• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ダブクラのブログ一覧

2016年10月13日 イイね!

永遠に美しく・・・。


2016年10月12日、嫁さんが普通自動車運転免許を取得しました。

これを機に、嫁さんのクルマを購入するため、
マツダロードスタークーペを、手放すこととしました
(実際に決意したのは、今年の初めのことですが)。

未だに、そのスタイリングに、惚れ惚れしっぱなしですが。



三次への転勤を契機に、憧れのロードスタークーペの購入を決意。
購入後、最初に参加した地元のmtgで
「なんでシルバーなの?(´ε` )チッピング塗装が色褪せるのにwww」
なんて、ロードスターの諸先輩方に言われたものですが、
ウチのお嬢は未だに色褪せることなく輝き続けるその美しいbody。
積雪・凍結路面での運転を経験し、人生初のFR車ということもあり、
私の拙く独り善がりな運転技能を正しく指南してくれた“先生”でした。

ロードスター25thの年に軽井沢や、大分にも出掛けました。
途中、嫁さんとの結婚を歴て、二人で蒜山をドライブしたり、
もういちど大分ミーティングに出掛けたり、思い出を積み重ねました。
ロードスターを介して、多くの方々との出会いもありました。

しかしながら、どうしても、我々夫婦のライフスタイルに適合しなくなってきました。
嫁さんがMT免許を取得したとはいえ、大事な嫁さん自身の気持ちを尊重し、
次のクルマは、迷うことなく、AT車です。

ロードスタークーペを手放すことに後悔はなく、実に心は清々しいものです。
人生のなかで一瞬でも、これほどまでに美しいクーペのオーナーになれたことを、
誇りに思います。

出会って以来、手塩に掛けて大事にしてきたロードスタークーペですが、
唯一不安なことは、現時点、嫁ぎ先が決まっていないこと。

この価値を理解していただける、これからも大切にしていただける
新たなオーナー様に見初められることを、心から望むばかりです。

ありがとう、ロードスタークーペ。すべての出逢いに感謝。
永遠(とわ)に美しく・・・。


※追記
ロードスタークーペは、無事、嫁いでいきました。


Posted at 2016/10/13 22:11:06 | コメント(3) | トラックバック(0) | RSクーペ | クルマ
2014年09月26日 イイね!

付き合い始めて、1年が過ぎても。

仕事終わりに、家にカメラを取りに行き、
広い公園の駐車場にクルマを止めて。







































( ´ー`)フゥー...飽きませんねぇ。

ロングノーズに見えることもあれば、
ショートデッキに見えることもある。

マッシブに見えることもあれば、
繊細に見えることもある。

曲面で描かれているのに、とてもエッヂが効いている。

紛れもなく、マツダのデザインではあるけれど、
眺める角度によっては、往年のポルシェやフェラーリ、
ジャガーやアストンマーチンに見える瞬間もある。

カロッツェリア・ベルトーネの美意識・ワザ・スピリットを
文字通り受け継ぐ、福田成徳氏の描いた、
クルマという機械の持つ美しさ、そして浪漫。

その生き字引の率いるデザインチームが描き、
そして、ハンドメイドに近い工程を経て組み立てられた、
かつて、誰もが憧れた“クルマ”を具現化した存在。

それが、マツダロードスタークーペ。
とても10年前のクルマとは思えない、ノスタルジア。
世代の古いパワートレインが醸し出す乗り味もまた、
その“雰囲気”を更に拍車が駆かるわけで。

そうか、これが、俺の愛車、なのか・・・。

付き合い始めて、一年を過ぎたところ。
早く、彼女に似合う男になりたいものです。

Posted at 2014/09/26 02:02:13 | コメント(2) | トラックバック(0) | RSクーペ | クルマ
2014年09月10日 イイね!

極私的・ロードスターからの脱却

↑大層なタイトルですが、ただの日記なので、
そんなに意味深いものではありませんよ(爆)。

今年の十五夜は、
雲の波間から顔を出した満月に、夕陽が照らされるという、
未だかつて見たことのない感動的なシーンに遭遇しましたが、
仕事帰りで撮影機材を一切持ち合わせていなかったので、
肉眼に焼き付けることにしました。

次の日。
この日も月明かりに誘われて。




月を眺めながら、シコシコとクルマいじり。

一人暮らしだと、少々遅い時間になっても“作業”できるのが、たのしいですね。
※常識的な時間で、周囲への配慮は忘れずに。


■Before


■After


決して近くに寄ってはいけない仕様ですが、ものすごい満足感です。

目指したのは「ロードスターからの脱却」。

トップシーリングやBピラーがグレイなのに、
Aピラー内装の黒縁は「取り残された」感があり、
いかにも“フロントスクリーン”の残り香がするので、
シルバー(パンチングレザー風)にしました。
ボディ色を内装に取り入れる発想は、
完全に、NDロードスターへのオマージュです(爆)。

まぁ、もともとロードスタークーペのAピラー内装は、
屋根空きロードスター(←日本語でOK)の
従来部品をテキトーに加工したような、
パーティングラインのチリ合わせがトンデモな代物なので、
細かいことは気にしないことにします。

サンバイザーも・・・と思ってトライしたのですが、
視界の中でも極端に近く目立つので、剥がしました。

対価を払ってプロにお願いすれば、もっと良い素材を使えば、
いくらでもクオリティはあげられると思いますが、

自ら手を加えると、愛着もひとしおでございます。
えぇ、これで、いいのです。


Posted at 2014/09/10 22:15:39 | コメント(1) | トラックバック(0) | RSクーペ | クルマ

プロフィール

「東広島を走行中、ユーノス500/ルーチェ/ユーノスプレッソ/フォードレーザー(BHセダン)が日常使いされている風景とすれ違い。どうも時代が止まっているらしい。」
何シテル?   12/09 23:41
●ウチのランティスは墓場まで乗って逝きます。 5ナンバーサイズにV6-2L。そして、機能的なクーペデザイン。 もう二度とこの世に生まれない、或る者には価値あ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/12 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

リンク・クリップ

ランティスMTG 補講 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/11/13 22:02:19
ランティスMTG 座談会メモ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/11/13 22:02:12
20年前の思い出 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/10/23 20:50:52

ファン

90 人のファンがいます

愛車一覧

マツダ ランティス マツダ ランティス
1993年8月20日 防府生まれ ↓ 1993年9月 広島で登録 ↓ 2004年5月 登 ...
マツダ ペルソナ マツダ ペルソナ
2016年、ついに出逢えました、マツダ ペルソナ。 とあるペルソナ情報通からのタレコミを ...
マツダ ペルソナ マツダ ペルソナ
「僕の趣味は、ペルソナです」by奥田瑛二 親父が乗っていた、思い出の一台。 私が幼稚園 ...
マツダ ロードスター マツダ ロードスター
ただただ、デザインに惚れました。 マツダ ロードスター クーペ (そこそこ)新しいのに ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.