• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

やんぢのブログ一覧

2016年11月19日 イイね!

絶対 気のせい なのは分かっちゃいるけど

ちょっと前に、出先でジープレネゲードを見た話を書いたんですが、
レネゲードって、よく言えば希少車、悪く言えばマイナー車じゃないですか。

やっぱりマイナーなクルマって、見かけると「おっ!」ってなりますよね。


で、今日も見かけてしまったんですよ、レネゲード。



しかも、初期ロットだけで廃色になってしまったソリッドの青

いいなぁ。



ぶっちゃけマイナーなクルマを続けて見かけると、「呼ばれてる?」って思っちゃいますよね。

もちろん、“気のせい”に決まってるんですけどね(笑)
Posted at 2016/11/19 17:26:08 | コメント(2) | トラックバック(0) | アメリカ車 | 日記
2016年03月05日 イイね!

ジープ・レネゲード4駆 試乗しました

先日、レネゲードを試乗しに行ったジープ屋さんから、「4駆が来ましたので、どうぞ試乗にお越し下さい」との連絡を頂きました。
前回2駆のLONGITUDE(下位グレード)に試乗して、「こりゃ、大あり!」という評価でした。
その時の試乗記はこちら

なので、ぜひ4駆も乗ってみたいと思ってお願いしてあったのです。
早速行ってきました。

今日の試乗車はこちら。


前回の2駆との大きな違いは

マルチエアエンジンで、NAの2.4リッターで、ミッションは9AT。
(2駆はターボの1.4リッターで、6速デュアルクラッチ2ペダルMT)

パワーは2駆103kw(140ps)に対して4駆129kw (175ps)と差がありますが
トルクは230N・m(23.5kg・m)/とカタログ上は全く同じ。
(発生回転数は2駆1750、4駆3900と違いあり)


ちなみに外観が結構違って

左は今日お店にあった2駆の上位グレード、右が試乗した4駆。
4駆はアプローチアングルを取るためにバンパーを斜めに切り込んでますが、2駆ではデザイン上そういうことは考えられていません。

また、4駆のほうが車高(最低地上高)が3センチ高くとってあります。
タイヤハウスを見ると一目瞭然で高さの違いが分かります。


動き出してすぐに、2駆より若干ステアリングが軽いような気がしましたが、これはセールスさんに確認しませんでした。

そして、街乗り加速の走行フィールは特段2駆よりもアドバンテージがある様には感じませんでした。
実は、試乗の時点ではトルク値をチェックしていなかったのですが、帰宅後カタログを見て、ターボの方が小排気量でも低速域でトルクフルなのを初めて知って、4駆の加速に感動しなかったのは当然だったのねと納得した次第。

9ATは街乗りでは全部使いきれないのは当然として、30km/h以下くらいの速度域では、若干の「不要なショック」を感じました。
“動いている渋滞”みたいな感じのところではシフトチェンジが上手くいかないイメージ

踏めるところで踏んでみると、不要なショックを感じることも無く、気持ちよく加速しながらシフトアップしていきます。
ただ、多段トルコンATとしてはキッチリと「変速しましたよ」というシフトショックがあるほうで、ショックをほとんど感じさせないBMWの8ATや先日試乗したメルセデスの9ATよりも劣ります。
とはいうものの、もちろん不快なシフトショックではなく、個人的にはCVTが苦手なこともあってジープコンパスよりも好印象です。





4駆はオートモードだと普段は前9:後1くらいの動力配分だそうで、今日は晴れたドライコンディションですから、なにも感じません。
切り替えが、オートモードのほかにSNOW(雪)モードがあるのは珍しくも無いとして、SAND(砂)とMUD(泥濘・ぬかるみ)モードがあるのが、ジープっぽくて単純にカッコイイです。(使いこなすシーンがあるかどうかは別として・苦笑)
他に強制的に4駆にするロックモードがあります。


2駆で感じた、深いところまでペダルを踏んでから効くというブレーキ特性は似たようなものでした。
これ、一部で評判が悪いようですが、私は個人的にはこのブレーキ特性にはダメ出しをしようとは感じません




2駆の試乗記と比べると圧倒的に文章が少ないですが
だいたいの傾向として、気に入ったクルマ、褒めたいクルマは試乗記が長くなります。
そうでもないクルマはそれなりです。(苦笑)

