• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

虎猫飯店.jpのブログ一覧

2015年05月31日 イイね!

アルミよりドアミラーカバーが人気って?冷や汗

昨日UPしたパーツレビューで異常にPVを集めたのは、アルミホイールでなくドアミラーカバーでした。
なんでだろう?理由が分からない。

更に、総合3000超えも久し振り。
やはりパーツレビュー呼び水になり、あちこち見てもらえる様です。

Posted at 2015/05/31 07:57:52 | コメント(0) | トラックバック(0) | 車一般 | モブログ
2015年05月30日 イイね!

アレの影響で高騰するAE86

アレの影響で高騰するAE86胃に猿…イニシャルD 覚醒を見ました。(録画)

「前のヤツの編集?」と思ったら、リメイクなんですね~。
初期のヤツはCG技術が未熟で、「いかにもCG]って感じでした。(車のシーン)
あれももう10年前になるんでしょうかね?(スカパーで見たんだけど)

顔も劇画調みたいになってたし。

イニシャルDの影響で、86がめっちゃ値が上がりましたよね。京都の有名な86専門店では450万とか値が付いてた車がありました。もっとも程度の良い物しか高値は付かない。入るとすぐ売れるらしく、根強い人気がありますね。

かつてキムタクがドラマで装着していた腕時計が急に値上がりし、今も高い値で売られているそう。
それまでは20万くらいだったのに、倍の40万にもなってた。

イニDといえば、香港で作られた実写版もあったね。そこそこ楽しめましたよ。(ツッコミ所は満載でしたが)

Posted at 2015/05/30 11:40:12 | コメント(4) | トラックバック(0) | 車一般 | 日記
2015年05月30日 イイね!

これが昭和のスポーツカーのタイヤだ!

これが昭和のスポーツカーのタイヤだ!ガゼールってのは、シルビアの兄弟車ですよ。

後輪の引っ込み具合を見て下さい。笑っちゃうでしょう?多分70タイヤですよ。インチは13インチだと思う。
今の軽より小さいインチですから。

何度も書いてますが、昭和の頃はロープロ化、インチアップは即違反切符が貰えたのです。
アルミを替えるのも厳しい時代だったんですよ。

運輸省(現 国土交通省)が【改造は暴走族と同じ】って固い頭だったんです。

国が方針転換して寛容になったのは93年?くらいだったと思う。マフラー交換も、インチアップも、車高調もOKになった。

この時代の若者は、今の若者を羨んでいるのではないかと思う。(^^;

長野ノスタルジックの写真をまだ纏めてないや。やっべぇぞ!
Posted at 2015/05/30 11:12:57 | コメント(1) | トラックバック(0) | 車一般 | 日記
2015年05月29日 イイね!

S660に手を出しても、ロードスターには手を出さない理由

この春、S660を契約寸前まで行ったんですが、それには理由があります。
・値段が安かった(ロドやBRZに比べてって事)。
・リセールに強い(大量生産される車ではなく、数年先まで人気が維持できるだろうと)

しかし、契約には至りませんでした。

ロードスターが初代の精神を持って登場しました。
あれは本当に面白かった。バスタブに浸かりながら運転してるみたいな感覚で、屋根の無い車の開けっ広げな感が愉快、爽快、痛快!

世の中にこんな楽しい世界があったのか?車に屋根なんていらないじゃん!って感じました。

1990年秋に友人Y(裕福)がロドのVスペを買った。
オプションのハードサスキットを入れて、乗り心地は悪かったけど、くるりと回る感覚が愉しかった。
当時乗っていたFFのファミリアでは、どう頑張っても出せない感覚だった。

この車で’92年のF1GPを観戦に行った。草臥れたけど愉しかった。

友人は最初の車検を取る前に降りたが、私のロドへの熱は冷めやらない。
マツダレンタカーで時々借りて乗っていた。ATですけど、ハンドリングはMTと同じ。愉しかった。

ロードスターがマイチェンをしてテンハチ(NA8C)のエンジンを積んだ。それで今まで弱点だった部分(剛性、ミッションの補強)を改良してきたのだ。

私が手を出したのは、500台限定のRSリミテッド。車体番号は40番台。

レカロのフルバケ、BBS15インチ50タイヤ。専用色モンテゴブルーマイカを纏い、ギア比も換えてのスパルタンなモデルだった。RX-7アンフィニ以来のフルバケでした。マツダの心意気や良し!

