• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

やんぢのブログ一覧

2018年02月03日 イイね!

もうやめようよ!

毎年書いてますが、私は恵方巻は食べません。


恵方巻き、早くも大量廃棄 店頭に並ばないケースも…
朝日新聞デジタル

福を呼ぶとされる、節分の恵方巻き。火付け役となったコンビニエンスストアだけでなく、スーパーや百貨店にも並ぶなど、季節商品として定着している。だが、その陰では売れ残った商品の大量廃棄や、販売の「ノルマ」などの問題が起きている。

(中略)

3日午後、神奈川県相模原市の「日本フードエコロジーセンター」には恵方巻きや、そのためとみられる具材が大量に運び込まれていた。普段のご飯ものと比べて2倍ほどの量。例年、節分の頃には恵方巻き関連の食材が増えるという。ここで処理され、豚の飼料となる。

(後略)


alt


だからぁ

「本当の習慣」じゃないものを
目先の利益を追って無理矢理やるから
こういうことになるんじゃないの?

スーパーやコンビニでお祭りやるのは
もうやめようよ!


人類はそう遠くない将来
間違いなく
大きなしっぺ返しを食うよ
Posted at 2018/02/03 21:18:49 | コメント(3) | トラックバック(0) | 社会・時事ネタ | 日記
2017年12月07日 イイね!

やっぱり書いておくか、NHKのこと

NHKの受信契約合憲判決で一部が騒いでいますが、まず立花孝志さんのこのコメントから。


今日の最高裁判決で世の中は何も変わりません。


昔から私のブログを目にしている人には繰り返しになりますが、私の立場は

『未契約』

です。
契約していて不払いなのと、そもそも未契約なのでは若干意味合いが違いますが
最高裁判決が何の影響も及ぼさないという意味では一緒に語っていいと思います。


今回の最高裁判決は、放送法が憲法に優越するというとんでもないもので、『法治国家の死』にも等しいと思いますが、まぁ言ってもしょうがないことなので受け入れますよ。

でも、受信契約なんかしませんので。(大笑い)






今回の判決では、
『契約を拒んだ人に対してNHKが承諾を求める裁判を起こし、勝訴が確定した時点で契約が成立する』
という判断が示されました。

今未契約は900万~1500万世帯と言われます。
全部契約を強制させようと思ったら、NHKは900万~1500万件の裁判を起こす必要があるわけです。
そんなことは絶対にやりません。
必ず勝つとわかっている裁判でも、最低で900万件。
絶対にやりません。

でも、『裁判で勝たないと契約を強制できない』んです。
なんたって、最高裁様の判断ですからそれ以外の法的救済はありません。
NHKは大ブーメランをくらってると思います。

この最高裁判決があったということは今でもNHKから国民に向けての裁判は起こされているわけですが、提訴されるのはBキャスカードの番号を知られたり公開番組の申し込みをするようなわきの甘い人だけです。

私は契約してませんけど、契約もしてないのにのど自慢や紅白を見に行こうなんて了見は批判されてしかるべきだと思いますよ。
「楽しみにしてるの?反NHKで未契約じゃないんかい?」と。


同時に
『テレビの設置時にさかのぼって受信料の支払い義務が生じる』
という判断が示されました。

これをもってメディアでは
『家にテレビがあるのに、いま受信料を払っていない人は、テレビを設置したときからの受信料を全額支払う必要が出てくることになった。』(NNN)
『50年分一括請求も可能』(弁護士ドットコムニュース)
などと言われています。

『はぁ、まぁ理屈の上ではそうなりますねぇ・・・』

としか言いようがないですね。


もし運悪く提訴されたら、その時点でテレビを破棄(実家に預けるだけでいい)すれば提訴取り下げになります。
提訴時点ではテレビがあったとしても、今現在テレビがない世帯に対して新規の契約を求める裁判は成立しないからです。
そもそも契約していないので「あの時はテレビあっただろ、金払えや」って言えないわけです。
(これが“契約済みで未払い”と違うところ)

取り下げになれば提訴での請求額が30年分でも50年分でも事実上チャラなので何も怖くないわけです。
提訴取り下げ確定後にテレビを取り戻せばそれでOKです。
地域スタッフが来たら「裁判してください」と言えばいいです。


契約していて未払いの人は、電話でいいので5年の時効援用をこまめにやっておけば、何十年放っておいても5年分以上の請求は来ません。
毎年毎年、5年分の請求が来続けているうちに自分の寿命が尽きればそれでよし、です。
遺族に相続がかかっても10万円以下ですから、ひとこと言っておけば完璧でしょう。





最後に、立花孝志さんの動画のコメントを文字起こししておきます。

未契約の人はそのまま未契約で。
不払いの人はそのまま不払いしてください。
これまでと何も変わらないということを何度も何度もお伝えしておきます。
今日の判決は皆さんにとって、NHKに受信料を払ってない人にとって、何ら気にすることはありません。
むしろ安心して大丈夫という判決であると。



Posted at 2017/12/07 09:43:34 | コメント(4) | トラックバック(0) | 社会・時事ネタ | 日記
2017年10月11日 イイね!

