSである必要は特段ないのかなと。あら〜、皆さんお見通し、また巡った。自分でも呆れてます。


こんなことを考えさせられた後にターボSに乗るわけですが、やはりこのクルマ、其処彼処に「リアルオブリアル」がちりばめられてます。スポーツボタンで変声するエンジンの咆哮は派手ではないですが「炸裂音、破裂音」の風情で頭に染み渡り、アクセルを踏めばポルシェのソリッド感、塊感、そして歴史までもが五感に突き刺さる。(できるなら)手放しちゃいかん!と強く思わされます。PCCBローター消耗との折り合いはありますがね(汗


911を傍らに置いておけるという前提なら割り切って素マカン。今日の結論はこれかな?あれっ、またGLCがちらついてきた(爆
Posted at 2016/06/12 22:10:45 | コメント(6) | トラックバック(0) | ポルシェ | 日記
2016年06月11日 イイね!

シンブル+直線+立体=最新ポルシェ顔

シンブル+直線+立体=最新ポルシェ顔発表間近の新型パナメーラ。ボディは引き締まり、内装はボタンだらけから解脱、かなり期待大という状況ですが、ちょっと心配な点も。
それは最新ポルシェフロント部「シンプル+直線+立体」デザイン。
ちなみにこの画像は数年前発表のスポーツツーリスモ。この流れを引きつつもだいぶ変わっちゃいそうです。

まずは新型パナメーラターボ? 立体化させパーツを細く繊細に。997ターボオマージュと思わせるところは好感持てますが、なにか力強さに欠ける感も。


続いて非ターボ系?(って中身はターボなんでしょうが。) これまたやや線が細いか。


オフィシャルリーク画像。ライトが縁取りのないタイプへ。


これらの特徴って718のデザインと共通してますよね。デザイナーが変わったかどうかは知りませんが、明らかにテイストが変わってきています。見慣れるのかな〜〜。

と心配しつつもオフィシャルで発表されると、前言撤回となるのがポルシェの常。
結局呆れてしまうのはその価格だけでしょう(またそれかい。)
Posted at 2016/06/11 22:01:56 | コメント(1) | トラックバック(0) | ポルシェ | 日記
2016年06月09日 イイね!

乗るべきクルマ。

乗るべきクルマ。マカンの事ばかり考えてたので頭がウニ状態、ちょっと落ち着こう。そもそもポルシェに狂う前はスカイライン(GTR)に狂っていたわけでして・・・。
35GTRが発表され、C4Sが壊れた時にゃー、もうGTRにグラグラくるものの、エンジン換装→ターボS乗替えでポルシェ万歳!のここ数年。

しかしモデル末期となってきたGTRに「最後のお色直し」なんてニュースを見かけると気にならないわけがありません。

そしてその発表会では私の愛したBNR34もちゃんとフューチャー。


水野さんは「新たなハイパフォーマンスカー基準」を意識して、あえて「伝統」には触れていなかったように思いますが、田村さんは世界に堂々と「伝統」を発信。旧スカイラインGTRオーナーとしては堪らないアプローチです。日本人らしい発音で喋る英語も確信犯的。
「ジャパンカルチャー+桁外れのハイパフォーマンス」という意味でやはり海外でウケている「BABYMETAL」と同じ論法とも言えますかね。


実車といえばゲームの世界から出てきたかのようなゴテゴテ感がさらに強調されましたが、GTRの特異性を象徴するイイデザインだと思います。


Cピラーの「カックン」がなくなってしまったのは残念ですが。


内装もリファイン。センターエアコン出口なんて古き良き「日本車」です(汗 
パドルシフトがステアリングに固定、所謂フェラーリ式からポルシェ式へ。興味深い変更。


モデル末期好きの私としてはGTR 2017モデル、非常に興味あり。BNR34 997ターボSと乗り継いだ者として、この車は乗らなくてはならぬ宿命にあるのかもしれません。
誰か試乗させて・・・(爆


そして海外に渡ったBNR34 がニュルでクラッシュ!なんて動画も人気に。所有していたものと同色なので、実は私の乗っていたクルマだったなんてオチも期待しちゃいます。はて今は何処に。
Posted at 2016/06/09 13:55:05 | コメント(2) | トラックバック(0) | GT-R | 日記

プロフィール

「@ごろん♪ さん 遮音ガラス!そんなOPもあるんですね!快適装備に疎いものでして💦」
何シテル?   01/15 14:06
shiro4です。愛車トラブルからブログスタート、水冷4駆系911にどっぷりはまり、2台の911を堪能。順風満帆に思えるも訳あってポルシェ浪人生活突入。2年のイ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2016/6 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

リンク・クリップ

サーキット用ホイールにTPMSコピー 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2020/12/13 07:55:59
初の菅生サーキット ボクスターMT【車載動画有】 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2020/06/15 17:25:09
SUGOコース攻略の検証 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2020/06/14 21:01:04

愛車一覧

ポルシェ 718 ケイマン ポルシェ 718 ケイマン
2020モデル。718CaymanGT4初期ロット。ポルシェ歴16年にして初GT、初RH ...
メルセデス・ベンツ Eクラス ステーションワゴン メルセデス・ベンツ Eクラス ステーションワゴン
2017モデル。ポルシェに舞い戻り、お次はベンツ。V8ビターボの圧倒的パワー、車重をもの ...
ポルシェ ケイマン ポルシェ ケイマン
2013モデル。色々な状況が絡みあい突如舞い戻ったポルシェワールド。自分の中では前車で完 ...
ポルシェ 911 (クーペ) ポルシェ 911 (クーペ)
2011モデル。偶然が重なり獲得に成功。991カレラ4デビューフェアの最中にあえて997 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2021 Carview Corporation All Rights Reserved.