• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

やんぢのブログ一覧

2012年06月30日 イイね!

日本人の国民病

日本人の国民病スーパーをはじめとした、不特定多数の人がとめる駐車場で、前向き駐車のお願い・指示があっても、多くの人(感覚的には7割以上)の人が無視してバック駐車をしているということについて、今までにしつこくも3回もネタにしました。

  

なんで、こうもしつこく取り上げるのか?
社会正義を振り回すつもりなど毛頭無く、自分自身がイラッとするからにすぎないんですが…(苦笑)
見るたびに、「何だこいつ・怒」って思います。




今まで、この件について取り上げた時
 民度が低い
 中韓と同じ
 身障者用駐車場に停める健常者と同じくらい、キ○ガイ野郎
 (安全に)バックで出られないなら、免許証返上したらどうですか?
 ジコチュー・キチガイらめが!!


と口を極めて、汚く罵ってきました。
2番目の文章なんか、かえって中韓の人に失礼なくらい、日本人のほうが大バカだと思っています。

で、写真は、某大手外食店の駐車場です。
手前の赤いクルマの向うにいるワンボックス車(?)もお願いを無視してバック駐車しています。

今回も、
『今日のバカども』
みたいなキャプションを付けようと思っていました。

その時、ふとある単語が頭に浮かびました。

国民病

小学館日本大百科全書によれば

国民の多数に蔓延(まんえん)して体位・体力を低下させ、生産性を減退させるなど、社会に悪影響を及ぼすような病気をいう。
 (中略・当然ながらまじめに病気の事を書いてますから割愛します・笑)
時代とともに、また国によって国民病の内容は異なっている。


確かに、国民の多数に蔓延しています。
確かに社会に悪影響を及ぼしまくりです。


ユリイカ!!
そうか、これは病気だったんだ。

バック駐車じゃないと止められず、前向き駐車できないという人は、そういう強迫観念にとらわれている、『強迫性障害(脅迫神経症)』というガチな病気かもしれません。

病気なら、その症状に対して口汚く罵るのは、人としてやってはいけないことです。
身障者用駐車場に停める健常者は、一見健常者に見えるものの、実は脳の病気にかかっていると言う説があり(※)、そうであれば口汚くののしってはいけません。
注意すると逆切れする人に至っては、脳の病気、精神の病気の二重苦に苦しんでいる人なのですから、生温かく見守っていく必要があるでしょう。


ということは…

病気なら、ちゃんと治療しろよ!

って話です。

身障者用駐車場に停める健常者と、前向き駐車を無視してバック駐車する病人たちは、隔離して治療が終わるまで自動車の運転を禁止するべきです。




※こういう冗談は本当に脳疾患がある人には大変失礼なのは承知の上ですが、あえて書かせていただければと。
Posted at 2012/06/30 09:31:07 | コメント(8) | トラックバック(0) | その他クルマの話題 | 日記
2012年06月29日 イイね!

何だったんだろう?

何だったんだろう?先日ブログに書いた、シトロエンDS4の油温が高い件。

あの日は確かに、街乗りオンリーなのに90℃台後半で推移し、ドレインセンサーであることを考えると、フィルター付近では100台後半であるという状況に間違いはありませんでした。



その後、毎日油温計をチェックしているのですが、90℃を超えることはなく、普通の街乗りでは80℃台前半(フィルター付近では推定+10℃・以下同じ)の日ばかりでした。

今日は、外気温が35℃まで上がっている中、名古屋高速を『一宮中』から『六番町』までとちょっと長めに走って、六番町出口のあとの工事渋滞にはまっても写真の油温。
水温はマックスの106℃まで上がっていますが、油温は一度も90℃を超えることはありませんでした。


あの日、外気温は22℃で高速も渋滞も無かったのに、確かに90℃台後半が続いた油温。
その後、油温が90℃を超えた日は一度も無く、
今日は外気温が35℃で高速と渋滞を走っても90℃に達しない油温。

いったいあれは、何だったんだろう?

ラテン車の気まぐれ?
Posted at 2012/06/29 22:48:17 | コメント(3) | トラックバック(0) | シトロエンDS4 | 日記
2012年06月28日 イイね!

