• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

///Ivanのブログ一覧

2017年10月06日 イイね!

広告なんだけど…ディスカバリーのジェイミー・オリバー仕様

広告なんだけど、乗せられてしまいましょう.

ジェイミー・オリバーは英国のシェフで、レストランのオーナーシェフでもあり、料理番組のプレゼンターでもあり、食育にも関与して学校給食の改善なんかも取り組んている人.

ニンニクも皮剥かない、野菜もあんまり洗わないで投入、食材、オイルはこぼしまくりと、おそらくNHKのきょうの料理では絶対出られないであろう、バラエティー的には面白い人.

今回、ランドローバーがジェイミー・オリバー仕様のディスコを作ったんだけど、これが結構気合が入った特注仕様で、デザイナー、特殊車両部門のSVOも絡んでデザインしてマジで作り込んだ、英国らしいユーモアたっぷりの移動キッチン車仕様.

なぜかランドローバーバッジを外すとロースターを回すモーターがついてるわ、カップホルダーがトースターになってるわ、ワイパーのスイッチがオリーブオイルを出すスイッチになってるわ…

ありえないけど、このユーモアセンス、最高です.





Posted at 2017/10/06 11:55:53 | コメント(2) | トラックバック(0) | Jaguar Land Rover | クルマ
2017年07月02日 イイね!

ディスカバリーHSE Td6.V6ディーゼルに驚く.

私のレンジ・ローバーがリコールの対象との通知があり、ディーラーに整備入庫となりました.内容はフロントブレーキホースの耐久性不足で破損、ブレーキが効かなく恐れがある、とのこと.

整備の間このクルマを見せて頂きました.旧型と比べても相当デカイ.フルサイズレンジ並みの迫力です.



車内に座ると、「あれっ?おやっ?」と思います.あの温室を思わせる上下に広大なグラスエリアが、なんかなくなってる.

実は相当にボンネットが高くなって、かつベルトラインが上がり、フロントウィンドウも寝かされて空力を意識した居住空間になっていました.



でも実際に座ってみると空間としては十分で、オプションですがリヤシートも電動リクライニングだし、3rdシート(これもオプション)もシートヒーターついてたし、まさに至れり尽くせりの内装.アルミやグロスブラックの使い方を見ても、「これって、レンジ?」とちょっと思わせる部分がそこかしこに見られます.



とは言いつつもしっかりとデカレンジとの差別化が図られていたのがシート.はっきりと硬く、レザーの硬さ、厚み、香りともオートバイオとは歴然でした(当然と言えば当然か).

整備にも時間がかかるので、試乗車に乗らせて頂きました.HSE Td6.V6ディーゼルです.



エンジンかけると…めっちゃ静かです、これ.本当にディーゼルとわからない.先代ディスコのV6ディーゼルで感じた、アイドリング時のハンドルやフロアへの微振動もなく、超平穏.

走ってみてもハンドリングはリニアリティも高く、ブレーキも非常によく効く.サイズなりの大きさは感じますが、自分の3rdレンジで感じる、重さによる上屋の動きが相当取り除かれた動きです.レンジローバーのV6SCモデルで感じた唐突な回転上昇もなく、微小なアクセル操作に対してもスムーズに加速していきます.

前が開けて加速すると…これはいいです.トルクは5LSCでも625Nm、このTd6では600Nmで変わらないのですが、車重の軽さ、低回転からのフラットトルク、8ATなどの効果で、オートバイオよりもさらに強力に押される感覚です.はっきりと力強い.感覚的にはこちらの方が加速は速く感じる.

音も直4と違っていい音.どの速度域でもエンジン音が高まらず、いい意味でエンジンの存在を感じさせない.60km/hあたりで粛々と走る時の、なんとも言えない心地よさは健在.その乗り味この静かでトルクフルなパワーユニットは理想的だと思います.ランドローバーとディーゼル.最高の組み合わせだと思います.

残念かな?と思ったのは、20インチのタイヤだったのですが足がやや硬めで、路面不整でビリビリする時があり、旧型にあったまったり系の乗り味をやや欠いていたこと.よりオンロードの機動性を重視した味付けということでしょう.

本当に普通の車のようにも振る舞うし、それでも場面によってはランドローバーとしての乗り味も提供する.新型はさすが、といわせる車でした.



「このディーゼルで、レンジローバーのオートバイオだったら…どんなによくなってることか…」と思わずにはいられなくなった試乗でした.
Posted at 2017/07/02 08:42:26 | コメント(5) | トラックバック(0) | Jaguar Land Rover | クルマ
2017年03月03日 イイね!

