• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

やんぢのブログ一覧

2015年05月31日 イイね!

不定期連載 月刊レフトを振り返る 第九回

不定期連載 月刊レフトを振り返る 第九回《前口上》
20世紀の終わりごろ、名古屋の出版社から月刊Leftという輸入車雑誌が発行されていました。
今でも一定年齢以上のクルマ好きの間でこの雑誌が話題に上ることが時々あります。
その大きな理由の一つは、毎年1回シトロエンの大特集を組んでいたからというのも大きいのですが、ローカル誌とは思えない志の高い紙面作りが今なお評価されているのだと思います。
ウチの本棚に何冊か残っているので、時々紹介していこうと思います。





月刊レフトをすべて残してあるわけではなく、これからはシトロエン関連の特集があるものばかりになります。
1993年2月号(通巻37号)です。

この号のシトロエン特集も大きいです。
今となっては、Tipoでもカーマガジンでもここまでやらないだろうなという…

特集のトップはXMブレークとCXファミリアールの比較特集。






今の観点だけではなく、当時にしてもこの2台の比較記事を“実用情報”として役立てた人がどれだけいたのでしょうか?
でも、そんなことを言うのはナンセンス。
自動車雑誌には『夢を見る(見せる)』というのも大事な仕事なのだと思います。
シトロエン好きが『どっちがいいのかなぁ…』と妄想する2台としては、今も当時も十分成立する企画です。

続いてこんな記事が。

まだ日本導入前。
Xantiaという名前は発表されていたけれど、西武/ユーノスから日本語読みが発表されていないという段階だったのですね。

「伝統のハイドラクティヴサスペンション」っていうのはおかしいです。
XMでデビューしたばかりのシステムですから。
当時から、ハイドロニューマチックとハイドラクティブの違いが分からずに混同する記事があったという意味で、日本シトロエン史上貴重な記事かもしれません。(苦笑)


続いては新車シトロエンのバイヤーズガイド。



既に後期型になっていますが、それでもやっぱりAX萌え。

さらに、2CVミーティングのリポートです。


多分、レフトが企画して集まってもらったというパターンだと思います。
ここに出てくる人たちはほとんどの方と当時お付き合いがありまして、懐かしい名前が並んでいるのですが、本名で紹介されているためその部分は加工しました。
(そもそも読めないくらいの解像度だと思いますが)




続いてはなぜかフランスの路上にいるシトロエン。
休暇か仕事かはしりませんが、たまたま関係者がフランスに行ってきたからご紹介…って感じのノリで作ったページのようです。


実はこの中にある1枚の写真。

これを見て、一時期「洗車なんてもってのほか。フロントガラスはワイパーが拭かない部分が白くなってるのが粋」だと本気で思ってました。(笑)
輸入車乗りの会社の先輩にそう言ったら、『そんなバカなこと思ってるのお前だけだよ』と一笑に付されました。


さらに続いては、発行当時すでに新車では買えなくなっていたシトロエンの紹介。


VISAのミルピステの所有者は、上のヨーロッパの路上写真を撮った人と同一人物です。
今はどうなっているのか分かりませんが、貴重なクルマなのでどうなっているのか気になりますね。


そして、シトロエンの歴史。


ネットもない時代、こういうまとまった資料も少なく貴重だったと思います。

前年秋のフレンチブルーからシトロエンだけを紹介。


この年は私も行ってたのですが、載ってません。残念。


さらに

シトロエンに関する文献の完全リストアップ って、すごいタイトルですが。



この当時にはTipoみたいにエンスー漫画が連載されていましたが、この号では2CVがテーマです。


東海地区のミニカーコレクターを紹介するコーナーも始まっていましたが、このコーナーもシトロエン。

実はこの方、この当時から知り合いです。
当時は自動車業界の人ではなかったのですが、今ではWHの管理職になられています。


これでやっとシトロエン特集が終わり。
疲れました(笑)

他には

この記事、写真が切れちゃってますがタイトルに現地試乗を謳っています。
ローカル誌としては画期的ですが、当時フォルクスワーゲンを手放したヤナセがオペルを扱うにあたってのパブリシティ記事のようです。
ローカル誌のドイツ取材をアレンジするほどのキャンペーン予算をかけていたのでしょうね。
ヤナセが本気を出すとすごいです。


これも懐かしい名古屋輸入車ショー。
毎年1月の恒例でした。
バブルの流れがあったからできたのですね。
今はすっかりなくなりました。


この特集もかなり大きいのですが、もう紹介する体力はありません(笑)


