• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

shiro4のブログ一覧

2017年04月23日 イイね!

慣れとは残酷でもあり。

慣れとは残酷でもあり。先日借りたGLCクーぺ220d。初めての最新ディーゼルエンジン搭載車をトータル数百キロに渡り乗ってみて、ガソリンエンジンのマイGLCと比較できたのは貴重な体験でした。
どんな車であれ、なにかと較べたくなる、やはり自分はクルマ好きなんだな〜〜。
そして本来全く存在感なし!と断言していたエンジンについて、あ〜だこ〜だ言いたい、欲求不満の現れか(汗

で、何が言いたいかと言うと、語り尽くされてるディーゼルとガソリンエンジンの違い。
ガソリンエンジンの低速トルク感はディーゼルより劣りますが、やはり回転フィールが断然良い。アクセルペダルに置いた右足に感じるザラザラ感をディーゼルではどうしても感じるのですが、ガソリンエンジンはきめ細やか!!「あらっ、こんなに気持ちよく回るんだ!」って感じ。(あくまでもディーゼルと比べて初めて感じたことですがね。)

比べるものが変われば、凡作も秀作に(大汗
まあ感覚なんて忘れるものだし、なければないで目の前にあるものの良さを感じればいい、なんてネガティブな思いが駆け巡る一方、あの3.8リッターFLAT6ツインターボの度、ど、ド迫力を既に忘れかけているのは寂しいことでもあります、、、。

Posted at 2017/04/23 09:14:00 | コメント(3) | トラックバック(0) | クルマ一般 | 日記
2017年04月18日 イイね!

馬主、ならぬ車主の時代へ?

馬主、ならぬ車主の時代へ?2021年施行予定のF1再度の大改革において、使用するエンジンは「シンプルで安価で音を重視したもの。」にする方向になったとか。
これはF1が電気化まっしぐらの先端技術追求路線からエンターテイメント重視路線へ舵をきる重大な決定と言えるでしょう。フォーミュラeやWECと比較し、なにか煮え切らない方向性であったF1ですが、この割り切りは歓迎すべきだと思います。

確かに馬術競技、クラシックカーレースなど、古き良き時代をどこか懐かしむ競技ってやつは、確固たる地位をもって生きながらえているわけで、F1も爆音驚速レースなんてジャンルに住処を見出すのかもしれませんね。


こういう流れは市販車にも起こりつつあるようで、「あればいいのに〜〜。」と常々言っていた「旧車の新車販売?」的動きが名だたる純正メーカーにおいても目立ってきています。


1971年製 ランボルギーニ ミウラのレストア。


1978年製 レンジローバーのリボーン。


1960年代製 ジャガーEタイプのリボーン。

もちろんポルシェは昔からレストア部門をしっかりおさえてます。


1973年製 ポルシェ 911T のレストア。

確かにどれも美しく魅力的。でもレストアってもちろんとんでもなく高い!趣味性が増せば高くつく、どんな趣味でもおんなじですが、車の場合はコストパフォーマンス、ピカイチで悪いですな(汗

で、自分ならなんのレストアを? なんて思いを馳せて見たのですが、高い金出すならやっぱこれでいいじゃん!って思っちゃうわけです。


ダメダコリャ。
Posted at 2017/04/18 22:01:11 | コメント(5) | トラックバック(0) | クルマ一般 | 日記
2017年04月15日 イイね!

INDY 500 ・ McLaren Honda Andretti・Alonso

INDY 500 ・ McLaren Honda Andretti・Alonso恐らく昔から、F1こそが最高峰の世界選手権であり、インディなんてアメリカの「かっぺレース」という偏見を、欧州各国そして昔ながらのF1ファンは持っていたのは間違いないでしょう。私も少なからずそんな偏見を持ってました(汗 そんな偏見が根底にあるからF1は中々アメリカに根付かず、F1とINDYの「ポジティブ」なコラボなんて今までありえなかった、、、。

そんな中突如発表されたマクラーレンホンダのINDY500参戦。これぞやり手アメリカ人、ザック ブラウンの手腕が光るナイスなコラボレーション。バーニー体制、ロン体制では絶対に許されることのなかったコラボでしょう。

・マクラーレンブランドの大市場アメリカでのアピール。
・もはやクソエンジンに怒り絶頂、アロンソのガス抜き。
・地の底まで堕ちたHONDAの失地回復のチャンス提供。
・その引け目一杯HONDAの足元を見まくった楽ちん参戦。


ザックブラウン、凄え〜〜〜。


セナがF1政治に嫌気がさして、インディカーをテストした時だって、彼お得意の思わせぶりアピール、参戦するわけないじゃん、と冷ややかな目で見てたものでした。


ただ昨今のF1人気の凋落は、WEC、INDY の再評価にも繋がっていて、この流れのなかでのマクラーレンINDY参戦は今後のモータースポーツ覇権を見据えた色々な思惑が絡まってそうで興味深いです。
ちなみに画像は名も知らぬ今年のLMP2マシン。マクラーレンとカラーリングそっくり!!

あとはアロンソが怪我をしないこと、これだけは切に願います。


あのピケだってこんなことになったのですから、、、。よく生きてたわ〜〜。


ピケはタンブレロからも生還していますし、ベルガーと共に強運レーサーでしたね!

そんなわけで、バーレーンGPではまた悲惨な展開のマクラーレンホンダですが、このINDY参戦をきっかけにした5月、6月反攻に期待しましょうかね。
Posted at 2017/04/15 10:15:32 | コメント(2) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「@ごろん♪ さん 遮音ガラス!そんなOPもあるんですね!快適装備に疎いものでして💦」
何シテル?   01/15 14:06
shiro4です。愛車トラブルからブログスタート、水冷4駆系911にどっぷりはまり、2台の911を堪能。順風満帆に思えるも訳あってポルシェ浪人生活突入。2年のイ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/4 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      

リンク・クリップ

サーキット用ホイールにTPMSコピー 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2020/12/13 07:55:59
初の菅生サーキット ボクスターMT【車載動画有】 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2020/06/15 17:25:09
SUGOコース攻略の検証 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2020/06/14 21:01:04

愛車一覧

ポルシェ 718 ケイマン ポルシェ 718 ケイマン
2020モデル。718CaymanGT4初期ロット。ポルシェ歴16年にして初GT、初RH ...
メルセデス・ベンツ Eクラス ステーションワゴン メルセデス・ベンツ Eクラス ステーションワゴン
2017モデル。ポルシェに舞い戻り、お次はベンツ。V8ビターボの圧倒的パワー、車重をもの ...
ポルシェ ケイマン ポルシェ ケイマン
2013モデル。色々な状況が絡みあい突如舞い戻ったポルシェワールド。自分の中では前車で完 ...
ポルシェ 911 (クーペ) ポルシェ 911 (クーペ)
2011モデル。偶然が重なり獲得に成功。991カレラ4デビューフェアの最中にあえて997 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2021 Carview Corporation All Rights Reserved.