「走る事以外、何も必要ない」と思い、オーディオも未装着で通した。(エアコンは付けたよw)

しかし・・・・。

フルバケは後ろが見えないし、着座姿勢が教室の椅子みたい。(非ローポジ)
エンジンもモッサリした感じで、低中速トルクだけで走れてしまう。回す意味が無くなっていた。
評論家の伏木悦郎氏がこのNA8Cを批判していたが、その意味は理解できた。(伏木さん、最近見ないけど・・・)

更に悔しかったのは【専用色】を謳いながら、翌年の改良でカタログモデルになった事。
ギア比まで量産モデルと同じになってしまい、「限定車のステイタス」がなくなってしまったのである。
マツダへの不信も募った。

諸般の事情があって、購入から1年で手放す事を決意。買取店に持ち込んだ時、額を聞いてまた落ち込んだ。車両価格230万だったが、その半値(48%OFF)なのである。
限定車である事、距離も6000kmである事をアピールしても変わらなかった。

『ロードスターのトラウマ』

GT-Rは別として、私は同じ車に長く乗りたいと思わないので、手放す時にある程度のリセール価値が欲しい。しかし、まさかあれほどとは思わなかった

今のロードスターが270万だそうだが、BRZの良いヤツが手に入る。
どちらもFRスポーツだ。

今度のロドは深海魚みたいなデザインがイマイチ合わないし、リセールも分からないので、手は出せないですね。

考えてみたら1500で270万ですからね。デミオの1500とは違うんです。お偉いさんでなくとも、それは分かります。w

ああでも乗ってみたらどうなるか分かりませんよ?ボカァ、そういうヤツですから。
Posted at 2015/05/29 15:34:36 | コメント(4) | トラックバック(0) | 車一般 | 日記
2015年05月28日 イイね!

今時の車はシートもステアリングも交換出来ない。

レヴォーグのシートは出来がいいし、長距離での疲労も感じないが、ホールド性はもう少しだなと感じます。

しかし、今はシートにエアバッグが着いてますから、交換が難しい。

昔は出来ませんでしたが、今なら『大人の財力』で前席二脚をレカロかなんかに換えられるのだが。
ステアリングもエアバッグ入ってるし、保険の事もありますから、難しい。
しかもステアリングに沢山スイッチ着いてますからね。
レヴォーグは無理ですね。

日産が『全車にエアバッグ搭載をする』と宣言した’90年代半ば。33GTーR前期の格好悪いエアバッグ内蔵ステアリングに怒りと悲しみを感じたものだ。

今はもう大好きだったモモのステアリングの感触を味わう事も出来ない。
Posted at 2015/05/28 08:18:49 | コメント(1) | トラックバック(0) | 嘆き・・・ | モブログ

プロフィール

「『ケムリクサ』『ジャパリパーク』も面白かった。色々揉めたジャパリパークは、もっとダメか?と思いきや、健闘しました。」
何シテル?   03/24 12:03
みんカラ歴14年目に入りました。宜しくお願いします。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2015/5 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

愛車一覧

フォルクスワーゲン アップ! フォルクスワーゲン アップ!
やっぱVWっしょ?8月初旬納車。アイドリングストップ付き。
日産 スカイラインGT‐R 日産 スカイラインGT‐R
平成6年式 32バカ一代!車は三代目(^-^; オーディオとホーン以外は、どノーマル。距 ...
フォルクスワーゲン ゴルフ (ハッチバック) フォルクスワーゲン ゴルフ (ハッチバック)
ゴルフの走りっぷりが忘れられず、戻ってきました。
マツダ ファミリア マツダ ファミリア
ファミリア・アスティナ1500DOHC スタイルにゾッコンで、試乗もせずに購入。 リトラ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.