そういうことになってたの?知らんかったわ

カービュー掲示板が廃止になってから1年以上が経ちましたが…

昔、掲示板の『車種別』に書かれていたやりとりが、みんカラの車種別にあるQ&Aって所に『過去ログ(車種別掲示板)』として、そっくりそのまま移設されてたのね。
私がR2に書いたのも、そのまま載ってたわ。

掲示板廃止の時も、Q&Aに移設の時も、何の挨拶もなかったなぁ(笑)

掲示板廃止の告知はあったけど、Q&Aへの移設は告知があったかなぁ?
みんカラスタッフブログっていうのも検索してみたけど、お知らせされてなかったです。

まぁ、こういう脇の甘さがカービュー(みんカラ)らしいって言えばらしいですが。
Posted at 2012/06/28 10:48:16 | コメント(1) | トラックバック(0) | その他クルマの話題 | 日記
2012年06月27日 イイね!

日産ジュークの金色を嘉する

日産ジュークの金色を嘉する私は常々『白・黒・銀のクルマは買わない』と公言しています。
しょせん趣味の問題ですから、白・黒・銀のクルマに乗っている方は、どうぞお気を悪くなさらずに。(笑)
写真は、ウチの近所の集会施設で何かの集まりがあった時に、ため息と共に写したものです。
10台以上のクルマがいましたが、全てのクルマが1台残らず白・黒・銀のいずれかでした。
これが日本の現状なんですねぇ。



さて、今日このブログを書こうと思ったのは、ヤフージャパンのトップページのバナー広告に日産ジュークが出ていたからです。

新色、
メローゴールド登場。



いいじゃん!

日産はティーダで金色をイメージカラーにして実際に多く売れたみたいですし、頑張ってもらいたいです。
トヨタウィッシュの金色もあんまり見かけませんし、この金色もバカ売れはしないと思いますが、
あえてこの色を売り出す心意気が素晴らしいと思います。
道路にこういう色合いの車が増えれば、もっと街は楽しくキレイになるでしょうね。


これをきかっけに、今のジュークを調べてみたら、
パシフィックブルーは廃色になってました。


ジュークの中ではあまり見かけませんが、昔ブログに書いたように、一時期妻がジュークに関心を寄せていたので、『買うならこれだな』と思っていたのが、パシフィックブルーでした。
選びたいと思っていた色が廃色って…

つくづく、世間様とは嗜好が合わないという事でしょうか…


ちなみに、もうひとつの青系、スチールブルーは廃色にならずに継続販売されています。


パシフィックブルーよりも見かける頻度は低いような気がしますが、単に希少ならイイという訳ではなく、明るい色が好みなので、これよりパシフィックブルーの方が好きです。

多分無いとは思いますが、もう一度妻がジュークに色気を見せたら、次の狙いはゴールドです!



ところで、自分のシトロエンDS4はどうなのよ?
って話になると、かなり微妙ですね。
ブラウンヒッコリー(茶系)、ブラスク(紺系)、ルージュバビロン(赤系)の3色で迷いましたが、
どれも決め手に欠ける気がして、落ち着いた茶色にしてしまいました。
青系や緑系の明るい色があれば、絶対に選んでいたんですがねぇ…


まぁ、色の選択はしょせん好みの世界なので、その人が一番気に入った物を選べばいいと思います。
自分は白・黒・銀は選ばないとは言っても、黒がかっこいいクルマ、白がかっこいいクルマ、というのは絶対にあると思います。
シトロエンでも、まっ白いxmを見かけた時には、ドキッとするほどかっこよかったです。
C4ピカソのファイナル限定車の白なんかも、路上で見たらかなりイケてるに違いありません。

ただ、自分自身が白や黒を積極的に好きで選ぶのではなく、時々自動車雑誌に書いてある『○○(車名)は、白や黒とそれ以外では下取り額が10万円違う』みたいな理由で、本当は青や赤のクルマが好きなのに白や黒を選ぶのは、ちょっと首をかしげてしまいます。

シトロエンにしても、DSやCXやXMの時代にはフラッグシップカーなのに、青系、緑系、赤系、と色々ありました。
でも、残念ながらC6にはそういう色使いが無くなってしまいました。
現行車は、C3やDS3などコンパクトレンジ(といっても3ナンバーですが)のクルマにはビビッドな色、キレイな色が多くありますが、それより大きいクルマは沈んだ色ばかりですよね。
なんかもったいない気がします。