ということで結論。

総合的には1.4ターボ+乾式クラッチ2ペダルのほうが“運転が楽しいクルマ”だと感じました。

「運転が楽しいクルマ」を目指している2駆、「快適なクルマ」を目指している4駆
という違いがあると言ってもいいのではないかと感じました。

イタリアの血を強く感じさせ、その上フィアット500Xより楽しい(と私は感じた)ジープレネゲード。

次期車として、サイズ的な小ささが若干微妙ではあるのですが、
やはり運転の楽しいクルマとしては「大あり!」だという結論です。

特に2駆がお勧めですね♪






おまけコーナー

今日お店にあった2駆の試乗車。


上位グレードなので、4駆と同じサイズの17インチタイヤになります。



ミシュランのプライマシー3(ドイツ製)を履いていました。
クルマの本質とは関係なく、ミシュランを見ると萌えてしまう自分がいます。



写真も余分に撮っちゃうし♪



もうひとつ、タイヤ萌えの話題。


今冬は暖冬で、どこでもスタッドレスが売れずに悲鳴を上げていると思います。



もう春が来てしまって、叩き売り!
もしレネゲードオーナーだったら、純正扱いでこの値段。
2015年後半製造のタイヤです。

まぁ、日本車よりは高いですが、私は今シーズン社外ホイール+ブリザックで約25万円出してほとんど雪踏みもできずでしたから、「これなら安くてイイなぁ」と思いました。
Posted at 2016/03/05 18:22:27 | コメント(3) | トラックバック(0) | アメリカ車 | 日記
2016年01月23日 イイね!

乗ってみないと分からない は真実だと思う

乗ってみないと分からない は真実だと思う今日は“放し飼い”の週末♪

午前中はみん友のm.gotoさんと軽くお茶。
クルマの話もしましたが、m.gotoさんの業界裏話がかなり面白い。
もうこれ以上かけない。(って何にも書いてないけど)



とりあえずクルマの話は
「新車で買おうと思うと、日本車だけじゃなく輸入車でも欲しいクルマが見つからない」
的なところに落ち着きました。

代車の206SWも運転させていただいて、プチオフは終了。
206は初めてだったんですけど、シートもイイ感じだし(たぶん新車の時より今の方がいいんじゃない?)、素直で運転しやすいクルマだと思いました。

※代車を第三者が運転することについては、私の任意保険に「他車運転特約」が付いていますので、コンプライアンス的に良しとします。


午後は何しよっかな~(笑)
いろいろ調べたところ、北へ上がってもまだあまり雪が降っていないようなので、
クルマを見に行くことに。

以前は、「買いもしないのに試乗に行くということはしない」という方針でしたが、
最近、その方針は転換しました(笑)

やはり、クルマは乗らないと分からない
今後の代替も睨んで、色々と経験しておきたいということです。



そこで今日行ったのは、ジープ屋さん。


代替を睨んで、ということだと一番メインになるのは、コンパスです。
(上写真の右)

展示車に座ったり、説明を受けたり。


で、次はレネゲード。
実はレネゲードは展示車が無く試乗車だけなので、まずは試乗車でいろいろと説明。


そのあと、試乗と相成りました。
乗ったモデルは、2駆のOPENING EDITIONじゃなくてLONGITUDEだと思います。

えっとね、やっぱりクルマは乗らなきゃわかんない。
これは乗ってよかった。

先週レクサスに乗って、あんまり盛り上がらなかったのとは大違い。


2駆(FF)は1.4リッター直4ターボ+6DCT
フィアット500Xと兄弟車とはいうものの、アメ車になってどうかなというのはありました。
(フィアット500Xは未試乗)

エンジンは、気持ちよく回るし、アメ車をイメージするとノイジーかもしれないけど、音質に不満も無し。
というより、気持ちの良い音。
踏める直線で踏んでみると、ターボっぽくないけどトルクフルで体感的な加速も気持ちがイイ。

DCTはしっかりとシフトアップをドライバーに伝えてくれるけど、不要なショックは一切なし。

踏んだ後、目の前の赤信号に向けてシフトダウンすると、これまた不要なショックは無く、しかもブオーンと回転が上がった時の音がこれまた小気味よい。
エンジンにはアルファロメオの血が入っているからなのか?

アメ車だと思って、そしてアメ車の味を期待するとちょっと違うのかもしれないけど
「こりゃ大あり!」
だと思いました。

ブレーキはちょっと微妙。
微妙という言葉は今ではネガティブなニュアンスがありますが、必ずしもそうではないです。
踏んだ瞬間、効きを感じなくて、少しのストロークを経てペダルの踏みしろの底の方で効きを感じるタイプ。
ところが、効きを感じ始めるととてもコントロールしやすい。
後半はハイドロニューマチックのブレーキのような「ストロークではなく踏力でコントロールする」タイプなんです。

日本車でこの手のセッティングのブレーキだと、残りの踏みしろがないものだから「最後はギュッと効くだけ」でコントロールしにくかったりすることがあるんです。

このことをセールスさんに指摘したら
「(試乗車は2駆だけど)オンロードと同時に、本当のオフでも使えるセッティングなんです」
と。
要するに、「踏んですぐ効いてしまうと泥沼のようなところを走るときに具合が悪い。
そんな局面でもコントロールしやすいブレーキの味付け」になっているというんですね。
2駆までそうする必要があるのかは謎ですが、その説明には素直に「なるほどね」と思いました。