LR版F-PACEかと思いきや…RANGE ROVER VELAR (3/6加筆・修正あり)

なんか出ましたね.RANGE ROVER VELAR.


ぱっと見F-PACEのスキンチェンジ?が第一印象.

F-PACEはモノコックの80%がアルミとなるアルミニウム・インテンシブ・アーキテクチャー.ヴェラールはアルミシャシーとだけ記載されていて、新規のモノコック?と思いきや、プレスリリースの中ではアルミニウム・インテンシブ云々、とあって、やっぱりF-PACEベースのようです.

要はF-PACEにお兄ちゃん譲りのエアサスと4WDシステムを装備した、まさにLR版F-PACEのような感じみたいです.


相当なレベルのフラッシュサーフェス化ですね.


エアサス仕様に加えてコイル仕様もあるとのことで、イヴォークとスポーツの中間的な位置付けそのままですね.

内装がガラスやグロス系のプラスチックが多めで未来的です.ボタンほとんどありませんね.



でも、どーかなぁ…にわかレンジ乗りとしては、気になるところが.

・確かにイヴォークにもないけど、ちゃんとキャッスルコーナー作ろうよ.
・きちんとフローティング・ルーフにしようよ.
・レンジ・ローバーらしいブラックアウト・ピラーにして.(F-PACE譲りならこのDピラーは納得)
・やっぱりレンジらしく空間的なゆとりはあった方が...

一応屋根もボディ同色にはなるようですが、ルーフラインに段差ありますし、ピラーのデザインも普通というか…



モデルの方向性が全然違うのは理解しつつも、レンジならではの様式美はきっちり押さえて欲しかったかな...


でもまぁ、売れるんだろうなぁ…

予算考えないでF-PACEとどっちか選べってなったら、こっちを選ぶかもしれない.
少なくともドイツ系SUVクーペよりはこっちを選ぶ可能性が高い.

この形で出したのはどこかでみた風景というか、BMWが6シリーズで新規のハイテクを出したのを思い出す感じです.尖ったモデルで内外装の新しいトライアルをまとめて出して、市場調査モデル的な位置付けに見えなくもありません.

オンロード性能とか諸々のニーズをバランスさせたSUV系のモデルになるのでしょうが、ここまで来ると何がSUVだか正直わからないというか、車高高めのオールロード系ワゴンと何が違うのよ?という気にもなります.

ボルボV90クロスカントリーのクリーンで落ち着いた雰囲気の方が、好みかもしれません.


やっぱりどうせSUV乗るならそれらしいのに乗りたくなる、というのが今の気持ちです.

車検中のレンジ、そろそろ帰って来るかな…
Posted at 2017/03/03 22:11:40 | コメント(2) | トラックバック(1) | Jaguar Land Rover | クルマ
2016年12月08日 イイね!

Land Rover公式絵本

以前にも紹介したことがあるランドローバーの絵本.LandyとFender.


当初は絵本作家のVeronica Lamondさんがファンのために描いた絵本だったのですが、JLRのオーナーであるタタ会長にも気に入られ、今ではLand Rover Lifestyle公式グッズとして販売されるようになっています.

(veronicalamond.comより)

レンジローバーオーナーではありますが、全巻所有しているわけでありまして(笑)...
我が子もお気に入りのシリーズです.


で、最近発表された本が、先日届きました.


なんとなんと、作家直筆のサイン入り!!!


この最新作、内容は書けませんが、表紙を飾るランドローバーシリーズI、HUE166、そしてソリハルといえば、なんとなく想像していただけるかと.

公式絵本なのに、ランドローバー、ディフェンダーを扱うお店などでもほとんど紹介されないのが不思議でなりません.

ランドローバー好き、そして惜しまれながら生産終了となったディフェンダー好きのみならず、子供のクルマ情操教育&英語教育の教材として、車好きの家庭にはオススメです.

(追記)
よく見たら、シルバー部分はフェンダーに追加する鉄板なのはわかりますが、帯の部分、これ多分シリーズ Iのキャンバストップのイメージなんではないか、と思います.エンスーな演出ですね.
Posted at 2016/12/08 21:46:29 | コメント(2) | トラックバック(0) | Jaguar Land Rover | 日記
2016年05月10日 イイね!

ランドローバー・ディスカバリーはどうなんだろう?

実はもうひとつ、確認したかった点がありました.

・自分が求める「レンジの味」って、ディスコでも手に入る?

