• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

LKYの愛車 [フォルクスワーゲン アルテオン]

整備手帳

作業日:2022年1月7日

82-Head Up Display

他の整備手帳を見る 他の整備手帳を見る

目的 修理・故障・メンテナンス
作業 DIY
難易度

初級

作業時間 30分以内
1
Byte 0
交通標識認識をヘッドアップディスプレイにも表示させたくて確認してみたものの、Bit 0は『Traffice sign detection,available.』でした。
捜し物は『road sign recognition』だったので、どうもここではない様子?

※事後追記
どうもByte 0 Bit 0で合っているっぽいです。
MIBのリブートが必要なのを私がやらなかったと言うオチの可能性有り。
別途試してみます。
2
Byte 1
ここにも無く…
3
Byte 2
ここにも無い。
4
ダメ元でByte 0 Bit 0のビットを立ててみましたが、期待の動きはせず。
Adaptationも覗いてみたものの、それっぽいモノは無かった気がします。
DLAのようにうまく行くモノもあるのですが、どうもすんなりとは行きませんね。
もうちょい調べてみたいなと思います。
5
事後追記2
電源長押しでのMIBリセットを試行したものの、HUD表示は変わらずでした。
もうワンアクションが必要か、もうちょい必要な要素があるのか…。

コンフォートブリンカーの回数変更もうまく適用できていないんですよね。
調べてみると、定義のリセットみたいなオペレーションが必要なようなのですが、後期Arteonからは消えていてそれが行えないのだとか。
代替手段があると良いのですが。
6
事後追記3
念のためフォルトコードを確認したところ、出力がありました。
Byte 0 Bit 0を立てることでHUDへの表示を有効化させる手法は調べると多くヒットするので、3H7⇒3H8で変わってしまったか、何かしらの前提を満たせていないかがありそうです。
フォルトコード出力が確認できたので、一旦戻しています。

イイね!0件




関連整備ピックアップ

2日ぶりのソフトウェア更新

難易度:

アイドリングストップキャンセル(タブンできないやつ)

難易度:

ソフトウェア更新…多過ぎじゃない?

難易度:

ソフトウェア更新

難易度:

VCDS Release 22.3.0アップデート

難易度:

VCDS Beta 22.2.0アップデート

難易度:

関連リンク

この記事へのコメント

2022年1月7日 21:54
私の項目名のメモが不正確だったようで、ご迷惑をおかけしてすみませんでした。

instrument 系は設定後に工場出荷状態へのリセットをしないと反映されないとか、電源もOFF後しばらくしてから入れ直すと反映される、とかがあった気がします。
コメントへの返答
2022年1月7日 22:06
迷惑だなんてとんでもない!
おかげさまでサクッと試すことが出来ていますので、感謝しかありません!!!

6R POLOも初期の頃以外はFault codeチェックくらいしかしていなかったので最近のVCDS事情はさっぱりでしたが、見てみると仰るとおり最近はリブートが必要な項目があったりするようですね。
定義は戻していないので、明日にでもリブートを試してみたいと思います。

プロフィール

「[整備] #アルテオン アイドリングストップキャンセル(タブンできないやつ) https://minkara.carview.co.jp/userid/1070988/car/3199806/6873621/note.aspx
何シテル?   05/05 14:08
LKYです。よろしくお願いします。 現在の愛車は3H Arteon R-Line Advanceです。 BG5 LEGACY TS⇒6R POLO GT...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

愛車一覧

フォルクスワーゲン アルテオン フォルクスワーゲン アルテオン
6R POLO GTIがとても残念な不具合により、手を離れるコトになり急遽購入しました。 ...
フォルクスワーゲン ポロ フォルクスワーゲン ポロ
フォルクスワーゲン ポロ GTIが納車されました。 カラーはディープブラックパールエフ ...
スバル レガシィツーリングワゴン スバル レガシィツーリングワゴン
学生時代、サークルでもよくクルマを使うため中古で購入しました。 人は5人まで、しかもリア ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2022 Carview Corporation All Rights Reserved.