例のレクサスを試乗した時に、「ワクワクしない」「思わずニヤニヤしない」と書きましたが、レネゲードは全く逆。

スゴイクルマってわけでもないかもしれないんですけど、「なんだか楽しい」って感覚にしてくれます。
ここをちゃんと言葉にできないので私は評論家にはなれないと思いますが、
とにかく楽しい、そして、「やっぱりクルマは乗ってみなくちゃ分からない」と痛感しました。

内外装の話とかは特に書きませんが、内外装にも遊び心があって面白いですよ。
顔に否定的な人もいるようですが、私はこれがマイカーになっても全然オッケーです。

残念なのは、2016年モデルになって色展開が変わってしまったこと。
最初のロットだけにあった緑系(明るいカーキ色って感じ)やクレヨンみたいな「青!!」って感じのソリッドの青がなくなってしまったんです。
今後紺色系が入ってくるそうですが、緑系がなくなってしまったのは何とも残念です。


廃色になった2色のツーショット写真がネット上にあったというのも、面白いことです。
でも、この2色を廃色にするセンスって、どうなんでしょ?


これは、NA2.4リッター+9ATの4駆バージョンにも是非乗ってみたいです。
セールスさんは、近々4駆の試乗車も登場しそうだと言ってましたので、また乗りに行くと思います。



そして次に乗ったのが


コンパス。
これも2駆(FF)で、NA2リッター+CVT。

こっちは、普通のクルマでした。
ゴメンナサイ。

静かだし、滑らかだし、レネゲードより広いし、
普通のファミリーカーとして、今日の2台からチョイスするなら過半数の人はコンパスを選ぶと思います。

でも、レネゲード比ワクワクしないし、レネゲード比ニヤニヤしない。
(レクサスNX比ならワクワクするし、ニヤニヤします・笑)

同じ試乗コースでレネゲードと同じように踏み込んで、同じようにシフトダウンしてみたのですが、やっぱり大して楽しくない。
踏み込んだ時、音はこっちのほうが静かだし、加速の絶対値もこっちの方が勝ってるかもしれないのに、です。

逆にいえば、「そういうことをするクルマじゃない」のでしょう。
CVTでシフトダウンしても何も面白味なんか感じないのは当然ですが
レネゲードの方は乾式クラッチのダイレクトなエンブレがあるだけに、差が際立ちます。

コンパスの方も去年まであったトゥルーブルーという綺麗な紺メタがなくなってしまいました。
残念な話です。


でも、毎日乗るなら、楽しいクルマの方がいいなぁ…と思ったのでした。



クルマのカタログは本カタログ+オプションカタログの2冊体制が多いと思いますが、ジープのカタログは3冊で1セットなのも珍しいと思いました。
(これとは別に価格表があります)

レネゲードの紙カタログは、詳しく紹介はしませんがかなりコストがかかっていますね。




レネゲードのストラップチェーン付きプルバックカーも頂きました。



繰り返しになりますが、

やっぱり試乗をする意味ってありますね。

今日は行ってよかったです♪












自分の備忘録として追記

車格は         レネゲード < コンパス

なのにもかかわらず

シートのサイズは   レネゲード > コンパス

です。
私は大柄なので、圧倒的にレネゲードのシートの方が好ましいです。
ひょっとして、クッションもレネゲードの方がいいかも。
Posted at 2016/01/23 19:40:22 | コメント(6) | トラックバック(0) | アメリカ車 | 日記

プロフィール

「[パーツ] #X1 俺のホイールクリーナー https://minkara.carview.co.jp/userid/107161/car/1532180/9764603/parts.aspx
何シテル?   03/16 22:07
愛知県北部在住です。 “部品取り”も入れると過去に13台のシトロエンを買った熱狂的シトロエニストですが、なぜか今はBMWがメインカーです。 ****...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2019/3 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

ブログカテゴリー

リンク・クリップ

スズキ車の衝突安全性は世界一 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/04/02 15:00:38
エンジンオイルの専門的な話のまとめ - 技術者のジレンマ - 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/07/22 15:34:10
CITROËN NEW DS&C FRIENDS Teaser ※YouTubeに差替えました。 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/01/26 22:32:23

愛車一覧

BMW X1 BMW X1
なんだかんだと偉そうなことを言っても、初ドイツ車です(^^ゞ 分厚い取り説とクイックガイ ...
シトロエン CX シトロエン CX
あまりに素晴らしいコンディションのCXを あまりにお値打ちに譲っていただけるというので… ...
シトロエン DS4 シトロエン DS4
2012年3月13日登録 2012年3月23日納車 2013年2月10日引き渡し たった ...
シトロエン C5 ツアラー シトロエン C5 ツアラー
シトロエンとしては9台目。 ハイドロシトロエンは13年ぶり6台目です。 昔のハイドロとハ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.