同じ店舗に試乗車もあり、こちらも乗せていただきましたが、
「あ~! RRSとは全然違う!いい感じ!」が第一印象.


キャッスルコーナーがない非レンジ系でもこれはボンネットが全て見渡せる、多分自分が今まで乗った中で最もボンネットが良く見えるクルマ(笑).前方のガラスの立ち方も、これぞ!という感じで、非常に快適.側面のガラスも近いけど直立してて、クルマの下が見やすい.正真正銘、伝統のコマンド・ポジションなのでしょう.


天井高は十分、3列全てにサンルーフ.日当たりが良くて健康的.夏は熱いよ多分(汗).

シートの座面長はやや短め?かとも思ったけど、ふんわり感はフルサイズほどではないにしてもある.こっちの方がRRSより好みだった.

乗ってみると、各部操作系は非常に自然.挙動も予想通り.まるで昔乗ったことあるかのような感じ.さっきのような微妙なアクセル調節も全然要求されない.RRSよりもかなりサイズが小さく感じる(実際そうだし).ボンネットが全部丸見えなので、取り回しが超絶やりやすく、めちゃくちゃストレスが少ない.

乗り心地的にも鷹揚な感じでリラックスできるもの.振動は全体に非常に少ない.重いのはいいことだ(笑).基本的に飛ばす気にならない乗り味で、パワーは3リッターV6SCで十分でしょう.


気になった点がいくつか.

ラダーフレーム+モノコック(!)のWシャシーのためか不明だが、路面不整通過後に「ブルッ!」ていう振動を車体後部?に感じる.これはアルミモノコックの最新世代と比べると年月を感じる部分.旧型RRSではなかった気もする.ディスコ特有?かは不明.

あとロータリーシフトは使い難い.RRSの普通のレバーの方がいい.

「家族も自分も落ち着いた気持ちでゆったり移動するクルマ」という点ではこれは十分あり.

問題点は、奥様も自分も3rdレンジの方がルックスが好みだと思っていること.内装に関しても勝手なイメージ的にX3と同レベルというか、感動を覚えないこと.

そして、このディスコの乗り味は今乗っているX3よりも明らかに振動も少なく、まったりした感じでいいのだけど、X3とも似ている感じの「馴染みのある味」ともいえる.デザインを除いたこの味だけで今後何年も乗り続けて不満がいないか???といわれると、やっぱり不安(笑).

「3rdレンジの2010年モデルに当時試乗さえしてれば…」となるのだけど、たぶん乗り味もディスコよりもいいだろう、いやそうに違いない、と思っておくことにする(笑).もしディスコと同等だとしても、内外装で惚れたクルマなら、そうそう嫌にならない気がする.

結局ぐる~っと巡って、行き着く所はやっぱり3rdレンジ、でいいみたいです.
もう迷わない、はずです(笑).
Posted at 2016/05/10 18:08:41 | コメント(4) | トラックバック(0) | Jaguar Land Rover | クルマ

プロフィール

///Ivan(イワン)です. やっぱりいつかはスポーツカー!と思い,Z4MC購入しました.そして家族を乗せるクルマにも拘りが強くなってレンジローバー・ヴォー...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/11 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

リンク・クリップ

BMWの故障診断がスマホで出来るCarly for BMWのiOS版ががようやくE85,E86に対応しました。 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/11/01 21:46:07
充電式のひし形の鍵の電池交換 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/10/11 15:05:39
ベルト交換 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/10/07 15:42:36

お友達

クルマ好きの皆様,よろしくお願いします.
25 人のお友達がいます
FisherFisher sleepykoalasleepykoala
ぼうんのうぼうんのう もげぇもげぇ
ナルシゲナルシゲ わさび茶漬けわさび茶漬け

ファン

47 人のファンがいます

愛車一覧

BMW Z4 M クーペ BMW Z4 M クーペ
2010年7月に購入. 音が良くて,かっこよくて,走って楽しく,今風の安全装備付きの右ハ ...
ランドローバー レンジローバーヴォーグ ランドローバー レンジローバーヴォーグ
憧れるようになって4年以上.諦めることができず、ついに手に入れました.こだわって選んだイ ...
BMW X3 BMW X3
E46 318iに代わる家族運搬車として,我が家にやってきました. 今回のクルマ選びのテ ...
BMW 3シリーズ セダン BMW 3シリーズ セダン
2004年購入の人生初めてのBMW.こだわってMT.6000kmかけて高回転までの慣らし ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.