国家権力が個人の移動情報を収集すること~全否定はできないのかも~

日ごろ私のブログを読んでいただいている方は、私は逃げも隠れもしない「左巻き」の人間だということをご存じだと思います。

さて、この前フリですが選挙の話ではありません。


国家権力による個人の監視

絶対に許してはいけない最悪の事態だと思っています。

たとえそれが犯罪者やテロ組織の捜査であっても、「事後」の捜査に利用されるのは当然のこととしても、犯罪行為が行われる前に予防的に過剰な個人の監視をするのは絶対にダメです。
近代民主主義国家のやることではありません。
だから、(いわゆる)共謀罪にははっきり反対します。


私は日常的には、
「Nシステム?ふざけんじゃねぇ」
と思っていますし、
何の犯罪行為もしていないのにNシステムがあることを知っている道は極力通らず迂回したりしています。
だって、「気持ち悪い」から。

国家権力だけではありません。
ETCが将来的には(←実は今すでに)「移動情報」をデータとして収集しようとしているのも、「ふざけんじゃねぇ」と思っています。

自動車メーカーが個別の車の移動情報を取得して、それを緊急通報や故障通報時に利用しようとするシステムを構築しているのも、「便利な世の中になった」というよりは「気持ち悪い世の中になった」と思っています。


と言っておいて、その「事後」の話。


妨害行為、走行車260台から裏付け 東名夫婦死亡事故
10/10(火) 21:08配信 朝日新聞デジタル


皆さんご存じのこの事件。
へどが出るほど腹立たしい出来事ですが、記事によると

「現場付近を当時走行していた車を洗い出して260台以上の運転者らから聞き取りを重ねた。」

とのこと。


警察は不祥事があったり、権力の暴走としか言えない行為(警察による違法な隠しカメラ事件とかあったじゃないですか)があったりすると、やっぱり「ふざけんじゃねぇ」「だから国家権力に個人の監視なんか許してはダメなんだ」と思います。

しかし、
こういう地道な捜査には頭が下がります。

この260台以上の車を特定するためには、NシステムだったりETCだったりのデータを使わなければ不可能だし、そのデータをもとに運転者を特定して聞き取り捜査をしたと思われます。

こういう万民の納得がいくような使い方なら、国家権力が個人の移動情報を取得することも全否定はできないのだなぁ、と感じた出来事でした。









でも、やっぱり「個人の移動情報の事前(犯罪既遂の前)の利用」は認めたくありませんけどね。
Posted at 2017/10/11 08:28:26 | コメント(3) | トラックバック(0) | 社会・時事ネタ | 日記
2017年09月21日 イイね!

山田洋次監督のインタビュー

ほぼ社会問題しか書かないブログになりつつあってすみません。

さて、前回の不登校問題を取り上げたブログにいただいたコメントに、こんな返信を書きました。


(前略)

私は教育者でも聖人君子でもないのでこう思っています。

「単なる怠惰で不登校になって、教育の機会が失われて、将来野垂れ死んでも、自業自得で知ったこっちゃねぇ」


(中略)

ではなぜこれを書くのかというと、司法の世界にある
「十人の真犯人を逃すとも一人の無辜を罰するなかれ」
と同じようなものだと思っているからです。
本当に悩んでいる子供を救うためには、「いやなら行かなくてもいいんだよ」という大きな網をかけるのはしょうがないと思うからです。

生活保護について、不正受給者がいるにもかかわらず水際作戦など絶対に許されないと思うのも、同様の理由です。





ちょっと似たような話があったのでご紹介。

昨日書こうと思っていてもう一昨日の記事にになってしまいましたが、中日新聞に映画監督の山田洋次氏のインタビューが載っていました。




大きなテーマは安保法制2年に感じることを聞いているのですが、その中にこんな一文がありました。




生活保護を受ける資格のある人に、ぜひ、お受けなさい、これはあなたの権利なのですから、と説得する姿勢。政治とはそうであってほしいと思います。


正当な受給資格がある人という前提は当然のこととして、その前提を満たす人を門前払いするような政治は政治ではありません。
過日の自分のコメントに書いたように、不正受給者がいるからといって正当な有資格者をはじき出すようなことがあっては本末転倒ですし、絶対にそのようなことが無いように行政は努力すべきです。