あとは広告です。


オートザム=マツダがランチアを扱ったのは、
日本輸入車業界史上の汚点というか、黒歴史だと思います。
バブルだからってとんでもないことをしでかしたものだと。

個人的にはユーノスも黒歴史その2だと思っていますが、こちらは最終的にはシトロエンを投げ出して市場を混乱させたものの、シトロエンの絶対数を増加させることには貢献しました。
オートザムの方はそういう貢献もなく、イイこと無しでした。


こんな車が並ぶ中古車屋さんが三河方面にあったのです。
当時も覗きに行きたいなと思っていたお店ですが、結局一度も行くことはありませんでした。

恒例のどみにこさんのオリジナル広告はこちら。

ちょっと詳しい人は、「あぁ、パリダカのZXラリーね」と思うかもしれません。
そういう半可通の鼻っ柱を折るような、パリ~北京ラリーの写真です。
私も今ならこの写真だけでパリダカとの違いは分かりませんよ(笑)

定例の広告はこちらですが、この号では見開きの拡大版。



相変わらず要面接の車両がいます。
っていうか、2台に増えてるし(笑)

この広告の中で注目すべきはこちらかと。

XM、ZX、エグザンティアあたりのシトロエンって、白が少なかったですよね。
xmやエグザンティアも後期になると白いのも時々見かけますけど前期型はほとんど無い。
中でも白が少ないのはZXだと思います。



さて、この号全部を通して私が一番萌えた中古車がこれ。


このタイプのウーノ、好きなんです。
パンダよりウーノが好き♪
中でも、一番安いこのモデル。
こういうのにサラッと乗りたいです。





続く




※月刊Leftを発行していた出版社Aは廃業
  ⇒印刷業界のB社が継承
  ⇒その後、B社は親会社C社が吸収
  ⇒C社は民事再生手続き申請後、再生手続きの廃止により倒産
  という流れをたどり、
  月刊Leftの権利継承者が存在しなくなったと思われるため写真を掲載しました。
  問題がある場合にはご連絡ください。
Posted at 2015/05/31 19:10:42 | コメント(6) | トラックバック(0) | 月刊Left | 日記
2015年05月31日 イイね!

日本のお母さん あるある

日本のお母さん あるある始めにお断りしておきますが、この話に出てくるかたを揶揄したり嗤ったりする気持ちは全くありません。
ただ、「これは、あるあるだなぁ」と思ったのです。

新聞に、口永良部島の噴火から避難までをデジカメを使って写真と動画で記録していた中学生がいるという話題が出ていました。
動画もあるので、音声が残っているというわけです。
その中での描写です。



「急げよ」
「急げよ」
シャッターを切りながら、部屋にいる○子さん(引用注:母親の名前。新聞記事では実名)に叫んだ。
避難所のある番屋ケ峰に向かう車に乗り込んだ○子さんがつぶやく。
「洗濯物…洗濯物が」
「どうでもいいでしょう。洗濯物と命とどっちが大事なの」




大噴火の避難中に
「洗濯物…洗濯物が」



冷静に考えれば「はぁ?」なのですが、私の母なら言いそうです。
というか、
日本中のお母さんの
半分以上は言いそうだなぁ

と思いました。


火事になっている家の中に大事なものを取りに行こうとする心理と似ているのでしょうか?
それとも、女性は非常時にも日常生活を切り離せない心理的な特質があるのでしょうか?

その辺りの専門的、心理的なことは良く分かりませんが、
私の妻は、絶対に言わないタイプです(笑)
Posted at 2015/05/31 09:00:22 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日々の出来事 | 日記
2015年05月30日 イイね!

発売開始前なのに試乗車

発売開始前なのに試乗車みんカラ見てたら、BMW2シリーズ グランツアラーの試乗車がもうあるって言うじゃない!
いいなぁ!

正式発売は6月6日からだそうですが、お披露目会見もしたことですし、試乗車があってもおかしくないのかもしれませんが。



既に乗った人の話では、3列目は子供でも辛そうだと。
そりゃそうでしょう。
私、この手のミニバンの3列目は全然信用してないですから。

ウィッシュとか3列で使ってる人なんかいるのかしら?
大好きなシトロエンですら、ピカソはいいクルマだと思いますがもし自分が買ったら3列目は常に倒して『荷室が広くて、アイポイントの高いクルマ』として使います。

それよりも、
このクルマ自体があんまり話題になってないっぽい
のが不思議です。


私んとこのディーラーさんは、試乗車はまだまだみたいです。
新しい1シリーズも展示車は入ったものの、試乗車は無いみたいですし。
でも、このお店には3も5もディーゼルの試乗車があるので、このさいグランツアラーの試乗車もディーゼルで入れてほしいですね。

それより前に、アクティブツアラーの225i xDriveを先に入れてほしいですわ、マジで。
試乗車検索すると全国に2台しかないってんですから、『売る気あるのかねこのクルマ』って思っちゃいますが(笑)


まぁ最近ポルシェに浮気気味(あくまでプラトニックなんですけどね・爆)なので、
BMWの新型にも早くご挨拶したいところです。
Posted at 2015/05/30 23:30:08 | コメント(0) | トラックバック(0) | BMW X1 | 日記
2015年05月29日 イイね!

