• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

やんぢのブログ一覧

2018年05月19日 イイね!

BMW X2 実車を見てきました

BMW X2 実車を見てきましたディーラーさんからX2の実車が入りました!と連絡をいただいたので、さっそく見に行ってきました。

前に書いたとき、偶数のXシリーズのクーペSUVの流れから見るとちょっと違う感じで
「SUVともクーペとも違う、ハッチバックの香りがプンプンしてしまうのですが、これでOKなんですよね?」
と若干ネガティブ気味に書いたのですが、



実車を見てみると



シュッとスタイリッシュな車で、これはこれでありなのかなと思いました。
コメント欄に
「X2のデザインを眺めているとそれなりに売れそうな気がします」
といただいたのですが、まぁ売れるでしょうね。


実は私がお世話になっているディーラーさんではすでに試乗車も登録しているそうなのですが、この週末は別の場所で「出張展示会」をやっていてそちらに展示されているとのこと。
試乗は次の機会になりました。

ということで、いろいろと見ていきますと



顔はセダン系ではなくX系であることを主張していますが



リアはやはりいわゆるSUVとは違う感じですよね。

事前に写真で見ると、レクサスのCTあたりをイメージしたのかなと思いましたが、

参考:レクサスCT





実車を見てみると思ったほどには似てなかったです(笑)





ちなみにこのテールゲート、複雑な造形を実現するために鉄板ではなく樹脂製だそうです。




あと、やっぱりこの車ならではだと特徴付けているのはこのCピラーのプロペラマークですね。
過去にはあったそうですが(BMWはニワカなのでよく分からないんです)、現行車でこの場所にマークが付いているのはこの車だけです。
走る曲がる止まるという実用上は何の関係もないですけど、嫌いじゃないです。




そして今までのXシリーズは全車種ドアサイドにグレードエンブレムをつけていたのですが、X2はドアサイドのエンブレムを廃止してテールゲートに移動しました。
これもサイドビューがシュッとしたスタイリッシュな車に見えることに一役買っていると思います。

参考:こういうやつ





この車格で20インチなのはMスポーツというグレードだからですが、確かに見た目のカッコよさには貢献していると思います。(上に貼った真横の写真もご参考に)
エンジンスペックに対応した実用上は全然いらないんですけど(苦笑)


とにかく試乗できないので見た目の話ばかりですみません。



ところで2シリーズや2代目X1と同様にFFベースのBMWに共通の「悪い点」はしっかり踏襲されていました。

初めて218に試乗したときの記事に
「本来あるべき座面の長さより、ちょっとだけ、そう、ほんのちょっとだけシートを小さくして広い空間を演出しているように思えてなりません。」
と書きましたし

その後2代目X1を初めて見た時にも
「シートがちょっと小さいんじゃネ?」
「『ドイツ人もこれで満足してるの?』と疑問に思わざるを得ませんでした。」

と書きました。


これがX2のコクピットです。



写真は撮りませんでしたがリアシートも同じです。
FFベースのBMWは全部シート(座面)がほんの少しだけ小さいんです。

セールスさんにその話を振ったら
「おっしゃる通りです」
だって(苦笑)。


ちなみにFRベースのBMWは一番小さい1シリーズでもそんなことはありませんから、会社的に狙いあるいは割り切りがあってのことだと思うんですけど、この部分はどうも気に入らないですねぇ。




さらにちなみにですが
「まだ本カタログができてなくて、フライヤーしかお渡しできないんです」
と言って渡されたのがこれです。



私の感覚だとフライヤーって1枚もののチラシなんですけど、こういう部分にコストをかけるBMWはこれがフライヤーなんですね。





それぞれの裏面にも宣伝コピーやらスペックやらがそれぞれ書いてあるんですけど、やっぱりこれをフライヤーと呼んでしまうのは世界が違いますね(笑)

Posted at 2018/05/19 16:28:38 | コメント(2) | トラックバック(0) | BMWいろいろ | 日記
2018年04月17日 イイね!

