• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

やんぢのブログ一覧

2019年04月14日 イイね!

とりあえず見るだけ、触るだけ  その4

あぁ、こんなカテゴリあったねぇ。
「とりあえず見るだけ、触るだけ」シリーズは、BMWディーラーで試乗車などが無い高額車や希少車に触れる話です。

前回から3年以上ぶりですってよ。

今回の見るだけ触るだけは、昨日試乗したX5と同時に見てきたものです。



なんか、何がすごいんだかわからない写真だ(苦笑)
ショールームの都合で、「引き」の写真が撮れないのよねぇ。


まぁ、グレードとしてのMじゃなくて、本物のMなわけですが。

BMW M5「エディション・ミッション・インポッシブル」という限定モデル。


とりあえず値段を見ると、見るだけ触るだけシリーズなのがお分かりいただけるかと。


ノーマルのM5でも車両本体価格1740万円~なので、それより200万円以上高いモデルです。

ネット記事によると、
通常モデルから出力を25psアップさせ最高出力を625psとすることで、0-100km/h加速3.3秒を達成するなど、最も力強い新型M5となっている。(レスポンスより)
だそうです。

もうね、値段も高いし、スピードも速いし、ニヤニヤ笑いながら
「あぁ、そうなんですか。すごいですねぇ」
という以外のリアクションができません。(苦笑)

ただそんな車がですよ。


シートが解放されてるんですよね。

今までの見るだけ触るだけシリーズでもそうだったんですけど、
私が行くディーラーさんは1000万円2000万円のクルマだからといってドアロックしないんですね。


まぁ、今回は座りませんでしたけど。


なんかMってミラーも特別らしいですね。
空気が抜けるってんですか?
よく分かってないですが。

自分にとってシトロエンとBMWの大きな違いは、基本BMWのことは分かってないってことですね。
ギミックとかも知らないし。

シトロエンだと車種によっては
ホイールデザインでグレードと年式が分かる
とかまであるんですけど、BMWにはそんなの一つもないです(笑)




さて
そんな私なので
で注目したのはこれですよ♪


ホイールはもちろんキャリパーもローターも「M」だとか、そんなことじゃないです←「そんなこと」て言っちゃっていいんだかどうなんだか

もうお分かりですね(笑)



ミシュランですよミシュラン。

ちなみに同じ日に試乗してブログにしたX5はピレリでした。
もちろん「ピレリである」ということは確認しましたけど、それ以上は何も…


モデルはPILOT SPORT 4S。



日本市場でのデビューから2年。
現状プレミアム性では最高峰のタイヤです。

名前から普通に想像するであろう「PILOT SPORT 4の進化形」ではなく「PILOT SUPER SPORTの後継」という位置付けがマニア以外には分かりにくいタイヤですが(笑)
上の図も「いわれてみればそういうことか」という位置関係になっていますね。

サーキット走行が可能なグリップ性能なのに耐摩耗指数(長持ち性能)が非常に高い
INSIDEとOUTSIDEでコンパウンドが違う
など、タイヤマニアをうならせる技も光っています。


このタイヤはサイドウォールのロゴやモデル名やサイズの表記がエンボスではなく掘り込みなのも特別感がありますね。



そしてフランス製


もはやこのあたりから、BMWのブログでもなんでもなくなってきてますけど
ミシュランタイヤでフランス製に当たることは少なくなってきてますよね。

私の今のはイタリア製ですが、過去に履いたミシュランも中国、タイ、ドイツでした。
20世紀に買ったシトロエンの新車装着にはフランス製もあったのかもしれないですけど、昔はそこまで気にしてなかったので。
フラッグシップタイヤは本国で作るということなのでしょうかね?




一応クルマの話題に戻しますが
仮に金銭的に乗ることができても、運転技量的に乗りこなすことはできないクルマなんだと思います。
Posted at 2019/04/14 11:15:47 | コメント(0) | トラックバック(0) | 見るだけ、触るだけ | 日記
2019年04月13日 イイね!

全幅2メートル超えでも運転楽々♪

全幅2メートル超えでも運転楽々♪久しぶりに試乗に行ってきました。

BMWの新型X5です。

日本発売は2月からということになっていましたが、この週末が「デビューフェア」ということで、見に行きました。





例によって事前に送られてきたフェアのDMだけでもお金がかかった感じのやつで


ちょっとしたミニカタログが入っているんですけど、
表紙が角度によって絵が変わるやつ(専門用語が分からない・笑)でオシャレ。



予算もサイズも現実的な部分を考えると次はX5ではなくX3なんですけど、やっぱり新型車は見ておきたい。


説明を聞くのもそこそこに、いきなり「試乗しますか?」
もう願ったりかなったり。
二つ返事でホイホイと。

試乗車は2グレードあるうちの上位モデル。
X5 xDrive35d Mスポーツ
車両本体価格999万円也(>_<)



新型になってコクピットも一新。
営業さん曰く、「スマホが載ってるようなもの」
中央モニターに出す情報を自分でカスタマイズできて、天気予報とかも選べるんだけど、まぁそれは自動車にとって本質的な問題ではないのよね。