ちょっと前に「生活保護なめるな」みたいなニュースがありました。
あの時に「何がいけないのか分からない」的なコメントがネットにあふれました。

なんとも情けない話だと思いますが、本当に分からないのであれば、国民の側も分かる・知る努力をしましょう。
Posted at 2017/09/21 07:58:28 | コメント(1) | トラックバック(0) | 社会・時事ネタ | 日記
2017年09月15日 イイね!

今一度不登校の問題について

もう9月も半分過ぎましたが、8月の終わりから9月にかけて「行きたくないなら学校に行かなくていい」というキャンペーン(?)が盛んに行われていました。

例年、子供の自殺は9月1日が一番多いということで、それを食い止めようという大きな流れです。

朝刊の1面に「無理に学校に行かなくてもいい」という記事を大きく掲載した新聞もあります。


これに対して、根強い反対があります。

大人は子供に対して、要は「甘え」と捉えてしまう。


不登校経験者(今は不登校児を支える側にいる大人)のこんな話がありました。
(ざっくりの記憶ですが)

学校に行きたくないと言ったら、親が言ったのは

「今日逃げたら、明日も、あさってもずっと逃げる人生になるぞ」

それでも、自殺しかねないそぶりを見せたら、その時には親も慌てて分かった分かったと。

ところが、数日経ったら「どうして学校に行かないんだ!」と元に戻って絶望的な気持ちになった、と。




で、私は教育の専門家ではないですけど、もはやこの問題は大人の一方的な思い込みではだめなんですね。

で、今日知ったんですけど(それがこのブログを書くきっかけ)

文部科学省から全国の教育関係者に対して「通知」が出ているんです。


直近のものは昨年出されたこれ。

不登校児童生徒への支援の在り方について(通知)

クリックすれば全文が読めます。

その中から象徴的な文章だけをピックアップしますと

不登校とは,(中略)その行為を「問題行動」と判断してはならない

不登校児童生徒が悪いという根強い偏見を払拭し,

この趣旨について周知を図るとともに,適切な対応がなされるよう御指導をお願いします。





もうね、親世代が自分の体験をもとに「学校は行って当たり前」と思ってはいけない時代になっているわけですよ。

うちの妻なんかも、「学校っていうのは行って当たり前」と考えています。
もう子供は大学生になりましたし、小中高で特にいじめられてもいなかったようなので、いやらしい言葉を使うと「勝ち組」なのでそう思っているのだと思いますが、もし自分の子供がいじめられている側だったらどう思うのか。
なかなか難しいです。

Posted at 2017/09/15 16:07:05 | コメント(4) | トラックバック(0) | 社会・時事ネタ | 日記

プロフィール

「名古屋駅で時間潰すために久しぶりにミッドランドスクエアのトヨタ車を見に来た

最近クルマ関連の情報に疎いんだけど、プリウスはさすがにあのイカみたいなテールライトのデザインはやめたのねwww」
何シテル?   02/03 12:50
愛知県北部在住です。 “部品取り”も入れると過去に13台のシトロエンを買った熱狂的シトロエニストですが、なぜか今はBMWがメインカーです。 ****...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2019/2 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  

ブログカテゴリー

リンク・クリップ

スズキ車の衝突安全性は世界一 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/04/02 15:00:38
エンジンオイルの専門的な話のまとめ - 技術者のジレンマ - 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/07/22 15:34:10
CITROËN NEW DS&C FRIENDS Teaser ※YouTubeに差替えました。 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/01/26 22:32:23

愛車一覧

BMW X1 BMW X1
なんだかんだと偉そうなことを言っても、初ドイツ車です(^^ゞ 分厚い取り説とクイックガイ ...
シトロエン CX シトロエン CX
あまりに素晴らしいコンディションのCXを あまりにお値打ちに譲っていただけるというので… ...
シトロエン DS4 シトロエン DS4
2012年3月13日登録 2012年3月23日納車 2013年2月10日引き渡し たった ...
シトロエン C5 ツアラー シトロエン C5 ツアラー
シトロエンとしては9台目。 ハイドロシトロエンは13年ぶり6台目です。 昔のハイドロとハ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.