BMW X2 どうかな?

正式に出ましたねぇ。

いいのか悪いのか分かりませんがシトロエンへの興味は旧車限定ってなりつつある今日この頃。
CXやBXに乗れるならすぐにでもシトロエニストに復帰しますけど、そうもいかず興味はBMWに(苦笑)


とはいうものの、知らないものはまずはネガティブから入る私の性格上、X2ももろ手を挙げて大絶賛となる予感はしません(苦笑)






BMWのXシリーズは、奇数と偶数で性格上の住み分けが図られているのはご存知の通り。

1・3・5は旧来のSUVイメージのデザイン。
上から、1・3・5、いずれも現行車






4・6はクーペスタイルをデザインのモチーフにしています。
上から4・6、いずれも現行車






この流れのなかでもう一度X2を見てみると…



ゴメン。
SUVともクーペとも違う、ハッチバックの香りがプンプンしてしまうのですが、これでOKなんですよね?




メルセデスのGLAあたりとガチンコでぶつけようとしているのでしょう。
GLA 406万円~523万円
X2  436万円~515万円


メルセデスはBMWがX6という市場を作った後にそっくりなGLEクーペを出してきたので、意趣返しのようにも見えます。
左GLEクーペ 右X6






このXシリーズ、3と4、5と6は機能的にはほぼ同じ性能を有しています。
そして、1と2も同様に機能的にはほぼ同じだと思われます。



ということは、趣味の世界、好みの世界でどっちのデザインを選ぶかってことになるかと思うんですけど、まぁ2、4、6は行きにくいかなと思います。
しつこいですけど、好みの世界ですからね。
私は1、3、5の方が好きってだけの話です。




そのX1とX2はエントリーモデルということもあって、2駆があるんですよね。
いわゆる「なんちゃってSUV」です。

うちのX1は旧型ですが、BMWのXDriveという四輪駆動システムはなかなか良くできていて、
スタッドレスを履いて雪道を走ると、ある程度の積雪でも凍結路でも(多分気付かないところで)デバイスが介入しまくりで何の不安もなく走ることができます。

そう考えると、3、4、5、6と同様に2駆はやめてX1とX2も4駆だけにしたほうが車の性格がハッキリと打ち出せると思うんですよねぇ。

同じ装備での2駆と4駆の価格差は34万円~37万円あるので、エントリーグレードは少しでも安くしてビジネスとして間口を広げておきたいというのは分かるんですけど、それなら普通の2シリーズのほうが使い勝手がいいんじゃないかなと


軽く検索してみると、日本車で2駆と4駆の両グレードがある車は、軒並み2駆のほうが多く売れていてい、2駆が60%~70%売れる車種もあるそうです。
もうそうなってくるとSUVデザインである必要があるのか?と。

う~ん、まぁ、なんだかなぁ感が満載なのですがBMWはどうなんでしょうかね?
街中で見かけるとやっぱり半々くらいかなと思うんですけど。


フランス車のようにSUVデザインでも最初から2駆しかないとか、ジープ・レネゲードのように両方乗ってみたら2駆のほうが好みに合うという車もあるので一概には言えないのが難しいところなんですけど。



まぁいずれにしても乗ってみないことにはこれ以上言えないので、機会を見つけて試乗してみたいです。

個人的には新型X3が買えるかどうかで頭がいっぱいなので、ディーラーに行ってもそっちの話が優先していますが(笑)




Posted at 2018/04/17 10:27:03 | コメント(1) | トラックバック(0) | BMWいろいろ | 日記
2018年02月04日 イイね!