DS5を買うなら(たぶん買わない・買えないけど)、ブル-ラフィエの一択ですね。



ちなみにですが、私の嗜好を羅列しておきます。
順不同・正式な色の名前が分からないものの方が多いです。

スバルR2のピスタチオグリーン(ウチのR2の後に出たもっと明るい黄緑メタリック)
初代ファンカーゴの初期型にあった、明るい黄緑メタリック
2代目マーチの、エメラルドグリーンっぽいメタリック
シトロエンシャンソンの、ベールボラボラという色(明るい緑メタリック)
故椙山先生が乗っていたDSの緑メタリック
初代ヴィッツの最後の頃に短期間あった、薄い緑のメタリック
現行シトロエンC3のヴェールシデュール
初代シトロエンC3のベールレンツ
NCVカローラの初期にあった、ターコイズ
現行デミオのけっこうたくさん走ってる明るい緑メタリック
スバルプレオにあった、緑がかった金色
ホンダバモスのエメラルドっぽいメタリック
スズキスプラッシュの緑メタ
初代日産モコのモコグリーン


好きな色は緑系、緑青系ばっかりだなぁ…
スプラッシュの緑が廃色になったのは、あり得ないよなぁ…
Posted at 2012/06/27 17:18:01 | コメント(5) | トラックバック(0) | その他クルマの話題 | 日記
2012年06月26日 イイね!

改めてDS4の油温管理を考える(←大げさ)

以前、シトロエンDS4の油温について取り上げました。

その時の記事とコメント欄への書き込みを要約すると

・DS4の油温計は80℃台前半を示す
・ちょっと低いんじゃネ?
・でも、油温センサーをドレインから取っているんだよね
・ドレインの油温はフィルター近くの油温より約10℃低く出るよ(データもあり)
・ってことは、フィルター付近の油温に換算すると90℃台前半ってことか
・まぁ普通だね

といった感じでした。
(オイル劣化の感じ方や水温との関係にも話は及んでいましたが、それは割愛)


で、日曜日に入れたエルフのオイルの、今日の通勤途中の油温。



97℃も行っちゃってます。
ずっとこの油温です。
フィルターセンサーなら+10℃と考えると107℃!(@_@。

通勤時の油温ですので、大渋滞にはまり続けてもいませんし、ターボをガンガンに利かせて攻めの爆走ドライブもするわけがありません。

一般道を、最高60km/hくらいで走り、赤信号になれば止まり…
普通としか言いようのない運転をしています。


ちなみに、今日の外気温は低めで、油温の写真を撮った時点で

(あ、メーター内の表示は中国語表記にしてあります)

人もクルマもヘロヘロになるほどの酷暑というわけではなく、
窓を開けていればエアコン不要なくらい、ちょっと涼しめの日でした。
曇り空で直射日光もありません。

写真の前後のあいだも、ずっと油温は90℃台後半で推移していました。
ってことは、フィルターセンサーなら100℃台後半ということですよ。



街乗りでの油温が
常に110℃近いというのは、
さすがにちょっと高すぎでしょう。



何でこんなに油温の出方が違うのか?

交換前(トタルの純正オイル)は街乗りではずっと80℃台(フィルター油温換算で90℃台)のままだったので、車両側の油温管理が変わったとは考えられないですよね。
いわゆる性状を見ても分かるものではないし。


ま~た分かんなくなってきた…



まぁ、油温計を付けてなければ何も気にならないんですよね。
『知らぬが仏』
昔の人の言葉は、ホントに上手いこと言うなぁ…と感心します。
Posted at 2012/06/26 19:50:47 | コメント(3) | トラックバック(0) | シトロエンDS4 | 日記

プロフィール

「[パーツ] #X1 俺のホイールクリーナー https://minkara.carview.co.jp/userid/107161/car/1532180/9764603/parts.aspx
何シテル?   03/16 22:07
愛知県北部在住です。 “部品取り”も入れると過去に13台のシトロエンを買った熱狂的シトロエニストですが、なぜか今はBMWがメインカーです。 ****...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2012/6 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

ブログカテゴリー

リンク・クリップ

スズキ車の衝突安全性は世界一 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/04/02 15:00:38
エンジンオイルの専門的な話のまとめ - 技術者のジレンマ - 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/07/22 15:34:10
CITROËN NEW DS&C FRIENDS Teaser ※YouTubeに差替えました。 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/01/26 22:32:23

愛車一覧

BMW X1 BMW X1
なんだかんだと偉そうなことを言っても、初ドイツ車です(^^ゞ 分厚い取り説とクイックガイ ...
シトロエン CX シトロエン CX
あまりに素晴らしいコンディションのCXを あまりにお値打ちに譲っていただけるというので… ...
シトロエン DS4 シトロエン DS4
2012年3月13日登録 2012年3月23日納車 2013年2月10日引き渡し たった ...
シトロエン C5 ツアラー シトロエン C5 ツアラー
シトロエンとしては9台目。 ハイドロシトロエンは13年ぶり6台目です。 昔のハイドロとハ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.