シトロエンが第3位♪

シトロエンが第3位♪あるネットのランキングでシトロエンが3位に!

っていうだけでは何のランキングか分からないでしょうけど、

おちょくったものやネガティブなものではなく、

オシャレ系のランキング。






ちなみに、全部のクルマを書いてみるので、何のランキングか想像したうえで答えをどうぞ。

たぶん正確なランキングの名前は当たらないと思います。(笑)

なぜかベストテンではなくて、ベストナインなのよ
  
9位   ルノー キャプチャー
8位   マツダ ロードスター   
7位   プジョー RCZ
6位   マツダ CX-3
5位   フィアット 500
4位   ダイハツ コペン      サイトにはコパンって書いてあるけど…(笑)
3位   シトロエン DS3
2位   MINI
1位   BMW i3



答はこちら。

リンク先のサイトには順位の付け方の説明がありません。

それなりのサンプル数で投票などをしたのか?
ただ単に担当者(ライターさん?)の好みだけのランキングなのか?

誰がどうやって決めたのかよく分からないんだけど、こういうところに“シトロエン”という単語が入ってくるのは日本での認知度を上げるためにはイイことだと思います。
Posted at 2015/05/29 17:35:00 | コメント(2) | トラックバック(0) | シトロエン | 日記
2015年05月28日 イイね!

え?日本の法律ってそういう解釈だったの?

ネットニュースを見ていたらこんなのがありました


客を確保するために性交渉したクラブのママの「枕営業」は、客の妻に対する不法行為となるのか――。こうした点について、東京地裁が「売春と同様、商売として性交渉をしたに過ぎず、結婚生活の平和を害さない」と判断し、妻の賠償請求を退ける判決を出していたことがわかった。

 判決は昨年4月に出された。裁判では、東京・銀座のクラブのママである女性が客の会社社長の男性と約7年間、繰り返し性交渉したとして、男性の妻が「精神的苦痛を受けた」と女性に慰謝料400万円を求めた。

 判決で始関(しせき)正光裁判官は売春を例に挙げ、売春婦が対価を得て妻のある客と性交渉しても、客の求めに商売として応じたにすぎないと指摘。「何ら結婚生活の平和を害するものでなく、妻が不快に感じても不法行為にはならない」とした。







注目点を箇条書きにすると

1:売春は商売

2:夫が買春行為をしても“何ら結婚生活の平和を害さない”

3:よって、妻が不快に感じても不法行為にはならない







へぇへぇへぇ

日本の法解釈って
こうだったんだ。

今日から参考にしよ! 
(コラッ!) 










いやいや、本当にこれでいいの?




イイね!を押すような話ではないので、無理にイイね!を押さないでいいです(笑)
純粋に、へえ!と思っただけなので。
Posted at 2015/05/28 11:06:06 | コメント(4) | トラックバック(0) | 日々の出来事 | 日記

プロフィール

「[パーツ] #X1 俺のホイールクリーナー https://minkara.carview.co.jp/userid/107161/car/1532180/9764603/parts.aspx
何シテル?   03/16 22:07
愛知県北部在住です。 “部品取り”も入れると過去に13台のシトロエンを買った熱狂的シトロエニストですが、なぜか今はBMWがメインカーです。 ****...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2015/5 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

ブログカテゴリー

リンク・クリップ

スズキ車の衝突安全性は世界一 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/04/02 15:00:38
エンジンオイルの専門的な話のまとめ - 技術者のジレンマ - 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/07/22 15:34:10
CITROËN NEW DS&C FRIENDS Teaser ※YouTubeに差替えました。 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/01/26 22:32:23

愛車一覧

BMW X1 BMW X1
なんだかんだと偉そうなことを言っても、初ドイツ車です(^^ゞ 分厚い取り説とクイックガイ ...
シトロエン CX シトロエン CX
あまりに素晴らしいコンディションのCXを あまりにお値打ちに譲っていただけるというので… ...
シトロエン DS4 シトロエン DS4
2012年3月13日登録 2012年3月23日納車 2013年2月10日引き渡し たった ...
シトロエン C5 ツアラー シトロエン C5 ツアラー
シトロエンとしては9台目。 ハイドロシトロエンは13年ぶり6台目です。 昔のハイドロとハ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.