久々に試乗に行きました

久々の車ネタですが、BMW 新型X3の試乗に行ってきました。



グレードは「20d M Sport」ですが、今はこのグレードしかデリバリーされていません。
オプションはイノベーションパッケージと20インチホイール&タイヤ。(たぶん)


20インチはかっこいいですけど、これにするだけで16万円以上のアップですからねぇ。
もしこの車を買うとしてもこれは無いですね。(苦笑)



乗ってエンジンを始動して走り出してすぐ思ったのは、「先代(2代目)のX3 20dとは全く違うクルマだ!」ということ。

2代目がF系で新型がG系なんていう評論家が書くよう話ではなく、もう感覚として全く別物。

先代X3後期型のディーゼルには試乗しているのですが、その時

「X3ディーゼル、乗ってみたら手放しで万々歳という感じではなかったです。
(3セダンと同じエンジンなのですから、比較しちゃえば“だるい”のは当然ですが…苦笑)」


という結論だったんですね。
3にも載る同じエンジンでX3を走らせたらそりゃダルいだろ、と。

ところが今日のはそうダルくなかったんです。
実はデータ的には
先代20d トルク1kgmあたり車重47.5kg
新型20d トルク1kgmあたり車重45.5kg
と向上はしていますけど劇的な数値の違いではないです。

でも、全然違うんです。

踏んだ時の加速は軽快。
おとなしく乗った時も不満感は無し。
静粛性も明らかに上。
しかも、今までどのBMWでもM Sportというグレードは硬さが好きになれなかったんですけど、そういう嫌な感じも皆無。
7シリと同じプラットフォームだというのが乗り心地重視の私にはいい方向に出ているようです。



今回はG系になって特に進化している(らしい)、「ドライビング・アシスト・プラス」 というレベル2の運転支援システムを中心に試乗しました。
どれも機能がアクティブな時と働いていない時とが目で見て分かるインジケータ的なイラストがあり非常に分かりやすいです。

ストップ&ゴー機能付きクルーズコントロール
せいぜい空いた高速でしか使い道のなかったクルコンが一般道で使えるやつ。
すいてれば設定速度で、流れがそれ以下の速度であれば先行車と一定の車間(これも設定可能)を保ったまま走り、先行車が止まれば止まります。
交差点を曲がるなどでブレーキを踏むとキャンセルされてしまいますが、その後再開スイッチを押したくなるよくできたシステムでした。
先行車が急ブレーキを踏んでも対応するとのこと。
ただ、これまでと同じく赤信号では自動で止まりませんから、先行車が黄色で突っ切るとついていこうとします。

ステアリング&レーン・コントロール・アシスト
一般道でもレーンの左右を認識して車線の中央をキープしてくれます。
たぶんセンターラインがない道では使えないんじゃないかな。
わざと曲がりくねった道を通らせてくれたんですが、ちょっと車線の自動追従が無理な局面がありました。
ステアリングに手を添えている(触れている)のが必須で、完全に手が離れると自動的にキャンセルされます。
まだ完全に手を放してはだめよ、と安全に振った制御は好ましいです。

他にも色々と機能はあるんですけど、まぁこのふたつがメインでしょうか。
あと気になるのは「実験できないやつ」です。

自動ブレーキでどうしても当たってしまうのが避けられなさそうなとき、ステアリングにも制御の介入が入って左右の安全そうなほうに車をよけさせる

ってんですが、これを実験する勇気はないですよね。



ディーラーに戻った時には「自動車庫入れ」を体験しました。
アクセルもブレーキもステアリングも一切手を触れずに勝手に車庫入れしてくれました。
一発で決まらなかったんですけど、いったん前に出て修正して上の写真の状態です。
白線を基準に見るとど真ん中には入ってませんが、これまた大したものです。



さてこのX3。
ウチに来ることはあるのでしょうか?
Posted at 2018/02/04 18:19:38 | コメント(0) | トラックバック(0) | BMWいろいろ | 日記
2017年12月06日 イイね!