最近のBMWはどの車もメーターが液晶。
で、右側がタコメーターなんだけど左回転になりました。
これは慣れるまでは違和感があるかもですね。

メーター中央には簡易的なナビ画面が。
中央モニターへの視線移動を無しにするという狙いがあるそうです。

へぇ、と思ったのは、速度計の260とタコメーターの6の間にある四角い部分。
運転手を監視してるらしいです。
目玉の動きを見てるんだかなんだか知らないけど、眠かったり疲れを感知すると警告してくれるそうな。

さて、運転してどうか。
とりあえず大きいです。
ついに全幅が2メートルを超えました。


でも、トラックを運転しているような感覚は全くない。
幅が広いことを理由に運転しにくい感覚が皆無なのは不思議。

その理由の一つは

FRBMWの美点の一つだと強く思うのがこの写真に表れています。

お分かりでしょうか?


何度か書いていますが、
ボンネットがちゃんと見えるということは本当に運転のしやすさにつながっている
と感じます。

大好きなシトロエンを含め、現代のFF車がボンネット先端を落としたデザインにしているのが、運転のしやすさをスポイルしているのは間違いありません。
ほとんどの日本車でがっかりするのはシートと「そこ」です。
FFのBMWでも同じ傾向があります。

デザイナーが、あるいは自動車メーカー自身が「そのほうがカッコいい」と思うのは勝手ですが、

このデザインのほうがドライバーは運転しやすいんですよ。

世界中の自動車メーカーは
「そこに気付いていながら、気付かないふりをしている」
のだと思います。





タイヤはオプションの21インチ(F275/40R21 R315/35R21)ですが、なんか最近のBMWはそういうタイヤでもしなやかな乗り味の感じがします。
語彙力が無くて恐縮なんですが、「ゴツゴツしない」ってやつ。



この車にはオプションのエアサスもついていました。


上の写真は車高を一番上げた状態を写したもの。
ハイドロシトロエンみたいに車高が変えられるんです。
走行中は自動制御。
手動で悪路では車高を上げたり、荷物の積み下ろしでは車高を下げたりできるんです。
ハイドロシトロエンを乗り継いだ身には、なるほどねと思うだけですが、それを知らない層には関心されるらしいです。

で、少しですが直線の大通りで踏み込んでみると、2トンを超えてるとは思えないスムーズな加速。
重さを全く感じさせないし、もうBMWは何年も前からそうですがディーゼルっぽさも全く感じさせない。
ノイズもほとんど意識しないレベルで、ただただスムーズに走る仕様。
ただしスムーズさに関してはディーゼルとはいえ6気筒であることがかなり有利に働いていると思われます。


以前、M2に試乗した時にも書いたのが
「BMWはというかMは超が付くほどのスポーツモデルでも買い物に使える。」

このX5も同じなんですね。
巨大SUVでも運転するのが難しいなんて部分はなにも無く、近所のコンビニに乗って行っても、若いお母さんが子供を保育園に送迎しても何の問題もない。
普通に乗れる。
今のBMWはMでもXでも「普通に乗れる」「普段使い出来る」を目指してるような感じがします。
(もし若いお母さんがX5で保育園に行って、高い車に乗ってるからって理由で陰口たたかれたりのけ者にされるような社会はクソくらえ!だよ)

実用性という部分では、

テールゲートが上下分割式になっていました。

耐荷重的に座れるのかどうかは聞きそびれましたが、こういうの好きです♪




やっぱり試乗は楽しいし、心を豊かにしてくれる感じがします。



本カタログもいただいてきました。


こういうクルマこそ、白や黒ではなく青メタとかボルドーメタとかで乗りたいものです。
実際にはほとんど白か黒しか売れないんでしょうけど。
Posted at 2019/04/13 16:28:00 | コメント(1) | トラックバック(0) | BMWいろいろ | 日記

プロフィール

「[パーツ] #X1 俺のホイールクリーナー https://minkara.carview.co.jp/userid/107161/car/1532180/9764603/parts.aspx
何シテル?   03/16 22:07
愛知県北部在住です。 “部品取り”も入れると過去に13台のシトロエンを買った熱狂的シトロエニストですが、なぜか今はBMWがメインカーです。 ****...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2019/4 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    

ブログカテゴリー

リンク・クリップ

スズキ車の衝突安全性は世界一 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/04/02 15:00:38
エンジンオイルの専門的な話のまとめ - 技術者のジレンマ - 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/07/22 15:34:10
CITROËN NEW DS&C FRIENDS Teaser ※YouTubeに差替えました。 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/01/26 22:32:23

愛車一覧

BMW X1 BMW X1
なんだかんだと偉そうなことを言っても、初ドイツ車です(^^ゞ 分厚い取り説とクイックガイ ...
シトロエン CX シトロエン CX
あまりに素晴らしいコンディションのCXを あまりにお値打ちに譲っていただけるというので… ...
シトロエン DS4 シトロエン DS4
2012年3月13日登録 2012年3月23日納車 2013年2月10日引き渡し たった ...
シトロエン C5 ツアラー シトロエン C5 ツアラー
シトロエンとしては9台目。 ハイドロシトロエンは13年ぶり6台目です。 昔のハイドロとハ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.