この高級さもコストです。 しかし…

物理的な距離が遠いこともあって、最近は「用もないのにどみにこさんに行く」ということがめっきり減りました。

で、シトロエンのカレンダーも2年連続でもらってないんです。

代わりにというわけではないですが、BMWのカレンダーは毎年貰っています。


先日もらったデスクカレンダーです。








10円玉は大きさの比較用です。
立派な厚紙の箱に入っています。




ふたを開けると、まずシートが。




開くとカレンダーに採用されているクルマの写真が並んでいます。
写っていない左側には挨拶コメントがあります。



さて、ここで問題です。



カレンダーに付属するこの黒い紙は何でしょうか?




これがカレンダーの本体。
2か月ずつのシートになっています。
1、2月は新型X3です。


実はこのシート



切り絵細工というか、イラストではなくて紙を切り抜いてクルマの絵を作っているんです。




黒い紙はその「抜け」の背景にするためのシートでした。




台座にもロゴ入り。


一個当たりいくらかかるんだろうと考えるのは無粋ってやつですが、シトロエンのカレンダーより明らかに金額は高そうです。
純正アクセサリー扱いで販売したら、最低でも2000円は取るでしょうね。
これを何万個と作って、顧客に配るわけです。


一事が万事、こういうコストがBMWの車両価格に転嫁されるわけですよね。

しかし…

そう考えると、20世紀と違って「装備を同じにするとドイツでの価格とほとんど差がない」といわれる現代のBMWジャパンは頑張っていると言えるのではないかとも思えますね。

Posted at 2017/12/06 09:02:43 | コメント(2) | トラックバック(0) | BMWいろいろ | 日記
2017年12月02日 イイね!

商談! だったらいいな(笑)

今日はBMWX1を法定1年点検に出しました。

代車はこちらにリポートしています

妻にも同行してもらい、フルモデルチェンジした新型X3に徐々に洗脳させていただこうと。



もちろんX1よりは大きいですが、モデルチェンジ前のX3よりは全幅が小さくなっているという珍しいFMC。



運転席には妻に座ってもらいました。
「おぉ、いいなぁ」
と言っていましたが、さて代替えなりますでしょうか?(笑)




日本にはMスポーツだけが先行してデリバリーされています。
一応担当さんと値段の話などもしましたが、
本気で考えるなら、スタンダードとXラインが来てからですね。



まだナンバー付き試乗車はないので見るだけですが、ボディカラーもキレイなのがあって期待大です。
Posted at 2017/12/02 17:03:27 | コメント(1) | トラックバック(0) | BMWいろいろ | 日記

プロフィール

「安倍がサミットで各国首脳と膝詰談判したってドヤってたけど、この写真は日本でももっと広く報じられるべき!」
何シテル?   06/11 05:32
愛知県北部在住です。 “部品取り”も入れると過去に13台のシトロエンを買った熱狂的シトロエニストですが、なぜか今はBMWがメインカーです。 ****...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/10 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

ブログカテゴリー

リンク・クリップ

スズキ車の衝突安全性は世界一 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/04/02 15:00:38
エンジンオイルの専門的な話のまとめ - 技術者のジレンマ - 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/07/22 15:34:10
CITROËN NEW DS&C FRIENDS Teaser ※YouTubeに差替えました。 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/01/26 22:32:23

お友達

ファン

166 人のファンがいます

愛車一覧

BMW X1 BMW X1
なんだかんだと偉そうなことを言っても、初ドイツ車です(^^ゞ 分厚い取り説とクイックガイ ...
シトロエン CX シトロエン CX
あまりに素晴らしいコンディションのCXを あまりにお値打ちに譲っていただけるというので… ...
シトロエン DS4 シトロエン DS4
2012年3月13日登録 2012年3月23日納車 2013年2月10日引き渡し たった ...
シトロエン C5 ツアラー シトロエン C5 ツアラー
シトロエンとしては9台目。 ハイドロシトロエンは13年ぶり6台目です。 昔のハイドロとハ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.